イー ケネット カード。 京阪カード(イーケネット)の請求額が払えない場合のリスクと遅延・滞納を防ぐ方法

PiTaPaとe

イー ケネット カード

「e-kenet VISAカード」を使っている人は、京阪グループの加盟店などで買い物をすることにより、 「花まるクレジットポイント」が貯まります。 利用代金1,000円ごとにつき「花まるクレジットポイント」が1ポイントもらえる仕組みになっています。 溜まったポイントはおけいはんポイントに換えることもできますし、豪華景品と交換することも可能です。 さらに、ショッピングに使った額に応じたボーナスポイントも進呈されるので、買い物をすればするほどお得です。 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。 ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

次の

京阪カード(イーケネット)の請求額が払えない場合のリスクと遅延・滞納を防ぐ方法

イー ケネット カード

クレジットカードのセキュリティコードとは? ネットショッピングの安全性を守る仕組み ネットショッピングを楽しむのに便利なクレジットカード決済ですが、支払い手続きの途中で、カード番号とは別に「セキュリティコード」の入力を求められて、戸惑ったことはありませんか。 セキュリティコードとは、ネットショップで支払いを行う際、カード番号や有効期限とは別に、セキュリティを保護するために入力を求められるコードのことです。 カード番号でも、自分で設定した暗証番号でもないセキュリティコードが、どこに記載されており、どういったものなのか。 実はその存在を知り、正しく入力することは、 クレジットカードの不正利用を防止するうえで、購入者のみならずネットショップにとっても非常に重要です。 ここでは、購入者側・ネットショップ側双方の視点から、セキュリティコードを主としたネットショッピングの安全性の向上について解説します。 セキュリティコードとは何か? セキュリティコードとは、ネットショップで支払いを行う際、カード番号や有効期限とは別に、セキュリティを保護するために入力を求められるコードのことです。 全てのネットショップではありませんが、セキュリティ意識の高いショップでは導入している仕組みなので、実際にセキュリティコードを入力した経験のある方も、多いのではないでしょうか。 今後、そういったタイミングで困ることのないよう、自分のカードのセキュリティコードを正しく把握して、スムーズにショッピングを楽しみましょう。 どこにある数字なのか セキュリティコードは、あなたがお持ちのカード本体に記載されています。 クレジットカードの裏面または表面に記載された3桁もしくは4桁の番号が、セキュリティコードです。 下の図は、一般的なセキュリティコードの記載箇所イメージです。 カードブランド 表示面 桁数 VISA(ビザ) 裏面 3桁 MasterCard(マスターカード) 裏面 3桁 JCB(ジェーシービー) 裏面 3桁 Diners Club(ダイナースクラブ) 裏面 3桁 American Express(アメリカン・エキスプレス) 表面 4桁 アメックスだけが記載箇所・桁数ともに違いますが、他のブランドは全て同じです。 カード裏面に記載されている場合は、「署名欄のクレジットカード番号の後」 カード表面に記載されている場合は、「クレジットカード番号の右上」 にそれぞれ記載されている数字が、セキュリティコードとなります。 それでもセキュリティコードが見つからない 全てのカード発行会社がセキュリティコードを採用しているわけではないため、保有されているカードにもともと印字されていないという可能性もあります。 あるいは、印字が薄くなってしまったというケースも考えられます。 セキュリティコードは、カード番号のように凹凸がある表示ではなく、印刷のみの表示であるため、こすれるなどの理由で消えてしまうこともありえます。 どうしても見つからない場合は、お持ちのカードの発行会社に直接お問い合わせください。 入力しないとどうなるのか 「どこに記載されているのかはわかったけど、やっぱり入力するのは面倒。 」という方もいるかもしれません。 その場合、セキュリティコードを入力しないという選択はできるのでしょうか。 セキュリティコードの入力を求められるシーンは、ネットショッピングの支払い画面か、カード会社のマイページログイン画面のいずれかです。 次章で詳しく述べますが、セキュリティコードは本人認証を強固にするためのものです。 したがって、ネットショッピングの支払い画面で入力を求められたのに 入力をしなかった場合、不正利用とみなされて決済することが出来なくなってしまいます。 決済手続きをスムーズに進めることができるよう、多少面倒であってもその3~4桁をきちんと入力しましょう。 セキュリティコードとは まとめ: ここまで、セキュリティコードとは何かをご説明しました。 自分がよく利用するカードのセキュリティコードの記載箇所を把握しておけば、ネットショッピングでカード決済を行う際、突然入力を求められても戸惑わずに済みます。 次章より、セキュリティコードが何のためにあるものなのか、必要性と仕組みについて解説します。 ネットショッピングで安全性を守る仕組み ネットショップで早く商品を購入したいのに、クレジットカード決済を選択すると、カード番号や有効期限、名義人氏名など、入力すべき事項がたくさん出てきます。 さらにセキュリティコードまで確認して入力するのは、面倒だというのが本音です。 それではなぜ、その面倒を増やすのでしょうか。 それは、セキュリティコードがカードの不正利用を防止する上で、有効な手段として認められていることに関係しています。 ここでは、どのように不正利用を防止するのか、その補償も含めてご説明します。 どんな不正を防ぐのか セキュリティコードは、 店頭でカードの磁気情報を盗むスキミングや、無作為にカード番号を作り出すクレジットマスター等の犯罪を防ぐのに、有効な手段とされています。 不正利用を防止する仕組み セキュリティコードは、クレジットカード券面の印字によってのみ確認できるものであり、クレジットカードの磁気情報の中には含まれていない情報です。 磁気情報に含まれているのは、カード番号と有効期限のみなので、所有者以外の第三者がセキュリティコードを知るためには、クレジットカード本体を確認する必要があります。 このように セキュリティコードは、より強固に本人認証を行う手段として存在するため、スキミングやクレジットマスター等の不正利用防止には有効なのです。 セキュリティコードの管理は気をつけなければいけない 先にも述べたように、近年、セキュリティレベルの高いネットショップではその多くが、セキュリティコードの入力を必須にしているため、購入手続き中にセキュリティコードを入力する機会も増えています。 しかし、 セキュリティコードの管理には気をつけておかないと、フィッシング詐欺にあう可能性があります。 フィッシング詐欺とは、金融機関やクレジットカード会社に見せかけた偽装メールを不特定多数の人に送り、その偽サイトに個人情報を入力させるインターネット詐欺のことです。 そこからセキュリティコードを盗まれ、不正利用されないために、次のシーンでは入力してはいけません。 ネットショッピングの支払い画面・カード会社のマイページログイン画面以外のページ 上記以外のページで、セキュリティコードの入力を求められることはありません。 身に覚えのない、二段階認証メールへのリンク 本人確認を強固にするため、会員登録時に入力したメールアドレスに二段階認証メールが送られてくることがあります。 これに偽装したフィッシング詐欺サイト誘導事例が発生しています。 セキュリティコードは万能か 前述のように、セキュリティコードは、いくつかの手口に対しては有効です。 しかし、不正利用の手口は多様であり、その全てを防ぐことは出来ません。 例えば、クレジットカード本体の盗用によるなりすましのような犯罪は、防ぐことが出来ないのです。 すなわち、ネットショップは、支払い画面にセキュリティコード入力欄を設けることで、犯罪のリスクを軽減することは出来ますが、完全に防ぐことは出来ないということです。 仮に不正利用が発生した場合、カード会社がネットショップに、売上取消と購入者への返金を求める、いわゆる「チャージバック」となる可能性があります。 ネットショップ側は、チャージバックを拒否することはできないため、大きな損失となります。 ネットショップ側は、不正利用とそれによって発生するチャージバックを防止するため、様々なセキュリティ対策に取り組む必要があるのです。 セキュリティコード認証の設定は基本中の基本ですが、異常な頻度で高額商品を注文するような受注動向をチェックする、3Dセキュアを導入する等、様々な不正利用防止対策と組み合わせて使うことで、ネットショップ側と購入者側がともに安心してネットショッピングを楽しめる環境にしましょう。 まとめ: 本人認証を強固にするセキュリティコードの存在は、ネットショップ側・購入者側の双方にとって重要です。 購入者であるあなたは、セキュリティコードの記載場所や内容を再確認し、今後に備えてください。 また、セキュリティコードは不正利用防止手段として万全とは言い切れないため、不審なサイトで情報を入力しないなど、意識をすることも大切です。 一方、ネットショップ側も、セキュリティコードの有用性を活かしつつ、それだけでは防げないケースを考慮して、他の不正利用対策と併用することにより、さらに高セキュリティで安全性の高いショッピング環境づくりを目指しましょう。

次の

クレジットカードのセキュリティコードとは?ネットショッピングの安全性を守る仕組み|ネットECの基本|ECビジネスのトータルパートナー|ヤマトフィナンシャル

イー ケネット カード

年会費無料• 基本還元率が高い• 特定店舗で高還元• スピード発行• 審査の間口が広い• 海外旅行傷害保険• 国内旅行傷害保険• 空港ラウンジ• 優待が豊富• ポイント期限なし• ETCカード• 電子マネー e-kenet VISA PiTaPaカードは、クレジットカードの『e-kenet VISAカード』と京阪グループ発行のPiTaPa『京阪マイレージPiTaPaカード』を2枚1セットとして利用する形式になっています。 その最大の特徴は京阪電車をはじめとする京阪グループでの優位性で、特に京阪電車の運賃割引サービスや基本1%の高還元率を誇る京阪グループの共通ポイント『おけいはんポイント』といったお得な特典は見逃せません。 京阪電車を便利に、しかもお得に活用できるe-kenet VISA PiTaPaカードの魅力について、ここからは詳しくご紹介していきましょう。 実質年会費無料!PiTaPaカードとセットでお得に使える e-kenet VISA PiTaPaカードは、クレジットカードのe-kenet VISAカード、京阪マイレージPiTaPaカードともに年間1度でも利用すれば年会費やPiTaPa維持管理料が無料になる優遇措置を設けています。 つまり、継続的に利用している限りは確実に実質年会費無料で利用できるのです。 e-kenet VISAカードはPiTaPaカードなしでクレジットカード単体として発行することもできるのですが、その場合は年会費無料の条件が前年度のショッピング利用額50,000円以上と少し厳しくなります。 結果として、e-kenet VISA PiTaPaカードとして2枚1セットで発行した方が年会費無料でお得に利用しやすい仕組みになっていると言えるでしょう。 ポストペイ式で便利!京阪マイレージPiTaPaカードの基本概要 e-kenet VISA PiTaPaカードのサービスの要ともいえる、京阪マイレージPiTaPaカードについて詳しくご紹介しておきましょう。 京阪マイレージPiTaPaカードは、京阪グループ発行のPiTaPaカードの総称です。 その名の通り、京阪電車ユーザーにお得な特典を備えるPiTaPaカードとなっています。 利用エリアは他社のPiTaPaカードと同様、近畿エリアの私鉄路線全般となっています。 なお、PiTaPaカードは交通系電子マネーとしては特異なポストペイ(後払い)方式となっており、PiTaPaエリアではチャージ不要で利用可能です。 また、ICOCAエリアとなるJR西日本の一部の区間でも、2018年秋よりポストペイ利用の対応がスタートしました。 このポストペイ対応エリアを除くICOCAエリアや全国の相互利用可能エリアにおいては、PiTaPaカードは他の交通系電子マネーと同様に事前チャージして決済をするプリペイド式として利用することになります。 さらにPiTaPaショッピング加盟店となっている店舗では、京阪マイレージPiTaPaカードをお買物の支払いに利用することができます。 利用に応じて『ショッピングdeポイント』というポイントが獲得でき、貯まったポイントは電車・バス利用の支払いに充てることが可能です。 ただし、このポイントはPiTaPaカード独自のもので、e-kenet VISA PiTaPaカードのポイントシステムとは一切関連性がないので、その点は注意してください。 京阪電車がお得!京阪マイレージPiTaPa(ピタパ)カードの運賃割引 京阪マイレージPiTaPaカードには、独自の運賃割引サービスが複数備わっています。 その中でも京阪電車を対象とするメインの3つのサービスについて詳しくご紹介しましょう。 91%に2,000円を加算した金額となる — 京阪マイレージPiTaPaカードには定期券機能はありませんが、区間指定割引を利用することでそれに近いサービスを受けることができます。 また、他の2つの割引サービスも京阪電車をお得に利用するのに非常に役立つでしょう。 さらに京阪マイレージPiTaPaカードでは、以下のような他社局線の電車・バス路線でも様々な様式の運賃割引サービスの適用を受けることができます。 路線によって割引の仕組みは異なるので、自分が利用する路線に関しては詳細を確認するようにしましょう。 キッズカードが小学生向け、ジュニアカードが中高生向けです。 通常のPiTaPaカードと同様にクレジット機能がないので安心して持たせることができます。 通学や塾、習い事などで小さなお子様を一人で電車に乗せなければならない時も、移動状況が正確にわかるので安心ですよね。 京阪グループでどんどん貯まる!還元率1%のおけいはんポイント e-kenet VISA PiTaPaカードには、2種類のポイントサービスが備わっています。 そのうちの1つが、『おけいはんポイント』です。 おけいはんポイントは京阪グループの共通ポイントとして位置づけられており、以下の2つの方法で貯めることができます。 京阪マイレージPiTaPaカードで京阪電車を利用する• おけいはんポイント加盟店での買い物の際にe-kenet VISAカードを提示する また、京阪電車と特定のお店との組み合わせや有料サービスなどを利用して、よりお得にポイントを貯めていく方法も用意されています。 おけいはんポイントの貯め方や貯まったポイントの使い道などについて、以下に詳しく解説していきましょう。 京阪電車利用でポイントゲット!区間指定割引なら還元率10% まず最初にご紹介するのは、京阪電車の利用でポイントを貯める仕組みです。 京阪電車では京阪マイレージPiTaPaカードでの利用でいつでも利用代金の1%分のおけいはんポイントを獲得することができます。 さらに上でご紹介した区間指定割引サービスを利用している場合は、対象区間の1ヵ月の定期運賃を基準にその10%分という高いポイント還元を受けられるのです。 京阪電車を日常の足として利用している方なら、着実にポイントを貯めていくことができるでしょう。 沿線店舗もホテル・レジャーも!おけいはんポイント加盟店 おけいはんポイント加盟店となっている店舗や施設では、支払いの際にe-kenet VISAカードを提示するだけでおけいはんポイントを獲得することができます。 ポイントレートは100円につき1ポイントなので、やはりこちらも1%還元ということになります。 おけいはんポイント加盟店となっている主要な店舗・施設をジャンル別にご紹介しましょう。 ジャンル 店舗・施設 ショッピング ・京阪百貨店 ・京阪モール ・くずはモール ・ユニクロ(京阪守口店・京阪くずは店) ・駅構内店舗(祇園四条駅・三条駅・寝屋川市駅・京橋駅など) など ホテル ・ホテル京阪 ・京都センチュリーホテル ・星野リゾートロテルド比叡 ・琵琶湖ホテル など レジャー ・JTB京阪トラベル ・大阪水上バス(大阪観光船サンタマリア・アクアライナー) ・ひらかたパーク ・京都タワー 京阪電車の沿線店舗からホテルやレジャー施設まで、幅広いジャンルの店舗・施設が加盟店となっています。 普段のお買物に、ちょっとしたお出かけにと、様々なシーンでポイントを貯めていくことができるでしょう。 電車代が実質タダになるかも!?その他のポイント特典まとめて紹介 おけいはんポイントは、他にも京阪電車の特別車両『プレミアムカー』の利用や、京阪電車とショッピング施設を組み合わせて利用することなどによってもお得に貯めていくことができます。 そんな多様なおけいはんポイントの貯め方についても、まとめてご紹介しておきましょう。 こうした特典も活用して、積極的におけいはんポイントを貯めていきましょう。 ポイント還元大幅アップ!有料サービス『e-kenetプレミアム』 おけいはんポイントをもっと効率的に、ハイペースで貯めていきたいという方におすすめしたいのが、有料サービス『e-kenetプレミアム』です。 『e-kenetプレミアム』に加入すると、e-kenet VISAカードのクレジット決済によるすべての支払いに対して、1,000円ごとに所定のプレミアムポイントが加算されます。 つまり、おけいはんポイント加盟店でのポイント還元率がアップするのはもちろんのこと、加盟店以外でのクレジット決済でもおけいはんポイントを獲得することができるようになるのです。 『e-kenetプレミアム』には以下の2種類のコースが用意されています。 コース プレミアムポイント 年会費 スペシャルコース 1,000円につき5ポイント 2,000円(税別) ロイヤルコース 1,000円につき8ポイント 6,000円(税別) 例えばスペシャルコースの方なら、年間のショッピング利用額が40万円を超えるのであれば、加算されるプレミアムポイントで年会費が相殺できる計算になります。 年間40万円というと月割りで3万円強です。 そうやって具体的に計算してみると、この『e-kenetプレミアム』は元を取ることがそう難しくない親切な設定になっていることがわかりますよね。 利用状況に応じてぜひ活用してみてほしいサービスです。 貯まったおけいはんポイントは加盟店で使えるクーポンに交換! 様々な方法で貯めてきたおけいはんポイントは、すべてのおけいはんポイント加盟店で金券として使える『おけいはんクーポン』と交換することができます。 交換レートは500ポイントにつき500円相当で、おけいはんポイントからおけいはんクーポンへの交換は、京阪電車の一部の駅構内や京阪百貨店などに設置されている『おけいはんステーション』で行うことができます。 使い道は1種類ですが、手軽にポイントからクーポンへの交換ができて使える店舗も多いので、活用度は十分に高いと言えるでしょう。 積立期間は1年間、引き換えは翌3月まで…有効期間に要注意 おけいはんポイントを利用する上で1つ注意してほしいのが、ポイント有効期間です。 おけいはんポイントの有効期間は、少し変わったシステムになっています。 まず、毎年1月1日から12月31日まで(入会初年度は入会日から翌年12月31日まで)の1年間を積立期間とします。 そしてその積立期間終了から3ヶ月間、つまり翌年の3月31日までが引換猶予期間とされ、前年に積立したポイントをおけいはんクーポンに交換することができるのです。 さらに毎年1月1日から3月31日までにポイント交換を行う場合は、前年のポイントと当年のポイントを合算してのクーポン引き換えも可能です。 引換猶予期間を過ぎてしまうとおけいはんポイントは失効して使えなくなってしまうので忘れずにクーポンへの交換を行うようにしてください。 クレジット決済で貯まる!はなまるクレジットポイント e-kenet VISA PiTaPaカードに備わっているもう1つのポイントシステムが『はなまるクレジットポイント』です。 こちらはe-kenet VISAカードでのクレジット決済全般で貯められるポイントで、ポイントレートは1,000円につき1ポイントとなっています。 おけいはんポイント加盟店でクレジット決済にてお買物をした場合は、カード提示でおけいはんポイントが、そしてクレジット決済ではなまるクレジットポイントが…という形でダブルでポイントが貯められるということになりますね。 なお、このはなまるクレジットポイントは積立期間が入会月より最長2年間、それ以降は2年ごとに更新となっています。 したがって、有効期間は原則2年間ととらえておけばよいでしょう。 上限なしでもらえる!お得なダブルボーナスポイント はなまるクレジットポイントでは、通常のクレジット決済で付与されるポイントのほかに、利用金額に応じたボーナスポイントが獲得できます。 進呈されるボーナスポイント数はショッピング利用額10万円ごとに10ポイントです。 さらに利用金額が一定額に達するごとに、ダブルボーナスポイントとしてポイントが上乗せされていきます。 ダブルボーナスポイントに関しては、ポイント設定を一覧でご紹介しましょう。 ショッピング利用額 ダブルボーナスポイント 10万円 20ポイント 50万円 40ポイント 100万円 490ポイント 150万円 40ポイント 200万円 490ポイント ショッピング利用額200万円以降も、50万円単位で40ポイント、100万円単位で490ポイントのダブルボーナスポイントが加算されていきます。 支払いをなるべくe-kenet VISA PiTaPaカードに集約して、より多くのボーナスポイントの獲得を目指しましょう。 はなまるクレジットポイントはおけいはんポイントに交換がおすすめ 貯まったはなまるクレジットポイントの使い道は商品交換もしくはおけいはんポイントへの移行となっています。 おけいはんポイントに交換する場合の交換レートは1はなまるポイント=5おけいはんポイントです。 したがって、はなまるクレジットポイントの還元率は基本0. 5%ということになります。 なお、交換単位は200ポイント以上からで1ポイント単位です。 2種類のポイントを1つに集約することで、おけいはんクーポンへの交換がよりスムーズになるので、基本的にはおけいはんポイントへの交換をおすすめします。 e-kenet VISA PiTaPaカードの優待特典内容 京阪グループを中心に、近畿エリアで幅広く使える優待特典が多数付帯しているのも、e-kenet VISA PiTaPaカードの魅力の1つです。 優待が受けられる主要な店舗・施設を一覧でご紹介しましょう。 休日のお出かけなどにどんどん活用していくことができるでしょう。 海外旅行時に役立つ!海外おみやげ宅配便も5%オフ e-kenet VISA PiTaPaカードには、海外旅行時に便利な海外おみやげ宅配便が5%オフで利用できる優待特典も備わっています。 旅行出発前に商品を選んでおけば帰国後の指定日に届けてくれるおみやげ宅配サービスは、海外旅行をなるべく身軽に過ごしたいという方にとっては強い味方ですよね。 なお、e-kenet VISA PiTaPaカードでのクレジット決済でなければ割引は適用されないので、その点は注意してください。 e-kenet VISA PiTaPaカードの付帯保険!海外旅行傷害保険が利用付帯 e-kenet VISA PiTaPaカードは実質年会費無料で維持できるクレジットカードですが、実はも付帯しています。 パッケージツアーの代金など特定の旅行費用をe-kenet VISA PiTaPaカードで支払わなければ補償が適用されない利用付帯ではありますが、いざというときに頼れる保険が無料で付いてくるというのは心強いですよね。 e-kenet VISA PiTaPaカードの詳しい補償内容を見ておきましょう。 補償内容 保険金額 傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 障害治療費用 100万円限度 疾病治療費用 100万円限度 救援者費用 100万円限度 賠償責任 1億円限度 携行品損害 合計最高10万円 ケガ・病気から盗難などによる損害まで、幅広く補償する手厚い内容になっています。 特に賠償責任は保険金額1億円限度と、ゴールドカード以上のハイクラスカード並みの補償です。 しかも、本会員だけでなく家族会員にも全く同じ内容の補償が適用されます。 海外旅行に行く機会が多い方なら、この保険の手厚さはカードを選ぶ上で重要な決め手の1つになるでしょう。

次の