僕の心のヤバイやつ 考察。 ラブコメ未満からついにラブコメへと至った『僕の心のヤバイやつ』3巻

『僕の心のヤバイやつ』市川と山田の関係性に急展開か? 考察系ラブコメの面白さ(リアルサウンド)

僕の心のヤバイやつ 考察

漫画「僕の心のヤバイやつ」あらすじ 主人公は市川京太郎。 いわゆる、最近の言葉で言うところの「陰キャ」。 あと中二病を発症している。 年齢は実際に中学二年生なんだけど。 ヒロインは山田杏奈という、モデルやってるスタイルのいいすらっと背の高い女の子。 でも天然で天真爛漫で、というか子供っぽい。 年齢も実際にまだ中学二年生なんだけど。 といった 二人による各話完結型のラブコメである。 ストーリーと言うほど大きな物語上の波乱はなく、中学校の日常が描かれる。 1巻に15話が収録されているので、抜粋形式で紹介していくとしよう。 漫画「僕の心のヤバイやつ」ネタバレ Karte. 1 僕は奪われた しょっぱな、陰キャ京太郎の中二病が炸裂している。 クラスメイトを殺害する妄想に耽っているのである。 平和な漫画なので、いじめとかそういうものは別にないんだけど。 山田さんのこともまだ女性としては意識していなかった、のだが、たまたま図書室でなんかおにぎり食っているところを見つけてしまい、なんとなく会話など交してしまう。 タイトルの意味だが、たぶん「心を奪われた」なんだろうと思う。 Karte. 4 僕は渡した 中学二年生なのでクラスメイトもバカばっかりである(主に男子)。 「女子もオナニーをするか」などという話に興じているのだが(京太郎は混じってない)、その中の一人が京太郎に紙切れを渡して「山田さんに渡して」とか言い出す。 京太郎はその紙に「オナニーしてますか?」と書いてあると思い込み、「イジメだ!」と思って、自分の持っていた別の紙(なんか山田さんの絵が描いてある)を渡すのだが、実際に紙に書いてあったことは「LINE教えてください」だった。 Karte. 6 僕は嫌だ 突然だが京太郎は自転車通学である。 たまたま朝、山田さんが上級生にナンパされているところを目撃してしまう。 男の方があんまりしつこいので、京太郎は思わず自転車を投げつけてしまった。 そしたら自転車が川に落ちた。 後で引き上げたそうです。 Karte. 12 僕は眠れない なんか頭痛がするとかで、保健室に来た京太郎。 隣の席に「山田」という生徒が寝ているらしいのだが、山田なんてよくある名前だから別人だろうと思ったら杏奈だった。 山田さんは「知らない人かと思ったけど知ってる人だったからよかった」みたいなことを言い出す。 この微妙で絶妙な距離感がこの作品の神髄である。 山田さんは京太郎に薬をくれるのだが、保健室のコップが濡れている(たぶん山田さんが自分の分の薬を飲んだ跡)のでドキドキしてしまうのであった。 Karte. 14 体育の時間、山田さんの顔にバスケットボールが直撃して盛大に鼻血を噴いてしまう。 なにしろモデルやってるので、顔になにかあったらまずいのだが、骨などに異常はなかった。 だが翌日に控えていた撮影のスケジュールはキャンセルせざるを得なくなったのだった。 京太郎は別に具体的に何をするというわけでもないが、ちょっと大人びて見える、モデルの話をしている山田の姿を見ている自分に、ああ自分は山田が好きなんだ、とようやく自覚するのであった。 漫画「僕の心のヤバイやつ」感想 というわけでおおむね、1巻は京太郎が山田への恋心を自覚するところで終わる。 いつから好きだったかといえば多分第1話からだと思うが、自覚するまでに丸一巻である。 こういう時間というか間の使い方が、いい。 中学生の恋の描き方として、とてもいいと思う。 次巻予告を読む限り(2巻はもう出ているが筆者はまだ読んでいない)、山田と京太郎の距離はこれからも徐々に縮まっていくのだそうである。 先が楽しみだ。

次の

僕の心のヤバイやつ 山田の好き 考察

僕の心のヤバイやつ 考察

『僕の心のヤバイやつ』Karte. 11「僕は突破した」感想です。 ついに迎えた文化祭当日! 後輩女子からも大人気の山田。 そりゃ中学生にしてスタイル良し、雑誌のモデルを務めるなんて女子からしたら憧れの的だろう。 「インスタ見てます」と言われて、嬉しそうな山田がたまらんですなあ。 ナンパイ、再登場 ナンパイこと南条先輩、再び!LINEの件でしつこく絡んできたのに、またもや山田を狙う気か。 まあ押せばいけると思ってるのかもしれないし、山田も「面白い」で壁を崩せるチョロい子だって分かってしまったからな… うまいこと一緒に文化祭を回ってるあたり、さすがパイセン。 軽薄でチャラそうな人だが、実際はなかなか好青年だと思うんですよね。 かつて市川が投げ捨てた自転車をまっさきに引き上げてくれるイケメンっぷり。 しかし、山田を狙っている点で油断ならない存在だ。 市川にとっても、市川と山田の恋路を見守る僕ヤバおじさんにとっても。 だからこそ、女子陣がしっかり山田を守る陣形になってるの助かる〜! 関根のマシンガントークに、ガンを飛ばす吉田、パイセンの誘いを断りきれなかったものの、山田のそばを離れない小林。 考えうる最強の布陣だ…いくらナンパイといえど、包囲網を突破するのは難しいだろう。 展示を楽しむ山田と市川 少し離れた先から山田たちを見守っていた市川。 なんだかんだやっぱりどうなるか気になる模様。 真正面から突破できなかった壁をあっさりと通り抜けてみせる。 これぞ偶然、主人公がなせる技ですよ。 日頃の行いの差が出たか。 他のみんながグループでLINEを交換してる隙に、山田と2人きりで展示を眺めるボーナスタイム! 山田のLINEを守れて、文化祭も楽しめて一石二鳥! 「僕らの町の80年前」の展示が面白いかどうか分からなかったけども、市川が「結構面白い」と言うなら見に行ってみようと考えたのかも。 面白い市川が面白いと言っているものは面白い理論。 地図でまっさきに「おかしのまちおか」を探すあたり山田らしい。 お菓子が好きすぎる。 四つん這いの山田を後ろから眺める形になってしまって、ドキドキする気持ちはとても分かる。 よーく分かる。 市川の脳裏に焼き付いて離れないことでしょう。 絶対また家に帰って反芻して、おかずに使ったに違いない。 トイレにこもってFGOをやってた去年とは大違い。 山田と2ショットも撮れて、忘れられない思い出ができたね! 市川の学生生活が、山田の存在によってどんどん充実していく…素敵なことですよ、ほんとに。 ナンパイからは「自転車くん」と呼ばれてるのには笑ってしまった。 ファーストインプレッションが衝撃的な自転車騒動なんだから、そりゃそうなるわな。 関連記事.

次の

僕の心のヤバイやつ 山田の好き 考察

僕の心のヤバイやつ 考察

【僕の心のヤバイやつ】2巻ネタバレ Karte. 16 僕は心の病 前巻ラストからほぼ直結している話で、山田さんはまだ鼻にテーピングをしている。 たまたま放課後、京太郎が自転車で帰っているところを山田さんと遭遇するのだが、山田さんが唐突に「乗せてって?」とか言い出す。 結局、自転車で二人乗りをすることに。 Karte. 18 僕は奮って参加した 給食の牛乳をこっそり隠す山田さん。 捨て犬か捨て猫にでもやるのかと思ったら、図書室でプルーチェを作り始めた。 つくづく天然である。 「図書室でやるのは無理がある」と言って割って入った京太郎、結局家庭科室で一緒にプルーチェを作ることになる。 ところがプルーチェをひっくり返してしまい、山田さんは白濁液まみれに。 Karte. 20 僕は弁護した 前からそうなのだが、山田さんは学校でお菓子を食べているのだが、本当は校則で禁止されている。 それがばれそうになり、京太郎が庇う。 この話のラストで、山田さんは京太郎に対して「(呼び方)山田でいいよ」と言い出す。 Karte. 22 僕はずぶ濡れた ある雨の日。 山田さんは傘がない。 いわゆる相合傘などのイベントが発生するアレであるが、京太郎は前述のように自転車通学なので合羽なのである。 ところが山田さんは「それ貸して」とか言い出す。 それを着てコンビニに傘を買いに行く、というのである。 実は山田さん、傘は持っているのだが。 ていうかこのあたりではもう、山田さんの京太郎への好意は読者視点からは見え見えである。 Karte. 27 僕らははぐれた 職業見学(という中学校のイベント)の途中、山田さんと京太郎はふたり、グループの他のメンバーからはぐれてしまう。 はぐれたからどうなるというわけでもないのだが、京太郎は薄々「二人きりになれてラッキー」位に思っている。 電車の中で二人でたわいもない会話を交わしてグループの他のメンバーに合流するだけの話ではあるのだが、二人はなんというか実に、中学生的な意味でいい雰囲気に仕上がっている。 Karte. 28 僕は学校が楽しい 京太郎が朝学校へ行くと、山田さんが誰かを待っている。 誰かを待ってるって京太郎を待っているんだが、京太郎はそのことに気が付かない。 前に少し話をした漫画を貸してくれるのだが、ニブチン京太郎が「(他の)誰かを待ってるんだろ?」とか言い出すのでむーっとしてしまう山田さんなのであった。 Karte. 30 僕は溶かした 図書室に「図書室内飲食禁止」の張り紙が張られた。 いや、前から禁止なのだが、とにかく張られたのである。 ちなみに、前々からよく京太郎と山田さんはこの図書室で二人きりの時間を過ごしているのである。 山田さんがお菓子を持ち込んでるのもそのためなんじゃないかというフシもある。 さて、山田さんが見回りの教師(司書かも)にお菓子を(張り紙を無視して)食べているところを見つかりそうになったので、思わず京太郎はその手をぐっと掴み、発覚を阻止するのであった。 【僕の心のヤバイやつ】2巻の感想 この作品について初めて聞いたのはツイッターだったように思う。 「陰キャが陽キャに恋をして、一方的に眺めているだけの作品」みたいな感じの噂だった。 それが2巻目にして、もうすっかり 友達以上恋人未満みたいな感じである。 いいぞもっとやれ。

次の