きめ つの や い ばれん ごく。 Full text of Masamochi

鬼滅の刃|呼吸・剣術・技

きめ つの や い ばれん ごく

39 ID:FKgstiMsa. 83 ID:FKgstiMsa. 84 ID:FKgstiMsa. 00 ID:FKgstiMsa. 64 ID:mtwFALWMH. net 乙 お疲れ様です。 何度埋めても立てるだけ。 立てるは一瞬、埋めるは24時間監視w キチが埋め疲れで実生活に支障が出ますように。 55 ID:HKjWDpEya. 61 ID:HKjWDpEya. 89 ID:9JKWnfXBa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 98, 0. 86, 0. 96 ID:zOzS70AHa. 60 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 05, 0. 88, 0. 63 ID:9JKWnfXBa. 61 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 28, 0. 94, 0. 79 ID:9JKWnfXBa. 26 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 39, 0. 97, 0. 32 ID:9JKWnfXBa. 81 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 18, 0. 94, 0. 75 ID:9JKWnfXBa. 71 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 07, 0. 92, 0. 28 ID:9JKWnfXBa. 35 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 91, 0. 89, 0. 55 ID:9JKWnfXBa. 99 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 88, 0. 88, 0. 89 ID:9JKWnfXBa. 26 ID:zOzS70AHa. 66 ID:9JKWnfXBa. 62 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 76, 0. 86, 0. 23 ID:9JKWnfXBa. 46 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 81, 0. 86, 0. 72 ID:9JKWnfXBa. 06 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 76, 0. 85, 0. 60 ID:9JKWnfXBa. 60 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 64, 0. 82, 0. 07 ID:9JKWnfXBa. 29 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 77, 0. 84, 0. 57 ID:9JKWnfXBa. 82 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 81, 0. 85, 0. 01 ID:9JKWnfXBa. 05 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 78, 0. 84, 0. 58 ID:9JKWnfXBa. 76 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 73, 0. 83, 0. 88 ID:9JKWnfXBa. 38 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 84, 0. 85, 0. 41 ID:9JKWnfXBa. 33 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 72, 0. 82, 0. 87 ID:9JKWnfXBa. 19 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 81, 0. 41 ID:9JKWnfXBa. 13 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 58, 0. 78, 0. 85 ID:9JKWnfXBa. 70 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 56, 0. 77, 0. 14 ID:9JKWnfXBa. 82 ID:9JKWnfXBa. 42 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 62, 0. 77, 0. 25 ID:9JKWnfXBa. 08 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 60, 0. 76, 0. 78 ID:9JKWnfXBa. 94 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 74, 0. 79, 0. 63 ID:9JKWnfXBa. 29 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 70, 0. 78, 0. 12 ID:9JKWnfXBa. 69 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 59, 0. 75, 0. 51 ID:9JKWnfXBa. 06 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 74, 0. 77, 0. 61 ID:9JKWnfXBa. 52 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 91, 0. 81, 0. 16 ID:9JKWnfXBa. 66 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 77, 0. 78, 0. 55 ID:9JKWnfXBa. 91 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 88, 0. 80, 0. 56 ID:9JKWnfXBa. 43 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 82, 0. 79, 0. 11 ID:9JKWnfXBa. 37 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 85, 0. 80, 0. 49 ID:9JKWnfXBa. 98 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 72, 0. 77, 0. 26 ID:9JKWnfXBa. 65 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 61, 0. 75, 0. 94 ID:9JKWnfXBa. 31 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 55, 0. 72, 0. 54 ID:9JKWnfXBa. 22 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 46, 0. 70, 0. 27 ID:9JKWnfXBa. 84 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 39, 0. 68, 0. 03 ID:9JKWnfXBa. 50 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 48, 0. 69, 0. 81 ID:9JKWnfXBa. 34 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 55, 0. 70, 0. 38 ID:9JKWnfXBa. 00 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 62, 0. 71, 0. 29 ID:9JKWnfXBa. 76 ID:zOzS70AHa. 76 ID:9JKWnfXBa. 50 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 22, 0. 84, 0. 09 ID:9JKWnfXBa. 11 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 11, 0. 83, 0. 51 ID:9JKWnfXBa. 51 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 94, 0. 80, 0. 12 ID:9JKWnfXBa. 09 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 19, 0. 85, 0. 68 ID:9JKWnfXBa. 64 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 01, 0. 83, 0. 02 ID:9JKWnfXBa. 62 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 85, 0. 80, 0. 28 ID:9JKWnfXBa. 70 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 79, 0. 79, 0. 59 ID:9JKWnfXBa. 11 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 76, 0. 78, 0. 74 ID:9JKWnfXBa. 95 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 65, 0. 75, 0. 62 ID:9JKWnfXBa. 86 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 63, 0. 75, 0. 06 ID:9JKWnfXBa. 25 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 75, 0. 74 ID:9JKWnfXBa. 09 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 65, 0. 74, 0. 87 ID:9JKWnfXBa. 88 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 59, 0. 72, 0. 36 ID:9JKWnfXBa. 22 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 57, 0. 72, 0. 98 ID:9JKWnfXBa. 82 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 72, 0. 74, 0. 87 ID:9JKWnfXBa. 48 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 60, 0. 72, 0. 90 ID:9JKWnfXBa. 37 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 70, 0. 73, 0. 94 ID:9JKWnfXBa. 99 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 83, 0. 76, 0. 38 ID:9JKWnfXBa. 49 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 70, 0. 73, 0. 16 ID:9JKWnfXBa. 17 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 67, 0. 72, 0. 89 ID:9JKWnfXBa. 77 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 56, 0. 70, 0. 41 ID:9JKWnfXBa. 45 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 48, 0. 67, 0. 81 ID:9JKWnfXBa. 28 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 45, 0. 66, 0. 34 ID:9JKWnfXBa. 73 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 38, 0. 64, 0. 78 ID:9JKWnfXBa. 95 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 59, 0. 67, 0. 32 ID:9JKWnfXBa. 70 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 53, 0. 66, 0. 04 ID:9JKWnfXBa. 93 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 45, 0. 63, 0. 17 ID:9JKWnfXBa. 70 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 38, 0. 61, 0. 08 ID:9JKWnfXBa. 89 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 40, 0. 61, 0. 29 ID:9JKWnfXBa. 26 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 56, 0. 64, 0. 63 ID:9JKWnfXBa. 96 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 52, 0. 62, 0. 30 ID:9JKWnfXBa. 01 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 65, 0. 19 ID:9JKWnfXBa. 66 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 65, 0. 65, 0. 20 ID:9JKWnfXBa. 75 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 71, 0. 66, 0. 12 ID:9JKWnfXBa. 57 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 75, 0. 67, 0. 75 ID:9JKWnfXBa. 57 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 65, 0. 65, 0. 65 ID:9JKWnfXBa. 95 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 71, 0. 66, 0. 37 ID:9JKWnfXBa. 44 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 70, 0. 66, 0. 18 ID:9JKWnfXBa. 90 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 67, 0. 66, 0. 23 ID:9JKWnfXBa. 83 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 79, 0. 68, 0. 21 ID:9JKWnfXBa. 63 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 66, 0. 17 ID:9JKWnfXBa. 69 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 29, 0. 79, 0. 74 ID:9JKWnfXBa. 71 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 09, 0. 77, 0. 82 ID:9JKWnfXBa. 31 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 00, 0. 76, 0. 73 ID:9JKWnfXBa. 16 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 84, 0. 73, 0. 57 ID:9JKWnfXBa. 36 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 87, 0. 74, 0. 60 ID:9JKWnfXBa. 21 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 97, 0. 77, 0. 24 ID:9JKWnfXBa. 86 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 98, 0. 77, 0. 13 ID:9JKWnfXBa. 48 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 06, 0. 80, 0. 98 ID:9JKWnfXBa. 26 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 06, 0. 80, 0. 85 ID:9JKWnfXBa. 06 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 05, 0. 81, 0. 46 ID:9JKWnfXBa. 61 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 96, 0. 80, 0. 10 ID:9JKWnfXBa. 34 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 81, 0. 77, 0. 98 ID:9JKWnfXBa. 07 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 84, 0. 78, 0. 59 ID:9JKWnfXBa. 99 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 93, 0. 80, 0. 29 ID:9JKWnfXBa. 09 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 87, 0. 79, 0. 31 ID:9JKWnfXBa. 12 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 81, 0. 78, 0. 89 ID:9JKWnfXBa. 07 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 76, 0. 77, 0. 51 ID:9JKWnfXBa. 55 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 72, 0. 76, 0. 70 ID:9JKWnfXBa. 69 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 76, 0. 85 ID:9JKWnfXBa. 12 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 75, 0. 27 ID:9JKWnfXBa. 65 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 65, 0. 74, 0. 89 ID:9JKWnfXBa. 06 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 55, 0. 72, 0. 55 ID:9JKWnfXBa. 59 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 55, 0. 71, 0. 01 ID:9JKWnfXBa. 95 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 62, 0. 72, 0. 14 ID:9JKWnfXBa. 38 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 59, 0. 71, 0. 52 ID:9JKWnfXBa. 00 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 50, 0. 69, 0. 01 ID:9JKWnfXBa. 75 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 79, 0. 95, 0. 58 ID:9JKWnfXBa. 40 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 51, 0. 91, 0. 18 ID:9JKWnfXBa. 26 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 18, 0. 87, 0. 68 ID:9JKWnfXBa. 75 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 16, 0. 87, 0. 21 ID:9JKWnfXBa. 15 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 20, 0. 89, 0. 51 ID:9JKWnfXBa. 40 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 17, 0. 90, 0. 27 ID:9JKWnfXBa. 98 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 15, 0. 90, 0. 81 ID:9JKWnfXBa. 62 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 12, 0. 90, 0. 34 ID:9JKWnfXBa. 32 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 02, 0. 89, 0. 97 ID:9JKWnfXBa. 95 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 11, 0. 91, 0. 76 ID:9JKWnfXBa. 52 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 16, 0. 93, 0. 72 ID:9JKWnfXBa. 30 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 06, 0. 91, 0. 26 ID:9JKWnfXBa. 71 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 89, 0. 88, 0. 74 ID:9JKWnfXBa. 16 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 76, 0. 85, 0. 54 ID:9JKWnfXBa. 09 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 79, 0. 86, 0. 98 ID:9JKWnfXBa. 83 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 74, 0. 84, 0. 40 ID:9JKWnfXBa. 52 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 77, 0. 85, 0. 90 ID:9JKWnfXBa. 09 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 81, 0. 85, 0. 23 ID:9JKWnfXBa. 64 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 82, 0. 21 ID:9JKWnfXBa. 31 ID:zOzS70AHa. :Gather. txt OK:Check subject. 68, 0. 82, 0. 65 ID:9JKWnfXBa. 15 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 65, 0. 80, 0. 32 ID:9JKWnfXBa. 77 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 63, 0. 79, 0. 07 ID:9JKWnfXBa. 46 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 79, 0. 82, 0. 57 ID:9JKWnfXBa. 03 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 72, 0. 81, 0. 25 ID:9JKWnfXBa. 29 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 69, 0. 80, 0. 43 ID:9JKWnfXBa. 68 ID:zOzS70AHa. net 板復帰 NG! :Gather. txt OK:Check subject. 66, 0. 79, 0. 01 ID:9JKWnfXBa. 19 ID:zOzS70AHa. 04 ID:5zHEhrxG0. net. 33 ID:5zHEhrxG0. net. 60 ID:5zHEhrxG0. net. net 消える。 78 ID:yCkHuKzf0. 63 ID:yCkHuKzf0. 20 ID:yCkHuKzf0. net 埋め 総レス数 581 463 KB.

次の

鬼滅の刃|呼吸・剣術・技

きめ つの や い ばれん ごく

九死に一生を得、 殿軍 ( しんがり )の任を果して帰った将士が、京都に帰りついた第一夜の望みは、 「とにかく寝たい!」 それだけだった。 君前に報告を終って、 退 ( さが )って来る途中からもう藤吉郎は、 「寝るのだ寝るのだ」 と、居眠りながら歩いていた。 それが、四月三十日の宵であった。 翌る朝、ちょっと眼がさめたが、また寝てしまった。 午 ( ひる )ごろ揺り起されて、 粥 ( かゆ )を喰べたが、その味もまだ 美味 ( うま )いと感じるだけで夢うつつだった。 「また、お 寝 ( やす )みですか」 側の者も、 呆 ( あき )れ顔した。 しかし、さすがに二晩目は、宵のうちに眼がさめて、 大欠伸 ( おおあくび )を一つすると、それから体をもて余してしまった。 「おい、幾日か、きょうは?」 そんなことを訊いたりした。 次の間の 詰侍 ( つめざむらい )が、 「二日でございます」 と、答えると、 「えッ、では明日は三日か」 と、驚いた顔した。 「二日か。 ではもう御主君にも、お疲れは 癒 ( い )えたろう。 ……いや、心の疲れはどうかな?」 独り言をもらしながら起ち上がって、持て余した体を室外へ運んで行った。 皇居を造営し、将軍の新館も信長が建築したものであるが、まだ信長自身は、洛中に 館 ( やかた )を持っていない。 上洛のたびに寺院住居である。 そして幕下の諸将は、境内の末院を宿舎としていた。 藤吉郎は、その一院を出て、久しぶりこの世の美しい星を仰いだ。 もう五月になるかと思う。 「生きているな。 この体」 と、ぴちぴち意識する。 何だか非常にうれしいのである。 夜中だが、信長に眼通りを願った。 待っていたようである。 すぐ会った。 「藤吉郎、何がうれしいのだ。 「日頃は、この生命など、有るとも持っているとも、ありがたくは覚えませんが、死中から拾ってみると、なんとも、 愛 ( いと )しくて、 歓 ( よろこ )ばしくて、 生命 ( いのち )のほか、何物も 要 ( い )らない気がいたします。 それがしのように、お考えなされませ。 どこに、敗北の 苦味 ( くみ )を 嘗 ( な )めないで、大事をなした者がありましょうや。 一町人の経営といえども、そんな甘やかされた生涯があるものではありません」 「そうか。 そちの眼にも、信長の 面 ( おもて )がそう見えたか。 馬腹、一 鞭 ( むち )当てねばならんな。 急遽、岐阜の本城へ帰る必要はある。 いろいろな意味で、それは急を要する。 その晩のうちに、藤吉郎その他、わずか三百にも足らぬ小勢をひきつれ、夜どおしかけて京都から脱出してしまった。 疾風の 迅 ( はや )さだ。 そんな迅速な行動すら、もう誰からともなく洩れていた。 一行が、大津越えにかかる頃である。 まだ 短夜 ( みじかよ )も明けない 逢坂山 ( おうさかやま )の木立の上に、鉄砲を構えて、信長のすがたを待っている怪僧があった。 不意に、駒が狂い出した。 暁闇 ( ぎょうあん )をつんざいて、鉄砲の音がどこかで響いたのである。 同時に、眼を四方に馳せて、 「 曲者 ( くせもの )を 探 ( さが )し出せ」 と、騒ぎ立てた。 信長は、鉄砲の音にも気づかなかったのだろうか、もう半町も先へ駈け越している。 彼方 ( かなた )から大声で、家臣たちを振り向きながら呼んでいた。 「捨ておけ、捨ておけ」 主君の一騎のみ遥かに先へ立ってしまったので、ぜひなく下手人を打捨てて、人々の馬群れはまた急ぎだした。 小さい弾痕の穴がその袖を貫いていた。 後に判明したことであるが、その折、大樹の 梢 ( こずえ )から信長を 狙撃 ( そげき )した下手人は、伊勢 朝熊山 ( あさくまやま )の円通寺の法師で、百発百中といわれる鉄砲の名手だったという。 命を天に待って安閑としてはいない。 信長は知っている。 尾張二郡の小城から、 尾濃 ( びのう )二州へ 羽翼 ( うよく )をのばしたくらいでは、まだ世間は、多分に 多寡 ( たか )をくくっていたであろう。 だが、 中原 ( ちゅうげん )に出て、令を京都から発したとなると、俄然、天下の諸豪は、心穏やかでないにきまっている。 なんら彼とは、宿怨も 関 ( かか )わりもない九州の大友、島津、中国の毛利、四国の 長曾我部 ( ちょうそかべ )。 いや、そこらの動揺は、まだ当然といえよう。 危ないのはむしろ近くの親戚などだ。 甲斐 ( かい )の武田信玄など、もう 姻戚 ( いんせき )の 誼 ( よし )みなどは顧みていられないように、頻りと策動の気はいが見える。 北条家も油断ならない存在である。 平時の姻戚外交などが、いかに弱い 絆 ( きずな )であるかは、 江州 ( ごうしゅう ) 小谷 ( おだに )の浅井長政がもう立証している。 その浅井長政には、信長の妹が 嫁 ( とつ )いでいるのである。 三好、松永の残党は依然として、うるさい暗闇の伏敵だし、本願寺門徒は、その宗教上の組織と宣伝力を用いて、各地に、反信長の 烽火 ( のろし )を準備している。 天下は挙げて信長の敵と化したかの観がある。 信長が、突然、岐阜をさして帰ったのは、賢明だった。 この言葉を 穿 ( は )きちがえて、もし彼がもう半月も、京都に安閑としていたら、すでに帰る郷土も家もなかったかも知れない。 が、彼は無事に、岐阜城へ帰った。 それから約一月余りを経た六月の半ばだった。 「 宿直 ( とのい )ッ。 宿直の者ッ」 まだ、短夜も明けていないのに、彼の寝所から、呼び立てる声がした。 稲葉山から 長良川 ( ながらがわ )の空をかけて、頻りと、 時鳥 ( ほととぎす )の啼く 四更 ( しこう )の頃であった。 夜半 ( よなか )でも、不意に、むっくと寝床のうえに起き直って、思いもよらぬ命令を下すことがままある。 信長の 宿直衆 ( とのいしゅう )たる者は、それに馴れていたが、時には油断へ水をかけられて、うろたえた 態 ( てい )を殿に見られる場合がないでもない。 「軍議をひらく。 今からだ。 即刻集まるように、 信盛 ( のぶもり )に計らえと申せ」 信長は、もう寝所を出てゆく。 あわただしく、小姓や 近習 ( きんじゅ )の足音が追う。 夜半か、明け方か、眠たげな近習の頭にはよく分らない。 まだ暗いことは確かで、外には星が 鮮 ( あき )らかだ。 「ただ今、 燭 ( あかり )を 灯 ( とも )します。 お待ちください」 近習は、狼狽していう。 が信長はもう裸体になって、湯殿にはいっていた。 そして 旺 ( さか )んに水を浴び、体を拭きこすっている。 ここよりは、表方の狼狽はもっとひどい。 城内には、佐久間信盛、坂井右近、木下藤吉郎などいたが、その他の諸将は多く城下を固めていた。 それへ、召しの使いを飛ばす。 一方、広間を 浄 ( きよ )め、燭を配らせる。 諸将は、出揃った。 信長の爽やかな 面 ( おもて )に、白い燭が 映 ( は )えて見える。 彼は、一同を見わたしながら 唇 ( くち )を開いた。 黎明 ( れいめい )と共に、自分は出馬する決心である。 目標は、小谷の浅井長政を討つにある。 ただ、その作戦上の範囲内で、何か、献策があらば聞こう。 こう信長が決心のほどを 闡明 ( せんめい )すると、諸将はみな、何か心を強く 搏 ( う )たれたように しんとしてしまった。 小谷の浅井長政には、信長の妹のお 市 ( いち )の 方 ( かた )が 嫁 ( とつ )いでいる。 そればかりでなく、信長は、妹 聟 ( むこ )の長政を、隣邦の抑えとする政策以上に、心から眼をかけていた。 日頃、長政をよく愛している信長の真情を、諸将はみな知っていた。 京都へも、よく長政を招いて、見物させ、また、 (これは、小谷の妹 聟 ( むこ )でござる) と、将軍家の周囲を始め、会う人ごとに 紹介 ( ひきあわ )せたりして、長政も、自分と共に引き上げていた。 信長の近習が、信長の世話ばかりやいていると、 (妹聟も、見てやってくれよ) と、いう程であった。 朝倉攻めの遠征の際、信長が、その妹聟の小谷城へは、何の沙汰もせずに立ったのは、由来、浅井と朝倉の両家は、織田家と結ぶ以前から、不侵略国として親密な関係にあるので、妹聟の立場を思い、むしろ好意的に、中立国としてその位置を保たせてやるためであった。 ところが。 敵国深くへはいった信長の、 征旅 ( せいりょ )の苦境を知ると、果然その妹聟は、 鉾 ( ほこ )を 逆 ( さか )しまにして、信長の背後を 脅 ( おびや )かし、織田軍をして、あの退敗を余儀なくさせたのである。 先頃、京都から帰った信長の胸には、その妹聟の処置が考えられていたに違いない。 折も折、ゆうべ深更に、信長の手へ密報がはいった。 鯰江 ( なまずえ )の六角 承禎 ( じょうてい )が、観音寺城の残党や門徒僧を用いて、土民一揆の火の手を諸所に挙げ、その混乱に乗じて、小谷の浅井勢と呼応して一挙に信長を屈伏させてみせると、露骨に活動しだしているという知らせなのであった。 そこの軍議が終ると、信長は、諸将をつれて本丸の庭へ出た。 そして実証を指さして見せた。 遠い闇に、 一揆 ( いっき )の火は、 旺 ( さか )んに空を赤くしていた。 それは、単なる土民の一揆でないことを、信長は、諸将に説き明かして、 「いざ、立とう!」 と、 促 ( うなが )した。 空はようやく明けかけていた。 それが、十九日のことだった。 次の日には。 信長以下、岐阜を発した兵馬は、 近江 ( おうみ )に侵入していた。 いたる所の門徒一揆を破りながら、佐々木六角と浅井長政との 連環 ( れんかん )を、次々に、踏みつぶしていた。 そして、二十一日にはもう、浅井の本城小谷へ迫っていた。 小谷の出城、横山城を囲んでいたのである。 疾風電撃 ( しっぷうでんげき )。 と、敵が耳に眼に知る時は、もう 潰乱 ( かいらん )されていた。 備える間などないし、崩れて、次陣を 布 ( し )く 遑 ( いとま )もなかった。 大雨の 雨脚 ( あまあし )が、雲と共に、野を掃いてゆくようだった。 けれど、その 席巻 ( せっけん )ぶりにも、限りがあった。 横山城に当ると、ここは越前と江北の要路で、敵には、重要な地点だった。 さすがに、頑として、手ごたえがある。 大野木土佐守 ( おおのぎとさのかみ )は、朝倉家のうちでも名だたる 驍将 ( ぎょうしょう )だ。 その大野木勢に、野村肥後の精鋭が 扶 ( たす )けて、 「 陥 ( おと )せるものなら陥してみよ」 と、その 堅塁 ( けんるい )を誇っていた。 時は、六月の大暑。 転戦また転戦をかさねて来た寄手の勢は、眼鼻もわからぬほど黒くなっていた。 すると、二十二日の頃、 「大挙、越前の朝倉勢が、山越えして、小谷の救援にやってくる!」 との報がはいった。 否とよ われの持つものは 鑓 ( やり )の穂先に織田が首 織田信長が 茶筌首 ( ちゃせんくび )。 と、誰が陣中で作ったか、俗歌の節をつけて 謡 ( うた )いながら、 旗鼓堂々 ( きこどうどう )、 大寄山 ( おおよせやま )をこえ、野村、三田村方面をさして来るとのことだった。 横山城は、 所詮 ( しょせん )、急激に陥ちそうもない。 「龍ヶ鼻まで 退 ( しりぞ )け」 信長は、急に退いて、ここで対策を練り直した。 ちょうどその日だった。 信長が、心のうちに、待ちかねた徳川家康が、五千の兵を率いて来援に着いたのは。 よほど 欣 ( うれ )しかったとみえ、信長はその時陣頭で、黒の薄い陣羽織に、塗りの 大笠 ( おおがさ )をいただき、左に扇を持ち、右手に杖を持って、何か指揮していたが、 「おおッ」 と、家康のすがたへ、遠くからその扇を振って迎えた。 この気強い味方を迎えると、信長は自身、案内に立って、眼前の戦場の地形、敵の布陣、越前の援軍の情勢などを説明して、 「これに処す御意見は」 と、たずねた。 家康は、言下に、 「姉川を挟んで、野戦に勝敗を決するしかありますまい」 と、答えた。 信長の思うところもそれだった。 家康は、自身、先陣を承ろうと進んで希望した。 信長は謝して、 「それにしては、お手勢だけでは少ない。 わが直属の兵を 割 ( さ )いて、参加させよう」 と、いった。 「いや、大兵は要りません。 ……左様、然らば御意にあまえて、 稲葉一鉄 ( いなばいってつ )の一隊を拝借しましょうか」 家康は、そう答えた。 家康の眼に選ばれた稲葉一鉄は、武門の誉れと、手兵一千をさげて、三河勢に合体した。 信長はまた、家康に、 「これは、源氏にゆかりのある一槍です。 源家の 末裔 ( まつえい )たるあなたに贈ろう」 と、「 為朝 ( ためとも )」という銘のある 鑓 ( やり )を彼に与えた。 織田軍には、徳川家の援軍が来て加わった。 浅井方にもまた、朝倉勢の加勢がそこまで来ていた。 藤吉郎は、横山攻めには遅れて、後から参陣した。 彼は、浅井方の 苅安城 ( かりやすじょう )、 長比 ( たけくらべ ) (長競) 城 ( じょう )、 不破郡 ( ふわごおり ) 松尾山 ( まつおやま )の 長亭軒 ( ちょうていけん )の城など、味方にとって、最も怖るべき後方の諸城を陥し、前線と岐阜との通路と、その安全を確保するために、遅れたのであった。 それらの厄介な敵は、多くが 江州 ( ごうしゅう )と美濃の境に 蟠踞 ( ばんきょ )していた。 苅安城は、坂田郡上平寺、 長比 ( たけくらべ )の城も同郡の 長久寺 ( ちょうきゅうじ )村、 長亭軒 ( ちょうていけん )の城は、不破郡松尾山にあった。 信長の目的地とは、かけ離れた後方だし、山岳 重畳 ( ちょうじょう )な横道である。 そんなものを、一城一城、気にかけて相手にしていたら、目的の小谷城へ 懸 ( かか )るには、半年の余も費やしてしまうであろう。 で、大野木山の関門や、そこらの 城砦 ( じょうさい )には、藤吉郎の手勢を残して、信長の本軍は、 遮 ( しゃ )二無二、敵方の本城地へ肉薄して来たものだった。 だから信長は、 「本軍が、 小谷 ( おだに )を 陥 ( おと )すまでは、小勢なりとも、あの男のこと、 後方 ( うしろ )は固く抑えているだろう」 と、安心していた。 ところが、その藤吉郎の木下勢は、信長が龍ヶ鼻へ退陣してから程なく、長浜を立って、これへ参加し、すぐ信長を営中に訪ねて、 「願わくば、次の決戦には、木下勢に先鋒の第一陣を仰せつけられますように」 と、願い出たので、信長は驚くよりも、後方の敵を、どう処置して来たか、疑った。 徳川家康をはじめ、諸将老臣が居合わせていたし、それを語れば、自然、自分の 手功 ( てがら )ばなしとなるので、わざと、避けたものと見て、信長も深くは訊かなかった。 ただ彼の、これから先の大決戦に第一陣をという願いに対しては、 「すでに、その第一陣は、徳川殿に 嘱 ( しょく )してある。 そちは、第四番につけ」 と、信長はいった。 藤吉郎は、家康の 倖 ( しあわ )せを 羨望 ( せんぼう )したが、素直に 退 ( さが )って、自分の人数を、総軍第四番手に備え立てた。 陣営の前を、きれいな河が流れていた。 姉川の支流である。 一夜、営内で快眠した藤吉郎は、まだ兵も眠っているうちに、一人そこの河べりへ来て、顔を洗っていた。 お早いことですな」 後ろで、誰かいう。 「お……。 竹中半兵衛か。 そちも早いなあ。 寝たか、ゆうべは」 「よく寝ました」 「体は 快 ( よ )いかな」 「ありがとうぞんじます。 さてさて、 戦 ( いくさ )は病人によく 効 ( き )く名薬と思いました」 「はて。 異なことを」 「されば、平常は病を 宥 ( いた )わられて、季節変り、朝夕の寒暑にも、立ちどころに 咳声 ( せき )を増し、よく熱など出す弱体が、この炎暑に、粗食をつづけ、兵や軍馬と共に歩み、夜は露草の上に臥しながら……どうでしょう、かえって、この通りな健康でござる。 半兵衛を病人あつかいになさるるは、戦場では、この後御無用にねがいまする」 「なるほど。 ムム、なるほど」 藤吉郎は、一 茎 ( けい )の 蛍草 ( ほたるぐさ )を 摘 ( つ )んで、指先に 弄 ( もてあそ )んでいた。 花に寄せて、誰を 偲 ( しの )んでいるのだろうか。 母か、 寧子 ( ねね )か。 半兵衛の眼に気づかれては、見ッともない気でもしたのだろうか、藤吉郎は、弄んでいた蛍草を、指頭からぽんと捨てて、 「大戦が迫ったな」 「迫りました」 しばらく、視野を敵地へ向けたまま 佇 ( たたず )んでいたが、また何を思い出したか、 「 於 ( お )ゆうは、もう 岐阜 ( ぎふ )へ着いたろうか」 と、 呟 ( つぶや )いた。 「長浜からでは、まだまだ岐阜へは帰り着きません」 「途中、無事であればよい。 於 ( お )ゆうは、自分の妹であるばかりでなく、大戦を前にして、殿の 煩悩 ( ぼんのう )にも困ったものだと、 苦々 ( にがにが )しく思えたからであろう。 その於ゆうは、長浜から帰したとある。 知らぬ者が聞けば、陣中へ女子を 伴 ( ともな )ったと 誹 ( そし )られるにちがいない。 さもなければ半兵衛が許すはずはない。 許していながらも、半兵衛の苦々しく思うのは、主君が、彼女の帰り途まで、気にかけているからだった。 不破 ( ふわ )の 関 ( せき )は、関所がなくても、地形そのものが、すでに天然の関門をなしている。 従って、ここを 占 ( し )めれば、湖南一帯から美濃の平野を 扼 ( やく )し、京都や北国路や東海道への交通を 抑 ( おさ )えることになるので、討っても 掃 ( はら )っても、敵たる者は、当然、すぐこの地方に充血してくる。 苅安城 ( かりやすじょう )。 長比城 ( たけくらべじょう )。 鎌刃城 ( かまはじょう )。 松尾山の城。 みな敵の 牙 ( きば )だ。 ひとつひとつ孤立したものでない。 歯のごとく 連環 ( れんかん )している。 伊吹 ( いぶき )の 麓 ( ふもと )に、藤吉郎の手勢は陣取っていた。 まだ一将校にすぎない彼に、大兵を預けられるわけもない。 微々たる兵数だ。 それをもって、この地方一円の敵を抑え、 小谷 ( おだに )へ進撃している味方の本軍に、後ろの憂いのないようにしていなければならない。 それだけでも重任であるのに、藤吉郎は、それだけで甘んじていられなかった。 「半兵衛、もう一度、行ってみてくれい」 「だめです。 彼も侍です。 たとえそれがしが、 百夜 ( ももよ )通っても、節義を変える武士ではありません」 「そちは、敵に惚れ過ぎている」 「いや、長年の友ですから、彼の心を知っています」 「心の友なら、心をもって、説き伏せられぬこともあるまい」 「が、城門を固く閉じ、何度訪れても、会わないからだめです」 「では、絶望か」 「まず、あの男ばかりは」 「待て待て。 およそ絶望ということは、きょうまでおれの生きて来た道にはなかった」 藤吉郎と、その軍師竹中半兵衛とが、 帷幕 ( いばく )の 裡 ( うち )で、こんな密談を交わしていたことがあってから、数日の後であった。 半兵衛の弟竹中久作が、ひとりの旅姿の美人を、馬の背から抱き降ろして、陣中へ導いて来た。 折からその日、 垂井 ( たるい )の附近で、敵の一小隊と衝突して帰って来た兵たちが、黒い汗を 拭 ( ぬぐ )いながら、兵糧を頬ばったり、手傷を縛ったりしている中を、時ならぬ花の香りをこぼして、美しい女性が通って行ったので、彼らは大きな眼をして見送った。 竹中久作は、兄の半兵衛 重治 ( しげはる )が木下家に随身後、召し出されて、共に藤吉郎に仕えていた者である。 半兵衛より四つ年下の好青年で、兄は病弱だが、彼は健康そのものだった。 こんどの合戦にも、 (残念だなあ。 なぜ木下軍は、お味方の 後詰 ( うしろまき )などに廻されたのか。 信長様に 従 ( つ )いて先鋒を 承 ( うけたまわ )っているならば、浅井家第一の豪傑といわれている敵の遠藤喜左衛門の首は、必ず俺の物なのに) と、 髀肉 ( ひにく )を 嘆 ( たん )じて、兄にも人にも洩らしているほど、武勇にかけても、人に 負 ( おく )れぬ自信はあった。 その久作が、数日前に、 (その方が参って、火急、岐阜表から 於 ( お )ゆうを召し連れて来い) と、主君に命じられたので、主君の命とはいいながら、 (何だって、女などを、陣中まで!) と、 憤懣 ( ふんまん )にたえない顔して、渋々使いに 赴 ( おもむ )いたものである。 その於ゆうをつれて、ようやく、炎天の旅から帰って来た久作は、営中へかかると、兄上は? と、居所を兵にたずねて、兄半兵衛の休息している 幕 ( とばり )の外から、 「兄上、兄上ッ。 ゆう殿を召し連れ、ただ今久作、 岐阜 ( ぎふ )表より立ち帰りました。 君前へは、兄上よりよしなに!」 と、呶鳴り捨てたまま、妹の於ゆうを置き放して、立ち去ってしまった。 半兵衛は、幕の内から立ち出でて、さすがに、オオと、懐かしげな眼をした。 於ゆうも、病弱な兄のつつがない姿を見て、 「……お兄さま」 と、寄り添った。 「何のお召しでございましょうか、久作兄様にお訊ねしても、おら知らんと、顔を振るばかり……なにも分らずに参りましたが」 「驚いたも無理はない。 ちと 其女 ( そなた )に重い役目がいいつけられる御様子だ。 藤吉郎のことを云い出されると、彼女は、にわかに顔を 紅 ( あか )らめた。 「ゆう殿、唯今、申し上げて参る程に、これにてお待ちなされ」 わざと、他人行儀にいって、藤吉郎のいる 巨 ( おお )きな松と松とに張り 繞 ( めぐ )らした陣幕のうちへはいって行ったが、間もなく、戻って来て、 「お待ちなされておらるる。 兄も一緒に来てくれるのかと思っていると、雑兵を呼んで何かいいつけたりなどしてかまってくれない。 彼女は、一人、 怖々 ( おずおず )と陣幕の路地を通って行った。 すると、於ゆうが来たために、退けられた人々であろう。 蜂須賀彦右衛門 ( はちすかひこえもん )や 堀尾茂助 ( ほりおもすけ )や、福島市松、加藤虎之助などの小姓たちまでが、相次いで、そこから四方へ出て行った。 何かその人々へ、すまないような気もして、彼女はなお、幕の蔭に 佇 ( たたず )んでいた。 於ゆうか。 なぜ黙って、そんな所に立っておる。 さあ、はいれ、はいれ」 と、手を 把 ( と )って中へ抱え入れた。 何の 憚 ( はばか )りも 屈託 ( くったく )も彼にはない。 藤吉郎は、彼女のやや小麦色に 陽焦 ( ひや )けした顔をのぞきこんで、 「よう来たな。 ……道中、敵におそわれなかったか。 留守中は、淋しいことであろう。 体も、別条ないか」 と、まったく甘い。 用ありげな小姓の一人が、何気なく、ひょいと幕を上げてはいりかけたが、小姓でさえ、顔を赤くして、あわてて 引退 ( ひきさが )ってしまった。 「於ゆう。 それへ休め」 「はい」 「半兵衛より仔細は聞いたであろうな」 「まだ何も聞いてはおりませぬ。 すぐこれへ伺いましたので」 「久作からは」 「なおさら一言も……」 「では、わしから告げよう。 この戦場へ、はるばる、そなたを呼び迎えたは、そなたに、敵方へ使いに立ってもらいたいためじゃ。 この地方に、敵方の城は、要所要所に幾つもあるが、要するに、 牙城 ( がじょう )は長亭軒の一城と見てよい。 その親歯さえ抜けば、後の歯はひとりでに ぐらついて来る。 ところが、あれは 陥 ( お )ちない。 この兵力の五倍をもって、二十日以上、多大な犠牲を払っても、陥ちるかどうか。 なぜならば、その 干城 ( かんじょう )の大事を知って、浅井長政も、 逸 ( いち )はやく、 鎌刃城 ( かまはじょう )にいた樋口三郎兵衛を、長亭軒の城のほうへ移して守らせているからである。 三郎兵衛は、稀に見る智謀の将だ。 武勇にかけても鳴っている。 その人物は、以前から 誼 ( よし )みの深い半兵衛 重治 ( しげはる )が珍重している通りである。 だから、ここにあるただ一つの策は、友の半兵衛からよく利害を説いて、 衂 ( ちぬ )らずして彼を降伏させるしかない。 しかし、彼もさる者、寄手の弱点は、充分見ぬいている。 先頃から、半兵衛を説客として、何度も使いに立ててみたが、それゆえに、樋口三郎兵衛は、 頑 ( がん )として会わない。 さて、そこでである。 女には除外例がある。 いかなる 猛者 ( もさ )も優しく扱う気になる。 わけて殺伐な戦場ほどなお、効果は大きい。 よいかの。 真心をこめて訪れるのだ。 ……そして、樋口三郎兵衛が、あわれと心をうごかして、城門をひらき、半兵衛を迎え入れてくれたら、もう事は半ば成就したようなもの。 於ゆうは、謹んで、 「よく分りました。 一心になって致して参りまする」 と、命をうけた。 「戦場の兵糧というものは、まだ喰べたことがあるまいが、馳走して 遣 ( つか )わそう。 わずか一刻ほどしか、彼女は藤吉郎の側に休んでいなかった。 半兵衛と、ただ二人きりであった。 半兵衛も駒に 跨 ( また )がり、彼女も駒に乗って、水色の 被衣 ( かずき )をかぶっていた。 戦場を行く旅人にしては、優雅な姿であり過ぎた。 垂井 ( たるい )の宿場あたりで 陽 ( ひ )が暮れた。 伊吹は東。 松尾山は西。 不破の街道を挟んで、関ヶ村から山ふところへはいってゆく。 ズドン! と、鉄砲の音が 谺 ( こだま )した。 半兵衛は、駒をとめて、 「於ゆう。 驚いたであろ」 と、わざと、微笑した。 「いいえ」 於ゆうは、強がりでなく、そう 愕 ( おどろ )いた様子もない。 「止れッ」 二人の駒の前後に、四、五本の槍がキラキラ月影に並んだ。 半兵衛は、馬上のまま、 「それがし達 兄妹 ( きょうだい )は、御城代樋口三郎兵衛どのへお会いしに参る者でござる。 御苦労ながら御案内ねがいたい」 「御姓名は」 「木下藤吉郎の家中、竹中半兵衛重治、妹のゆう」 と、 明晰 ( めいせき )にいった。 ここらを見張っていた一小隊の兵たちは、そう聞くと、顔を見合わせた。 また、於ゆうの清麗な姿を見まもった。 若い女性を連れているし、平服である。 仔細はあるまいと、一部の兵が先に立った。 祖父谷 ( おじや )、平井山、松尾の三山のふところになっている。 城砦 ( じょうさい )の規模は小さいが 天嶮 ( てんけん )である。 城門をそこに見ると、 「御大儀」 と、送ってくれた兵たちに礼をいって、半兵衛は、まず先に城門をたたいた。 それがしどもは、御城代樋口殿と、年来親しい間がらの者でござる。 幾度となく、訪れ申せど、遂に、一度のお会いも得ず、 諦 ( あきら )めかねて、こよいまた、余りの月のよさに、ついつい思わずまたこれまで、訪れてござる。 頑丈な 鉄扉 ( てっぴ )は、いくら呶鳴っていても答えがないので、半兵衛は、長々とそういった。 半兵衛はまた、同じような意味のことばを繰り返した。 すると、城門越しに、矢倉の上から、敵の顔が見えて、 覗 ( のぞ )き 下 ( お )ろしながら云った。 「御無用ッ。 御無用。 お帰んなさい」 「あいや」 半兵衛は振り仰いで、 「いつもは、木下家の家臣としてでござったが、こよいは、一半兵衛重治として、妹のゆうと共に、月を 賞 ( め )でつつ、浮々と、お立ち寄り申したのでござる。 ……さるにては是非もないが」 独り嘆くようにいっていると、 「だまれッ」 と、 狭間 ( はざま )でべつな声がした。 「おお、三郎兵衛殿」 仰ぐと、上の顔は、 「やよ、半兵衛殿。 いくら訪ねて来ても、 むだであるぞ。 会う要はない。 ゆうでございまする」 「ヤ、ゆう殿。 女の身で、何しにこの戦場へ」 「余りに、兄の心の 可憐 ( いじら )しさに……。 そして、おじ様も、いつお討死か知れぬと聞き、お別れに参りました」 ここは、半兵衛 兄妹 ( きょうだい )の生地、 菩提山 ( ぼだいさん )の城からも程近い。 樋口三郎兵衛は、半兵衛兄妹を、幼い頃から知っていた。 「城門を開けて、二人を、本丸の書院に通せ」 遂に、彼も 我 ( が )を折った。 三郎兵衛は、具足を解いて、平服となってから書院へ出、 兄妹 ( ふたり )を迎えた。 会うとすぐ、於ゆうに、 「大きゅうなられたな。 木下家の奥に仕えていると聞いたが、早いものよ。 わしが手に抱いて頬ずりすると、この 髯面 ( ひげづら )を痛がって、顔を掻いたりしたものじゃが……」 と、 沁々 ( しみじみ )いった。 そして、 「半兵衛どのにも、度々のお訪ねに、 無情 ( つれな )く門を閉じたまま、無礼を重ねたが、戦国のならい、お互い武門に生きる者の 辛 ( つら )いところじゃ。 ……察しられよ」 と、やがて、 小 ( ささ )やかな膳を 調 ( ととの )えて、これが一生の別れとなるかも知れぬ。 月を 肴 ( さかな )に、 一献 ( いっこん ) 酌 ( く )もうと、 打 ( う )ち 寛 ( くつろ )いだ。 明らかに、三郎兵衛は、討死を覚悟しているものと見られた。 彼には、主君の浅井が、到底、信長に抗しきれるものとは考えていなかった。 ここ半月や一月は支えても、やがて最期の日は近いと、観念しているふうであった。 「いや、お互い武士ほど 儚 ( はかな )いものはありません。 名はお互いに、 汚 ( けが )したくないものですな」 半兵衛は、杯をふくみながら云った。 ……そうだとも」 三郎兵衛も、今は、以前の友と変らず、すっかり 胸襟 ( きょうきん )をひらいて、杯をかさねた。 「於ゆう。 琴 ( こと )なと 弾 ( ひ )いて、興を添えぬか」 兄のすすめに、 「はい」 ゆうは、小侍を顧みて、一面の 筑紫琴 ( つくしごと )をかりうけ、月明りの 映 ( さ )す月の間から、琴を 弾 ( だん )じた。 「…………」 敵と味方。 短檠 ( たんけい )の灯は、いつか風に消えていたが、三郎兵衛のさし 俯向 ( うつむ )いたままの 面 ( おもて )に、白い月影が、よけい白く 映 ( さ )していた。 嫋々 ( じょうじょう )と、 絃 ( げん )は鳴る。 哀々と、彼女は歌う。 その八絃の音は、ここにある者の心ばかりでなく、城内七百の 強者 ( つわもの )ばらの耳へも 腸 ( はらわた )へも鳴って行ったとみえて、長亭軒の城、松尾山の 松籟 ( しょうらい )は、一瞬、しいんと 静寂 ( しじま )に冴えて、ただ琴の音と、琴の歌があるばかりだった。 「…………」 三郎兵衛の痩せた頬に、数行の涙が、月に光って見えた。 琴の音が 休 ( や )むと、 「時に、三郎兵衛どの、あなたがお護りしておられる御城主の二郎丸様は、当年、お幾歳になられますか」 と、半兵衛が訊ねた。 「お十二になられた。 おいたわしや、父の殿、 堀遠江守 ( ほりとおとうみのかみ )様には、先年亡くなられ、今はまた、十二の御幼少で、この城に 立籠 ( たてこも )られ、御運のほども……」 と、三郎兵衛は、遂に、懐紙を取り出して、落涙をつつんだ。 半兵衛は、 屹 ( きっ )と、坐り直して、 「あなたは不忠者だ!」 と、にわかに声を励ました。 いかに武将のお子でも、まだお十二の幼君では、世の中のどういうものか、 戦 ( いくさ )は何のためにしているものか、義も節も、お胸には分っておられまい。 むしろ 穿 ( は )きちがえたる武士道と嘆かれる。 ……三郎兵衛どの、それでも御身は、忠義のつもりでおられるのか」 理には負けないと思う。 理論に対する理論ならいくらでもいい立てられる。 けれど、理と共に、心情を打って来る言葉には、樋口三郎兵衛も抗し得ない気がした。 「弱年のそれがしが、貴殿にこう申すなど、 釈迦 ( しゃか )へ説法にも 等 ( ひと )しゅうござるが……」 半兵衛は、三郎兵衛が、首うな垂れたまま聞いているので、むしろこう一歩、 謙遜 ( けんそん )しないではすまない気がした。 昔から主君のためわが子を殺した 例 ( ため )しは幾多ありますが、わが義を固執するために、主君を 亡 ( うしな )い主家を滅亡させた 例 ( ため )しは聞きません。 また、あなたの 烱眼 ( けいがん )をもって、この小城に、わずか七百の兵を擁し、織田家の二万五千の大軍に対し、最後まで守りきれるなどともお考えにはならないでしょう。 ……仰せはお道理、この三郎兵衛とても、幾夜、考えぬことではござらぬ。 重治が一命にかけ、主人藤吉郎秀吉様から、きっと、堀家の安泰と、二郎丸君の御助命は、 誓紙 ( せいし )をいただいて進ぜまする」 「…………」 半兵衛の 眉宇 ( びう )を見つめたまま、樋口三郎兵衛はややしばし黙然としていたが、静かに、その眼を閉じると、はふり落つる涙と共に手をつかえて、 「おねがい申す。 ……卑怯とお 蔑 ( さげす )みもあれ。 ただ、御友情に」 と、いった。 その翌々日。 樋口三郎兵衛は、長亭軒の城を開き、幼主二郎丸の手をひいて、藤吉郎の軍門へ、降人として訪れた。 藤吉郎はまた、その孤君、その義臣を、 篤 ( あつ )く迎えて、 「安んぜられよ」 と、将来までを保証した。 三郎兵衛の降伏を知ると、 苅安 ( かりやす )の城も、 長比城 ( たけくらべじょう )も、みな血を見ずに落城した。 姉川の水は三尺、その広い河幅も、 脛 ( すね )をもって 渉 ( わた )ることができるが、その 清冽 ( せいれつ )は、夏なお身を切るように冷たくて、水源の東浅井の 谿谷 ( けいこく )を思わせる。 元亀 ( げんき )元年、六月二十八日、まだ夜の明けないうちであった。 信長の総軍二万三千。 それに徳川勢の約六千。 龍ヶ鼻から進んで、姉川の岸に備え立てた。 敵の浅井、朝倉の聯合軍一万八千の兵も、徐々と、 大寄山 ( おおよせやま )から行動を起して、姉川の左岸に当る野村、三田村あたりの民家を 楯 ( たて )に、戦機を 窺 ( うかが )っていた。 瀬の水音ばかり、夜はまだ明けない。 「 康政 ( やすまさ )」 榊原 ( さかきばら )康政は、暗い水際から、 「はッ」 と、主君家康のすがたを 暁闇 ( ぎょうあん )の岸にふりかえった。 きょう半日がわかれ目だな」 「半日。 そうかかりましょうか」 「 侮 ( あなど )れぬぞ」 家康の影は、河原の 畔 ( ほとり )の林へかくれた。 そこへ入ると、もう 蕭殺 ( しょうさつ )の気が肌に沁む。 草むらに、 灌木 ( かんぼく )の中に、兵は銃列を 布 ( し )いて、身を屈している。 槍隊は槍をにぎって、まだ何も見えない姉川の 一水 ( いっすい )をにらんでいる。 死も生も意識のない 裡 ( うち )に、きょうの血戦がどう終るか、無言の中にみな描いている。 康政をつれて、家康は、その中をガサ、ガサ、と静かに通った。 鉄砲の火縄のほかに、火の気も見ない。 誰か、大きな 嚔 ( くさめ )をした者がある。 睨みつめていても 何時 ( いつ )の間にという けじめも分らぬまに、ほのかに姉川の水面が白みかけたと思うと、林の 梢 ( こずえ )を 透 ( す )いて、 一条 ( ひとすじ )の紅い雲が、伊吹山の肩のあたりに見出された。 「撃ってはならんぞ」 他の将が、つづいていう。 対岸の正面よりやや 下流手 ( しもて )の岸から、一隊の敵が、騎馬 徒歩 ( かち )をまぜておよそ千二、三百、一陣になって、河を斜めに、駈け 渉 ( わた )りだした。 足もとから立つしぶきに、真白な 疾風 ( はやて )が渉ってゆくようだった。 「あッ、 磯野丹波 ( いそのたんば )」 「丹波守が手勢」 家康のまわりで、家康の 旗下 ( はたもと )たちは、 唾 ( つば )をのみながら云い合った。 浅井長政の下に、浅井家が誇りとする磯野丹波守という好敵手のあることは、 夙 ( つと )に武将の間に聞えていた。 ダ、ダ、ダ、ダッ 敵の 掩護 ( えんご )か、味方の銃隊か。 いや両岸から同時に撃ち出したといっていい。 水に 谺 ( こだま )して、耳も 聾 ( ろう )するばかりだった。 雲は裂け、六月の青空は、肌をあらわした。 一人も、敵の岸へ返すなッ」 と、どっと、流れの中へ突撃して来た。 坂井隊は、敵の横へ。 池田の将士は、敵の 突角 ( とっかく )へ向って、ぶつかって行ったのである。 接戦は、一瞬に起った。 槍と槍、太刀と太刀。 磯野丹波守を先頭に、率先して突きこんで来た浅井勢は、浅井方のうちでも 選 ( よ )り抜きの精兵だったにちがいない。 織田方の二番備え、坂井右近の隊は、 完膚 ( かんぷ )なきまで、叩きつけられた。 隊長右近の子、坂井久蔵は、 「むッ、無念だッ」 と、その 戦 ( いくさ )の中で、敵味方中へ聞え渡るほどな絶叫をあげて討死を遂げた。 精兵、百余人が、つづいて河中に戦死した。 当るべからざる勢いで磯野丹波の兵は、三番備えの池田勝三郎の隊を突破して行った。 勝三郎の 麾下 ( きか )が、 「くッ、くそ」 「やるなッ」 と、槍をそろえて、その 突角 ( とっかく )へ 遮 ( さえぎ )りに向ったが、まるで寄せつけなかった。 四番備え。 木下藤吉郎の陣だった。 藤吉郎も、 「こんな凄まじい敵を見たことがあるか」 と、半兵衛を顧みてつぶやいたほどだった。 さしもの半兵衛にも、施す策がなかった。 それらの降人も、今は皆、 麾下 ( きか )の一兵として、藤吉郎の手に加わってはいるが、いずれもつい先頃までは、浅井家や朝倉家の禄を 喰 ( は )んでいた者であるから、当然、敵へ駈け向わせても、その 鉾先 ( ほこさき )は弱いにきまっている。 むしろ味方の足手 纏 ( まと )いとなろう。 木下隊には、そんな弱点があったし、五番、六番の備えも、 瞬 ( またた )くまに蹴ちらされて、織田陣十三段の備え立てが、遂に、十一段まで 潰乱 ( かいらん )されてしまった。 その頃。 上流の徳川勢は、一気に、姉川を渡って、対岸の敵を席巻しながら、徐々に、下流へ移っていたが、顧みてみると、すでに信長の本陣近くまで、磯野丹波の死に物狂いな兵が迫っているので、 「あの側面を突け」 と、河中へ躍り返した。 榊原康政を初めとして、三河武士の名だたる武者が、 「くわッ!」 と、 息 ( いき ) 弾 ( はず )ませて、いきなり磯野丹波の隊伍へ、斬りこんで来た。 刀は、幾つかに折れて飛んだ。 丹波は起った。 血しおに等しい川波が真っ赤に立つ。 「くそッ」 「ちいッ」 三、四人、いちどに丹波の前後から組みついて、 脾腹 ( ひばら )、首すじ、 籠手 ( こて )、 深股 ( ふかもも )、滅茶滅茶に突いたり、斬ったりしてしまった。 すわ! 敵が。 と、見たので、信長の旗下は、信長の 幕営 ( ばくえい )を出て、みな川岸へ、槍を揃えていた。 竹中久作は、木下隊だが、乱軍となっては、もう所属などに こだわってはいられない。 猛敵浅井隊を追いかけて、信長の本陣の近くへ駈け上がっていた。 「……や。 ここはもう?」 ふと見ると、何者か。 具足、太刀の 鐺 ( こじり )など、雑兵とは見えなかった。 また、味方にしては、幕の裾をあげて、 窺 ( うかが )っている 容子 ( ようす )がおかしい。 「待てッ」 久作は、飛びかかって、敵の 鎖 ( くさり )と筋金で固めてある片足をつかんで引ッ張った。 竹中久作に、足を引ッ張られた男は、驚きもせず、振り向いた。 それは浅井方の一将とみたので久作が、 「敵だな!」 と、確かめると、 「当然ッ」 と、 喚 ( わめ )きながら、相手は、やにわに槍をしごいて、突いて来た。 「何者ッ。 名乗る程の名は持たぬ奴か」 「浅井の臣、 前波 ( まえなみ ) 新 ( しん )八 郎 ( ろう )ッ。 織田殿にこそ、この槍を見参にと参ったるに、邪魔だてする 小面憎 ( こづらにく )い 童 ( わっぱ )め。 何奴 ( なにやつ )だ」 「木下藤吉郎の家来、竹中久作とはわがことよ。 いで、久作が」 「さては、半兵衛が弟よな」 「そうだッ」 いうや否、掴んでいた敵の槍を 手繰 ( たぐ )って、敵のふところへ跳びこんだ。 槍の穂が虚空へ 刎 ( は )ねる。 久作が太刀のつかへ手をかける寸前に、新八郎は、組みついて来た。 久作、下になる。 蹴離す。 敵の指に噛みつく。 新八郎やや 弛 ( ゆる )む。 解 ( ほぐ )れる。 久作、起きかえる。 咄嗟 ( とっさ )。 久作の手、 鎧貫 ( よろいどお )しを引き抜いて、新八郎の 喉 ( のど )へ目がけて突く。 鎧貫しの切っ先、 外 ( そ )れる! そして、新八郎がうわ唇から鼻を 削 ( そ )いで、眼孔へ突っこんだ。 「戦友の敵ッ」 後ろで、声がした。 首を掻く間もない。 刎 ( は )ね跳んで、久作は直ちに、その敵と渡りあった。 追いかけざま、刀で、膝を 撲 ( なぐ )った。 何ぞ一言、ないか、あるか」 炎のような呼吸でいう。 「小林 端周軒 ( はしゅうけん )なり。 ほかに、何らいうことはない。 ただ、信長に近づかぬ間に、汝ごとき小侍の手にかかったが残念だ」 「浅井の家中なら知っていよう。 浅井随一の豪の者、遠藤喜左衛門はどこにおる」 「知らぬ」 「いえ、 吐 ( ぬ )かせ」 「知らぬ」 「ええ、面倒」 久作は、端周軒の首を挙げて、また 血眼 ( ちまなこ )に駈け出した。 久作は、戦の前から、こう広言していたのである。 是が非でも、喜左衛門の首を、討ってみせなければならなかった。 河原のほうへ駈け降りる。 乱髪を顔にかぶせて、血どろのまま仰向いていた一個の死骸があった。 駈け下りて来た久作の足もとから、わッと、 銀蝿 ( ぎんばえ )の群れが 唸 ( うな )って舞った。 髪の毛で、顔を隠していた死骸の足を踏んだ気がしたのである。 それはいいが、変な触感がしたので怪しみながら振り向くと、とたんに、その死骸は、脱兎の如く、信長の陣所の前へ向って駈け出して行った。 「御要意あれッ。 信長の姿を見かけて、低い堤を、駈け上がろうとした敵は、 草鞋 ( わらじ )の緒を踏み切って、堤の途中で 辷 ( すべ )った。 「うぬッ」 圧 ( お )しかぶさって、久作が手捕りにした。 そして、信長の前へ曳いてゆくと、 「はや、首を打てッ。 すぐ打てッ。 武士に恥を与えるな」 と、その者は怒号しつづけた。 信長の陣中へ、捕虜となって 縛 ( くく )られて来た浅井方の一人安養寺三郎右衛門は、怒号しているその味方を一眼見ると、突然声をあげて泣き出した。 「オッ、喜左衛門どのか。 おぬしまで 生擒 ( いけど )られて来たか」 それで判明した。 久作が 縛 ( から )めた 偽 ( にせ )死人の豪傑こそ、彼が求めていた浅井の猛将遠藤喜左衛門だったのである。 大勢は初め織田軍の総崩れに見えたが、敵の猛烈な先鋒隊の側面を突いた家康の三河勢によって、辛くも信長の陣前に、その鋭角を喰いとめた形であった。 しかし、敵にも二陣あり三陣ありである。 押しつ返しつ、姉川の水を揉んで、敵味方、 鍔 ( つば )を割り、槍を砕き、その勝敗は混沌とわからなかった。 「わき見すな。 ただ信長の本陣を突け!」 と、初めからの目標としていた浅井の二陣高宮三河守、三陣赤田信濃守、四陣大野木 大和守 ( やまとのかみ )などの兵は、余り突き出し過ぎて、かえって織田軍の後ろへ出てしまった。 家康の三河勢も、 榊原 ( さかきばら )康政、大久保 忠世 ( ただよ )、本多平八郎、石川 数正 ( かずまさ )など、 「織田衆におくるるな」 と、忽ち対岸を突破して、越前勢の朝倉 景健 ( かげたけ )の幕営へ突き進んで行ったが、ようやく味方と遠ざかって、後ろも敵、前も敵、甚だしい苦戦に 陥 ( おちい )った。 まったくの乱軍だ。 魚に河が見えないように、こうなっては誰一人、全体の大勢というものは分っていない。 身辺の必死のみである。 ひとりの敵を突き伏せるとすぐまた一つの敵の顔を見るだけだった。 信長はさすがに冷静な眼でそう見ていた。 藤吉郎もまた、そう大観していた。 そして、 「この一瞬だな」 と、直感した。 そのわかれ目は微妙な一瞬だ。 信長は、 携 ( たずさ )えていた杖で大地を叩きながら叱咤した。 「三河殿の人数が遠く突き入った。 あの一点を、孤立さすなッ。 信長の声も、いたずらに 嗄 ( か )れるばかりだった。 すると、北岸の一 叢 ( むら )の林から、真っ白な水煙を蹴立って、乱軍の中をわき目もふらず直線に対岸へ上がって行った一隊がある。 その旗じるしと 金瓢 ( きんぴょう )の行くのを見て、 「あッ。 よしッ! ……。 藤吉郎が駈けおった」 信長は、眼に流れ入る汗を、 籠手 ( こて )で横にこすりながら、傍らの小姓たちへ、 「かかる折は、またとない。 そちたちも、河中へ行って思いのまま働いてみい」 と、許した。 森蘭丸 ( もりらんまる )その他、まだ年少な者たちまで、皆、われおくれじと敵を目がけて駈け出した。 深入りした徳川勢は、たしかに、危険は危険な行き方であったが、 烱眼 ( けいがん )な家康が、みずから全局の急所に打った一石だった。 「この一石を見ごろしにするような織田殿ではあるまい」 と、家康も信じていたろうし、信長もたしかにそれは認めていた。 木下隊と前後して、稲葉一鉄の隊も後続した。 池田勝三郎の隊も殺到した。 俄然 ( がぜん )。 戦局はそこから一転して織田軍の優勢となった。 朝倉 景健 ( かげたけ )の本陣は、五十余町も後退し、浅井長政も 退 ( ひ )いて、小谷城へ総くずれに駈け出した。 それからは、追撃戦であった。 浅井、朝倉勢の討たれるもの数知れぬ程だった。 名ある将校だけでも、細江左馬介、 浅井斎 ( あさいいつき )、 狩野 ( かの )次郎左衛門兄弟、 弓削 ( ゆげ )六郎左衛門、浅井 雅楽助 ( うたのすけ )、 今村掃部 ( いまむらかもん )、黒崎備中、等々々、戦後の織田方の首帳に、豪華な亡命者の名をならべた。 追撃は急だったが、朝倉勢を 大寄山 ( おおよせやま )に追い上げ、浅井長政を小谷へ封じこめると、信長は、戦後の処理を二日間にすべて終って、三日目にはもう岐阜へさして帰陣していた。 英雄も英雄の質それだけでは、英雄となり得ない。 環境が彼を英雄にしてゆく。 その環境とは、間断なく彼の素質を責め苦しめるようにばかり動いてくる、四囲の悪い条件である。 の 試煉 ( しれん )に 出遭 ( であ )っているのであった。 姉川の合戦の直後、余りな信長の帰還の速さに、各隊の部将たちは、 「なにか、岐阜表に、事変でも起ったのではないか」 と、怪しんだほどだった。 いかなる御意図か、どうも、われわれ末輩には、分らんなあ」 分らないのは、兵ばかりではない。 丹羽 ( にわ )、柴田、前田、佐久間などの側臣さえ、信長の真意は分っていなかったであろう。 家康の眼はいつも公平に信長を観ている。 近すぎず、遠すぎず、熱しすぎず、冷淡過ぎず、信長を客観し得られる立場にある。 信長が引揚げると、即日、家康も浜松へ向って帰った。 その途中、家康は、 「見よ、織田殿には、 血具足 ( ちぐそく )を解かれると、すぐまた、 都扮装 ( みやこいでたち )に 粧 ( よそお )いかえて、あの 鞭 ( むち )を、京都へさして急がるるにちがいない。 ……さても、心の駒の忙しさよ」 と、 譜代 ( ふだい )の石川、本多、 榊原 ( さかきばら )などを顧みていったが、果たして、その通りだった。 家康が、浜松に着いた頃、信長はもう、岐阜を去って、京都に出ていた。 といったところで、都には今、形に現われた事件も起ってはいないのである。 けれど信長が恐れているのは、形に現われたものよりは、形を見せない「まぼろしの敵」であった。 いつだったか。 信長はその悩みを、藤吉郎に、こう洩らしたことがある。 (余が最も恐れているものは何か。 そちなら分るであろう。 ……分らぬか) 藤吉郎は、首を 傾 ( かし )げて、 (左様ですな。 ……常に背後を 窺 ( うかが )っている 甲斐 ( かい )の武田。 足もとの浅井、朝倉。 こんなものではありません。 浜松の徳川殿は、恐るべきではありますが、 叡智 ( えいち )の人ですから、馬鹿ほど恐れるにも当らないでしょう。 松永、三好、これは 蝿 ( はえ )です。 蝿のたかりやすい腐れ物はいくらも存在していますが、 所詮 ( しょせん )、亡んでゆく性質のもの。 ただ始末の悪いのは、本願寺門徒の諸山の僧侶ですが、これとてもまだわが君を恐れさせるほどのものではございますまい。 ……と、すればただ一つ、恐いものが残っておりますな) (何だ。 将軍家ではございませぬか) (ウむ。 いうなよ、誰にも) 信長の悩みは、実にその敵でもない味方でもない人であった。 彼が上洛した日にも、辻には、その幻の敵の 為 ( な )す 業 ( わざ )らしいものを見た。 それは暗に彼の悪政を歌った 落首 ( らくしゅ )の立て札であった。 蝿 ( はえ )のように三好の残党がする 悪戯 ( いたずら )の一つにちがいない。 落首の立て札にはこんなことが書いてあった。 ながらへば また信長や 偲 ( しの )ばれん 憂 ( う )しと 三好 ( みよし )ぞ 今は恋しき 卑屈な落首の作者は、暗に信長の革新政治を 弥次 ( やじ )っているが、それは彼らの不平だけで、民衆の心を代表してはいなかった。 その証拠には、立て札に足を止める往来の人々も、一応は面白半分に見ているが、笛吹けど踊らずで、苦笑しながら通ってしまう。 それとて、大した者ではなく、彼らの卑屈を知っている町人たちが、 揶揄 ( からか )い半分に、 「来た来た」 と、嘘にでも、信長系の武将か見廻りの兵でも来たように呶鳴ると、蝿牢人も蝿法師も、 「そらッ」 と、ばかり泡を喰って、どこかへ隠れこんでしまうのだった。 勿論、京都在住の信長の部将は、見あたり次第に、落首の札などは取り捨てているが、彼らの 粘 ( ねば )りづよい 攪乱 ( こうらん )戦術には、相当、手をやいているのである。 流言蜚語 ( りゅうげんひご )の出所も、皆そこからだし、 放 ( つ )け 火 ( び )、強盗、 橋杭 ( はしぐい )の 伐 ( き )り倒しなど、眼に余るものがある。 すべて信長の政治方針が招いた世相の悪化の如く見せかけるのが、彼らの狙いどころだった。 そうした反信長同盟の張本と 巣窟 ( そうくつ )は、いったい何処にあるかといえば、 叡山 ( えいざん )、本願寺などの僧団と三好の残党の内にあるとは、誰もすぐ考えつくところだが、事実は、もっと奥深い深殿の裡にその本尊はかくれていた。 将軍 義昭 ( よしあき )であった。 義昭は、かつて、信長の恩に感涙をながして、 (おん身を、父とも思うぞ) とまで、いった人である。 性格的にも、義昭と信長とは合わなかった。 育ちも違う。 信念も違う。 救われた当座こそ、義昭は恩人として、信長に接していたが、将軍家という席に温まると、何かにつけて、 「野人は困る」 と、信長を 忌 ( い )むようになった。 うるさくなった。 なければと 厭 ( いと )う存在になった。 けれど、それを表面化して、信長と争うほどの勇気もない。 彼の智謀は、極めて陰性であった。 「……そうか。 顕如上人 ( けんにょしょうにん )にも、お 憤 ( いきどお )りとあるか。 さもあろうさもあろう。 信長の人もなげな 専横跋扈 ( せんおうばっこ )、いかに 御門跡 ( ごもんぜき )とて、お怒りは当然じゃ。 彼のいる二条殿の 帳台 ( ちょうだい )奥深い辺りには、石山本願寺の使僧がさっきから 密 ( ひそ )かに目通りを乞うて、何やら小声ではなしこんでいた。 「以上。 ……お耳へまで達したことは、 極々 ( ごくごく )、内密の儀にござりますれば、そのおつもりで。 わかった」 「おぬかりもございますまいが」 密使の僧は、こっそり 退 ( さが )って行った。 義昭は、何喰わぬ 体 ( てい )をつくろって、信長の待っている公式の間へ現われた。 「姉川の一戦は、大そうな 勝軍 ( かちいくさ )でお引揚げとやら、いつもながら御武勇なこと。 いや、めでたい。 祝着にぞんずる」 信長は、彼の世辞に、苦笑を禁じ得なかったが、皮肉にも、 「いや、御威徳によって、後事に憂いもなく、 一途 ( いちず )に戦えましたために」 と、いった。 義昭は、女のように、すこし顔赤らめながら、 「安心するがよい。 洛中は見らるる通り至極平穏。 禁裡 ( きんり ) 御普請 ( ごふしん )の落成を拝し、その後、怠りがちの政務を 視 ( み )、かたがた御機嫌をお伺いに」 「いや、そうか」 義昭は、すこし安心して、 「このとおり身も健固、また、政務も 滞 ( とどこお )りなく運んでおれば、そう心に懸けて、度々の上洛には及ばぬ。 休息の上、後刻、うち 寛 ( くつろ )いでお互いに」 「なかなか」 信長は、手を振って、 「まだ戦いの後、将士に 犒 ( ねぎら )いのことばもかけて 遣 ( や )っておりませぬ。 再度、出仕の折に」 と、辞して退った。 宿所に帰ると、 明智光秀 ( あけちみつひで )が、 「大坂本願寺の 門跡 ( もんぜき )、 顕如上人 ( けんにょしょうにん )の使いらしき僧が、二条のお 館 ( やかた )を去って、何やらあわただしゅう立ち帰って行きました。 光秀は、藤吉郎の木下隊と交代して、その後、洛中守備軍として、京都に止まっていたので、 室町 ( むろまち )将軍の 目付役 ( めつけやく )ともなって、そこの人出入りや市中の出来事など、つぶさに書きとめておいたのであった。 信長は、一覧して、 「大儀」 と、だけいった。 夜は、 朝山日乗 ( あさやまにちじょう )、島田弥右衛門など、 禁裡 ( きんり )の造営に当っている奉行たちを呼びよせ、その 竣工 ( しゅんこう )の模様を聞きとって、 「大儀、大儀」 と、機嫌が直っていた。 暁起 ( ぎょうき )に 嗽水 ( うがい )して、彼は、ほぼ落成した御所の外廻りをここかしこ見て歩いていた。 そして、皇居を拝し、陽の出る頃は、もう宿所の寺院に帰って、朝飯を喰っていた。 「戻るぞ」 上洛の折は、平服だったが、帰りは武装していた。 ふたたび姉川の戦場を一巡し、横山城に詰めている木下藤吉郎に会い、各所の押えとして残っている味方の部隊に令を飛ばし、 佐和山 ( さわやま )の城を攻囲した。 佐和山には、浅井の家中 磯野丹波守 ( いそのたんばのかみ )の手勢がなお 立籠 ( たてこも )っていたからである。 「これで一掃除すんだ」 岐阜城へさして信長が帰ったのはそれからであったが、残暑の疲れを、彼も兵馬も、 伸々 ( のびのび )、ひと月と休んでいる 遑 ( いとま )もなかった。 摂津 ( せっつ )の中之島の城にいる細川 藤孝 ( ふじたか )から「火急」として飛状が来た。 摂津の石山本願寺の地は、後に、大坂城の本丸となった 難波 ( なにわ )の 杜 ( もり )の岡にある。 大坂御坊 ( おおさかごぼう )とも、石山 御堂 ( みどう )ともよばれていた。 蓮如 ( れんにょ )の 法孫 ( ほうそん )、 証如 ( しょうにょ )からの道場で、室町幕府の無統治、無秩序のなかに建立されただけに、社会の動乱にいつでも対抗できるだけの構造と武備を持っていた。 濠 ( ほり )を深くし、城橋を渡し、石垣を築き、 輪奐 ( りんかん )は寺院であるが、全体は堂々たる城廓をなしていた。 もちろん、僧 即 ( そく )兵。 旧 ( ふる )い法城に住む僧として今、信長に反意をもたない僧は、ひとりもなかったであろう。 野放図 ( のほうず )もない魔王が、獣群を 使嗾 ( しそう )して、社会を野原とまちがえて出て来たものだ) と、口を極めて 罵 ( ののし )るだろう。 もっとも石山の法城の大衆が、そう怒っているにも 理 ( わけ )はあることだった。 それは。 石山本願寺に向って、その前に信長から、 (立ち 退 ( の )いて、その地を明け渡せ) と、交渉というよりは高圧的に移転を命じたことから端を発したものだった。 法城の誇りはたかい。 彼らの擁している特権は古い。 当然、 「何を、ばかなッ」 と、信長の命を一蹴した。 そして、西国方面や 堺 ( さかい )などから、鉄砲二千挺を購入したとか、一山の僧兵が、にわかに何倍にも 殖 ( ふ )えたとか、 塹壕 ( ざんごう )を 坑 ( ほ )りぬいているとか、法城の武装化は、ちらちら聞えていたことでもあった。 京都や 難波 ( なにわ )の味方から急報をうけ取っても、さして、意外とはしなかった。 むしろ、 「この機に」 と、新しい決意さえ持って、すぐ自身、摂津へ出陣した。 途中、彼は、京都に寄って、 「願わくば、あなたの御出陣をも仰ぎたい。 将軍家が陣頭に立たれたと聞えるだけでも、士気は奮い立ち、一揆も忽ち平定しましょう」 と、義昭に告げて、無理に陣中へ 伴 ( つ )れて行った。 義昭は、嫌々だったが、嫌といえなかった。 また 反間 ( はんかん )の計にもなった。 中島には、南中島と北中島とがある。 戦いは、この辺を中心として、九月の上旬から中旬まで猛烈に一勝一敗をくり返していた。 それまで、山深くに、また城を閉じて、敗戦の 惨味 ( さんみ )をかみしめていた浅井、朝倉の軍勢は、信長の虚を 窺 ( うかが )うや、装備を 革 ( あらた )めて、琵琶湖を漕ぎわたり、大津、唐崎の浜に、陣を 布 ( し )き、一部は、 叡山 ( えいざん )へさして続々と登って行った。 へ一致していた。 「彼は、叡山の山領を、 恣 ( ほしいまま )に 削 ( けず )った。 この盟約も、当然、ものをいっている。 朝倉軍が、湖北の山からうごき出す。 浅井軍が、大湖を渡って上陸する。 難波 ( なにわ )の神崎川、中津川辺の湿地帯で、石山御坊の僧軍や、中島 砦 ( とりで )の三好党の大兵などと 対峙 ( たいじ )して、連日、苦戦をつづけていた信長の耳に、 「後方に 一大厄 ( いちだいやく )が 出来 ( しゅったい )」 と、その警報が聞えたのは、同月二十二日だった。 詳報はまだ分らない。 「勝家ッ、勝家」 と、柴田勝家を呼びたて、和田 惟政 ( これまさ )と共に、ここに 殿軍 ( しんがり )せよと命じ、自身は、 「すぐさま、引っ返して、浅井、朝倉を初め、叡山をも、粉砕してくれん」 と、はや用意に取りかかる。 陣中の動揺は争えなかった。 柴田勝家は、 「次の詳報が参るまで、もう一夜お待ちあっては」 と、止めたが、 「一瞬に、世の 相貌 ( そうぼう )も変ろうとする今、何で!」 と、ばかり 肯 ( き )く 色 ( いろ )もない。 和田惟政は、また、 「われわれども、死を 賭 ( と )して、 殿軍 ( しんがり )は仕りますが、いかんせん、渡船、荷舟、田舟にいたるまで、船は戦いの前に、敵に 攫 ( さら )われ、また焼き捨てられて、この南中島から 対 ( むこ )う岸へお越え遊ばすには、 筏 ( いかだ )を組まねば相成りません。 馬を持つ者はわれにすぐ続け。 彼は、もう一名の大将の駒の鞍 つぼへ手をかけて、引き寄せ引き寄せ、水路を導いていた。 将軍家 義昭 ( よしあき )である。 「あなたも」 と、信長は、共に彼を 伴 ( つ )れて引き上げの途についたのだった。 義昭は、水馬の心得がないので、満々たる大河へ駒が泳ぎ出ると、 「あぶないッ」 思わず叫んだ。 そして、駒のたてがみに、しがみつこうとするので、 「馬の平首に 縋 ( すが )りたもうな。 鞍の上で あがき給うな。 馬を疲れさせぬよう、お楽にあれ。 敵の 塹壕 ( ざんごう )や、 砦 ( とりで )の 櫓 ( やぐら )に、 「信長だッ」 声が揚る。 ド、ド、ド、ドッ と、小銃、大鉄砲、つるべ撃ちに、浴びせかけた。 水面は、雨のような、 飛沫 ( ひまつ )に白くなった。 義昭は気も 萎 ( な )えてしまった。 信長を撃つために、義昭を撃ってしまう危険を敵方も恐れたからであった。 信長は、義昭を 楯 ( たて )として、北岸の 洲 ( す )へ、難なく躍りあがっていた。 信長、義昭につづいて。 日が暮れると、兵をのせた 筏 ( いかだ )も、続々と越えて行った。 「敵は、 退 ( ひ )く。 こんど此処の合戦では、十四日の 天満 ( てんま )ノ 森 ( もり )の衝突を除くほかは、ほとんど、鉄砲と鉄砲との撃ち合いが多かった。 従って、塹壕戦術が、用兵の上に新しい進歩を示した。 足場 櫓 ( やぐら )から撃ちこむ大鉄砲のうなりも、違った音響をもって、相互の陣地をゆすぶった。 石山御坊には、信徒の献金による浄財が豊富である。 それがみな 弾丸 ( たま )となり銃器となって、三好党を 援 ( たす )けた。 ここ数年のうちに、鉄砲の発達とその普及力には、驚かれるものがある。 織田方の銃器は、光秀の献策で、極く最近、新しい様式のものをだいぶ入れたが、僧兵の銃隊は、すべての手に、新式のものが揃っていた。 射撃の技倆も、ふしぎに僧兵は 巧 ( うま )かった。 平常の修行が役に立って、すぐ精神を標的に集注できるせいだろうという者もある。 白兵戦でも、ひどく強い。 天満 ( てんま )ノ森の合戦などでも、織田方の前線は、 七花八裂 ( しちかはちれつ )の粉砕をうけた。 「坊主の強さよ!」 負けぎらいな信長も、この戦いでは、時には悲痛な苦笑いを、しばしば、噛みしめたものである。 幾たびか、 鞭 ( むち )を折り、馬を代えて、彼が京都に着くと、 「おうッ、殿ッ」 「残念ですッ」 悲涙をたたえた幾つもの血相が、彼の馬前へむらがって、こもごもに、事態の急を訴えた。 信治様、森三左衛門どのの御最期につづいて、 青池駿河 ( あおちするが )どの、 道家 ( どうけ )清十郎どの、 尾藤 ( びとう )源内どの、その他まだ……」 と、主なる味方の戦死者を思い出すだけでも、無念がこみあげ、涙が声をかすめて、将士はみな 籠手 ( こて )の 肱 ( ひじ )を曲げて、顔をおおってしまった。 敵は、どこまで来ておるか。 どこが、血戦の中心か。 ……ええ、その方どもでは大勢もわかるまい。 光秀 ( みつひで )はおらぬかッ。 光秀、戦場なれば、急いで、これへ呼びもどせ。 ここを本陣として。 浅井、朝倉の主将たちは、きのうは信長の弟九郎 信治 ( のぶはる )の首を、大勢の眼で、 実検 ( じっけん )した。 また、次々と。 青池駿河守、道家清十郎、森三左衛門 可成 ( よしなり )、そのほか織田家の名ある士たちの 首級 ( しるし )を、飽き飽きするほど、検分した。 「姉川の敗北も、これで 雪辱 ( せつじょく )したというもの。 幾らか、胸がはれた」 一名が、つぶやくと、 「いやまだ、信長の首を見ぬうちは!」 誰かが強く叫んだ。 すると、北国 訛 ( なまり )の 濁 ( だ )み声で、 「あははは。 見たも同じよ。 その信長も、前には 難波 ( なにわ )の石山、三好勢。 うしろには、この大軍。 どこへ逃げ得よう。 夜に入ると陣の幕舎には 酒瓶 ( さけがめ )が持ちこまれ、 勝軍 ( かちいくさ )の気を 昂 ( あ )げる心も手伝って、兵に、酒を汲ませながら、 「京にはいるか。 止まって、大津の 咽喉 ( いんこう )を抑え、徐々、包囲をちぢめて網の大魚を完全に捕るか」 と、飲みながら軍議に移っていた。 「もちろん、京師に兵を進め、淀川、 河内 ( かわち )の野に、信長を 殲滅 ( せんめつ )すべきである」 と、いう者と、 「不利だ」 と、反対する者とがあった。 浅井、朝倉の両家は、目的のため一体になっても、内輪の議論などになると、各 が、体面を 固執 ( こしつ )したり、無用な小智慧を述べたてるのに、時を費やしたり、夜半を過ぎてもまとまらなかった。 「怖ろしく空が赤いなあ?」 評議に 倦 ( う )んで、外へ出て来た浅井方の将が、空へ手をかざしていると、 「 山科 ( やましな )から 醍醐 ( だいご )方面の民家へ、お味方が火を 放 ( つ )けたのでございます」 と、 歩哨 ( ほしょう )の兵が答えた。 「なんだって、あんな方まで、焼き立てるのか。 無益ではないか」 呟 ( つぶや )いていると、 「無益ではない。 敵を 牽制 ( けんせい )する必要がある。 京都守備の明智光秀の隊が、死にもの狂いで暴れまわっておる。 とこうする間に、夜が明けて来た。 大津は街道の 要衝 ( ようしょう )であるが、ひとりの旅人も 荷駄 ( にだ )もない。 そこを一騎。 伝令の兵である。 ぱッと飛び下りて、駒もそのまま、のめるように山門へ駈けこむ。 「すぐ、 蹴上 ( けあげ )の辺りまで、信長が 襲 ( よ )せて来ましたッ。 明智、朝山、島田、中川などの諸隊を 先鋒 ( せんぽう )とし、死にもの狂いの勢いで」 伝令のことばに、諸将は、耳を疑って、 「信長自身ではあるまい。 信長がそう簡単に、難波の戦場から引っ返せるわけはない」 口々にいっていたが、 「 山科 ( やましな )の辺りで、味方の勢は、はや二、三百名も討死をとげました。 なにしても、敵は勢いが烈しくて、例の如く、信長が、死ねや死ねやと、声をからして指揮にあたり、信長自身も、まるで 夜叉 ( やしゃ )か鬼神のように馬を駆って、これへ来る様子です」 浅井長政も、朝倉 景健 ( かげたけ )も、そう聞くと、顔いろを変えた。 わけて長政にとっては、妻の 於市 ( おいち )の兄にあたる信長である。 かつては、 義弟 ( おとうと )の自分にも優しい人であっただけに、信長の真に怒った 形相 ( ぎょうそう )が、ふと、正直な本心を 慄然 ( りつぜん )とさせた。 「 退 ( ひ )こうッ。 叡山 ( えいざん )へ」 長政が、口走るような、急な語気でさけぶと、朝倉景健も、 「そうだッ、叡山へ 寄 ( よ )れ」 と、どなって、同時に、騒ぎたつ本陣の将士へ、 「街道の民家へ、火をかけろ。 熱風は、信長の眉を 焦 ( こ )がした。 駒のたてがみや、 鞍総 ( くらぶさ )にも火がついた。 生死の境に立つと、われ知らず、 念仏 ( ねんぶつ )のように、また、 謡 ( うたい )の文句のように、 唇 ( くち )から 衝 ( つ )いて出た。 屍 ( かばね )、屍、屍。 敵味方の無数の死骸も、踏みこえ、躍りこえ、突撃してゆく彼の眼には、一 掬 ( きく )の涙もなかった。 山科 ( やましな )から大津へ。 途々 ( みちみち )、 乱離 ( らんり )として、往来に焼け倒れている民家の火の 梁 ( はり )も、焔のうずも、彼の行くを 妨 ( さまた )げることはできなかった。 彼の身そのものが、すでに 一炬 ( いっきょ )の炎であった。 駈けつづく彼の幕下も一団の火となって、 「信治様の 弔 ( とむら )い合戦」 「森、青池、道家殿などの怨みを 雪 ( そそ )がずに 措 ( お )こうか」 と、猛進してきた。 すべて叡山へ逃げ上ってしまったのである。 「おお。 鈴ヶ峰、青山岳、 坪笠谷 ( つぼがさだに )のあたりまで、敵の二万余に、一山の僧兵を加えた大軍が、 (逃げたのではない。 この陣容がものをいうのはこれからだ) と、 誇示 ( こじ )するかのように、旗差物をひるがえしていた。 信長は、 屹 ( きっ )と見て、 「ここだ。 この山の 天嶮 ( てんけん )に非ず、この山の特権こそ、信長の敵である」 と、心に宣言した。 彼は、 革 ( あらた )めて思った。 「この山のどこに、真の 御仏 ( みほとけ )の微光でもあるか。 国家の 鎮護 ( ちんご )たる大本があるか!」 信長は、 満腔 ( まんこう )の怒りを、心に抑えつけながら心で叫んだ。 唐の天台山をここに移して、開山伝教大師が、 阿耨多羅三藐三菩提 ( あのくたらさんみゃくさんぼだい )の仏たち わが立つ 杣 ( そま )に 冥加 ( みょうが )あらせ給え と、五台四 明 ( めい )の峰に 法 ( のり )の 灯 ( ひ )をともしたのは、 神輿 ( みこし )をかついで朝廷へ 嗷訴 ( ごうそ )するためだったか。 政治に 容喙 ( ようかい )して特権を 逞 ( たくま )しゅうするためだったか。 武力とむすび権門を 使嗾 ( しそう )し、世を 紊 ( みだ )すためだったか。 「…………」 信長の眼には、憤りから 滲 ( にじ )みわく涙が 沸 ( たぎ )った。 外道 ( げどう )。 叡山は、国家鎮護の霊場として、初めて、その特権も伝統もあるのである。 その本来のものは今、叡山のどこにあるか。 根本中堂 ( こんぽんちゅうどう )をはじめ山王七社も 東塔 ( とうとう )西塔の 伽藍 ( がらん )も三千の 坊舎 ( ぼうしゃ )も、法衣に武装した 化 ( ば )け 物 ( もの )どものすみか以外の何ものでもない。 陰謀、策動の巣以外に、現在の世のなかへの何の役割をしているか。 国家の鎮護となっているか。 民衆の心の光となっているか。 「よしッ!」 唇に喰い入ったまま彼の歯は赤いものに染まっていた。 彼は、全山の包囲を命じた。 もちろん彼の立つ所に、彼の 擁 ( よう )する全勢力の兵馬は、湖を渡り山をこえ野路をいそぎ、続々として数日のうちに集まった。 一度攻め取りながら、また敵が捨て去った宇佐山の 焼 ( や )け 址 ( あと )を、信長は、本陣とした。 「まだそこらには、討死した 信治 ( のぶはる )や森 可成 ( よしなり )や 道家 ( どうけ )清十郎などの血も乾いておるまい。 末法魔界の仏灯に代って、昭々と、世を照らす燈明に、そち達の血は 甦 ( よみが )えって燃ゆるであろう」 宇佐山の土を踏んだ時、信長は土に向って合掌した。 瑜伽三密 ( ゆがさんみつ )の霊場叡山を敵として、今、自己の全武力をあげて包囲にかかりながら、一 塊 ( かい )の土には、 掌 ( て )を合わせて 哭 ( な )く信長であった。 「…………」 ふと、側を見ると、自分と同じように合掌して泣いている小姓がある。 「蘭丸」 「はい」 「泣いておるのか」 「ごめんくだされまし」 「今だけはゆるす。 もう泣くなよ。 彼は、 床几 ( しょうぎ )を移させて、包囲陣の配置を、高い所から一望した。 叡山 ( えいざん )の 麓 ( ふもと )は、見わたす限り、味方の兵馬と旗だった。 叡山の峰々は、雲のかからぬ所、雲のかかっている所、すべて敵軍だった。 まず、麓の布陣を見ると。 穴田村方面には、 佐々 ( さっさ )、進藤、村井、明智、佐久間の諸隊。 田中の塁には、柴田隊が 拠 ( よ )って、 氏家 ( うじいえ )、稲葉、安藤の諸隊が 凸字 ( とつじ )形に、 日吉 ( ひえ )神社の参道まで突出している。 「義昭将軍こそ、痛し 痒 ( かゆ )し、さだめし物憂い顔しておろう」 信長は、その顔つきを想像して、何か、おかしくなった。 あれへ来る兵船は、何者か」 湖水をふり向いて信長が訊ねていると、やがて、 「木下藤吉郎殿、横山城の御人数のうち、七百を割いて、湖を押し渡って、御加勢に馳せつけられました」 と、注進があった。 間もなく、藤吉郎は、船から上がるとすぐ、陣地へ登って来た。 留守は、竹中重治一人あれば足るという。 信長は、よく来たともいわなかったが、不機嫌ではなかった。 十月にはいった。 十月の半ばもすぎた。 いつもの信長の戦法とちがって包囲陣は、動かなかった。 「しまった! 敵は根気よく糧道を断って、われわれを 乾干 ( ひぼ )しにする作戦だ」 もう間に合わなかった。 山上の穀倉は二万余の大兵で食うのでまたたく間に 空 ( から )になった。 木の皮まで喰いはじめた。 藤吉郎は、かねての献策を、信長へ 促 ( うなが )して、 「もうよい頃でしょう」 と、 囁 ( ささや )いた。 稲葉一鉄が呼ばれて来た。 信長の旨をうけて、彼は従卒四、五人を連れただけで叡山へ、そして、僧兵の本陣である根本中堂で、 西塔 ( さいとう )の 尊林坊 ( そんりんぼう )と会見した。 尊林坊と一鉄とは、旧交のある仲だった。 その 誼 ( よし )みとして、降伏をすすめに来たのである。 「何かと存ずれば、友人として 冗戯 ( じょうだん )も程になされい。 われわれに降伏して出ろとは、なにをばかな! かくの如く気の立っておる中でござるぞ。 たわ言も、首と相談で申されたがいい。 あはははは」 尊林坊が、肩をゆすぶって、哄笑すると、他の法師武者たちは、殺気を眼に燃やして、一鉄の 唇 ( くち )もとをねめつけていた。 先方に、いわせるだけをいわせておいてから、一鉄は、 徐 ( おもむ )ろに口を開いた。 「大師 伝教 ( でんぎょう )が当山をひらかれたのは、王城の鎮護、国土安泰のためと承知いたすが、 甲冑 ( かっちゅう )をまとい、剣槍を 羅列 ( られつ )し、政争に 関 ( かか )わり、武略を 弄 ( もてあそ )び、朝命に 反 ( そむ )く兇兵に 与 ( くみ )して、王土の民を苦しめよとは、よも天台の 立願 ( りゅうがん )ではあるまい。 とはいえ、一山の大衆もまた、われわれ武臣も、いずれか皇土の臣でないものはない。 かくの如き争乱は、みな 宸襟 ( しんきん )を悩まし奉るものである。 速やかに、浅井、朝倉などの徒を、山より追い下し、各 には武器をすてて本来の仏弟子に返られい」 腹からの声である。 この間、山法師たちには、一語をさし 挿 ( はさ )む隙も与えなかった。 「しずまれ」 尊林坊は、それを制しながら、苦笑をふくんで、 「非常に 陳腐 ( ちんぷ )で退屈な御説教であった。 そこで、謹んでお答え申そう。 叡山には叡山の権威があり、信条もある。 要 ( い )らざるおせッかいというほかない。 一鉄どの、日が暮れる、はやはや下山されよ」 「尊林坊、おぬし一存でよろしいか。 一山の 碩学 ( せきがく )、長老をも会し、慎重に 御僉議 ( ごせんぎ )あっては如何だな」 「一山一心一体。 尊林坊がことばは即ち全山の声でござる。 さもなくて、何でこの山の 嶮 ( けん )に信長調伏の旗を立てようや」 「では、どうあっても」 「 愚 ( ぐ )や。 われわれは飽くまで、武力の侵略者と抗争する。 血をもって、伝統の自由を守る。 帰れッ」 「左様か」 一鉄は、起ちもせず、 「……浅ましや、なぜ、その血をもって仏光の無限大なるものを護らんか。 もはやそんな護符が通用する世ではないぞ。 時勢を直視なさい。 眼をふさいで時の 潮 ( うしお )を 邪 ( さまた )げる利己心の亡者どもは、春秋の落葉と共に 焚殺 ( ふんさつ )さるるもぜひあるまい。 ではおさらば」 稲葉一鉄は、下山した。 冬は十二月となった。 凩 ( こがらし )は、枯葉を吹いて、 嶺 ( みね )の空を 翔 ( か )けまわる。 朝夕は霜。 すると、この頃になって、毎夜のように、山には出火が 頻々 ( ひんぴん )と起った。 ゆうべは、 横川 ( よかわ )の大乗院の 薪倉 ( まきぐら )から、おとといの夜は、 飯室谷 ( いいむろだに )の滝見堂から、 小火 ( ぼや )があった。 こよいもまた、まだ宵なのに、中堂の坊舎から、火災が起り、さかんに鐘を鳴らしていた。 附近には、大きな 堂閣 ( どうかく )が多いので、法師武者は、消火に必死だった。 真っ赤な空の下に、闇の谷。 闇は濃い。 「アハハハ、あの 慌 ( あわ )てざまは」 「毎夜のことで、寝るまもあるまいて」 「笑止笑止」 猿の群れではない。 異装な黒い人影である。 凩の 梢 ( こずえ )にのぼって手を叩いていた。 彼らは、木の 実 ( み )にあらぬ 干飯 ( ほしいい )の弁当を喰いながら、毎夜の火事を見物していた。 夜は怪し火の 頻発 ( ひんぱつ )に悩まされ、昼は防備につかれ、そして、喰う物は尽きるし、防寒の用意もない。 山は、 霏々 ( ひひ )と、雪の吠える冬になった。 十二月の中旬だった。 武装を解いて、ただの僧衣となった代表者一名が、法師武者四、五名連れて、 「織田殿に会い申したい」 と、陣門へ来た。 信長が会ってみると、それは先に稲葉一鉄と会見した尊林坊であった。 「ならぬ」 信長は、一言に退け、 「先にわれより遣わした使者に何と申したか。 恥をこそ知れ」 と、陣刀を抜いた。 尊林坊は、 愕 ( おどろ )いて、 「あッ、御無法なッ」 蹌 ( よろ )めき立つところを、 一閃 ( いっせん )、 戛 ( か )ッと横に払って、 「法師ども、その首を拾うて帰れッ。 信長の返事はそれだ!」 随員の法師たちは青くなって、山へ逃げ帰った。 信長は、鉄の意志を、叡山の使いへ示した。 しかしその時、彼の胸にはまた、べつな大難に対する処理が考えられていたのであった。 前に見える敵は、多くの場合、壁に映っている火事の影にすぎない。 壁に水をかけていても火は消えない。 そのまに、ほんとの焔は背へ燃えついてくる。 兵法に 誡 ( いまし )めてある常識だ。 しかも信長の場合は、知りながら、その火元とは戦えなかった。 岐阜表から急報がはいった。 甲斐 ( かい )の武田信玄が、兵を催して、留守を襲わんとしているというのである。 本国尾張の 長嶋 ( ながしま )に、数万の本願寺門徒が 蜂起 ( ほうき )して信長の一族彦七郎 信興 ( のぶおき )は殺され、その居城は占領された。 信玄がそう出て来たのは、 頷 ( うなず )かれた。 「織田家とは 姻戚 ( いんせき )の縁を 断 ( た )った」 と、いうことを、彼は近頃、公然と声明していた。 一面、年来の 呉越 ( ごえつ )の敵、越後の上杉家とは休戦を 調 ( ととの )えて、専ら、志向を南方から西進へ転じて来ているのである。 この傾向は、信長にとって、実に、何ものよりも警戒を要するところだった。 また、そういう悪い条件は、いつでも、 退 ( の )っ 引 ( ぴ )きならない場合を計って、突然、 鉾 ( ほこ )をあらわすものでもあった。 「藤吉郎。 藤吉郎ッ」 「はッ。 将軍家に、和議の 仲裁 ( なかだち )をいたすように、それとなく、書中 認 ( したた )めてはあるが、そちの口からも……。 よいか」 「心得ました。 ……しかし、つい今し方、叡山からの 和睦 ( わぼく )の使者を、首にして、追い返されましたが?」 「わからぬか! ああせねば和議は 纏 ( まと )まらん。 たとえ成立しても、わが 足下 ( あしもと )を見て、和議などはすぐ 反古 ( ほご )とし、追い撃ちして来るは明らかである」 「御意。 わかりました」 「いずれにせよ、どこの炎も、火元はひとつ、 火悪戯 ( ひいたずら )のお好きな、あの両面の公方殿の仕業に相違ない。 秘かにだぞ。 急いで行け」 和議は、成立した。 公方の義昭は、三井寺まで来て、信長を 宥 ( なだ )め、和睦のとりなしに努めた。 「よい 機 ( しお )」とばかり、浅井、朝倉の両軍は、即日、本領へ帰ってしまった。 ああ 拙 ( せつ )なる哉、浅井朝倉の 徒 ( と )。 この折、四国 摂州 ( せつしう )などの同心へ申し合せ、山上に越年の覚悟もて、信長を引寄せおかんには、さしもの織田勢も、後方の憂ひはあり、四囲の情況すべて利非ず、遂には、大将まで危ふからんものを、和睦にたばかられ、早々陣をひき払ひ、 嬉々 ( きき )として 故郷 ( ふるさと )へいそぎ帰る。 当時の世評は、その始末を、物の本にも 誌 ( しる )していた。 十二月十六日。 信長の全軍も、陸路、 勢多 ( せた )の舟橋を渡って、 岐阜 ( ぎふ )へひきあげた。 「ああ、久しく便りも怠っていた。 ……母上へも。 寧子 ( ねね )へも」 その船中。 藤吉郎は、囲いの内で、筆をとりながら、 洲股 ( すのまた )の領地へ想いを馳せていた。 筆を持つと、ただ想いのみ乱れてくる。 すぐ近くで、部下の将が、何か兵をどなりつけたような大声がした。 見れば、この極寒、ひとりの若い士卒が、湖へ蹴落されていた。 今にも凍え死なんばかり、顔も紫いろになって、アプアプ波間にもがいていた。 蹴落した 水夫頭 ( かこがしら )は、 「泳げ、泳げッ。 船と一緒に横山城まで泳いで来いッ。 死 ( し )に 損 ( そこ )なうのも一生の薬だ」 と、 酷 ( むご )いことばを水面へ投げて、また大声で叱ッていた。 「どうしたのだ?」 藤吉郎が訊ねると、 水夫頭 ( かこがしら )は、あわててひざまずいて、 「申しわけがございませぬ。 大切な御士卒を、 酷 ( むご )い 目 ( め )にあわせましたが、私事の怒りで 仕置 ( しおき )はいたしませぬ」 「いや、 咎 ( とが )めるのではない。 あの兵が、どう軍紀をみだしたか訊くのだ」 「あの者は、 帆綱番 ( ほづなばん )にございます。 この水夫頭も、もう人の子の親らしい年だった。 「よく、いたした。 許してやれ」 藤吉郎は、囲いへ戻ると、懐紙も筆も投げすてた。 そして寒風のふく 舳 ( みよし )へ出て、 屹 ( きっ )と鉄の如く、立っていた。 船は白波を噛んで進む! 正確に進んでいる! 帆綱はみな張りつめていた。 「部下に恥かしい! ……」 藤吉郎は、痛切に思った。 一個の信長は、今や天下に無数の信長を作っていた。 そう知る自分もまた、いつのまにか、信長の分身の一つとなっていることに気がついた。 一月の半ばであったが、江南の春はもう梅も 綻 ( ほころ )ぶほどあたたかい。 道々、 伊吹 ( いぶき )のすそや 不破 ( ふわ )の山かげには、まだ雪も深かったが、 滋賀 ( しが )のさざなみに 照 ( て )り 映 ( は )える陽を横顔にうけて、湖畔をのたりのたり 練 ( ね )ってくると、よいほどに汗ばんで、行列の兵卒たちも、歩きながら眠たげであった。 「 重治 ( しげはる )。 お 許 ( もと )も 睡 ( ねむ )たかろ」 馬上、藤吉郎はふりむいて、左右に従う五、六騎のうちの一人へはなしかけた。 半兵衛重治は、うつむいたまま、駒にまかせて、主人のあとに従っていたが、 面 ( おもて )をあげるとニコとして答えた。 「湖南の 東風 ( こち )、鞍上の揺られごこち、何とも 堪 ( たま )りません。 御身は、われらのような武骨一片とちがい、わが 麾下 ( きか )ではただ一人の風流子ではないか。 風流を解すその方が、このたまたまな好日を、詩もなく歌もなく、黙々、 俯向 ( うつむ )いてばかり行くのはどういうものか。 なおさらもって、面目ない次第ですが、歌もありません」 「ないか。 ……ハハハハ」 「ただ睡とうございます。 おゆるしください」 「居ねむりを許せとか。 むりもなかろう。 昨夜も旅舎で深更まで皆と話しこんでしもうたからな。 実をいえば、この方も睡たいのだ。 ……どの顔もみな 睡 ( ねむ )そうな」 と、大声でいった。 騎馬のあとには二百人ほどな歩卒がつづいて来る。 彼の大声にみな眼を揃えて前のほうを見た。 天下の春は御主人の顔から立ち昇っているようだ。 戦場にあっても、こういう旅のあいだも、 屈託 ( くったく )らしいお顔はみたことがない) 一将の顔は万卒の顔である。 藤吉郎が笑ったので、みな 笑 ( え )みをおびる。 彼の明るい放声にすべて眼がさめたように歩調もあらたまる。 ことしの正月は 元亀 ( げんき )二年であった。 永禄十三年とかぞえられるところ、去年四月、改元になったので、何か一年とびこえたような気がすると誰もいう。 つい 年暮 ( くれ )の十二月、 叡山 ( えいざん )の和議を 容 ( い )れて総引上げとなるとすぐ正月であった。 藤吉郎は、姉川の合戦このかた、浅井、朝倉の抑えとして、もと浅井の 驍将 ( ぎょうしょう )大野木土佐守がこもっていた横山城にはいっていたので、当然、正月はそこに帰っていた。 だが明ける早々、年頭の賀をのべるため、彼は岐阜城におもむいて、信長に 謁 ( えっ )し、さらに数日のいとまを賜ったので、その足で 洲股 ( すのまた )へと廻ったのである。 そして久しぶり、妻の 寧子 ( ねね )や母や兄弟たちの許でふた夜をたのしく泊って来た帰り途であった。 「 重治 ( しげはる )。 重治」 藤吉郎は、また何か、話しかけようとするらしく彼に向けたひとみであったが、その 眸 ( ひとみ )を大きくみはって、 「どうした? 重治ッ。 ……これはいかん、重治を抱きおろせ」 と、あたりの者に命じながら、自分も鞍をとび下りてしまった。 彼と駒をならべて来た人々はみな気がつかずにいたわけのことでもない。 半兵衛は、鞍の前輪にかがみこんだまま、 手綱 ( たづな )を腹で抑えているように、駒のたてがみへうつ伏していた。 やッ?」 「どうなされた」 藤吉郎にいわれて初めて、同僚の人々も 愕 ( おどろ )いたのであった。 「御発病だ」 「これは重い。 火のようにお熱がある」 抱えおろす家臣たちの手へ、藤吉郎はそばから、 「そっとせい。 ……そっと、そっと」 自身の武者羽織を脱いで、草のうえに 展 ( ひろ )げ、その上へ共に手を添えて、静かに寝かした。 半兵衛の病弱は、誰よりも藤吉郎自身がよく知っている。 極寒十二月、坂本の陣から帰ってくると、すぐ正月、また旅路と、持病のある彼のからだには、こたえていたにちがいない。 ゆうべも深更まで側において、興のつきないまま 夜更 ( よふか )しをさせた。 悪寒 ( さむけ )がすると 呟 ( つぶや )いていたが、丈夫な自分にはつい思いやりが足らなかった。 「あいにくだ。 供のうちに医者はおらんな」 「おりませぬ。 薬は持参しておりますが、それも半兵衛どのの御持症に、合薬とは参りますまいし」 「飲ませぬよりは ましではないかな。 半兵衛の持病は、いつもこう熱が出る、 咳 ( せき )こむ、その後、食物が細る……といったようなふうだが」 「さあ、それよりも、附近の農家へでも一時あずけて、静かにお寝かし申したほうが」 「むむ、至極道理だ。 ……わしは少しあわてたとみえる。 ここは 今浜 ( いまはま )だな」 「左様にござります」 「今浜ならば、 丹羽 ( にわ )殿の陣所があるわけ。 まだそこへは遠いか」 「遠ござるが、そっと、負うて参るぶんには」 「胸を 圧 ( お )しては 病 ( やまい )に悪かろう。 ……はてな」 こんなにも当惑そうに案じる、主人の顔というものを家臣たちも見たことがない。 「殿さま。 彼方 ( かなた )の湖の岸のほうから、そうさけびながら二人の童子が駈けて来た。 ふたりとも小姓姿である。 そしてこの行列の中にいた者であったが、 素迅 ( すばし )こく、いつのまにか湖岸へ駈けて、すぐ戻って来たものとみえる。 「おお 於市 ( おいち )に、 於虎 ( おとら )か」 虎之助は十一歳。 市松はそれより五つか六つ年上だった。 共に、 洲股 ( すのまた )の城に養われていたが、こんど藤吉郎が立ち寄ったしおに、はや 年齢 ( とし )も年齢、ぜひ前線の横山城に 伴 ( ともな )ってくれと、当人も縁者どももせがむので、乞いにまかせて供のうちに加えて来たものだった。 「なんじゃ両名」 「はい」 虎之助は眼ばかりうごかしてみせる。 まだ十一歳だし、主君の前では、ものがいえないふうなのである。 それから較べると、市松のほうはもうずっと 大人 ( おとな )びている。 「すぐ、あそこの浜に、小屋もあります、医者もいるって云いました。 近いから、そこへ御病人を持ってゆくのが一番でしょ」 と、湖岸を指さした。 それは藤吉郎も家臣の人々も知らないではなかったが、遠く、 鑿 ( のみ )や 手斧 ( ちょうな )の音がきこえてくるので、急病人をつれて行ったところで、手段はあるまいと考えていたのである。 大人は、智に訴えて智に 惑 ( まど )い、少年は、機転をすぐ実行にうつす。 いつのまにか、そことの間を、一走りに往復して、あれまで行けば、立派に手段のあることを、二人の小姓は 慥 ( たし )かめて来たものだった。 「でかした」 藤吉郎はまず褒めてやった。 虎之助と市松は、満足して、顔の汗をこすりながら 退 ( ひ )きさがった。 「ともあれ、あれへ」 と、藤吉郎は自身、先に馬をすすめて、道を曲った。 病人を護って、従者や卒の列もつづいてゆく。 畑道をうねる。 低い 並木堤 ( なみきづつみ )をこえる。 すぐに湖畔である。 見ると、土手の陰に沿って、街道からながめたよりは遥かに多くの建物が建ちならんでいた。 「ほ? いつのまに」 藤吉郎は眼をみはった。 丹羽 ( にわ )五郎左衛門長秀 持場 ( もちば )。 と、書いた 杭 ( くい )が打ってある。 ここでは今、十数 艘 ( そう )の兵船が造られていた。 新しい船底や 肋骨 ( ろっこつ )を組みかけた 巨船 ( おおぶね )が 渚 ( なぎさ )に沿って並列している。 耳もふさぐばかりな 鑿 ( のみ )、 手斧 ( ちょうな )のひびきは、それにたかって 蟻 ( あり )のごとく働いているたくさんな船大工の手から発しるものだった。 一艘の 舳 ( みよし )のへりに立って大工や人夫を 督励 ( とくれい )していた奉行らしい男は、それへ来た藤吉郎の列に気づくと、 「何者だッ」 と、舳からとび降り、 けんもほろろに、駈け寄って 咎 ( とが )めた。 「横山城の木下藤吉郎」 彼は、馬を下ってまた、ていねいに 訊 ( たず )ねた。 「丹羽殿はおいでか」 「おお木下様でしたか。 実は供の中に、急病人が生じたので、一棟の小屋と医者を拝借したいと思うて参ったが、医者はおろうか」 「おやすいこと。 てまえの 仮屋 ( かりや )までお越しくだされば、如何ようにも」 「 其許 ( そこもと )は」 「丹羽家の臣、 島木筑後 ( しまきちくご )です。 先頃よりは、ここの 船造 ( ふなづくり )奉行を仰せつかっておりまする」 「島木殿か。 ともあれ、早速にたのむ」 「御病人は」 「あれにおる者だが」 ひとりの背に負われ、幾人かの同僚に 労 ( いたわ )られながら、病人の半兵衛重治は、島木筑後の仮屋に導かれて行った。 彼方の 柵 ( さく )のうちに、 船普請 ( ふなぶしん )役所が見え、それに附属した役宅が幾棟かある。 と、いったような顔して見送っていた。 「お 床几 ( しょうぎ )を」 小姓の市松と虎之助が、うしろに控えてそれをすすめる。 彼は黙念と腰をおろしたまま、またたきもせず、ここの造船作業を見ていた。 もちろんこれは信長の 企画 ( きかく )である。 叡山 ( えいざん )や京都や 難波 ( なにわ )の変に駈けつける日の備えであることもいうまでもない。 岐阜 ( ぎふ )から陸路をいそぐ場合、いつも途中一向宗の僧徒や、各地の残敵にさまたげられて、意のごとく 捗 ( はかど )れない恨みがある。 そしていつもながら信長の先見と、その予見を確実に実行してゆく敏速に、敬服せずにいられなかった。 やがて、そこへ。 先に病人につき添って行った家臣たちはもどって来た。 案じ顔して、 床几 ( しょうぎ )に待っていた主君のまえに、堀尾茂助はひざまずいて、半兵衛重治の容態をこう復命した。 「もはや、ご心配はないかと思われます。 島木殿の仮宅に落着かれ、さっそくお医者の手で薬をさしあげました。 しかし少々お口より血を吐かれましたから、なお十数日は、絶対にうごいてはならぬとお医師のご注意でございました」 「なに、血を吐いたと」 藤吉郎は、眉をくもらせて、 「……では、重態だな」 「いえいえ、落着いて、薬を召しあがられると、竹中殿には、いつものように、すずやかなお気色で、血を吐くことは今日のみではないと……微笑しながらお医師に答えておいででした」 「その我慢がむりになるのだ。 ……そうか、血を吐くのは毎度といったか。 平常、わしにはかくしていたとみえる」 「わたくしどもへ向って、幾度となく、御主君は、御主君は……と、頻りに気をつかっておられる様子なので、はや先へお立ちと申して、むりに押しなだめて戻りましたが」 「誰か、 看護 ( みとり )にのこしおかねば、あの気性、じっと、寝てはおるまい。 よいか」 「かしこまりました」 「立とう」 彼の前に、馬が曳かれ、床几が畳まれた時である。 材木をかついだ人夫の群れが、そこから少し 彼方 ( かなた )を通っていた。 みな造船の用材らしく、巨材の後先に縄をかけて、肩もめいりこむばかり 四天 ( よてん )に吊って行くのだった。 ふいに、一方の者に肩を外されたので、相棒の人夫もよろめいた。 のみならず材木の はなが、その人夫の足の甲に どんと落ちたので、 「あ痛ッ」 悲鳴をあげて、 仰山 ( ぎょうさん )に、ぶっ倒れた。 すぐほかの人夫が寄って来て、材木の下から足を抜いてやった。 人夫らしくない痩せがたの男は、自分の過失におののいて、 「ごめんなさい。 どうかご勘弁をねがいます」 と、もう当然な 折檻 ( せっかん )が降りかかるのを恐れてか、頭をかかえて、地に 額 ( ひたい )をすりつけた。 「まっ、まぬけめッ」 ちんばを引きながら起ちあがった被害者は、まっ 蒼 ( さお )な顔いろして、いきなり相手を 撲 ( なぐ )りつけた。 それでも、腹が 癒 ( い )えないとみえ、耳を引っぱりながらさけんだ。 「おいッ、みんな、手をかしてくれ。 この野郎の どじときたら、一度や二度のことじゃあねえ。 力仕事に馴れねえなら、 日傭 ( ひやとい )などに来なけれやいいんだ。 賃銀泥棒だ、こいつあ。 ごめんなさいッ」 男は逃げまわった。 逃げたが 却 ( かえ )って悪い。 彼らの野性をよけいに駆りたてた。 「茂助、茂助ッ」 藤吉郎は、あわただしく、指を彼方にさして命じた。 「助けてやれ。 そして、 打擲 ( ちょうちゃく )されているあの男、試みに、これへ連れて来い」 堀尾茂助は駈けて行った。 茂助は、大喝して、人夫たちを叱りとばしている。 そして今にも湖水へ投げこまれるところだった男を、いきなり自分の肩へ奪ってひっ 担 ( かつ )ぐと、無造作に駈けもどって来た。 「連れて参りました」 肩から投げ出すように、その弱々しい人夫を、藤吉郎のまえにひきすえると、男は、 「おゆるし下さいまし。 どうかおゆるしを」 と、まだ悲鳴に似た声ばかりつづけて、顔を地から離さなかった。 藤吉郎は、そのすがたを、いつまでも凝視していたが、やがて、 「 面 ( おもて )をあげい」 と、穏やかにいった。 癲動 ( てんどう )していた男も、ようやく落着いてきたらしいが、どうしても顔をあげようとはしなかった。 「これッ、面を上げんか!」 堀尾茂助も云い、家臣たちが、側から 叱咤 ( しった )したが、それでもなお、彼は 雑巾 ( ぞうきん )のように、 べたと、顔を伏せているきりだった。 「つんぼか! 汝 ( きさま )は」 蜂須賀又十郎が、遂に 癇癪 ( かんしゃく )をおこして、襟がみへ手をのばしかけると、藤吉郎は、 「待て。 つんぼではない。 すこし仔細がある者だ。 そして、じっとそそいでいた眼を離すと、歩み寄って、土まみれな男のそばへ片膝を折った。 「 於福 ( おふく )。 ……なぜ顔を上げないか。 そちは尾張新川の茶わん屋捨次郎の息子、福太郎に相違あるまい」 「……いえ。 いえ違います」 男は、胸に顔をうずめたまま、身をそむけて、全身でわなないていた。 「はははは」 藤吉郎は、 わざとのように笑って、しかも親しげに、その肩を軽くたたいてやった。 「なぜそのように恐れるのだ。 尾張新川は、わしの 故郷 ( ふるさと )中村の隣村。 それだに懐かしいものを、わけてわしと 其方 ( そち )とは、七つ八つの腕白時代からよく遊んだ幼友達ではないか。 ……こら! おたんこ 茄子 ( なす )の 於福 ( おふく )! あはははは、何を泣くか。 その年になっても、未だにそちは泣虫とみえる」 「……め、め、面目次第もございません」 「何、面目ないと。 ……ああそうか。 そちの父、茶わん屋捨次郎は、あの近郷では手びろく商いしていた大家、その若主人が落ちぶれ果てたすがたで、面目ないと申すのか。 ……案じぬがよい、中村の日吉は、そんな小僧ではなかったはず、そちも覚えているだろうが」 「……はい、はい」 福太郎は、鼻をつまらせて、 嗚咽 ( おえつ )しだした。 藤吉郎がまだ日吉とよばれていた頃、たしか彼のほうが二ツか三ツ年上であったから、ことし三十五歳の藤吉郎に対して、彼もすでに三十七、八になっているはずである。 「供の中について来るがよい。 帰城の後、身の上も聞いてやろう。 家臣は、彼の命のまま福太郎を 促 ( うなが )して供のなかに歩ませた。 堀尾、蜂須賀のふたりは、後に残って、 「では、わたくしどもは、竹中殿の御全快まで、これにおりまして」 「むむ、半兵衛の 看護 ( みとり )を頼んだぞ。 くれぐれ軽はずみをさすな、気を 労 ( つこ )うて帰城をいそぐなと、半兵衛にも伝えおけよ」 卒は槍を立て、騎馬の人々は、彼の前後に立って縦隊を作った。 於市と於虎も、その中に歩き出していた。 ここの北国街道は、 近江 ( おうみ )から越前への唯一の通路だった。 鳥越山 ( とりこえやま )、高時山、横山岳などのふもとを縫って、道もようやく 嶮 ( けわ )しくなる頃、日は没して、湖北の水は遠く左手のほうに暮れている。 浅井長政の 小谷 ( おだに )の城も、その途中にあった。 灯がともった」 なんの故か、藤吉郎は、小谷の城の 燈火 ( ともしび )に、そうつぶやいて、殊さらに駒をとめた。 江北六郡に三十九万石を領有する浅井家の居城は、さすが難攻不落の地形にある。 (これを 墜 ( おと )すは容易でない) そう嘆じている彼であろうか。 彼の眼には、その要害のなかに 安 ( やす )んじている 曲輪 ( くるわ )曲輪の 燭 ( しょく )や 狭間 ( はざま )の灯が、 儚 ( はかな )いものとすら見えたのである。 と、浅井一族の上にやがて来る日を、あわれむが如く、笑うごとく、見ないでいられなかった。 それと。 彼が心ひそかに 傷 ( いた )んで 熄 ( や )まないものは、その城中に 嫁 ( か )している主人信長の妹君にあたる人の境遇であった。 お市の方。 こんど年賀の拝をなしに岐阜城へのぼった折も、信長はいくたびとなく口に出して案じていた。 それはまた 天麗 ( てんれい )の美質といってよいほど美しいお方である。 佳人薄命ということばは、そのまま今のお市の方の身の上にあてはまる。 兄信長の政略のために、その天麗をもって浅井家に 嫁 ( とつ )がせられ、良人の長政と信長とのあいだが不和となって、互いに敵国として呼びあう羽目になった時には、もう三人の子をなして、まだ 二十歳 ( はたち )を幾つもこえない若さで母とよばれる身になっていた。 去年の暮。 将軍 義昭 ( よしあき )のとりなしで、 叡山 ( えいざん )とも、浅井朝倉の両家とも、織田家としては、和解したことになっているものの、決して永久なものでないことは、その後の諸国のうごきや、僧団の依然たる 攪乱策 ( こうらんさく )が証明している。 浅井長政にしたところで、もちろんその底意に変りはあるまい。 彼は信長の妹 聟 ( むこ )として、信長には誰よりも愛されていたことを知っている。 若人 ( わこうど )ならばすべてが新時代を理解する若人であろうとはいえない。 若い生命をもちながら、時の 真髄 ( しんずい )をつかめない若者もある。 長政などは、それだった。 信長の行動は、彼にはただ危険にしか見えなかった。 あの行きかたで、時代をつらぬいて行けようとは信じられないのである。 両家をつなぐ動脈の一道を、横山のふもと横山城に 遮断 ( しゃだん )して、越前の朝倉と、江北の浅井家とを、両手に 抑 ( おさ )えているかたちだった。 「急ごう。 星が出た」 横山城まではもう一里余しかない。 藤吉郎以下、行旅の列は黒々あるき出した。 そしてはや、各 が各 の 塒 ( ねぐら )を眼にも思いうかべていた頃、 「やッ、火の手ではないか」 「おッ、御城門だ」 山陰 ( やまかげ )の道を出たとたんである。 人々は 愕然 ( がくぜん )とさけんで騒ぎ立った。 これから帰ろうとする 砦 ( とりで )のあたり、 夕星 ( ゆうずつ )の空をそめて、赤い火気がたちのぼっているではないか。 何の号令も聞かないうちに、二百の将士は、 戦 ( いくさ )支度を一瞬にして、 「さては、敵が」 と、各 、総毛だッた顔してさけんだ。 「浅井か、朝倉か」 「御不在をうかがい知って、留守へ襲いかけるとは、 小癪 ( こしゃく )な敵兵」 「 御和睦 ( ごわぼく )の直後というのに、卑怯な策謀、蹴ちらして、眼にもの見せねば」 眼に 彼方 ( かなた )の炎をにらみ、歯に唇をかんで、藤吉郎の命令一下をまちかまえた。 「 躁 ( さわ )ぐな」 まず、うしろへ向っていった。 「わが横山には、小城なりとはいえ、留守として、蜂須賀彦右衛門がおる。

次の

【facebook】フェイスブック 17冊目

きめ つの や い ばれん ごく

2ch. アプリが勝手に発生して削除してもまた勝手にインストするからむかつく。 どうしよう?写真はないが絶対俺。 SNSに関する総合的な質問や雑談はSNS板総合雑談・質問スレで。 禁止行為 ソーシャルネットワーク SNS 板では、下記の行為を禁止しています。 ・ネットウォッチ行為に該当する行為 ・目的に 招待する事 が含まれるスレを、1つのSNSにつき2本以上立てる行為 ネットウォッチ行為に該当する行為 下記の行為及び、下記の行為を助長するスレを立てる行為は、 ネットウォッチ行為に該当します。 ・SNS内で発生した、ニュースで一般的に取り扱われない出来事 事象 に対するウォッチ行為 ・他者のSNSのURL ID を、本人の許可無く晒す行為 ネットウォッチ行為はネットwatch板でどうぞ。 他人が何食べただ作っただどこ行っただの。 見てたらなんだか憂鬱になってきて最近は見てない。 それに旦那の女友達ばかり気になって見ては凹む自分も嫌で。 中には他人には見えないようにしてるのもあるからそれがまた気になるし。 Facebookなんてなくなればいいのに。 ま、いいわけゴメン。 話せて楽になれた。 後ろめたい事がなければ普通話すよ。 会いたいなら会わせるし。 旦那ですら面識ない女なの?SNSで出会い探してる時点で駄目じゃん。 写メ撮るときにGPS情報付加したまま撮ってそのままうp。 っていう。 おめーのバアチャンニダ。 2ch. net ] fbのプライバシー・マーケティングはけっこう凄い。 完全な虚偽を登録しても、とにかく何か引用してきたという報告があったけど、 間違いがあってもなにやら巨大なシステムを速やかに運用しているという証左ではある。 自分は別に在日の事なんか書いてないけど。 3回位リトライしたらつながった。 2ch. net ] 最近ゲームとアプリ欄で気づいたけど Badoo(ロシア発極悪出会い系サイト)をそうとは知らずに利用してるバカがいるのな。 あとBadoo含めスパムに引っ掛かってるヤツ。 なんで拡散するかね。 アカウント連携した、公開で投稿した、なのにmixiには出てきません。 ウザい。 2ch. サイトも見にくいしいちいち行動が丸見えなのも嫌だ。 2ch. 2ch. つぶやきSNSも含めて。 送った人には承認されましたが、うざかったかなぁとまた悩み後悔したり。。 自分でも後から後悔したり、変な気持ちです。 うぜーって思うやつもいれば、気にしないやつもいる 俺も小中の同級生にメッセージつきで友達申請したけど OKしてメッセージを返してくれるやつもいれば、Okしてもノーメッセージもいる。 もちろん完全無視の人もいる。 ネットの友達?んなもん困ったときに何かしてくれるでもなく上辺の幻だよ。 地図が表示されてGoogle Mapにならない。 友達に、全員にコメントしてんじゃない?って子がいる。 共通の友達の投稿にはどこいってもその子のコメントがある。 しかも当たり障りのないような、もう見たまんまのコメント。 食べ物載せてたら、美味しそーう! とか、子ども載せてたら可愛いー!とか。 正直どこにでもいるから、他の子にコメントしようと思ってても、その子がしてるからしなくていいかな?とか思えるレベル。 てか、逆に上辺の付き合いに見えてしまう。 疲れないのかなと思う反面、そうゆうの見てたら、私もやらなきゃいけないのかな。。 とか思っちゃう。。 とか思っちゃう。。 変に気を使うよな。 自分が投稿した時に何もしてくれなかったら辛いから、普段から頑張っちゃってる気がする。 疲れる。 知らない世界のリア充さんのページを見てみたいてす。 有名モデルのプライベート写真とか。 というか、友達にしか見れない設定にしてるハズだし。 以前にリアルですごい嫌がらせをしてきた知人が(もう縁を切っている)FBに登録 している事を見つけました。 この知人が私の名前を見つけたとして、私にFB上で嫌がらせをしてきたり、 私の知らない間に他の知人友人に悪評を送りつけたりできるものなのでしょうか。 その登録した瞬間にアクセスすることによってその人に私の名前がアクセス した事がわかっちゃいますよね? トラブルの後、結婚して新姓になっているのでその名前すら知られたくない のですが…。 しかも下の名前もあまりないので、特定されそうです。 たとえ全部only meで隠したってそれなりの筋に依頼すれば特定できる。 そうですよね、特定されたくなければやらないのが一番なのですが。 ただ、あまりにも恐ろしいことをされたその人だけが私のFBをする唯一の障害で、 他の友達はこの事を知らないし、今の自分の世界の仲間とFBで楽しみたかったんです。 そうなんですね、では速攻でブロックすれば私の痕跡は一切相手には のこらないということですね。 ありがとう。 とにかくあの登録画面の先がどうなっているか全然わからないので、不安です。 いろいろお答えして頂き感謝です。 ありがとうございます。 メアドは一つしか持っていないので、どこかで取得してから登録します。 生年月日も非公開に設定して、名前は漢字より英語表記にした方がいいですよね。 ずっと悩んでいた登録がいよいよ今夜できそうです。 なんか教えてクレクレになってしまってごめんなさい。 宜しくお願いします。 グレーゾーンだよ。 オープンなのは構わないが、 オープンにするリスクを理解してるなら、問題ない。 マスコミが煽ったせいで、 へんな理解してる日本人が多すぎる。 まだグローバルスタンダードじゃないし、 時と場所考えろってこった。 知り合いから今日「エロサイト見てるでしょ」って言われたのですがFacebookから私が見た外部サイトの閲覧履歴までわかるのですか? ちなみに私はiPhone使用でアプリからいつもFacebookに入ってます。 ログアウトはしたことなかったです。 2ch. これで手が滑って変なのにイイねしてもおk。 書き込む時のみ公開範囲をかえてる。 Facebook閉じてサファリ開いてサファリからエロサイト見てたのですがそれがばれました。 ログアウトせずに閉じてたからサファリの情報がFacebookから見られてしまうんですかね? 日本語下手ですいません。 それくらいテンパってます。 2ch. 同じブラウザでログアウトせずに使ったからじゃねーのかね まああれだ、閲覧先のサイトに名前が出てたんじゃない? ということで、指摘した友達もそのサイトにアクセスしたと思うよ。 もしそれ流れてるんなら死ぬほどヤバイ。 2ch. net ] とりあえず、ChromeをSNS専用にしてはいたが おれもプライバシー設定の見直し等々やっておいた。 2ch. net ] これはインスタントパーソナライゼーションを利用してる非エロサイトだが、 トップに右側に顔写真が....。 明日から背後の気配には気をつけた方がいいだろう。 だから恐らく関係ない。 2ch. 今の彼っぽい奴が分かるからイヤだ。 同人誌関係なのですがそのインスタントなんとかって当てはまるのでしょうか? 今確認したらそこに当てはまるサイトは入ってないような気がするのですが。 友人に何でわかったのか聞いたのですが話しをそらしてきて教えてくれないです。 」てな感じの文 とサイトのリンクが右上に表示された事あったな。 それ見て、ゾッとした のを覚えてる。 人間性の問題。 もし、コメント数が多いものにコメントなどするとずっと鳴り続けて困るんですが 通知されないのも困ります。 コメント欄でチャットのように書き込みが続くとiPhoneがずっと"ピロピロピロピロロンと 鳴るのでiPhoneのfacebookアプリ使ってる人が居れば意見聞かせてください。 知ってる人いたら、おしえてください。 おめでとうを言った人と言わない人のばらつきがでるのを避けるため 誰にもコメントしない。 毎日かならずFBみるほど、ヒマじゃない。 しかし、その通りだとしたら、登録はしても一切アクセスしていない人は、 常に一番右下もしくは一番下の段に居るはずなのにそうでもないんですよね~。 何でなんだろう? ググってもそれらしい事は載ってないので気になるわ~。 友達にコメントした内容やいいねを未公開にしたいのですが 設定の仕方がわかりません。 2ch. ソウル特別市は韓国の一般庶民の生活とはかけ離れたもの。 (それでも日本の庶民レベル) 日本から巻き上げた金で贅沢をしているのは、一部のソウル市民だけ。 レベル低いのばっか集まってきてfacebookもこのスレも居心地が悪いわ。 やり方はググればすぐにわかる。 期限切れのリンクをクリックしたか、URLが誤入力された可能性があります。 2ch. 2ch. 怪しい人では無さそうだったので友達になったんです。 その人を削除したら消えるかな? まぁFBでしか交流した事無い人なんで、削除して様子を見てみます。 この何ヶ月かで何段階か使いにくくなった。 (タイムラインに切り替えボタンは押しました。 部落解放同盟、外国人参政権推進派。 マスコミが持ち上げる奴は大抵この手のやつ。 英語圏。 海外と聞いて真っ先に思いつく国が欧米。 2ch. これはバグなのでしょうか? 同じ現象が起こる人はいますか? We expect this to be resolved shortly. Please もう一度実行 in a few hours. 実際にはつなげてるんだけどね。 それで辻褄合うくらいの接点の人だ。 その人は婚活初めてからかわったクチ…金が全ての出会い厨だね。 見境無い。 2ch. 2ch. net ] 自分の投稿や特定の人の投稿を過去に遡って見たいときに、無駄に表示が遅い。 自分や特定の人のアルバムを見るために必要なクリック数が無駄に多い。 どうしたんだろ。 神奈川. OCNだけど、 facebookもTwitterもwikipediaもダメ。 何でだこれ。 世界的に知られる成長企業が上場すれば、株式市場の活性化につながるとの期待が高まっている。 米経済紙ウォールストリート・ジャーナルなどが報道した。 上場すれば、時価総額は1千億ドル(約7兆7千億円)を超える見込み。 日本企業で1位のトヨタ自動車(約9兆8千億円)に迫り、2位のNTTドコモ(約6兆1千億円)を上回る規模になる。 フェイスブックの上場は、今年の米株式市場の「最大イベント」と注目されていた。 米メディアによると、早ければ2月1日にも米証券取引委員会に、新規株式公開(IPO)に必要な資料を提出する。 上場する市場としては、歴史ある大企業が上場するニューヨーク株式市場か、アップルやグーグルなど世界的なIT企業が上場しているナスダック市場のどちらかで調整しているという。 日本人の末路はウイグル人のように虐殺されるだろう。 ガラパゴス化して良いとは思うけどね。 圧倒的マネー、課金、ポチる、音をたてて人生が沈む。 目的がかすんで、スタンダードからは遠ざかって行くだろう。 2ch. いきなりご連絡を差し上げて申し訳ないのですが、分かりますか? 実は私、芸能関係の仕事をしていて、某男性タレントのマネージャーをしています。 今回突然ご連絡をさせて頂いたのは、タレント本人の希望でどうしてもあなたとお話したいと… タレント本人は最近までテレビや取材、雑誌の特集などで忙しく、私から見ても精神的に疲れてるようで… お恥ずかしい話、私では彼をケアできなくて…ここまで心を閉ざすのは初めてなんです。 急なお願いになりますが、彼を助けてあげてくれませんか? 助けるというと語弊があるかもしれませんが、メールで普通の世間話などをして頂くだけで結構です。 彼と一緒にfacebookをいろいろ見てまわっていたところ、何か感じるところがあったらしく 「どうしても話をしてみたいから、連絡取れるようにお願いしてもらえないかな?」 と、彼が久しぶりに自発的にアクションを起こしたのです。 facebook内でお話して頂くのが一番早い方法だとは思うのですが、facebookはニックネームなどではなく実名での登録を推奨されております。 ファンの方などから猛烈なアプローチをうけることとなるのを回避する為事務所からfacebookへの登録の許可が出ておりません。 私は彼の為になんとか連絡を取る方法を考えたのですが事務所側にばれてしまい無理でした。 最後の手段として直接メッセージをお送りさせて頂いた次第で御座います。 招待状です。 関係者向けSNSなのでなじみが薄いかもしれませんがご安心ください。 「彼」とは誰なのか、など気になることや彼が自発的にアクションを起こした理由など、私からお伝え出来ない気になることも多々あるかと思いますが、 あとは本人と直接お話をしてやり取りをして頂ければ幸いです。 残念ながらこの私の携帯も事務所に管理されてしまいますので、何度もメールのやり取りをすることが出来ません。 またfacebookも痕跡が事務所に見つかってしまいますので早々に退会をさせて頂くことになります。 人生は一期一会、彼とやり取りをして頂いたあとにまた改めてご挨拶と今回の御礼、業界のことなど色々とお話をさせて頂ければ幸いです。 …もちろん、これはタレント本人と私からの一方的なお願いになりますので、色々な事情で彼本人と連絡を取って頂くことがご無理なようであれば仕方ありません。 このままこのメールを削除してそのままにして頂ければ、こちらから連絡も致しませんしメール等も致しません。 とても残念ですが、彼本人にも縁がなかったということで納得をしてもらい完全に諦めてもらうように致します。 また、お話出来ることを願っております! それでは。 ご覧のように極めて悪質な「成り済まし」。 短期間に5,000人の友達を集めてさっさと活動終了。 これに気付いた奴が運営に通報すると逆に「嫌がらせ行為」でアカウントを消されたり停止される。 要するに電通が個人情報を収集するために自らこういうアカウントを動かしてるってことでしょ。 天下の電通相手じゃ丸山さんも所属事務所も泣き寝入りというわけ。 危険人物。 平岡さんはこの書き込みを削除し、フェイスブックの運営に被害届をだしましたが谷口さんの謀略によって逆にアカウントを停止されました。 「どうせ退会するつもりだったけれど、あの男がほかの女性にも同じことを続けていくのは抑止したい」と平岡さんは言っています。 谷口さんは自己紹介文にこんなことを書いています。 「非常識な投稿が多いので、公開にはしていませんが、お気軽に友達申請してください」 彼が非常識なのは自分のウォールの投稿だけではありません。 自分の非常識さを実効的行為に反映させるだけでなく意に添わない相手を全力で排除にかかる卑劣な人間なのです。 友人として、同じ女性として絶対に許せません。 私の電話帳を読み込むと出てくるんだけど、捨てアドだから向こうには知られてないはずなのに。。 数だけ増やしも困る。 そこまで友達じゃないのにやり辛い。 そういう人に限っていいねもコメントもくれない。。 セレージャテクノロジーは1月27日、Facebookの広告ツールを使ってアジア各国のユーザー数を集計し、同日時点のアジア各国のFacebook推定ユーザー数を発表した。 Facebookのユーザー数は、全世界で8. 5億人を超える規模となっている。 アジアのユーザー数は、トップがインドで4,349万人 同社集計開始後初の1位 、これにインドネシア 4,306万人 、フィリピン 2,759万人 が続く。 各国の人口は、国際連合「世界の人口推計 2009年度版 」の値を利用している。 日本の推定ユーザー数は676万人で、増加率はアジア圏で第3位となる7. ユーザ数の増加率は、ベトナムがトップで29. 対人口比ユーザー数の割合は、ブルネイが58. 日本は5. アプリだと押しちゃう。。 女って見栄の張り合いばかりで本当疲れる。 何を考えているやら… 逆にプロフィール写真が他人画像だらけの奴や水着などのプライベート写真を断り無くシェアするような奴は速攻で切ってブロックしている。 世界に出たらウォンは紙クズだ。 米韓FTAでハゲタカ共がドルをケツの毛までむしり取った後、韓国政府はどうすると思う? ハードカレンシーな"円"を持ってるお前ら在の資産を狙うのさ。 韓国は事後法が成立する数少ない国だ。 在からカネを搾るための法律なら山ほど作るだろう。 しかも二重国籍を認めてるから、在は永遠に朝鮮籍から逃げられない。 これマメね。 所在が日本ってバレると「English please」しか返って来ないので日本という痕跡は削除してください。 そーゆー人に申請出してしまったこと、後悔する。 コメントもしない。 2ch. ありがとうの一言でもいいから。 FB、とっくに切れた人間関係が一瞬で 修復されるから怖い。 めんどいよね。 俺はそれでやめた。 普段の本人とキャラが違い過ぎて当惑されてるのと、 その拾ってくるレスが面白くないので非ねらーのみんなにスルーされてる。 変な人だが別に嫌いではないので自分もスルー。 いたぶるだけいたぶって、惨めな思いさせて朝鮮優越主義を満足させた後 、 殺そうと思ってんだろうな。 政治に無関心でTV信者が減らない限りそうなるだろうなw 日本の足を引っ張るTV信者w って、バカヤローだってーの。 一杯のかけ蕎麦と同じ類の話でしょ。 なのにみんなで「良いね!」って・・・ 頭大丈夫?って聞きたくなる。 世の中、思考停止状態のバカが大多数といういい見本。 逆差別だろ。 しかも「元気?寒いね」とか他愛のない挨拶とかだけじゃなくて、具体的な用事があってメッセージ送っても無視する。 写真アップしまくる時間あれば、一言ぐらい返信しろって感じ。 私は顔見知り程度の知り合いから申請だけされても、よろしくって送るのに。 返事来ないとどう思ってるかわからないから交流し辛い。 特に友達申請送る時に送ったメッセージ。 メッセージのページの下にある「その他」てとこに入ってて気づかないとか。 バカばっかじゃん。 444 : 114. しかも中国は除外。 そんな多数が発信する情報って、電車の中の雑談が耳に入ってくる程度の情報価値じゃね? しかも、真偽も分からず「いいね!」で拡散してくる情報も含まれてたり訳だし。 登録したけど使ってない人 非アクティブユーザー や、2つも3つもアカウント持ってる1人の複アカユーザーを2人とか3人とかカウントしてる。 実際にアクティブなのは半数以下、ヘタすると2~3割ってのもザラだよ。 やってはいけない。 ずっとほったらかしてたけどスマホ買ったときに一度同期した それが今年はじめ。 こないだスマホを初期化、FBは同期せず。 さっき、友達申請きた 携帯のメアドしか教えてなかった中学のクラスメイトから。 俺いま23 こわい。 なんすかコレ。 もし、いやな奴とかううう・・・って人はその人のページ行っ名前の横あたりの 友達ってところを押せば「制限」ってのが見れる。 おれのplalaは東京全域のplala ADSLに割り振られるIPアドレスだから IPを読むだけでは東京のADSLということしかわからないんだが。 地域分け無しで日本全域にIPを振っているプロバイダはどうなっちゃうんだよ。 ログインのログを真に受ける人が混乱するだろw 無駄無意味なにリソースを使って処理を重くしながらユーザーを混乱させるって、 どういう自虐趣味よ? 損するfbと混乱する人があるだけで、得する人は文字通り皆無なんだが。 mixiと違って、先に集まりがあって、その人たちが連絡に使う感じかな。 トピックみたいなものがないので、趣味そのものを深めることはできないと思う。 イイね!を押すのを躊躇う人には向いてない。 (友達リストの人にみられるのが嫌とかで) イイねは削除してもその企業や記事には残るらしく、探っていけばいくらでも履歴が残ってる。 私はmixiとfacebookは別にしたくてやっていたけど今は日本語化したこともあってmixiから 移ってきた人が多いけど、知ってる人を探して追加してくと自分の好みや読んでる記事も イイね!でバレるし、結構厄介だと思う(笑)そんなの気にしない、自分の勝手じゃん!って人向き。 今まで連絡取ってないし、これからも取らないでしょって人からも自己紹介に記入してる 卒業校の流れから同級生に発見されるし。 だからと言って何も書かないのはfacebookの使い方 とちょっと違う気もするよね。 制限は相手にバレないと思う。 制限の人とされてない人同士が画面を開いて「私はアルバムが 見れるよ?!」なんてことがない限り。 写真にタグつけられるのが嫌で誰にもアルバムを見せずに している外人もいる。 怖いの何のって感じだね。 一部に過ぎない 日本人がお人好しだからといって、ここまで狂った行為は 他の国ではありえない。 多くの日本人は我慢の限界、臨界点に達している。 2ch. すべてを表示するページでは不可能。 ブロックするしか無い。 5月と予想される株式公開に先立ち、3月初めには新機能が立ち上がる見通しだ。 フェイスブックが急速な増収ペースを維持しつつ、いかに株主利益とユーザーの利便性のバランスを図れるかが、試されることになる。 ユーザー側は、頻繁に使う端末の小さな画面にあまりに多くの広告メッセージが登場するのは不快に感じるだろうからだ。 同社はIPO申請にあたり、将来の投資家に対し、8億5000万人のフェイスブック利用者の約半数が使っている携帯端末を「重要な収入源」としなければ、「当社の収入や決算にマイナスの影響を及ぼすだろう」と認めた。 同社のユーザーの間では、友人との交流にPCよりもスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を使う割合が増えている。 これは友人のオンライン上の行動を知らせる「ニュースフィード」に、人々が発信したコメントをハイライトにして表示する有償広告で、PC向けには昨年12月から「フィーチャード・ストーリー」として始まっている。 英調査会社エンダーズ・アナリシスのイアン・モード氏は「スマホを買う人が増え、携帯端末でネット接続する時間も増える一方だ。 これを何としても収益に結びつけねばならない」と指摘する。 他のネット企業の携帯向け事業は収益面で厳しい状況にある。 業界アナリストは、米グーグルが先月発表した決算で、増収増益ながら業績が予想より伸び悩んだ主因として、低価格のモバイル広告の拡大があったと見ている。 米ツイッターは昨年、モバイル広告に乗り出したがあえなく失敗した。 携帯向けアプリの「クイック・バー」には広告を目に付きやすく表示する機能があったが、ユーザーには不評ですぐに削除せざるを得なかった。 そこで各社のブランドを宣伝できる様々な新機能を披露し、同社のプラットフォーム上で有償の広告展開を考える企業の取り込みを狙う。 同社のグローバル・マーケティング・ソリューションズ担当副社長で、元マイクロソフト広告販売トップのキャロライン・エバーソン氏は、企業が開設するページの新デザインを発表する見通し。 先月始まった個人向けのプロフィルページを表示する「タイムライン」をベースとしている。 2ch. 隣のクラスで挨拶程度くらいだった子も友達、一度しか飲んだ事のない人も友達、、 150人の知り合いの前で、本音なんか書けるわけないじゃん。。 きっとこれからもっと増えるでしょう。 2009年にこの問題を発見したArs Technicaは最近、Facebookによる解決への取り組みがあったにもかかわらず、この問題が依然として残っていることを発見した。 Facebookは米国時間2月3日、Ars Technicaからの問い合わせに対し、 「写真がサイトからはすぐに削除されたとしても、(同社の古いコンテンツストレージシステムは)必ずしもそれらの画像をコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)からしかるべき期間内に削除するとは限らない」 ことを認めた。 ただしFacebookは新システムがまもなく完成し、プロセスの高速化が図れると主張している。 もっとも、2009年に同じ問題を問われたときも、同社は同じ回答をしている。 Facebookの広報担当者であるFrederic Wolens氏は米CNETに対し、ユーザーの写真のうちの約2%が現在、CDNのURLを正確に削除していなかった旧式のシステムに格納されていると述べた。 Wolens氏は 「われわれは、これらの写真が適切に削除されるように、新しいシステムへの移行を進めているが、移行が完了するまでは、古いシステムに保存された写真が削除されても、そのCDNのURLがアクセス可能なままになる場合がある」 と米CNETに説明している。 新しいシステムでは、Facebookユーザーが写真を削除すると、その写真は30日以内に完全に削除されるという。 Wolens氏は 「このプロセスはほぼ完了しており、まだ古いシステムにあって移行を待っているユーザーの写真は、わずかな割合(3%未満)である。 われわれは、このプロセスが3月か4月には完了すると見込んでいる」 と付け加えた。 そういう人は、もともと発言にも気を遣う性格なんだろうし、気質の問題を責められない。 まぁ、不必要に他人の顔色を気にしながら生活する必要もないけど、口は災いの元だしね。 それは、世界共通なはず。 逆に、他からはどう見えてるの?って心配を、 さも使いこなしているような口ぶりで、切り捨てているのヤツに限って、 ゴミみたいな書き込みに「いいね!」って・・・。 頭大丈夫?って真剣に悩むような事もしばしば。 実名晒してるから尚更なのに、 当人はごめんゴメンで済むと思ってるし、 携帯経由だからか、不特定多数の人に見えてるって認識もない。 身内ネタを言ってコメント書いてきた 仲間にイイネするけどそいつにだけはやらない。 ま、ストレスのはけ口用の奴ね。 2ch. 2ch. net ] 説明不足でスマン。 チェック用アカウントってのは、弟のアカウント。 要するに、弟にチェックして貰ってるってこと。 申請してくる奴もいまさらプライベートで使えないから仕事がらみに申請してるわけで。 でもそういう気軽なもんなのかな?と思うようになった。 あまりに久しぶりな人とかは「ひさしぶり~」とかつけるかな。 ハッキングつーかサイバーテロ状態になっている模様。 いまさらな話。 ログインしたTOPに今まで知り合いかも?が表示されていたのに 表示されなくなってます。 安心した。 自分の名前を漢字で検索しても、チャイの名前が出る始末だし、以前から見てた会社の人のページも検索できなかったから なんか気づかれて操作されたかと思ってた。 実在、実名だとすると有りえないよな。 脆弱性突かれてハッキングされた可能性が高いだろ。 結婚した後、韓国に連れて行かれ行方不明になった人も大勢います。 朝鮮人は凶暴で野蛮ですから、どうぞこの忠告をきいて下さい。 韓国には食糞文化がある事をお忘れなく。 結婚したら食べなきゃいけないし KISSはウンコ食べた口とすることになります。 日本の危機が今起っています、どうか信じてください。 ロイター通信などが警察の発表として報じた。 娘に好意を抱いていたとみられる男(38)も共犯容疑で逮捕された。 報道によると、父親はマービン・ポッター容疑者で、カップルの頭を銃で撃って殺害した疑い。 カップルの生後8カ月の乳児は母親に抱かれていて無事だった。 2人は、同容疑者の娘を「友達」から外して以来、娘に嫌がらせを受けていたと警察に訴えていたという。 ロイターによると、米国内では過去にも、「友達」から外された女が相手のガレージに火を放ったり、夫が実母の命日に書き入れたコメントに「いいね」のマークを入れなかった妻が殴られたりするケースがあった。 ムカつくよね。 メッセージに~~って書いてある(笑)承認承認っと!」 と嬉しそうにただ承認してたのを見た。 メッセージ返ってこなくてもそんなふうに想像してみたら? 人間関係をいちいち悪く取るなよ。 覚えてない。 あと、今の友達の輪の足枷になるような人もね。 2ch. net ] facebookをビジネスに使う奴なんか居ないだろ、 そういうビジネス用途には、LinkedInとか有料のツールが他にある。 他にも就職活動とか。 2ch. net ] 広告宣伝媒体としてFacebookを利用するのはアリだと思うけど そういうのをビジネスツールとか言うのか? それならTVもラジオも新聞もビジネスツールじゃねぇか。 どんな検索条件いれても、結果はみつからないとの結果。 top画面にも友達かも?の表示もなくなった。 タイムラインの有効ボタンもでないし、アカウント制限かけられている? フィードバックしても回答ないし、誰か助けてください。 釣られたのは、無知な経営者で部下は被害者。 意図的か? いつも、ビジネスとか広告戦略とか、シューカツとか日本独自のことばかり の視点。 2ch. 創始者も認めてるし。 映像で男性は、娘が家の手伝いが多すぎるとして「遊ぶ時間がない」「私は奴隷じゃない」などと書き込んだ文章を読み上げた。 続いて「(ネットへの不用意な書き込みは)二度とするなと警告したはずだ。 本当に失望した」と言い、地面に置いたパソコンに向け9発発射した。 映像は8日ごろ公開され、米東部時間の10日夜までに300万回以上のアクセスがあった。 書き込みでは「なぜこれを公開するのか」という批判的な意見のほか、「親を大切にしない最近の子供たちには、こういうやり方でいい」などと称賛する声も目立った。 意味不明。 中学の同級生男子は、友達が女の子ばっかりで怪しい。 YouTubeの動画をシェアしたいのですが、2つのリンク先を1つの投稿にまとめて載せる事はできますか? 関連動画のため、バラバラと投稿するより、ひとくくりで投稿したいのです。 よろしくお願いします。 単純にモテるか本能優先のどちらかだ。 うちは感じのナンパ目的同窓会開いたおかげで、 小学校は離散状態だよ。 PCのようにちゃんとカウントしてほしいもんだ。 米テネシー(Tennessee)州の若いカップルは、1月31日の早朝に頭を撃ち抜かれて死亡。 絶命した女性の腕には泣きじゃくる赤ちゃんが抱きしめられていたという。 警察当局が10日、明らかにした。 マイク・リース(Mike Reece)保安官によると、短気なジャネル・ポッター(Janell Potter)さんは、小さな町マウンテンシティー(Mountain City)のトラブルメーカーだった。 だが、まさかポッターさんの父親とボーイフレンドが、彼女のために殺人を犯したとして逮捕されることになるとは、誰も想像していなかった。 ポッターさんは、友人にブロック(遮断)されたり「友達」を解除されたりすると激高し、自分と関係を切ろうとする相手に嫌がらせをするよう周囲に呼び掛けていたという。 また、ポッターさんと父親は、ネット上でポッターさんに冷たくした相手とスーパーマーケットではち合わせると、相手と口論を始めることで知られていた。 殺害されたビリー・クレー・ペイン(Billy Clay Payne)さん(36)とビリー・ジーン・ヘイワース(Billie Jean Hayworth)さん(23)も、ポッターさんから嫌がらせを受けていた。 あまりにひどかったため2人は前年、ネット上や電話で脅迫を受けたとして、迷惑行為でポッターさんを告訴していた。 裁判では、ポッターさんのボーイフレンドが彼女を弁護する証言を行った。 だが、法廷が聴取した150人の大半が、恐らくポッターさん側に責任があるだろうとの意見を述べていた。 警察当局は、確執が殺人にまでエスカレートした全ぼうの解明に向け、捜査を進めている。 頭部を撃たれていた他、ペインさんはのどが切られていた。 ポッターさんのボーイフレンドで、ペインさんのまたいとこでもあるジェイミー・リン・カード(Jaime Lynn Curd)容疑者(37)は6日、2人の殺害に関与したと自供。 翌7日には、ポッターさんの父親、マービン・バディ・ポッター(Marvin 'Buddy' Potter)容疑者(60)も逮捕された。 2人は現在、殺人容疑で勾留されている。 町では、被害者の家族を中心に、ポッターさんを逮捕するようリース保安官への圧力が高まっている。 リース保安官は、「父親とボーイフレンドの犯行というだけでなく、ポッターさんを事件に結びつけることが可能かどうか、確認している。 彼女がこの事件で一定の役割を果たしたことを立証しなければならないが、難しいだろう」と述べた。 調査によると、年代ごとのFacebook利用者の出現率は45~49歳が1. 5%でもっとも多く、次いで50~54歳が1. 4%、40~44歳が1. 2%と、Facebookが40代を中心に利用されていることがわかった。 Facebookの閲覧や投稿の動機としては、20~40代の7割以上が「リアルな友人とのコミュニケーション」と回答した。 年代が高いほど「暇つぶし」で利用する割合が低くなり、「ネット上の知り合いとのコミュニケーション」の割合が高くなる傾向がみられた。 企業やブランドのFacebookページのファンになっている人の割合をみると、30~49歳の割合が高いという結果が出た。 ファンになった理由として35~49歳では「商品やサービスに関する情報収集」という回答が多かった。 調査は1月6~16日に@niftyのインターネット接続サービス利用者を対象にインターネットによるアンケート調査で実施された。 有効回答数は1万1533人。 2ch. いつまでチャイの名前を眺めてればいいんだよ。 趣味は中出し。 2ch. 2ch. net ] 本名でもフェイスブック「利用停止」 「坂本龍馬」は偽名と判定される 交流サイト「フェイスブック(FB)」で、実名で登録したにもかかわらずアカウントを停止された人が現れた。 著名人と同姓同名だったことが原因の可能性が高いが、本人にとっては迷惑な話だ。 同様のケースは海外でもしばしば起きている。 偽名やなりすまし排除が強化される一方で、妙な疑いをかけられるユーザーも出てきている。 通告メールの題名に「偽名」と付けられる 突如FBからアカウント停止を宣告されたのは、出版社「主婦の友」社に勤務する坂本龍馬さん。 幕末の志士と同姓同名だが、れっきとした本名だ。 2011年12月14日、坂本さんはブログに、突然「登録されている名前が実名でない」との通告とともにFBが使えなくなったとつづった。 停止されたアカウントを再開させるには、運転免許証など顔写真付きの身分証明書を2点以上送らねばならないという。 坂本さんはFB側の対応に、「一方的、かつエラソーなメールで誠に不愉快」と怒りをあらわにした。 FBでは実名登録を義務付けており、規約に違反した場合にはFBの利用を停止することがあると定めている。 坂本さんの場合は本名を名乗っていたのだからもちろん、規約には反していない。 だがブログによると、送られてきた通告メールの題名は「偽名」となっており、ルール違反したと決め付けたかのような書き方だったという。 その後疑いは晴れて坂本さんのFBのページは復活したが、何の落ち度もない坂本さんとしては憤慨するのも当然だろう。 坂本さんの登録名は現在アルファベット表記になっているが、同じく「Ryoma Sakamoto」で登録しているユーザーは数人見られた。 今回坂本さんが「偽名」と断定された根拠は謎だ。 ほかにも歴史上の偉人や著名人と「同姓同名」の登録者も少なからず存在しており、実名かそうでないかは判断が難しい。 悪質ななりすましを見つけた場合、FB側に知らせる手段はある。 偽名とみられるユーザーのページに行き、「報告」機能を使って「私の以前のアカウントです」「この人物から嫌がらせを受けています」「このプロフィールは他の人になりすましているか、偽プロフィールです」といった項目から該当するものを選び、管理者側に送信する。 その対応については「報告が適切に提出された場合は、問題のコンテンツをただちに削除するか、それへのアクセスを停止します」とあるが、いつどのような判断を下すかはFBに委ねられている。 「若干のミスは避けられない」と弁解 海外でも著名人と同姓同名だったことが影響して、FBに利用停止を受けた人がいる。 英大衆紙デイリーメールの電子版「メールオンライン」は、「被害」を受けた2人の女性を紹介した。 その氏名はいずれも「ケイト・ミドルトン」さん。 2011年4月29日に英ウィリアム王子と結婚した女性と同じ名だ。 世間がロイヤルウエディングにわく中、2人のミドルトンさんは突然FBへのアクセスができなくなったという。 2人のうち1人は生まれも育ちも米国で、英王室に嫁いだミドルトンさんと面識があるわけでも、ましてその名を語ろうと企んだわけでもない。 ツイッターに「私が偽名を名乗っていると判断されて、FBが使えなくなった」と不満を爆発させた。 この2人以外にも英国で2人、豪州で1人のケイト・ミドルトンさんがアカウント停止となったと報じられた。 FBは「メールオンライン」に対して、「セキュリティー確保のため、若干のミスはどうしても避けられない」と弁解しているが、あらぬ疑いをかけられた側としてはたまったものではないだろう。 国内でも2011年2月上旬、実名で登録していないとみられるユーザーのアカウントが数多く停止される騒ぎが起きた。 規約に基づいて「FBは実名で」を浸透させるためと推測される。 だが今回の坂本さんやミドルトンさんに対する停止措置を考えた場合、著名人と同姓同名だからといってすぐに「なりすまし」と断定するのは少々乱暴にも思える。 実行中のプロセスにはちゃんとFacebookメッセンジャーがいるのに。 同じ現象の人いますか? 板違いなら誘導下さい・・・。 不買運動もしましょう」と記入。 2ch. プロフィールに婚活って書いてる連れは未だ未婚だけど。 アプリからなら開けるんだけど。 民主党のせいでどんどん日本がおかしなことに! 日本を中国にどんどん売る民主党。 民主党を倒せ! 日本人を殺すつもりだ! 新潟の土地を5000坪秘密裏に中国に売った、民主党。 どうしたものか・・・ あといいね! 革命って何ですか?胡散臭すぎる。 悲しい。 かわいい女の子と友達になりたい。 サイドバー広告が多いとスクロールも半端ない。 ていうか どうしてこうなった? 再開するためにはにあるURLってクリックしない方が良いですよね。 お騒がせいたしました。 その手のをシェアするの一人だけだし、たまに知りたいことを書いたりするからそのままにしてあるけど。 非表示にしてあったところとか表示になってたりするけど。 Facebookに参加しましたっていう表示や誰々と友達になりましたっていう表示を非表示にしたんだけど、これって戻せるかな? 非表示にした瞬間は戻すというボタンがあったから戻せたけど、それが消えたらもう方法が分からなくなった お願いします。 彼らは、自己保身の為に日本人を中国韓国に売ったのである。 現実を付きつけられて絶望したぜ。。 友達が多ければ地位が高いっていうものじゃないと思う。 2ch. マニュアルでもあるのかと思うほどに。 そんな奴らに騙されることは無い。 「やめる勇気」「やらない勇気を」持て。 SNS奴隷になるぞ。 SNSを更新するために外食 SNSを更新するためにドライブ SNSを更新するために何をするか考える 他人の日記にコメントをつけないといけない強迫観念 半永久的に続くしがらみから逃げられなくなる重大なストレス SNSのために生きるようになって、奴隷化するんだぞ。 and at first it was amazing. 今のところお友達は旅先で会った人ばかりなので、メッセ送ったりコミュニケーションとる練習中。 なんだよ?コミュニケーションとる練習中って。 ww facebookとか以前の問題だな。 中学の同級生全部消したい。 再会する話しないのなら、それまでの距離の人。 私達日本人は決して忘れることのできない記憶となりました。 もう少しであれから一年。 早いものです。 くだらん。 また誰か高学歴専用社交のためのSNS 作ってくれないかな。 英語なら逃れられるわけでもないんだけど、 日本人の下卑た微笑の世界からはだいぶ解放される。 それをやめさせる為に300万程彼女に投資した。 最近、韓国に帰った途端、連絡しないでと言われ一方的に着信拒否されました。 警察に行ったら民事か刑事事件か判断が難しいと言われました。 むかついたからFACEBOOKで彼女の学校の人に晒してやろうと思うんだけど。 わたしも海外友人-英語派。 >>日本人の下卑た微笑の世界からはだいぶ解放される。 穴二つ そもそも元彼女ですらない商売人ですから。 だから、どうもFBに書くことがなくなって 休眠状態 逆に友達の200人wたくさんのフレンズの中の一人・・っつのもさみしいもんだ。 だいたい人にそんなに自分を知ってもらいたいと思うのか不思議。 mixiのコミュなんかはまだ同好の士の情報共有という趣もあったけど、FBは社内報や町内会報が毎日四六時中まわってくる感じ。 はっきりいってうざい。 自分もどんどんフィード購読せばめているけど適度だよ。 昨年3月に試験導入し、事件・事故に関連する写真や動画を掲載して情報提供を呼び掛けたところ、計8件の解決に結び付いた。 フェイスブックのハノーバー署のページには「ファン」として約10万人が登録。 若者を中心に多くの情報が寄せられ、ニーダーザクセン州は2月上旬、他の警察署でも「フェイスブック捜査」を導入することを決めた。 ハノーバー署の広報担当者によると、登録者の約7割が18~34歳。 新聞やテレビだけでなく、若者に浸透するフェイスブックを通じ情報提供を求める狙いは当たり、窃盗事件の容疑者逮捕や行方不明者の発見のほか、サーカスから逃げ出したゾウの確保にも役立ったという。 日本人的と言われればそれまでだけど。 さっき管理してたら告知された。 はっきし言ってウザい。 あ、辞める時はいちいち宣言しないでね。 古い友達との連絡用にアカウント残してあるけどウザい奴の投稿は片っ端から制限かけてウォールに表示されないようにしてる。 mixi女子の平均が34. 4歳と約5歳も年上でした。 mixi女子は34歳までで57. 4%を大きく上回っています。 2ch. net ] Googleのサービス使っても同じじゃね?w Android利用者の電話番号もバックアップとられてる。 プロフに婚活って書いてある人いる。 ドン引きですよ。 専業主婦や低学歴や無職が利用する意味なし。 学歴フィルターとかかけて欲しい。 もともと社会的地位が高い俺ら専用のツールだったのに質が堕ちた。 特に地方のDQN経営者に多い。 こんなところにグダグダ何がしたいのか分かんね。 モバゲーとか、グリーで登録させられて、 友達はあなたを踏み台にして、景品貰ったりするクチ。 SNSなんてやらない連れの携帯のトップ画面が、 SNSのアイコンだらけっての見る事あるけど、 周りの友達が"登録してあげてる"んだよね… 本人無防備すぎ、無知すぎ、利用されすぎ。 SNSに熱心な人ってやはり自己顕示欲の強い寂しい人が多いのかな。 3年前に知人のボランティア仲間に誘われて入ったときは、 グローバルで向上心や意識の高い人ばかりだったのに。 海外と接点がもてた反面、情報を発することがほとんどないので、 向いていないんだろうと思う。 その多くが自己完結し、ごく親しい人に伝えるだけで満足だからかなあと思う。 間違っても寂しい人はいない。 ちなみに高学歴リア充な。 少なくとも自分の知る限りでは、NPOなど何らかの団体に入っていたり、 転職や留学を考えているような人が、活動を発信する場であったと思う。 会ったこともない海外の人が、同じ目標に向かって頑張っていることは、 自分にとっても刺激になることが多かった。 今は何を食べたよとか、こんなもの買ったよとか、 チラシの裏みたいな内容を発信してる人が増えたような気がする。 それが悪いとは言わないが、ブログでやればいいのにって思う。 まあ開設が面倒なんだろうけどね。 2ch. 便所の落書きとも言います。 2ch. net ] 友達300人越えてるオヤジと友達になったんだけど 300人の9割方が世界各国の売春婦だった。 俺も無理やり入らされたけど、はっきり言ってキモいんだよね、 メガネの宇宙人みたいなブサイクばかりでさ。 誇らしげに羅列してある有名国立・私立大卒の高学歴な連中の中に 高卒で終わった連中もチラホラいて、そいつらがどうでもいい低俗で おバカな話ばっかりしてるのも萎える。 うんざりだよ。 みんな他者への関心が高いんだろうね。 いつも、複数の写真を投稿する時、一つのコメントしか書けなくて。。 分かる方教えてください! 1001 : 1001[] 投稿日:Over 1000 Thread このスレッドは1000を超えました。 もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

次の