野球 チーム ロゴ。 初心者でもわかる!野球チームのロゴマークの作り方・選び方ポイント

初心者でもわかる!野球チームのロゴマークの作り方・選び方ポイント

野球 チーム ロゴ

Contents• はじめに 春季キャンプも始まるなど、開幕に向けて動き出した日本のプロ野球。 スポーツ財団の調査によると、国内の野球の競技人口は約730万人。 世界の野球競技人口は約3,500万人(2012年3月 IBAF調べ)と言われていますから、いかに日本の野球人気が高いかがお分かりいただけるかと思います。 そんな野球のチームを作る際、意外と忘れがちなのがの準備です。 多くの野球チームはロゴマークを持っていることが多く、ユニフォームにもわかりやすく記載していることが多いですよね。 今ではオンライン上で簡単にユニフォームの作成・発注を行うことができるサービスが充実していますが、作成時に「そういえばロゴマークを用意してなかったな…」と、一度手を止めた経験のある方もいらっしゃるのでは。 そこで今回は、野球チームのロゴマークを作る際または選ぶ際に、押さえておきたいポイントを2点ご紹介します。 Point:野球チームのロゴマーク作成のポイントとは? 2. 野球チームロゴマークはフォントが大切 野球にかかわらず、スポーツチームのユニフォームには必ず胸にチーム名が入っていますよね。 特にプロ野球の場合、腕にはロゴマーク、胸にはチーム名を入れているところが多いように感じます。 実は胸に入っているチーム名も、大きく見ればロゴマークの一部。 特に野球チームのロゴマークの場合、ロゴマークにチーム名を入れるところが多いですが、その文字のに合わせて、ユニフォームのチーム名のデザインが作られています。 ロゴマークに書かれているフォントと、ユニフォームの胸に書かれているチーム名のフォントの雰囲気がまるっきり異なるというチームはないですよね。 逆に言えば、フォントが決まれば、ロゴマークのテイストが決まると入っても過言ではありません。 ロゴマークを作成する際、フォントが大切だというのは、プロのクリエイターならだれでも知っていることです。 しかし、普段ロゴマーク作成に携わることのない方には、あまり馴染みのない情報ではないでしょうか。 ロゴマークのデザインに悩んでいるなら、まずはイメージに合ったフォントを選んでみては?フォントが決まれば、おのずとロゴマークの構図が見えてくるかもしれません。 Point:ロゴマーク作成に悩んだら、まずはイメージに合ったフォントを選んでみては? 3. 本格的なロゴマークを作りたいなら プロ野球のロゴマークを見てみると、その多くにマスコットキャラクターが含まれていますよね。 実は、これは日本の野球チームの特性の一つ。 野球やスポーツとは全く関係のない、一般企業のロゴマークを3つほど思い浮かべてください。 おそらく、マスコットキャラクターが入っているロゴマークは少ないのでは。 一般企業のロゴマークには、あまりマスコットキャラクターは使われません。 続いて他のスポーツに目を向けてみましょう。 バスケットボールチームの場合は、文字を入れないキャラクターだけのものが多いですが、サッカーにはあまりそうした傾向がありません。 つまり、マスコットキャラクターをあしらったロゴマークは、日本の野球チームならではのポイントだと言えます。 マスコットキャラクターが入っていると、なぜか本格的に見えてしまうもの。 今後の活躍を願うなら、ロゴマークと同時にマスコットキャラクターを作ってみるといいかもしれません。

次の

初心者でもわかる!野球チームのロゴマークの作り方・選び方ポイント

野球 チーム ロゴ

今回、このブログを見つけてくれた方の中には最近草野球チームを結成されたと言う方がいると思います。 結成おめでとうございます!草野球に熱中する週末が楽しみですね。 もうチーム名は決まっていますか? そして、「早速ユニフォームを作って野球をやろうぜっ!」となるところですが、 その前に決める事があるんです。 ユニフォームの胸部分に付けるチーム名のデザインを作ることから始まります。 このマークはチームの顔・象徴となるものでちなみに「 スクリプトマーク」とも呼ばれます。 せっかくチーム全員で決めた名前ですから悔いのないカッコイイマークにしたいですね。 胸マーク・チームロゴは野球ユニフォームの顔 マークはチームの顔であり象徴です。 そして、ユニフォームのシャツの正面に付くデザインの要であります。 チームマークがユニフォームのデザインを決めると言って良いでしょう。 それだけユニフォームへのデザインに影響があるのです。 そもそもチームマークのデザインはどうやって作るのか? チームマークのデザインはチーム名のスペルを表現豊かなフォントで表したものです。 中にはロゴの下に髭のようなマークが付いたチームロゴもよく見かけますよね。 上のカープのマークのように親しみ慣れたマークは見ただけで野球チームの象徴的イメージが思い浮かぶはずです。 野球チームのマークと言ったら参考になるのは親しみ慣れたプロ野球チームですね。 MLBやNPBのチームマークは歴史があり、私たち野球ファンは全員このマークを見て育ちました。 そのどれをとってもどの球団かがわかりそしてチームの雰囲気が伝わるのです。 プロ野球のデザインにはいろいろなヒントが含まれています。 是非参考にしましょう。 プロ野球球団のチームロゴを参考にしてみよう! チーム名のデザインはフォント(書体)がすべてのカギを握ります。 デザインの全てを決めると言っても過言ではありません。 好きな球団のチームマークに似ているフォントを使うとチーム名が違っていても寄せたい球団の雰囲気はバッチリ表現できます。 今回はチーム名「FUNGO」でシュミレーションしてみます。 カープも同様のデザインで野球のチームマークとして代表的な見え方です。 他にも下記ズラ~と比較シュミレーションを並べてみます。 フォント選びでここまで雰囲気が決まって行く様子が伝わりましたでしょうか。 色とサイズをアレンジ 次は色とサイズや文字の並び方をアレンジしたフォントで更に雰囲気が変わっていく様子を紹介していきます。 このジャイアンツ風でシュミレーションしてみます。 先ほど書いたように常勝軍団の雰囲気漂う感じのマークのフォントを変化させてみました。 真っすぐ一文字の配列ながら下部分をアーチ状に文字サイズを変化させています。 チーム名に立体感が出る事によりジャイアンツの雰囲気を残しつつ新しさの雰囲気も出てきますね。 文字の配列をアーチ状に変化させたフォントです。 このアーチ型はフォント違いで他のプロ野球の球団マークで使われています。 アーチ状にすると更に野球の雰囲気が出ますね。 ファンゴで自由にチームロゴデザインを作ろう! FUNGOではご希望の球団風マークのリクエストやチームのコンセプトなどをお伝え頂き数多くのフォントからご満足頂けるチームマークのデザインを提示いたします。 フォントの種類は数多く用意しておりますので充分に選んで頂けます。 また、持込みのマークも大歓迎です。 チームマークは2種類 チームマークは一般的に 胸につけるチーム名のマークと チーム名の頭文字で簡略したマークの2種類があります。 こちらはキャップに付くマークであったり、ユニフォームの片胸マークとしてマーキングする時のデザインとなります。 どんな感じかと言うと「FUNGO」であれば「FG」であったり「F」をマークにしたものです。 このマークも帽子の正面に付きますのでチームの象徴であり、デザインの「命」でもある大切な部分です。 もちろんこのマークも数多くのフォントからご満足頂けるチームマークのデザインを提示いたします。 背中は自分の背番号を示す大切な部分です。 与えられた背番号は自分自身このチームで永久欠番になるかもしれない重要な顔です。 こちらのフォントもどんなこだわりにも対応できるように数多く種類を用意しております。 このようにマーキングのデザインはたくさんの種類がありますのできっとあなたのチーム名に合ったデザインが見つかるはずです。 また、フォントを決める時に胸マーク・キャップ・背番号をバラバラに選んでいくと決めた後、見比べると全体のバランスが合って無かったケースがあります。 FUNGOは胸マーク・キャップ・背番号そして背ネームのバランスを判断頂けるように一覧表にしてご提示いたします。 以上、野球チームロゴに関する記事でした。 ファンゴではあなたのチームの目線に立ってご満足いくまでマークを一緒に考えていきます!センスの良いチーム名をカッコいいマークにデザインしましょう!.

次の

野球チームのロゴの作り方。【メジャー風?プロ野球風?】

野球 チーム ロゴ

Contents• はじめに 春季キャンプも始まるなど、開幕に向けて動き出した日本のプロ野球。 スポーツ財団の調査によると、国内の野球の競技人口は約730万人。 世界の野球競技人口は約3,500万人(2012年3月 IBAF調べ)と言われていますから、いかに日本の野球人気が高いかがお分かりいただけるかと思います。 そんな野球のチームを作る際、意外と忘れがちなのがの準備です。 多くの野球チームはロゴマークを持っていることが多く、ユニフォームにもわかりやすく記載していることが多いですよね。 今ではオンライン上で簡単にユニフォームの作成・発注を行うことができるサービスが充実していますが、作成時に「そういえばロゴマークを用意してなかったな…」と、一度手を止めた経験のある方もいらっしゃるのでは。 そこで今回は、野球チームのロゴマークを作る際または選ぶ際に、押さえておきたいポイントを2点ご紹介します。 Point:野球チームのロゴマーク作成のポイントとは? 2. 野球チームロゴマークはフォントが大切 野球にかかわらず、スポーツチームのユニフォームには必ず胸にチーム名が入っていますよね。 特にプロ野球の場合、腕にはロゴマーク、胸にはチーム名を入れているところが多いように感じます。 実は胸に入っているチーム名も、大きく見ればロゴマークの一部。 特に野球チームのロゴマークの場合、ロゴマークにチーム名を入れるところが多いですが、その文字のに合わせて、ユニフォームのチーム名のデザインが作られています。 ロゴマークに書かれているフォントと、ユニフォームの胸に書かれているチーム名のフォントの雰囲気がまるっきり異なるというチームはないですよね。 逆に言えば、フォントが決まれば、ロゴマークのテイストが決まると入っても過言ではありません。 ロゴマークを作成する際、フォントが大切だというのは、プロのクリエイターならだれでも知っていることです。 しかし、普段ロゴマーク作成に携わることのない方には、あまり馴染みのない情報ではないでしょうか。 ロゴマークのデザインに悩んでいるなら、まずはイメージに合ったフォントを選んでみては?フォントが決まれば、おのずとロゴマークの構図が見えてくるかもしれません。 Point:ロゴマーク作成に悩んだら、まずはイメージに合ったフォントを選んでみては? 3. 本格的なロゴマークを作りたいなら プロ野球のロゴマークを見てみると、その多くにマスコットキャラクターが含まれていますよね。 実は、これは日本の野球チームの特性の一つ。 野球やスポーツとは全く関係のない、一般企業のロゴマークを3つほど思い浮かべてください。 おそらく、マスコットキャラクターが入っているロゴマークは少ないのでは。 一般企業のロゴマークには、あまりマスコットキャラクターは使われません。 続いて他のスポーツに目を向けてみましょう。 バスケットボールチームの場合は、文字を入れないキャラクターだけのものが多いですが、サッカーにはあまりそうした傾向がありません。 つまり、マスコットキャラクターをあしらったロゴマークは、日本の野球チームならではのポイントだと言えます。 マスコットキャラクターが入っていると、なぜか本格的に見えてしまうもの。 今後の活躍を願うなら、ロゴマークと同時にマスコットキャラクターを作ってみるといいかもしれません。

次の