転生 したら 悠々 自適。 【27話】転生したら悠々自適の皇妃ライフ~ネタバレ最新話のあらすじ・結末までをご紹介~|クレヨンBlog

異世界コミック作品まとめ

転生 したら 悠々 自適

この記事では、 転生したら悠々自適の皇妃ライフ27話のネタバレをご紹介していきますね。 転生したら悠々自適の皇妃ライフは、ピッコマで毎週土曜日に新作がUPされています。 そして、陛下はレアナに「新年のパーティーを一緒に行ってほしい」とお願いしていました。 積極的なシヴァ ポールはシヴァの店に訪れ、デザートを選んでいました。 一生懸命遠まわしにポールのことをパーティに誘いますが・・・ ポール「パーティは別にパートナーが居なくても大丈夫。 」 と鈍感すぎるコメントを返す始末・・。 あまりの鈍感さにシヴァもお怒りモード半ば焼けになっています。 ) 陛下、リアナをお誘いする 一方陛下はリアナを新年のパーティにお誘いしていました。 陛下「僕と一緒に新年のパーティに参加してくれないか?パーティの間はずっとそばに居てほしいんだ。 」 と真剣でちょっと切ない表情です。 リアナ「えっ」 リアナは陛下のお誘いにとても驚いていましたが、こんなに懇願する陛下の表情をみて、断るわけにはいきません。 少し、照れたような、うれしそうな表情をして 「はい」 と答えるのでした。

次の

【4話】転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレあらすじを結末まで|クレヨンBlog

転生 したら 悠々 自適

Contents• 転生したら悠々自適の王妃ライフ4話ネタバレ 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナが気になる皇帝 人々の間でリアナの功績が認められはじめ、リアナと顔を合わせようともしない皇帝に「男として失格」と噂話をするものまで現れました。 それを聞いてたのは皇帝本人! 王宮内での自身の悪口に怒りモードの皇帝。 しかし、そんな皇帝の態度にも「あながちまちがいでもないですよ」と軽く答える家臣たち。 リアナの功績に国民は認め始めているのに、皇帝は「ご苦労だった」の一言もない、と笑顔で嫌味を言われてしまう始末です。 と、皇帝とリアナのことについて話し合っていると、皇帝は窓からポールとリアナが一緒に楽しそうに話しているのを見かけます。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナのケーキ~ 自身の態度に思うところがあったのか、皇帝はリアナを自身の部屋へ呼び出しました。 そこへ、メイドさんがケーキを持ってきますが、皇帝は不思議そうな顔。 リアナが皇帝のことを思って、町で準備してくれたようです。 (皇帝のために、甘さ控えめのものを選んでいたみたい) ニコリ、そのことを伝え、優しく笑うリアナに、皇帝もなんだかびっくりしたような、嬉しそうな表情を浮かべます。 自分のことを思って買ってくれたケーキにお礼を言おうとしますが、家臣たちから茶化されるんじゃないか・・・と想像がよぎります。 でも、やはりお礼は言っておこうと口を開いた瞬間 「余は条件のとおり、一切の愛情を与えぬつもりだ」 となぜか思ってもいないことを口走ってしまい・・・。 しまったと顔をするのですが、リアナは 「ご心配には及びませんわ」 と、皇帝の愛情は望まないし、リアナ自身も、愛情はないときっぱり笑顔で答えるのでした・・・。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~反省する皇帝~ リアナが部屋を出て行ってしまったあと、「やってしまった・・・」と言う顔で反省した様子です。 そして、リアナがせっかく持ってきてくれたケーキを眺めて家臣に促されてようやく口にします。 想像以上の美味しさに、思わず表情も明るくなるのです。 そして、家臣に「皇妃がもってきケーキはもうないのか?」とお代わりをねだるほど。 ポールが持ってきたケーキならあると答える家臣に対して、 「それはいらん」 と断り、 同じものを準備します。 と言われても 「いや・・・何か気にらぬ」 と・・・。 難しい様子皇帝に家臣は 「妃殿下が直接お持ちになられたケーキをお望みですか?」 と聞かれ、はっとした表情を浮かべるのでした!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフという漫画の29話と30話のネタバレを教えて欲...

転生 したら 悠々 自適

Contents• 転生したら悠々自適の王妃ライフ4話ネタバレ 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナが気になる皇帝 人々の間でリアナの功績が認められはじめ、リアナと顔を合わせようともしない皇帝に「男として失格」と噂話をするものまで現れました。 それを聞いてたのは皇帝本人! 王宮内での自身の悪口に怒りモードの皇帝。 しかし、そんな皇帝の態度にも「あながちまちがいでもないですよ」と軽く答える家臣たち。 リアナの功績に国民は認め始めているのに、皇帝は「ご苦労だった」の一言もない、と笑顔で嫌味を言われてしまう始末です。 と、皇帝とリアナのことについて話し合っていると、皇帝は窓からポールとリアナが一緒に楽しそうに話しているのを見かけます。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナのケーキ~ 自身の態度に思うところがあったのか、皇帝はリアナを自身の部屋へ呼び出しました。 そこへ、メイドさんがケーキを持ってきますが、皇帝は不思議そうな顔。 リアナが皇帝のことを思って、町で準備してくれたようです。 (皇帝のために、甘さ控えめのものを選んでいたみたい) ニコリ、そのことを伝え、優しく笑うリアナに、皇帝もなんだかびっくりしたような、嬉しそうな表情を浮かべます。 自分のことを思って買ってくれたケーキにお礼を言おうとしますが、家臣たちから茶化されるんじゃないか・・・と想像がよぎります。 でも、やはりお礼は言っておこうと口を開いた瞬間 「余は条件のとおり、一切の愛情を与えぬつもりだ」 となぜか思ってもいないことを口走ってしまい・・・。 しまったと顔をするのですが、リアナは 「ご心配には及びませんわ」 と、皇帝の愛情は望まないし、リアナ自身も、愛情はないときっぱり笑顔で答えるのでした・・・。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~反省する皇帝~ リアナが部屋を出て行ってしまったあと、「やってしまった・・・」と言う顔で反省した様子です。 そして、リアナがせっかく持ってきてくれたケーキを眺めて家臣に促されてようやく口にします。 想像以上の美味しさに、思わず表情も明るくなるのです。 そして、家臣に「皇妃がもってきケーキはもうないのか?」とお代わりをねだるほど。 ポールが持ってきたケーキならあると答える家臣に対して、 「それはいらん」 と断り、 同じものを準備します。 と言われても 「いや・・・何か気にらぬ」 と・・・。 難しい様子皇帝に家臣は 「妃殿下が直接お持ちになられたケーキをお望みですか?」 と聞かれ、はっとした表情を浮かべるのでした!.

次の