日本 郵政 株価 チャート。 株価が上がらない日本郵政の今後はどうなるのか|株価予想は本当に当たるのか?

なぜ上がらない?ゆうちょ銀行の株価が下落する理由を金利チャートから分析。|投資の達人

日本 郵政 株価 チャート

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

【日本郵政(6178)の株は買い?】今後の株価の分析をしてみた【2019年度版】

日本 郵政 株価 チャート

6178 日本郵政の株価が急落してきた ここ1週間ほどで、あれよあれよという間に日本郵政の株価が急落してきました。 私はいつも大引け後、ポートフォリオに組み込んでる約100銘柄を日足チャートで株価の動向をチェックしてます。 各銘柄様々な動きをしてますが、日本郵政の急な下げの形は非常に珍しく 「明確な意図を持った下げ」の形を呈したパターンと言えます。 6178 日本郵政 日足チャート チャート的には7月から上げに転じそうな雰囲気でしたが、裏をかいて下落してます。 それもかなりキツい暴落で。 1200円より上を推移してる移動平均線からも、かなり乖離してきました。 日本郵政の暴落は「かんぽ生命の不正販売問題」に起因 先程 「明確な意図を持った下げ」という表現をしましたが、このチャートの形は何か悪材料が出た時しか基本的に出ませんが、今回は日本郵政にとって大きなトラブルが発生したので、このチャートを形成しました。 私は普段ファンダメンタルの部分は重視しませんが深刻な問題が起きた時は別で、今から日本郵政の株を買うのは疑ってかかるくらいの気構えです。 今回の急落は、かんぽ生命の不正販売問題が発覚して暴落したかんぽ生命の株を64%も保有する日本郵政が巻き添えを喰らった格好になります。 かんぽ生命内では職員への過剰なノルマが背景にあり、それにより保険料の二重払いをさせてた事が問題となりました。 そのノルマとは、普通ならまず達成できない目標を押し付けられ、達成できなかったらパワハラ研修に行かされるというものです。 ホワイト企業に見えても、内部は意外にブラックです。 肝心の騙された被害者は膨大な数で、2900万件以上の全契約者への意向確認をするとの事です。 途方もない数で手間とコストが掛かり、失った信用回復のメドが立たず投資家から不安視されてます。 株価の安全圏は、直近高値から【ー20%】 ここ数日で日本郵政の株は売られまくってますが、更に大きく下げる最後の投げ売りが来て、ブン投げ祭が近々開催されそうな気がします。 私はこういう時、いつもどこまで暴落するか予め予想しときます。 直近高値を使って計算をしますが、直近高値からー20%~25%ほどのゾーンが一時的なリバウンドを起こす位置だと思ってます。 今回の日本郵政の件だと1248円が直近高値なので、そこから20%を引いた株価が、反転するかもしれない自律反発ゾーンです。 8=998. 4なので、大きな節目という事もあり株価が1000円を割る辺りがアツいです。 そこまでの株価に短い日数で到達できれば、買いの大チャンス到来です。 過去の経験則からー20%という数字を出しましたが、当然銘柄によって個体差が有り、中には30%以上暴落する銘柄もあるので全力買いするのは危険です。 短期間による急角度の暴落は、短期間でリバウンドしやすい ブラックホールに吸い込まれる様な形の急落は底値を掴むのが難しいですが、上手く行けば短期間でリバウンドしてくれるので挑戦する価値はあります。 だらだら20%下がった銘柄と 短期間で20%下がった銘柄を比較すると、同じ下落率でもリバウンドする戻しの早さは、当然後者の方が早いです。 ですから時間効率よく利益を得るには、今回の日本郵政は美味しいチャンスです。 ただ悪材料による急落なので、下手すれば儲けるどころか損してしまう危険もありますが、資金管理を厳重に注意して臨めば、普通に勝てる相場だと思います。 日本郵政はあくまで 短期目線でリバウンド 政府が日本郵政株の持ち株を比率は現在57%ですが、郵政民営化法が定める下限の「3分の1超」まで下げるという発表が既にされてるので、中長期的にはダウントレンドなのでリバウンドをある程度取れたら、即刻全部売るのがベストです。 株の買いを段階的に増やしてくのが低リスク 安全を期して株を買うには、買うタイミングをずらして分散するのが効果的です。 ドルコスト平均法の短期間版という感じです。 これをやるメリットは、平均約定単価をコントロール出来る事と株価の変動についていける点です。 いっぺんに予定買い付け量を買ってしまうのは、ただのギャンブルです。 YOUTUBEに株動画をアップするとかなら面白そうですが、個人的なトレードなら丁半勝負は避けて、ちゃんと資金管理して勝ちに行きましょう。 日本郵政の株を買うのに1千万の投資資金があるとすれば、株価を1100円として計算した場合【9千株】買えます。 この9千株を、何回にも分けて買うのが安全策ではないでしょうか。 日本郵政の株は7月中に1000円辺りまで更に下がりそうですが、ホントに下がってきたら大チャンスです。 含み損に耐えながら少しずつ日本郵政の株を買ってけば、リバウンドをがっぽり取れると思います。 以上、私見ながら思うことを書きました。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

日本郵政 (6178) : 株価チャート [JAPAN POST HOLDINGS]

日本 郵政 株価 チャート

日中~5年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 現在値:784. 5円 始値:787. 4円 高値:792. 9円 安値:779. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の