シミ 取り クリーム ランキング。 【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST8

シミ取りクリームランキング【化粧品でシミが消えた!?】

シミ 取り クリーム ランキング

シミへのセルフケアであきらめない シミには、遺伝性のものや紫外線が原因のもの、ニキビや傷跡による色素沈着と種類があります。 シミが出てくると、メイクも憂鬱になりますね。 手足など体へできる場合もあります。 美容クリニックでレーザー治療という方法もありますが、費用と通院などの手間がかかります。 実は、シミの大半は美白有効成分配合のシミ取りクリームなどで セルフケアが可能です。 肌への負担ない範囲でケアをするので期間はかかりますが、正しくケアすれば、シミを薄くすることもできます。 クリームの特徴や選ぶポイントも知っておきましょう。 あきらめてしまう前に、シミ取りクリームでセルフケアしてみませんか。 肌の奥には多くの シミ予備軍が潜んでいます。 これらが表面化するのを食い止める、シミの連鎖を断ち切るにもシミ取りクリームがおすすめです。 くすみが気になり始めた、シミはないけど将来気になるという方も、ぜひ シミ取りクリームで早めにケアしていきましょう。 シミはクリームで薄くできる スキンケアと合わせてシミ取りクリームでセルフケアすれば、自分でシミを薄くすることも可能。 シミ取りクリームの選び方や特徴などポイントを押さえよう。 シミ取りクリームのおすすすめな選び方 項目 選び方の解説 解説 選び方1 有効成分 「薬用」「医薬部外品」では美白有効成分名が明記されている。 どの成分がどのように作用するのか確認しておく。 選び方2 テクスチャー、浸透力 有効成分が肌の奥までしっかり浸透するか。 使いやすいテクスチャーかも確認しておく。 選び方3 価格 毎日、長期にわたって使い続けることのできる価格のものを選ぶ。 有効成分を確認する シミに少しでも良く効くクリームとはどんなものでしょうか。 「薬用」「医薬部外品」のものは、 どんな成分が何に良いのかを明記しているので確認してみましょう。 シミとは皮膚の中でメラノサイトの活性化によりできた酵素チロシナーゼが作ったメラニン色素です。 メラニン色素を抑制するなどシミに効くとされている成分のうち、代表的なものを挙げておきます。 カモミラET メラノサイトへの情報伝達を防ぎ、働きを抑制。 チロシナーゼ、メラニン色素の生成を止める。 トラネキサム酸 メラノサイトの活性化を抑制する。 抗肌荒れ作用も持つ。 アルブチン チロシナーゼの働きを阻害、メラニン色素の生成を抑制する。 ビタミンC誘導体 メラニン色素が作られる中での還元作用、シミを薄くする作用がある。 プラセンタエキス メラニン色素生成を抑制。 他にも細胞の代謝を促す効果などもある。 マグノリグナン チロシナーゼの成熟を止め、メラニン色素の生成を止める。 リノール酸S メラニン色素生成を抑制。 メラニン色素排出にも効果がある。 ハイドロキノン 皮膚科で処方される薬剤に配合。 化粧品への配合も認められているが医薬部外品へは使用できない。 また、美白での有効成分としては認可されていない。 チロシナーゼの働きを抑えるため、シミへの作用も期待できるとされている。 気になることがあれば医師と相談すること。 使いやすく浸透力のあるクリームがおすすめ シミは皮膚の奥深くで生成されます。 ですので、 しっかりとした浸透力が無ければせっかくの成分も届きません。 浸透力についての説明も確認しておきましょう。 また、乾燥肌や紫外線でダメージを受けた肌に負担がかからないよう。 伸びのよいテクスチャーのものがおすすめです。 毎日使える価格のもので長く使う シミ取りクリームは、シミやその原因部分への働きかけでシミを薄くしていきます。 皮膚のターンオーバーなどの関わってくるので、すぐには薄くなりません。 そのため、 毎日使い続けることが大切なポイントです。 気になるところに、毎日使い続けることができる価格帯のものを選びましょう。 デパートなどの高級ブランドのシミ取りクリームも気になりますね。 しかし、市販のものでも薬用成分配合などシミに作用してくれるクリームもたくさんあるので 予算と相談して選びましょう。 シミ取りクリームの選び方 シミ取りクリームは「薬用」「医薬部外品」のものを選ぶ。 肌との相性も含め、有効成分やその効果もチェックする。 他にも、毎日使い続けることが大切なので、無理のない価格帯のものを選ぶ。 シミ取りクリームの人気ブランド・メーカー ブランド・メーカー 特徴 FANCL(ファンケル) 集中ケアやデイリーの美白美容液、サプリメントなど総合的にシミケア対策ができる。 資生堂 できてしまったシミだけでなくシミの予防に特化したクリームも作られている。 いくつかのブランドを展開し、年代や予算に合わせて選ぶことができる。 クリニーク シミ消しと予防を両立。 シミケアだけでなく、均一肌へ導く。 FANCL(ファンケル) 人気のブランドのしみ消しクリームもチェック 多くのコスメ人気ブランド・メーカーよりシミ消しクリームが発売されている。 予算や有効成分を確認して選んでみよう。 シミ取りクリームの総合おすすめ人気ランキング いろいろなブランド・メーカーからシミ消しクリームが発売されていることが分かりました。 種類が多いと迷いますね。 ここでは、総合的に人気のシミ消しクリームをまとめてみましたので、参考にしてください。 敏感肌の方にも使えるよう開発された肌に優しい美白クリーム。 ハクシリーズ最強と言われる自信作。 シミの根本からアプローチし、シミができる連鎖を止める。 美白有効成分アルブチン配合。 肌荒れ有効成分としてグリチルリチン酸配合。 できてしまったシミ、未来のシミの元の両方へ有効成分が直接届く。 商品の特徴2 紫外線ダメージブロックや炎症などメラニン生成につながる原因に多角的にアプローチする。 美白有効成分アルブチンをはじめ、抗肌荒れ有効成分や保湿成分配合で、肌を守りながら美白ケアする。 美白有効成分として4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)、m-トラネキサム酸を配合。 独自のナノテクノロジーで角質層の奥まで有効成分が浸透し、しっかり閉じ込める。 高純度ビタミンC誘導体配合で、角質層深くまで届く。 商品の特徴3 美白ケアだけでなく、鎮静、保湿、代謝とトータル的に肌へ働きかける。 サエルシリーズのローション、美容液、クリーム10日分のトライアルセットがある。 (1,480円) 2本購入すると継続実感プログラムにて、特製サイズ美容液プレゼント中。 (2019年3月末日応募分まで) ホワイトシリーズの化粧水や乳液を含めたトライアルセットがある。 (5日分) ドラッグストアで気軽に買える。 コスパも優秀。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分アルブチンをはじめ、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体を配合。 抗炎症有効成分はグリチルリチン酸2K。 鎮静、保湿、代謝成分も植物由来のものを中心に多数配合。 テクスチャー、浸透力 良く伸びるので首にも使える。 角質層まで浸透し24時間メラニン色素を抑え込みながら表面化するのを抑制する。 シミへ多角的にアプローチ 紫外線のダメージによる炎症の抑制、シミの元であるメラノサイトの活動を抑える、メラニン色素の排出を促すなど シミができる全ての工程で働きかけます。 他にも紫外線ダメージを受けてしまった肌へ鎮静、保湿、代謝と支えます。 これらの働きにより、シミ消しだけでなくシミ、そばかす予防やシミのできにくい肌の土台作りも同時に行うことができます。 紫外線ダメージによるシミを減らしたい方、 予防したい方におすすめです。 美白有効成分がアルブチンですので日中でも使うことができます。 成分が肌の奥へと浸透し、24時間シミへアプローチします。 顔全体のくすみや色ムラも白くなるといわれているので、シミケアだけでなく、 顔全体のトーンを上げたいという方にもおすすめです。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分アルブチン、抗炎症有効成分グルチルリチン酸を配合。 その他、植物由来のメラニン色素抑制成分が多数配合されている。 テクスチャー、浸透力 アルブチンやヒト型セラミドなどが角質層深くまで浸透、独自の技術で透明感のある肌へ内側、外側から導く。 価格 デイリー使いには少し高めの設定。 トライアルセットで使用感や効果を確かめるものおすすめ。 大人敏感肌に特化したシミ対策クリーム 敏感肌用に開発されているディセンシアの中でも シミ対策、美白に特化しているのがサエルです。 医薬部外品で美白有効成分アルブチンをはじめ、桃の葉エキスやアーティチョークエキスなど植物由来の成分が多数配合されています。 メラニン色素の生成やシミの元であるメラノサイトの活動を抑制します。 肌ストレスとシミの増加関係に注目し、外部刺激やストレスによる皮膚温低下などによる肌の機能低下について研究されてきました。 その結果を元に開発された独自の技術で外部刺激をやさしくカット、保湿成分を内側へ閉じこめることに成功しました。 シミのない透明感のある肌の土台作りにも最適のクリームです。 敏感肌の方、 精神的ストレスのよる肌の不調を感じられている方におすすめのクリームです。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分として4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)、m-トラネキサム酸を配合。 テクスチャー、浸透力 美容液だが、クリーム状。 成分が肌に密着し、気になる部分の隅々までいきわたる。 価格 かなり高い。 ピンポイントで気になるシミへの集中ケアにおすすめ。 独自の美白有効成分でシミの連鎖を止める 美白有効成分として4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)とm-トラネキサム酸の複合体、抗メラノ機能体を配合。 メラニン色素の過剰生成やメラノサイトの活動を抑制します。 従来のメラノフォーカスにVカット複合体を新配合されたメラノフォーカスVは、紫外線ダメージを受けた肌へうるおいを与え、有効成分を肌に密着してくれます。 ハクシリーズの中でも 最強のシミ対策美容液と言われるメラノフォーカスVは、柔らかなクリーム状で無香料です。 乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめです。 価格は他のシミ消しクリームと比べるとかなり高くなっています。 それだけ有効であるというかもしれませんね。 毎日、たっぷり使えるという価格ではないので、 気になるシミへ集中ケアしたいという方、 シミが増えてきたので早急に何とかしたいという方におすすめです。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分アルブチン配合。 肌荒れ有効成分グリチルリチン酸により肌のターンオーバーも促進。 テクスチャー、浸透力 軽いテクスチャーで肌に馴染む。 有効成分が肌の奥まで浸透し、しっかりアプローチできるよう閉じ込める。 価格 高めの価格。 お得なトライアルセットがある。 富士フイルム独自のナノテクノロジー フイルム開発で培われた技術を生かし、美白や保湿などの有効成分をナノ化することに成功しました。 アスタリフトの中でも 美白に特化した「ホワイト」シリーズ。 肌の奥までダメージを与える長波長UVA-1に着目し、ナノ化した有効成分を肌の奥まで届け、肌の中へ閉じ込めることでじっくりシミにアプローチします。 肌荒れ有効成分グリチルリチン酸が 肌のターンオーバーも促進してくれます。 保湿成分も肌の奥まで届くので、すぐにもっちり肌を実感。 シミ対策にはもちろん、 肌のハリや乾燥が気になる方にもおすすめです。 商品名 評価 有効成分 高純度ビタミンC誘導体。 「薬用」美白クリーム。 テクスチャー、浸透力 角質層の奥まで美白有効成分が届く。 価格 オープン価格。 1,000円以内で購入できる。 リニューアルで保湿力もアップ モイスチュアホワイトクリームは、 高純度ビタミンC誘導体を美白有効成分とする薬用美白クリームです。 角質層の奥まで有効成分が届くので、できてしまったシミだけでなく 未来のシミへも直接アプローチ。 シミ予防にも使えます。 優しい使い心地なので肌への摩擦も少なく、乾燥肌や敏感肌にもおすすめです。 ヒアルロン酸やコラーゲンの他、ローヤルゼリーが新しく追加されてリニューアルしました。 くすみの原因にもある乾燥を、肌の奥から水分を貯めることによって透明感ある肌へと導きます。 普段のスキンケアにもシミ、美白対策にもおすすめです。 商品名 評価 成分 ハイドロキノン、ビタミンC誘導体を配合。 テクスチャー、浸透力 浸透深度にこだわって開発された。 独自のテクノロジー「QuSome」で肌のトラブルに合わせて確実に届き、成分がとどまって作用する。 価格 6,480円(15g) 効果のスピードアップと低刺激を実現 ビーグレンのQuSomeシリーズは、成分の浸透深度に着目して開発されたブランドです。 シミの進度に応じて成分が直接届き、とどまることでダイレクトに働きかけます。 この工程により、効果の実感するスピードを早めることに成功しました。 またこの技術でハイドロキノンをコーティングすることによって、肌への刺激も抑えるので、 低刺激のまま使えるクリームです。 ただしハイドロキノンとは紫外線に弱いので日中の使用は避けてください。 ハイドロキノンの他にもBホワイト、TGP2、ヘキシル酸3-グリセルアスコルビン酸などブライトニング成分や保湿成分を配合。 シミやくすみのない透明感のある肌へ導きます。 効果を早く実感したい方、 紫外線のダメージを跳ね返す肌を作りたい方におすすめです。 ホワイトクリームを含む化粧水など5種類のスキンケア商品が7日間お試しできるセットもありますので、ぜひチェックしてみてください。 テクスチャー、浸透力 角質層の隅々までじっくり浸透するのでメラニン生成を抑制する。 価格 オープン価格(12g) プチプラなのに高品質 ドラックストアで気軽に買えるクリームですが、美白有効成分がしっかり配合されており、コスパが非常に優れています。 ビタミンEも配合されているので血行促進作用もあります。 シミケア以外にも保湿成分で透明感のある肌へ導きます。 レジャーなどで紫外線をたくさん浴びてしまった時の緊急ケアにもおすすめです。 テクスチャー、浸透力 コクのあるジェル状クリーム。 一晩中シミに密着し、ゆっくり浸透しながら蓄積したメラニンに働きかける。 価格 16,000円(28個) 28日間集中プログラム 蓄積されたメラニンに着目し、28日間で集中ケアするクリームです。 寝る前のケアに使用し1回分が1つずつパックになっているので、毎晩フレッシュな成分でケアすることができます。 ジェル状のクリームが薄い膜で気になるシミ部分を覆い、一晩かけてゆっくり有用、 有効成分をシミの奥深くへ届けて働きかけます。 短期間でしっかり効果を実感したい方におすすめです。 テクスチャー、浸透力 メラノサイトと親和性の高いエマルションがメラノサイトまで美白有効成分をしっかり届ける。 価格 12,960円(20g) ポーラ独自の成分多数配合で角質の奥からシミへアプローチ 紫外線以外にもストレスなどでシミの原因が生まれ、肌の奥で移動することを業界で初めて発見したのがポーラでした。 気になるシミにぴったりくっつく密着感触で、 長時間とどまりシミへアプローチし続けます。 6倍、肌の漂白剤と言われている ハイドロキノンの100倍、同じ美白有効成分のアルブチンの380倍もあると言われています。 朝と晩に塗るタイプなので、価格は高めの設定ですが 効果重視の方にはおすすめです。 5位 オバジHQ ブライトニングナイトセラム オバジ ブライトニングナイトセラム 評価 有効成分 肌の漂白剤といわれるハイドロキノン配合。 安定的な製剤なので白抜きの心配はない。 テクスチャー、浸透力 高密着処方で、長時間肌に張り付きじっくり浸透する。 価格 9,000円(10g) 夜の一点集中でシミにアプローチ 製剤に混ぜるのが難しいとされている ハイドロキノンの安定化に成功。 バーム上のクリームが、気になるシミにぴったりと密着し、一晩中アプローチし続けます。 肌のゴールデンタイムに注目し、日中に受けた紫外線ダメージなどシミの元を解消します。 また夜間に活発になるメラノサイトなど シミの原因も夜のうちに働きかけ、シミへつながるのを抑制します。 シミを増加させないためにも、日中の紫外線対策は欠かせません。 それでも受けてしまったダメージはブライトニングセラムが夜の間にアプローチしてくれるというイメージでシミ消しとシミ、そばかすを防止してくれるクリームです。 気になるシミに集中ケアしたい方におすすめです。 夜のスキンケアの最後に塗るだけなので、 簡単に本格ケアしたいという方にもおすすめです。 ファンデーションで隠しきれないシミも薄くなって気にならなくなってきました。 高いですが、値段の分だけ効果は実感できると思います。 公式ホームページにもあるように、4カ月以上は使わないと効果を実感できないようですが、使い続けているという方はほとんどが「シミが薄くなった」「(シミが)気にならなくなった」と満足されているようです。 毎日使うには高いという声もありますが、効果はかなり期待できるようなので、満足度もかなり高いとの口コミが多かったです。 プチプラシミ取りクリームのおすすめ人気ランキング 毎日のスキンケアでもシミへアプローチできるクリームは、たくさんあります。 プチプラですが有効成分配合でたっぷり使えます。 普段のシミケア対策にプチプラシミ取りクリームのランキングもチェックしておきましょう。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分トラネキサム酸、抗炎症有効成分グリチルリチン酸配合。 コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分も配合。 テクスチャー、浸透力 高密着処方でこっくりとうるおいのあるクリーム。 じっくりとシミの原因に浸透し働きかける。 価格 1,200円(25g) 高い美白効果と保湿力でシミへ働きかける 美白有効成分のトラネキサム酸がシミの原因へ働きかけ、シミが定着する前の初期段階でメラニン色素生成を抑制します。 抗炎症有効成分グリチルリチン酸が紫外線ダメージで、メラニン色素の生成信号が出される前に抑制。 この二つの効果で シミの増加を食い止め、肌の奥深くのメラニンにも作用します。 保湿力も高く、肌を整える3大成分と言われているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸を配合。 乾燥肌が気になる方におすすめです。 気になるシミに ピンポイントケアや 顔全体のくすみやそばかすの美白ケア、どちらにも使えます。 普段のスキンケアに美白を取り入れたい方におすすめです。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分高純度アルブチン。 ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸など保湿成分も多数配合。 テクスチャー、浸透力 なめらかなジェル状クリーム。 ビタミンC誘導体により、シミや原因部分までしっかり浸透する。 価格 オープン価格(50g) シミに働きかけ白さが際立つ肌へ導く 美白有効成分である、こだわりの 天然型高純度アルブチンの働きでメラニン色素の生成を抑制します。 ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの保湿成分により、内側からうるおいキメの整えます。 角質層のまで成分がしっかり浸透するので 紫外線による乾燥が気になる方におすすめです。 肌への優しさも考慮して作られており、低刺激で肌と同じ弱酸性のクリームです。 ビタミンC誘導体も配合されているので、シミやくすみと同時に、 ニキビ跡など肌トラブルにお悩みの方にもおすすめです。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分配合トラネキサム酸。 抗炎症有効成分グリチルリチン酸も配合されている。 テクスチャー、浸透力 ジェルタイプで肌の角質層奥深くまでしっかり浸透。 抗炎症有効成分もしっかり配合されているので、 紫外線ダメージがシミへつながるのを抑制します。 紫外線に当たることが多い方や 、夏の紫外線ダメージが気になる方におすすめです。 保湿成分は ダイズ由来の成分を中心に配合。 水分を角質層までいきわたらせ、閉じこめるので 乾燥肌にもおおすすめです。 乾燥肌でくすみが気になる方や、 透明感のある明るい肌、 しっとり肌にしたい方におすすめです。 商品名 評価 有効成分 美白有効成分アルブチン配合。 保湿成分としてスクラワンやヒアルロン酸配合。 テクスチャー、浸透力 しっとり少し固めのテクスチャーで肌に浸透。 べたつかない。 価格 1,100円(35g) たっぷり使える美白クリーム ちふれは 品質の良さと優秀なコスパでメイクアイテムも幅広い年代に愛用されています。 そのちふれの美白クリームもプチプラで人気が高いです。 美白有効成分アルブチンを中心にメラニン生成を抑制し、シミに働きかけます。 気になる部分には重ね付けがおすすめです。 大型スーパーやドラックストアで気軽に買える点も、毎日使うには便利ですね。 普段のスキンケアに気軽なシミ対策を取り入れたい方におすすめです。 クリームの浸透力と同じくらい保湿力も高いのが特徴です。 シミと乾燥の両方をケアしたい方や、 肌に優しいものを選びたい方にもおすすめです。 アクアレーベル ホワイトアップクリーム 評価 成分 美白、抗炎症有効成分m-トラネキサム酸配合。 保湿成分はD-アミノ酸。 テクスチャー、浸透力 とてもしっとりした使い心地。 角質層をうるおいで満たし、成分を閉じ込める。 価格 1,944円(30g) うるおいで満たしながら透明感のある肌へ導く 美白有効成分の m-トラネキサム酸が、 シミの元を作るメラノサイトの活動を抑制するとともに、紫外線ダメージを受けた肌の炎症も防いでくれます。 ベビーアミノ酸ともいわれるD-アミノ酸を保湿成分として配合し、角質層をうるおいで満たし、逃がしません。 使うたびに肌のうるおいが感じられ、シミ、くすみのない透明感あふれる肌へ導きます。 価格もお手頃なのでアクアレーベルから展開されているホワイトアップローションなどライン使いもおすすめです。 程よいライトローズの香りも優しく、 保湿とシミの対策をしっかりしたい方やシミだけでなく 顔全体のトーンを上げたい方におすすめです。 ジェルのようでなめらか、べたつかず浸透力も早いと思います。 肌が明るくなった美白効果も感じはじめ、肌のうるおいも続きます。 夜のスキンケアに使うと、翌朝の肌のトーンが上がると効果をすぐに実感できたという方の口コミが多かったです。 ピンポイントよりは顔全体に使い、シミやくすみなど気になる部分をトータル的にケアできるとの声も上がっていました。 しっとりした保湿力も好評で、アクアレーベルのホワイトアップシリーズをライン使いしているという方も多くいらっしゃいました。 クリームは良く伸びるので、お財布にも優しい美白クリームです。 日々の美白ケアでシミゼロの肌へ シミ取りクリームには、美白有効成分やハイドロキノン配合のものがおすすめだという事がわかりました。 集中ケアタイプや毎日のスキンケアにプラスで使えるものなど、種類も多いのでシミの大きさ、濃さなどをに合わせて選んでください。 今回ご紹介したものは、 肌の奥深くに潜むシミ予備軍が、表面化するのを防ぐ効果もあるクリームがほとんどです。 今、シミやくすみで悩まれていない方も 将来の美肌のために普段から美白対策に取り組むことをおすすめします。 シミには加齢によるものやニキビなど肌トラブルによるものなど5種類あるとされています。 その中で一番多いものは紫外線ダメージによるものです。 ご紹介したシミ取りクリームでは、紫外線ダメージがシミにつながるのと抑止してくれるものも多いですが、日焼け止めなどで紫外線から肌を守る対策を普段から取りましょう。 日焼けした後は保湿も大切なので、 紫外線ケアと保湿ケアの両方ができるシミ取りクリームが便利です。 できてしまったシミもあきらめずにケアすることで、薄くしたり、消したりすることは十分可能です。 いつまでも年齢を感じさせない明るい肌を手に入れるために、 シミ取りクリームでしっかりスキンケアしてあげましょう。

次の

シミ取りクリームランキング【化粧品でシミが消えた!?】

シミ 取り クリーム ランキング

シミ消しクリームが効果的な理由 シミ消しの方法として代表的なものは 1. シミ消しクリーム 2. 飲み薬 3. 食事改善 4. レーザー治療 の4つです。 効果を実感しやすい順としては シミ消しクリーム>レーザー治療>飲み薬>食事改善になります。 この中でなぜシミ消しクリームが一番効果的なのかというと、シミを薄くする成分が直接メラニン色素に届くからです。 そのため、短期間でシミが薄くなっていくのを実感することができます。 飲み薬の場合、こちらも効果は期待できますがシミ消しクリームと比較すると効果を実感するのに若干時間がかかる傾向にあります。 また、食事改善でシミを薄くする場合には最初のうちは問題ないのですが、途中からシミに効果的な食べ物を食べ続けるのに飽きてしまうというデメリットがあるため、あまりおすすめできません。 (しかも保険適用外) また、まれにレーザー治療で肌を傷つけてしまう場合があるため注意が必要です。 その点、シミ消しクリームなら安全にかつお手頃な費用でシミを薄くすることができます。 シミを薄くする成分が配合されている シミはメラニン色素が沈着することが原因なので、メラニン色素を薄くする成分が配合されたクリームを選ぶことが大切です。 シミを還元化する成分で効果が高いものとしては「 ハイドロキノン」と「アルブチン」になります。 シミ消し成分1. ハイドロキノン ハイドロキノンは皮膚科で シミやそばかすのメラニン色素を薄くするために処方されているクリームに含まれる成分です。 シミ消し効果が非常に高く、 ビタミンCやプラセンタの約100倍もの効果があるといわれています。 シミを薄くするだけでなく、 シミの生成を予防する働きもあるので「これ以上シミを濃くしたくない」という方にも最適です。 アルブチン アルブチンはハイドロキノンをまねて作られた有効成分です。 こちらもメラニン色素を還元化する働きがあります。 厚生労働省に認められた医薬部外品有効成分であるため、しっかりと効果を発揮してくれますよ。 ただし、 シミ消し効果はハイドロキノンよりも若干低いです。 低刺激であること ハイドロキノンやアルブチンはシミを薄くする働きがある分、肌への刺激が少なからずあるため、 低刺激化されているクリーム を選ぶことも大切です。 ここでは敏感肌の私が利用して 「メラニン色素を薄くする効果があってしかも肌にやさしい」と判断した シミ消しクリームだけを紹介しています。 肌への刺激が心配な方でも安心して使うことができます。 シミ消しクリームで効果を実感できる2種類のシミ ハイドロキノンやアルブチンが配合されたシミ消しクリームでは以下の2種類のシミに効果が期待できます。 老人性色素斑(日光黒子、エイジングスポット) 紫外線の影響により 顔のあちこちに不規則な形でぽつぽつと丸いシミができるのが特徴です。 シミで悩む方の多くはこの老人性色素斑にあてはまりますが、ハイドロキノンやアルブチンで薄くすることができます。 肝斑 肝斑は 産後のホルモンバランスの変化によってできやすいシミで、 目尻の下に左右対称のシミができるのが特徴です。 そばかすはシミ消しクリームではなく医薬品が最適 そばかすは薄い茶褐色のシミが顔の様々なところにできる遺伝性のシミですが シミ消しクリームでは効果が期待できないため、医薬品を摂取して薄くする必要があります。 ビーグレンは海外の美白化粧品メーカーで、その中でもシミ・肝斑に特化したのが 「QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1. 9」です。 ハイドロキノンの濃度は1. 軽い感じのテクスチャーのためとても使いやすいです。 濃度が低いので「効果が低いのでは?」と思うかもしれませんが、肌への浸透力が高いため、実質的には 濃度が高いクリームと同じぐらいシミへの効果が期待できます。 ちなみにトライアルセットには シミに効果的なビタミンCやビタミンC誘導体を配合したローションや化粧水もついてくるので、一緒に使うことで 短期間でシミへの効果を期待できます。 また、実際に私がこのクリームでどのくらいの短期間でシミを薄くすることができたのかは「」で詳しく紹介しています。 今ならトライアルセットを 税込1944円でお試しできるのでとてもお得ですよ。 芸能人も愛用しているとのことですがその実感力は本物ですよ。 昔から顔のシミがあるんだけど、3人目妊娠中からシミが酷くなってるのが気になって😱ビーグレンの美白クリームを使って1ヶ月半。 少量できちんと伸びますし、お肌につけてあぶらっぽくならないところが良いと思います。 つけた後のお肌はとてもなめらか、つるつるになります。 ホワイトニングにより一層気をつけたいと思います。 引用元: アンプルールが販売するラグジュアリーホワイトシリーズの 「コンセントレートHQ110」にも 低刺激化されたハイドロキノンが配合されています。 特殊なゲルのため、寝る前に塗るとピタッと吸着して、 寝ている間にメラニン色素にアプローチしてくれます。 一日たった3秒でケアできるので時短で済ませたい方におすすめです。 こちらのクリームも低刺激のため敏感肌の方でも安心して使うことができます。 くすみに悩む方には薬用アクティブフォーミュラ また、ラグジュアリーホワイトには 薬用アクティブフォーミュラという くすみ用の美白美容液があるのでくすみに悩む方に最適です。 アルブチンやビタミンC誘導体が配合されているので、メラニン色素の生成を抑えながら本来の肌を取り戻していくことが期待できます。 まとめると、 ぽつぽつとしたシミ(点)にはコンセントレートHQ110で、くすみのように 「面」のようなシミには薬用アクティブフォーミュラが最適です。 トライアルセットについて ラグジュアリーホワイトのトライアルセットは 税込1890円で7日分の6つの商品をお試しできます。 セット内容は以下になります。 スポット集中美容液コンセントレートHQ110(夜用) 2. 薬用アクティブフォーミュラ(朝夜用) 3. ローション 4. エマルジョンゲルEX 5. 美容液洗顔料 6. ちょっと薄くなったかな??産後は手間でなかなか使用できないが、週末だけ利用して経過観察したいです。 引用元: 3. 0 美白有効成分:アルブチン ビーグレンやアンプルールの 低刺激のハイドロキノン配合クリームであっても、できれば使いたくないという方にはディセンシアのサエルがおすすめです。 サエルの「ホワイトニングローションコンセントレート」には ハイドロキノンの代わりにアルブチンが含まれています。 低刺激でありながらしっかりと効果を発揮し、さらに抗炎症の成分であるトラネキサム酸が配合されているため、安心して使うことができます。 保湿力がとてもあって、数時間後の肌もぴったり指にくっつくくらい。 香りもそこまでつよくないです。 乾燥しがちな冬だけでなく、夏の肌にも使える量なので、重宝します。 引用元: ランキングで紹介したシミ消しクリームの比較 ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1. 9」 トライアルセット:1710円(7日分) 単品購入:6,480円(1ヶ月分) 成分:ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、スクワラン、ハイビスカス花発酵液 ラグジュアリーホワイトの「コンセントレートHQ110」 トライアルセット:1890円(7日分) 単品購入:10,800円(1ヶ月分) 成分:ハイドロキノン、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス サエルの「ホワイトニングローションコンセントレート」 トライアルセット:1480円(7日分) 単品購入:4860円(1ヶ月分) 成分:アルブチン、グリセリン、桃葉エキス 【プチプラ】ドラッグストアでおすすめシミ消しクリーム 番外編としてドラッグストアで購入できるシミ消しクリームでおすすめのものを紹介します。 プチプラのためランキングで紹介したものと比較すると実感力は落ちますが、ちゃんとシミにアプローチしてくれる成分が配合されているので、なるべく安く済ませたい方に最適です。 小林製薬 ケシミンクリーム(医薬部外品) 販売価格:1490円 ケシミンクリームはメラニン色素の生成を抑える ビタミンC誘導体が含まれています。 値段もお手頃でAmazonのレビューでも評判なのでおすすめです。 (ただ、あまり効果がないというレビューも少なからずあります。 ) 2. ロート製薬 メラノCC(医薬部外品) 販売価格:1188円 CMで有名なクリームです。 メラノCCにもビタミンC誘導体が含まれているので、きちんとシミの予防をすることができます。 また、ビタミンE誘導体も配合されているので血行促進によるターンオーバーの促進を期待できます。 白潤プレミアム 販売価格:850円 肌ラボが販売するシミ用の美白化粧水です。 シミの生成を抑えてくれるトラネキサム酸が配合されています。 シミ消しクリームの使い方 1. パッチテストを行う 万が一、クリームが肌に合わないと炎症を起こす可能性があるため、事前にパッチテストを行って問題がないかを確認しましょう。 パッチテストのやり方は絆創膏にクリームを塗って2日間腕に貼ります。 2日間経過して肌に問題があればそのシミ消しクリームの使用は控えた方がいいです。 紫外線に当たらないこと ハイドロキノンやアルブチンを塗ると肌のバリア機能が低下するため、なるべく日中の使用は避けて夜に塗るようにしましょう。 ハイドロキノンとアルブチンではどちらがシミを取り除く効果が高いですか? ハイドロキノンの方がメラニン色素を取り除く効果が高いです。 皮膚科で処方されるシミ用のクリームにもハイドロキノンがあるため、実感力で選ぶならハイドロキノン含有のクリームがおすすめです。 ハイドロキノンは白斑のリスクがあるっていうけど大丈夫? ハイドロキノンで調べていると「白斑」、いわゆる肌が真っ白になって逆に目立ってしまうことが言及されていることがあります。 しかし、これはハイドロキノンと似た成分(今では使用が禁止されています)の副作用なので、普通にハイドロキノンを使っていてこうなることはありません。 シミ消しクリームだけでいいの?食事面は? シミ消しクリームだけでも効果がありますが、美白成分が含まれる食べ物を摂取することも同時に行うとより短期間でシミを薄くすることができますよ。 ハイドロキノンクリームの自作ってどうなの? ネット上で市販のハイドロキノン粉末で自作のハイドロキノン液を作る方法が紹介されていますが、おすすめできません。 そもそも低刺激化されていない状態のハイドロキノンなので肌が炎症を起こす可能性があります。

次の

【手の若返り】手の甲のシミを消すクリームランキング@レビューあり

シミ 取り クリーム ランキング

50代のシミ対策化粧品、どうやって選べばいい? シミ対策化粧品にも色々なものがあって、どれを選ぶべきなのか迷ってしまいますよね。 ここではシミ対策化粧品を選ぶ際のポイントをご紹介します。 美白効果の高い成分はどれ? 美白成分にもさまざまな種類があり、化粧品によって含まれている成分も異なります。 今回は美白成分のなかでも、効果の高い成分3つとそのはたらきをご紹介します。 1つめは「ハイドロキノン」という成分です。 ハイドロキノンには、シミのもとであるメラニン色素を漂白し、 シミを薄くするはたらきがあります。 このハイドロキノンは、すでにできてしまったシミを消したいという場合にオススメです。 その効果は従来の美白成分の100倍とも言われ、通常のシミだけでなく肝斑(かんぱん)にも効くとされています。 2つめは「ビタミンC誘導体」です。 ビタミンC誘導体も、メラニン色素を薄めてシミを消すはたらきがあります。 ビタミンC誘導体の美白効果は、ハイドロキノンほどではありませんが、効果がゆるやかな分、肌への刺激も少なくなります。 そのため「あまり刺激の強いものは心配…」という方にもオススメです。 3つめは「アルブチン」です。 上記の2つとは異なり、アルブチンにはメラニンの生成を抑制し、シミができにくいようにするはたらきがあります。 シミを治すというよりは、シミを予防するのに役立つ成分です。 ほかの美白成分でシミを治しつつ、新しいシミが増えないように予防したい(あるいは今あるシミをこれ以上悪化させたくない)という場合にオススメです。 やっぱり高価な化粧品が良いの? 化粧品を買うとなると、やはり気になるのがお値段です。 美白化粧品も高いものから安いものまで色々ありますが、高価な化粧品の方が良いかというと、そうとは言い切れないところがあります。 もちろん、高価なものは品質も高い場合が多いです。 しかし広告費やブランド力など、品質以外の理由で価格が高く設定されていることもあり、 必ずしも費用と効果が比例するとは限りません。 それに加えて、金銭的な問題もあります。 無理に高い化粧品を買っても、お金に余裕がなければその化粧品を使い続けることができません。 それよりも、無理のない価格帯で自分に合った化粧品を見つけ、長期的にケアしていく方が良いでしょう。 50代が「選んではいけない」美白化粧品とは? 50代の方が美白化粧品を選ぶ際に、避けるべきものがあります。 まずは、安すぎる化粧品です。 安くて効果があれば一番ありがたいですが、値段が低い分品質もそれ相応のことが多いです。 例えば、 安い化粧品には添加物が多く含まれています。 全く添加物が入っていない化粧品を選ぶべき、という訳ではありませんが、添加物は肌に刺激を与えてしまうため、できるだけ少ない方が良いです。 次は、根拠のないうたい文句が使われている化粧品です。 一般的に「美白」といえば「肌が白くきれいになる」という印象かもしれませんが、 化粧品の広告において「美白」という表現を使うには厳しい制限があります。 一般化粧品の場合、広告で使える「美白」表現は、「メイクアップによって肌を白く見せる」という意味でしか使うことができません。 「シミをキレイにカバーし、お肌をキレイに見せる美白ファンデーション」といった感じの広告であればOKです。 薬用化粧品の場合、一般化粧品に比べて表現の範囲がやや広くなります。 とはいえ、「肌そのものが白くなる」意味での「美白」表現は薬用化粧品でも認められていません。 「美白」表現が使えるのは、一般化粧品と同じく「メイクアップによって肌を白く見せる」という意味と、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」という意味の場合だけです。 ここで紹介した意味以外の「美白」という宣伝文句があったら、その化粧品は避けるのが無難でしょう。 50代のためのシミ化粧品、人気ランキング 50代は要注意!更年期はシミができやすい? 年齢が上がるにつれて、肌も老化してシミができやすくなります。 特に更年期にかかる50代は、さらにシミが増えやすくなるので注意が必要です。 なぜ更年期に入るとシミが増えるのでしょうか。 ここでは、 更年期とシミの関係について解説していきます。 もしかして私も?更年期の症状とは 閉経が近くなると「エストロゲン」という女性ホルモンが急激に減少します。 それによってホルモンバランスが崩れ、動悸・めまい・息切れ・体の冷え・発汗などの身体的な症状や、不眠・イライラ・気分の落ち込みなど精神的な症状が現れるようになります。 これが更年期です。 こういった症状があり、病院に行っても特に病気が見つからない場合、もしかしたら更年期のせいかもしれません。 個人差はありますが、40代後半から50代にかけて症状が出る人が多いです。 更年期のシミ、原因は? シミの主な原因は、紫外線とホルモンバランスの乱れの2つです。 まずは紫外線についてです。 若い頃は肌トラブルが起きてもすぐ治ってしまうため、紫外線もあまり気にしていなかったかもしれません。 しかし、今までに浴びてきた紫外線のダメージはずっと肌に蓄積されており、 それが更年期になってからシミとして現れることになります。 よく屋外でスポーツをしたり遊んだりしていた方は要注意です。 次は、ホルモンバランスの乱れについてです。 妊娠や出産によってホルモンバランスが崩れることもありますが、30代後半から女性ホルモンは徐々に減少していきます。 女性ホルモンは肌を作るのに必要であり、減少するとターンオーバー(肌の新陳代謝)に時間がかかるようになります。 つまり、肌がダメージを受けても治りにくいということです。 そのため ダメージがいつまでも肌に残り、シミになってしまいます。 <関連記事>: シミ対策!ホルモンバランスを整えるには? 年齢を重ねていくうちに女性ホルモンが減っていくのは仕方がありません。 大切なのは女性ホルモンを増やすことではなく、ホルモンバランスを整えることです。 ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を送ることが大切です。 睡眠不足、栄養の偏った食事、運動不足などは、ホルモンバランスが崩れる原因になります。 キレイな肌を作るため、少しずつ生活習慣の改善に取り組みましょう。 50代の肌、化粧水よりレーザーの方が効果的? 美白化粧水での地道なスキンケアは、どうしても時間がかかりますよね。 目立つシミやくすみがある場合、美白化粧水を使うよりも、 シミ取りのレーザー治療を受けた方が手っ取り早い気もします。 美白のためのレーザー治療には、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか? シミ消しのレーザー治療ってどんなもの? 美容外科や皮膚科で行われる治療のなかで、代表的なのがレーザー治療です。 レーザー治療にも炭酸ガスレーザーやYAGレーザーなどの種類があり、それぞれ異なった特徴があります。 それぞれの特徴については省略しますが、いずれも肌に特殊なレーザーを当て、シミのもとであるメラニン色素を攻撃することによってシミを消す、という点は同じです。 シミの状態や本人の希望、治療にかかる費用などを考慮した上で、どの方法で治療するか決めていきます。 <参考サイト>: レーザー治療のメリット・デメリット レーザー治療は美白化粧品に比べて効き目が強く、その分シミ消しにかかる時間も短くなります。 短期間で高い効果が得やすい、というのがレーザー治療のメリットです。 ただし、レーザー治療には大きなデメリットがあります。 肌に強いレーザーを当てるため、 肌荒れや火傷を起こしたり、新しいシミができたりするリスクがあります。 また、治療をしたシミがきれいに消えない場合もあります。 また費用に関しても、決して安くはありません。 高額な費用を払ったのに効果がなかった、失敗したとなると、精神的な負担も大きくなります。 <関連記事>: 美白化粧水とレーザー治療、どっちがオススメ? レーザー治療は時間をかけずにシミ消しができますが、肌への負担や失敗した際のリスク、金銭的なことを考えると、美白化粧水でのケアがオススメです。 自分の肌や目的に合った化粧品を選び、できるだけ肌にダメージを与えないようにして、地道に美肌を目指していきましょう。 「目立つシミだけでも早く消したい」という場合なら、レーザー治療に頼るのも良いかもしれません。 ただし、さまざまなリスクが伴うことも忘れないでくださいね。

次の