浄土宗 浄土 真宗 違い。 彼岸とは何か|曹洞宗と浄土真宗の違いは?宗派ごとの意味や共通点も

真宗と浄土真宗の違いってわかってます?まさか真言宗と混ってない

浄土宗 浄土 真宗 違い

浄土真宗と浄土宗は別の宗派だから、親鸞聖人の教えと法然上人の教えは別なもののように誤解されています。 なぜそうなってしまったのでしょう。 経緯をお話しいたします。 「浄土宗は法然上人 浄土真宗は親鸞聖人」は正しいのか 一般に、浄土宗は法然上人、浄土真宗は親鸞聖人が開かれたといわれています。 そして浄土宗は、南無阿弥陀仏と念仏を称えることで、極楽浄土へ往生できると教え、浄土真宗は、阿弥陀仏の本願を聞く一つで現世で極楽往生が決定(往生一定)し、その人が命終われば浄土へ往生できる。 念仏はその身に救われたお礼であると説きます。 法然上人と親鸞聖人は師弟の関係でしたので、日本史の教科書には、「法然の教え(浄土宗)を、さらに〃発展〃させたのが親鸞の浄土真宗」などと表記されてきました。 最近では、親鸞聖人は「新たな教説を生み出した」「独自に教えを展開」等の表記に変更されているようです。 しかし、ここは大きく誤解されているところでもあるので注意が必要です。 法然上人の教えと、親鸞聖人の教えは、実は変わるものではないのです。 法然上人も親鸞聖人も同じ教えを伝えられた 法然上人は、主著『選択本願念仏集(せんじゃくほんがんねんぶつしゅう)』の中で、天台、真言、禅宗などの聖道仏教(しょうどうぶっきょう・自力の修行でさとりを開こうとする教え)では、末代の凡夫は助からず、阿弥陀仏の本願によらねばならないことを、多くの経典を引用し、完膚なきまで論証されました。 聖道仏教が全盛だったこの時代に、法然上人は明確な意志をもって、釈尊の本意である「阿弥陀如来の救い」を説く「浄土宗」を新たに開かれたのです。 その法然上人を心から尊敬された親鸞聖人には、新しい宗派を立てようとか、新たな教団を作ろうという気持ちは少しもありませんでした。 実際、親鸞聖人は「本師源空(法然)あらわれて 浄土真宗をひらきつつ 選択本願のべたまう」と仰って、浄土真宗を開かれたのは法然上人であるとも明言されています。 「浄土真宗」とは「選択本願(阿弥陀仏の本願)」の別名であり、法然上人も親鸞聖人も、教え方こそ異なる点はありますが、阿弥陀如来の本願の正しい御心を教えられた点で、寸分の違いもないのです。 今の浄土宗は、法然上人の開いた浄土宗なのか ならばなぜ、「違う」という誤解が生まれたのか。 その経緯を説明いたしましょう。 法然上人が亡くなられたあと、浄土宗は、解釈の相違から5つの派に分かれます。 このように分かれてしまったのは、法然上人のお弟子には、聖道仏教から移ってきた人が多かったせいもあります。 これらの人は、聖道仏教的な考え方がしみついているため、法然上人の教えをどうしても正確に受け取ることができなかったのです。 こうした教えの乱れを嘆かれた親鸞聖人は、『選択本願念仏集』を解釈した『教行信証』を著され、師・法然上人の本当の御心の開顕に努められました。 その親鸞聖人の教えを聞く人々が後代、大きな集まりとなり、浄土真宗と呼ばれるようになったのです。 今日、世間で浄土宗といわれているのは、証空の開いた「西山派」か、弁長の「鎮西派」です。 しかし、二人とも法然上人の高弟ではありましたが、『選択本願念仏集』の教えを歪曲しているので、「法然上人の開いた浄土宗」とはいえません。 【まとめ】浄土真宗と浄土宗はどう違うのですか• 親鸞聖人の教えと法然上人の教えは同じ• 今の浄土宗(西山派、鎮西派など)は、法然上人の開いた浄土宗とはいえない お勧め記事.

次の

浄土宗と浄土真宗の違い

浄土宗 浄土 真宗 違い

浄土宗とは、「南無阿弥陀仏」と念仏を唱える仏教の一つで、宗祖は「法然上人」です。 法然上人は幼いうちに父を亡くしたことがきっかけに京都の比叡山で修行をし、やがて浄土宗の教えを悟り浄土宗を開きその考え方を広めていきました。 その歴史は古く鎌倉時代の1175年に開宗されたといわれています。 浄土宗の教えについて 浄土宗の教えは、本尊である阿弥陀佛の慈悲を信じ「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えることに特徴があります。 念仏を唱えることで安らかな日々を送り、人格を高め、社会のために尽くし、亡くなった後に極楽浄土への往生を祈ることを信仰としています。 念仏はどこにいても唱えることができ、また唱えることは容易にできることから人々は容易に救われるとされ、その 念仏の容易さから世間一般に広まっていったとされています。 浄土宗と浄土真宗の違い 浄土宗と浄土真宗の違いがわかりますか。 浄土宗と浄土真宗は名前は似ており、どちらも念仏を唱えることは共通していますが、異なる部分も多いです。 例えば、浄土宗は宗祖が法然上人であるのに対し、浄土真宗は法然上人の弟子である親鸞が宗祖です。 また、浄土宗も浄土真宗もどちらも念仏を唱えますが、念仏に対する考え方は浄土宗は念仏を唱える行為自体に重点を置くのに対し、浄土真宗では念仏を唱える行為ではなく唱えようという気持ちこそが重要であると考えられています。 さらに、浄土真宗においては不祝儀袋は「御霊前」ではなく「御佛前」が正しい記載方法です。 これは、浄土宗においては人は亡くなってかはら霊になり四十九日を経て仏になることから「御霊前」と書くのですが、浄土真宗では亡くなるとすぐに仏になるとされているため「御佛前」と書きます。 加えて、浄土宗では香を額に近づけてお焼香をしますが、浄土真宗では香は額に近づける作法をしません。 また、線香の立て方にも違いがあり、浄土真宗では線香は立てずに横に寝かせるなど浄土宗と浄土真宗とでは 葬儀での作法などにも違いがあります。 浄土宗のお墓の特徴 ここでは、 浄土宗のお墓の特徴を紹介します。 実際に墓石にどのような文字を刻むべきなのか、刻む文字に決まりがあるのか、文字の種類がたくさんあってどれにすべき分からないなどの疑問が生じることも多いかと思います。 実際にお墓を建てる時になって刻むべき文字を知らないとどうしたらいいか困ってしまいますよね。 ここからは一般的なお墓に刻む文字を説明したあとで、 浄土宗においてお墓に刻む文字の特徴やその意味について説明していきます。 また、五輪塔を建てる場合もありますから、五輪塔を建てる場合の文字の特徴についても解説していきます。 お墓に刻む文字 まず、 お墓に刻む文字について説明します。 墓石には2種類あり、縦型の和形墓石と横型の洋型墓石があります。 和形墓石の場合には、お墓の一番上に設置された縦長の石である「竿石」の正面に「〇〇家代々之墓」「〇〇家之墓」「〇〇家」と刻むことが多いです。 また、洋型墓石の場合には横書きで「〇〇家」と和形墓石と同じ文字に加えて、「和」「感謝」などの1文字から4文字の好きな言葉を入れることもできます。 つぎに、浄土宗のお墓の特徴としては、和形墓石で竿石の正面にある「〇〇家之墓」の彫刻に加えてその上部に梵字を刻むことにあります。 梵字とは、古代インド文字を漢字で表現したもので、お墓に刻む梵字は阿弥陀如来を表す「キリーク」を入れます。 「南無阿弥陀仏」とは、亡くなった後に極楽浄土への往生を祈ることを意味します。 そもそも「南無阿弥陀仏」とは「南無」が「帰依する」を意味することから、本尊である阿弥陀仏に帰依することを表します。 阿弥陀仏に帰依することで浄土に導かれ、救済されるというのが「南無阿弥陀仏」の意味であるといえます。 南無阿弥陀仏の文字をお墓にいれることで、故人の極楽浄土への往生を祈る意味があるといえます。 また「倶会一処」とは、浄土教の往生利益の一つとされ、阿弥陀仏の極楽浄土に往生したものが、浄土の仏・菩薩と一処に出会うことができることを意味します。 先に浄土にいる先祖たちと同じ浄土に生まれたいという願望や同じ浄土へ行けるとの喜びを示すものです。 いずれの言葉も浄土宗においての極楽浄土への往生を意味する言葉といえ、浄土宗のお墓の特徴といえます。 以上のことから 浄土宗のお墓に刻む文字の特徴は、以下のいずれかということになります。 「南無阿弥陀佛」• 「俱会一処」 五輪塔の場合は? 五輪塔とは、五つの輪が重なった形の墓石、供養塔のことをいいます。 五輪塔の歴史は古く平安時代から作られ始めたといわれています。 三段式の和形の墓石が江戸時代から普及し始めたと言われていることから、五輪塔の方が歴史が長いといえます。 五輪塔が作られる前はお墓は死者の埋葬地との意味しかありませんでしたが、五輪塔が初めて 極楽への往生を意味するようになったといわれています。 そもそも五輪は「地・水・火・風・空」という宇宙を構成する五大要素を意味し、五輪塔は死者を成仏させ、極楽浄土に往生させることが本来の意味です。 五輪塔に文字を入れる文字については、当初は下から「地・水・火・風・空」を意味する梵字が刻まれていましたが、現在は梵字は刻まずに上から順番に「南無・阿・弥・陀・仏」と区切って文字を刻むことに特徴があります。 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨できるのか では、 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨はできるのでしょうか? 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨する必要がある場合にどうしたらいいか困ってしまいますよね。 例えば、自分の代から新しい宗派にしたい、お墓が遠方にあることから自分の近くの霊園に移したいが同じ宗派ではないなど、違う宗派での納骨を希望する場合があると思います。 納骨については納骨先の墓地・霊園によって宗派の固定がある場合や、宗派の固定がない場合もありますから、納骨予定先の墓地・霊園に問い合わせるなどして宗派に関する規定を確認することをお勧めします。 具体的には、宗派の固定がある場合には、檀家となってお寺を支えるという仕組みになります。 また、 宗派によっては納骨を拒否されるケースもあるので注意が必要です。 例えば、菩提寺があるのに他宗派のお寺で法要を済ませたあと納骨をすることはタブーとされており納骨が拒否される場合があるそうです。 一方で、宗派の固定のない墓地・霊園や自治体・民間の団体によって運営されている公営の霊園の場合には自分の宗派で納骨することが可能です。 霊園・墓地について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください• 浄土宗は念仏を唱えることで極楽浄土へ往生することを祈る仏教である。 浄土宗と浄土真宗は念仏の考え方や葬儀での作法などの違いがある。 五輪塔の場合には上から順番に「南無・阿・弥・陀・仏」と刻む。 浄土宗以外の墓地・霊園に納骨は納骨先の墓地・霊園に納骨が可能かの確認をとること。 宗派によってお墓に刻む文字に違いがあり、その文字にも宗派ごとに意味があったんですね。 普段、墓石の文字の特徴やその意味について考える機会が少ないと思いますから、その特徴や意味を理解することで宗教への考え方も変わるかもしれません。 「終活ねっと」では他にもお墓に関する多数の記事を掲載しております。 ぜひそちらの方もご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

次の

浄土宗のお葬式 : お葬式なるほどチャンネル

浄土宗 浄土 真宗 違い

浄土宗の開祖『法然』 法然は1,133~1,212年を生きた僧侶です。 豪族の子として生まれた法然は、13歳の時に比叡山に登ります。 しかし、権力闘争に明け暮れる先輩僧侶たちに嫌気が差して、18歳で下山。 その後は叡空という師のもとで修業をしながら、様々な経典を読み漁ります。 そして見つけたのが、観無量寿経でした。 そこには念仏『南無阿弥陀仏』を唱えているだけで、極楽浄土に行けると書かれていたのです。 これがあれば、お金も知識もない大衆も救えると確信した法然は、浄土宗を開宗するのでした。 浄土真宗の開祖『親鸞』 親鸞は1,173~1,263年を生きた僧侶です。 下級貴族の家に生まれた親鸞は、9歳で出家します。 その後、比叡山で修行をしますが、堕落しきった先輩僧侶たちに失望します。 29歳で比叡山を下山し、法然の元へ向かうのでした。 そこで、先に阿弥陀如来の功徳を学んでいた法然から教えを受け、浄土真宗へと発展させていきます。 浄土宗と浄土真宗の違い 法然と親鸞は師弟関係であり、仲が悪いわけではありません。 なので両宗派とも本尊は阿弥陀如来ですし、経典は浄土三部経です。 違った点は阿弥陀仏を言葉にするか、心で想うかです。 浄土宗は『専修念仏』|言葉で南無阿弥陀仏と唱える 浄土宗の教えは、『南無阿弥陀仏(阿弥陀様に帰依します)』と唱えれば、誰もが極楽浄土に往けるという『専修念仏』です。 これまでの仏教は、一部の僧侶だけが修行によって悟りに至るもので、一般大衆を救うことはありませんでした。 しかし、この『南無阿弥陀仏』のおかげで、浄土宗は広く大衆に広まっていきます。 その理由は以下の2つです。 知識が不要• 誰でもカンタン 一般庶民の中には文字が読めない人もたくさんいました。 そんな人たちに経典を読ませる事は不可能です。 また、日々の暮らしだけでも大変なのに、追加で修行の時間を割くことも不可能でした。 つまり、これまでの仏教は大衆にはできない宗教だったのです。 ここに革命をもたらしたのが法然でした。 法然は元は比叡山出身の高僧です。 そんなエライお坊さんが 『南無阿弥陀仏って唱えるだけで、みんな極楽浄土に往けるよ』と言ったのです。 日々、老病死に苦しんでいた大衆からしたら、スーパースター到来だったのではないでしょうか。 しかし、この教えはとても危険な側面を持っています。 言葉をそのまま受け取ってしまうと、誤った解釈をされてしまうのです。 他力本願:他人のチカラで、自分の願いを叶える• 悪人成仏:悪いことをすれば、仏になれる 素直に意味を考えると、このようになりますよね。 しかし、この認識は不正解です。 間違えると危険なのでもう一回。 不正解です。 正解は・・・• 他力本願:他力とは阿弥陀仏のチカラのこと。 阿弥陀仏を信じれば極楽に逝ける。 悪人成仏:善人は自分で何でもできると思っている。 悪人はそれができない。 それなら、悪人の方が他力を信じる。 ニュアンス的にはこんなところです。 このような難しい哲学なので、親鸞の教えは間違って伝わりまくります。 親鸞が生前にまとめた『歎異抄(たんにしょう)』という哲学書は、誤解を招くとされ本願寺の書庫に隠されました。 その後、本願寺第八代門主の蓮如がこの本を読み感銘を受けますが、やはりリスクを警戒して再び書庫に戻されます。 そして800年もの時を経て、親鸞という偉大かつ聡明な僧侶の考えが公開されたのです。

次の