ワイ モバイル 料金 シュミレーション。 ワイモバイルの料金シミュレーションで分かる大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換えるとお得なタイミングとは!?

楽天モバイル:料金

ワイ モバイル 料金 シュミレーション

プラン S 3GB M 9GB R 13GB 月額料金 2,680円 3,680円 4,680円 新規割適用時 1,480円 2,480円 3,480円 最安プランは、スマホプランSの2,680円です。 契約から半年間は、「新規割」で全料金プランが700円つづ安くなっています。 月額料金が安くなったことに加え、今まで通り 全ての基本プランに「10分以内の通話かけ放題」が無料でついています。 通話オプションがない格安SIMも多い中、10分かけ放題が基本料金に組み込まれているのはありがたいですね。 データ容量は、3GB・9GB・13GBの3つです。 料金プランがシンプルで、ライト・ミドル・ヘビーユーザーごとに選べるのでわかりやすいですね。 加えて契約から1年間は、 「データ増量無料キャンペーン2」でギガが増量されます。 通常「データ増量オプション」は、500円で契約ギガ数を増やせるオプションプランです。 スマホプランと適用される主な割引・キャンペーン 3つのスマホプランと掛け合わせて料金シミュレーションをご紹介しますが、パターンは以下の通りです。 :条件付きで一定額を最大24ヵ月間または36ヵ月間、割引するサービス• :加入翌月から12ヵ月間基本使用料が1,000円割引となるキャンペーン• :加入翌月から24ヵ月間基本使用料がSなら400円、M・Lなら600円割引になるサービス これらの料金に加えて通話料金やオプション料金が加わることになるため、ここで紹介する料金が全てではないという点に注意してください。 また、 ワンキュッパ割は1年間のみ適用されるため、2年目以降は月額料金が増える点も忘れないようにしてください。 ワイモバイル利用の際のシミュレーション[ケース別] シミュレーションをケース別に表にしました。 ワイモバイルで契約する端末がiPhoneかそれ以外かを確認して、該当の表をご確認ください。 シミュレーション1.

次の

簡単料金シミュレーション|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

ワイ モバイル 料金 シュミレーション

楽天モバイルの料金シミュレーションってなに? 出典: では、利用したいプランの月額料金がどれくらいになるかを確認できる「 料金シミュレーション」を公式サイトで提供しています。 1つずつ選んでいくだけで「格安SIMへ乗り換えるとどれだけ安く使えるか?」が簡単に見られて便利なので、ぜひ活用してみましょう。 楽天モバイルの料金シミュレーション・プラン診断の使い方は? それでは、楽天モバイルの 料金シミュレーション・プラン診断の使い方を紹介していきます。 手順は以下の通りです。 端末+SIMセットもしくはSIMのみを選ぶ• 保証・補償を選ぶ• SIMタイプを選ぶ• 料金プランを選ぶ 購入タイプを選択する 出典: 公式サイトから料金シミュレーションのページにを開いたら、まずは 「端末+SIMセット」か「SIMのみ」を選びましょう。 「端末+SIMセット」は、取り扱っているスマートフォン・ケータイ・タブレット・ルータなどの機種を、SIMカードと一緒に購入するときに選択します。 楽天モバイルでは取り扱っている端末が多いですし、割引キャンペーンも多いので確認しておくとよいでしょう。 「SIMのみ」は、単純にSIMカードだけを申し込むときに選択します。 例えばすでに使いたいSIMフリースマホを自分で購入している場合や、docomoで利用していたドコモ版のiPhoneなどをそのまま楽天モバイルで利用したいときに選びます。 スマートフォンを選ぶ 出典: 先ほどの項目で「端末+SIMセット」を選択した場合は、購入可能なスマートフォン・ケータイ・タブレット・ルータの選択肢が表示されます。 モデル名と価格が表示されるので、お気に入りの機種を選択しましょう。 保証/補償サービスを選ぶ 出典: 次に 保証/補償サービスを選択します。 楽天モバイルでは取り扱い端末用の補償サービス「端末補償」と、持ち込み端末向けの保証サービス「つながる端末保証 by 楽天モバイル」の2つを提供しています。 端末補償(500円/月) 「楽天モバイルで取り扱っている端末セットを申し込んだときに加入できる」補償サービス。 端末セットの購入申し込み時のみ、加入可能です。 自損や水濡れもカバーします。 年2回まで、スマートフォンなら機種によって4,000~7,000円の負担金で交換対応。 つながる端末保証 by 楽天モバイル(500円/月) SIMのみ申し込みをしたときに「自分で用意した端末用に加入ができる」保証サービス。 対応機種は要確認ですが、iPhoneやキャリア版のスマートフォンもカバーしており、自損や水濡れにも対応可能です。 毎年1回目は4,000円、2回目は8,000円で交換が可能(修理の場合はなし)。 修理上限金額は5万円(不課税)まで。 もちろんこれらを選択せず保証/補償なしも可能ですが、どちらも新規の申し込みをしたときしか加入できないので検討しておきましょう。 SIMタイプを選択する 出典: 通話SIM 音声通話機能、SMS機能、データ通信が使えるSIMカード。 データSIM(SMSあり) SMS機能、データ通信が使えるSIMカード。 データSIM(SMSなし) データ通信のみが使えるSIMカード。 次は 「通話SIM」「データSIM(SMSあり)」「データSIM(SMSなし)」のどれかを選択します。 「通話SIM」は、データ通信機能、SMS機能に加えて、電話番号を利用した音声通話にも対応したSIMカードです。 利用中の電話番号をそのまま楽天モバイルへ乗り換えるときは、こちらを選びます。 「データSIM(SMSあり)」はデータ通信機能とSMS機能に対応したプランです。 緊急通報、070・080・090から始まる番号での電話はできませんが、LINEやViberアプリから通話ができます(一部発信できない番号があります。 LINE・Viberアプリでの発着信、通話にはデータ通信が発生します)。 「データSIM(SMSなし)」はデータ通信機能のみが使えるSIMカードなので、インターネット専用プランです。 例えば2台目の予備スマホとして使うので通話機能が必要ない場合や、SIMフリータブレットで音声通話機能が使えない機種などにも活用可能です。 楽天モバイルの料金プラン• 楽天回線エリアはデータ使い放題• 国内通話がかけ放題 楽天モバイルはMNO化と同時に、料金プランも一新しました。 格安SIM時代にあったスーパーホーダイと組み合わせプランは新規受付を終了し、 新プランである「Rakuten UN-LIMIT2. 0」がスタートしています。 Rakuten UN-LIMITは「UN-LIMIT」という名前の通り、 データ容量無制限の使い放題プランです。 楽天回線エリアであれば、「毎月〇GBまで」といった制限がなく、使いたいだけインターネットが使えます。 楽天回線エリア外 パートナー回線エリア では、月間5GBまで利用可能です。 さらに、5GBを超えた後は、最大1Mbpsでデータ容量使い放題になります。 最大1Mbpsというのは、YouTubeの標準画質の動画が視聴できる速度です。 動画が視聴できる速度なら、大抵のSNSやネット閲覧も問題ないでしょう。 一律2,980円で使い続けることが可能です。 さらに、月額2,980円の中には 国内通話かけ放題も入っています。 「Rakuten Linkアプリ」経由で電話をかけると、楽天モバイルユーザー以外への発信・受信も無料になるのです。 大手キャリアの場合かけ放題だけで1,500~1,700円かかるので、2,980円でギガ使い放題・通話し放題がいかに安いのかがわかります。 シミュレーション結果を確認しよう! プランが選び終わったら、あとは表示されている 「シミュレーション結果」を確認しましょう。 例えば「SIMのみ/保証なし/通話SIM/組み合わせプラン 3. 1GBプラン」で診断してみると、月額料金は以下のようになりました。 通話SIM 3. 1GBプランの診断結果 1,600円/月の基本料金で音声通話機能と3. 1GBの高速通信が使えます。 実際にシミュレーションをすることで、乗り換えてどれだけ安くなるか簡単にチェックできるのが良いところですね。 もし「端末+セット」を選んだ場合は、スマートフォンの代金も表示されます。 端末+SIMセットを選んだときの診断例 出典: シミュレーション結果の端末代金は一括価格で表示されますが、楽天モバイルの支払い方法をクレジットカードにしていれば全24回の分割払いで申し込みも可能です。 キャンペーンは要チェック! シミュレーション結果では通常のキャンペーン割引金額が適用された端末代金で表示されますが、 例えば専用URLからの申し込みのみで適用されるキャンペーンなどは、シミュレーション結果に反映されない可能性があります。 楽天モバイルでは不定期でお得なキャンペーンが開催されていることが多いので、申し込み前に公式サイトから確認しておきましょう。 オプション・サービス 料金シミュレーションで選択できるオプションは保証/補償サービスのみですが、楽天モバイルでは他にもたくさんのオプション・サービスを提供しています。 必要に応じて追加することで格安SIMをもっと便利に使えるので確認しておきましょう。 楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル(850円/月) 通話SIM(組み合わせプラン)で追加できる、かけ放題オプション。 指定の方法で発信すると、5分以内の国内通話は回数無制限でかけ放題。 あんしんリモートサポート(500円/月) アドバイザーによる電話/チャットサポートが使えるオプション。 端末補償・あんしんリモートサポートパック(800円/月) 「端末補償」と「あんしんリモートサポート」がセットでお得に使えるオプション。 楽天モバイルWiFi by エコネクト(362円/月) 全国に約69,000以上あるBBモバイルポイント、Wi2 300のWiFiスポットが使えるようになるオプション。 データ復旧サービス(300円/月) 加入していると、データ復旧サービスが一律5,000円で利用できるオプション。 マカフィー モバイル セキュリティ Android版(300円/月) Android OS端末向けのセキュリティアプリが使えるオプション。 i-フィルター for マルチデバイス(300円/月) 有害サイトのフィルタリングや利用状況レポート、利用制限などが使えるオプション。 Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイル(639円/月) パ・リーグ公式戦全試合のLIVE配信、見逃したシーンは録画再生(見逃し配信)で見放題になるオプション。 アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン(1万1,000円/回) 専門スタッフが自宅まで訪問し、設定してくれるオプション。 回数ごと料金。 楽天メール(無料) rakuten. jpのメールアドレスが使えるオプション。 通話関連のオプション• スマート留守電(290円/月・初月無料)• 留守番電話サービス(300円/月)• キャッチホンサービス(200円/月)• 転送電話サービス(無料) データシェア(100円/月) 当月余った高速データ通信容量を、翌月繰り越して最大5人の楽天モバイルユーザーでシェアできるオプション。 オプションによっては、キャンペーンなどで無料期間が付いている場合もあります。

次の

楽天モバイルの料金シミュレーションで料金プランを診断

ワイ モバイル 料金 シュミレーション

に書いたように、電話を時間無制限の完全カケホーダイで使うなら格安SIMよりも大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりもワイモバイルのほうが月々料金がかなり安くなるという事実に今更気付いたヨッシーです。 ご機嫌いかが。 そんなわけで、ドコモガラケーで長電話ばかりしている母が「スマホに変えたいなぁ」なんてことを最近言い出したので、ワイモバイルのスマホに乗り換えしようかと結構真面目に検討している今日このごろ。 またワイモバイルのショップに行って店員さんに話を聞きにいって、スマホ機種別の月々料金の推移をなんとなく把握できたので、忘れないうちにこの記事にメモっておこうと思います。 というわけで、ワイモバイルのスマホ最安料金プランでの月々料金シュミレーションです。 1年目・2年目・3年目以降で同じ料金プランでも割引や本体分割払いなどの関係で月々の支払額が変わってくるので、なるべく分かりやすくまとめてみました。 5Mbps 下り最大112. 5Mbps 下り最大187. 5Mbps 下り最大112. 2GHz (オクタコア) MSM8916 1. 2GHz (クアッドコア) A7チップ 1. 3GHz デュアルコア A9チップ 1. 写真・動画を重視の人に向いているかも。 カメラ性能が秀逸。 防水・防塵・耐衝撃なので頑丈なスマホ。 アクティブな人スポーティーな人向いてそう。 Yモバイルの最上位機種のスマホ。 価格も一番高い。 ワンセグあり。 らくらくスマホ的な使いやすさ。 スマホ初心者・高齢者の人におすすめなエントリーモデル。 iPad使ってる人は操作性が同じiPhoneは使いやすくオススメ。 Appleの電話サポートの対応が良い(個人的感想)。 個人的には、 Android One S1が魅力的ですね。 また ワイモバイルのスマホ機種で唯一のフルHDの画面解像度だったりもします。 高性能なのに実質本体価格は12,000円とかなり安くて、コスパが良いなと。 そんなわけで、現時点で母の携帯をワイモバイルのスマホに乗り換えるならAndroid One S1が有力候補ですな。 まぁ母はiPad使ってるので、本当は操作性がまるっきり同じのiPhoneのほうが使いやすいとは思うけど、iPhone SEはディスプレイが4インチと小さいので、老眼な人には視認性に問題がありそうなのでちょいと無理そう。 もう少しディスプレイの大きなiPhone(5インチ以上のiPhone 6以降)がライナップされていれば有力候補になるのかもしれないけども。 また 新規に買わなくても大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホを今使っている人はそのスマホをSIMロック解除すれば、そのスマホをそのままワイモバイルで使えます。 ただし大手キャリアのiPhoneに限ってはSIMロック解除可能なモデルは2015年5月以降販売のモデルに限るので、iPhone6S以降のモデルしかSIMロック解除は出来ない点はご注意を。 ワイモバイルの月々料金シュミレーション スマホ機種別/1年目・2年目・3年目以降 というわけでようやく本題ですが、ワイモバイルのスマホ機種別の月々料金シュミレーションを以下紹介したいとお思います。 ワイモバイルのショップ店員さんに頂いた手書きの料金表を自分への備忘録用に分かりやすくまとめてみました。 ワイモバイルの場合、以前の記事()で書きましたが、 スマホプランS(1GB/2,980円)、スマホプランM(3GB/3,980円)、スマホプランL(7GB/5,980円)の3つのプランからがあって、どのプランを選んだ場合でも電話(音声通話)に関しては、回数無制限で10分以内の無料通話が可能です。 で、 時間無制限での完全カケホーホーダイで使いたい場合は、「スーパーだれとでも定額」という月額1,000円のオプションサービスを追加することで、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)同様に時間無制限の完全カケホーダイにすることができます。 ちなみに、ワイモバイルのスマホ料金について抑えておきたいキーポイントは以下の3点かなと。 項目 1年目 2年目 3年目~ スマホプランS 1GB 2,980円 2,980円 2,980円 12カ月特別割引 -1,000円 月々の料金 1,980円 2,980円 2,980円 SIMフリースマホを持ち込みでワイモバイルでSIM契約する際に1つ注意点があります。 つまりSIMフリースマホが故障などして別のSIMフリースマホを自前で用意して機種変更したい場合、旧スマホで使っていたSIMカードが使えるスマホを準備する必要があります。 逆に言うと、使えるSIMカードが違うスマホを用意しちゃうと、ワイモバイルのSIMカードが挿さらないので使えないということです。 他キャリアや格安SIMのほとんどでは手数料(3000円程度)を払えばSIMカード変更は可能なのですが、ワイモバイルは残念ながらそれが出来ないようです。 もちろん、持ち込みスマホでなくてワイモバイルのスマホを購入しての機種変更ならSIMカードは変更してもらえます。 というわけで、スマホ持ち込みの人はこの点は注意が必要かもです。 たとえば、長電話の人はやはり「スーパーだれとでも定額」は付けたほうが月々の料金的にもお得になります。 最後にまとめますと、 ワイモバイルの料金プランは長電話な人 =発信での音声通話時間が長い人 にとっては現時点で料金的に一番お得になる選択肢なのかなと思います。 長電話な人の場合、ワイモバイルのほうが格安SIMよりも、大手キャリアのカケホーダイ料金プランよりも月々の料金が安くなりますし(で紹介した通り)、Android One S1のような高性能スマホが実質本体価格12,000円で購入できるのは結構魅力的だなと。

次の