やけど ステロイド。 日焼けの薬にステロイドを使う時の注意点!リンデロンやロコイド

火傷にロコイド軟膏は効果がある?/作用と副作用について

やけど ステロイド

スポンサーリンク ロコイド軟膏とは、ステロイド(副腎皮質ホルモン)成分を含む塗り薬です。 ステロイドが配合されていると、体に害があったり重篤な副作用が出たりするのではないかというイメージが先行しがちですが、効果効能をよく知り、正しい使い方をすればとても役に立ちます。 ロコイド軟膏はステロイド系の薬の中でも効果が穏やかなものです。 ですから、主に使用される場面としては赤ちゃんのオムツかぶれや虫刺され、あせもの治療です。 またこの薬は、全身の湿疹やアトピー性皮膚炎、皮膚の赤み、かゆみ、火傷などに用いることが出来ます。 そもそもロコイド軟膏は、ヒドロコルチゾン酪酸エステルという主成分とワセリンを混ぜたものです。 この薬は血管から吸収されて皮膚に貯められることで、様々な皮膚疾患に効果を発揮するのです。 効果は穏やかですが、顔や陰部など血流が豊富な箇所では吸収率が上がります。 そのため、炎症の程度によっては異なる薬を使う方が適していることもあるので、医師の判断を仰ぎましょう。 スポンサーリンク ロコイド軟膏は、火傷の治療にも用いられます。 火傷とは、熱いものに触れてしまうことによって、皮膚が赤くなったり腫れたりしている状態ですが、これは 3つのレベルに分類することが出来ます。 まず レベル1は、表皮だけが赤くなったり腫れたり、痛みを伴ったりしている状態です。 この場合においてのみ、 ロコイド軟膏で対応することが可能です。 レベル2になると、表皮だけでなく真皮まで皮膚がダメージを受けてしまっている状態です。 このレベルになると、赤みや腫れだけではなく、水ぶくれが出来ます。 このような場合にはロコイド軟膏では対処出来ません。 さらに レベル3になると、脂肪層にまで達しています。 ここまで来たら病院に行くしか方法はありません。 ロコイドは軽度な火傷のみに使用できます。 火傷をした際には、まず冷たい水で10分から長くて30分ほど患部を冷やします。 その結果、皮膚の状態がどうなっているかを観察します。 この時水ぶくれが出来ていたら速やかに病院に行きましょう。 冷やして患部の痛みや赤みが落ち着くならば、ロコイド軟膏で様子を見ましょう。 ただし、これはあくまでもステロイドを含んでいることを忘れずに、使用する際には短期間に止め、治らないようなら医療機関を受診しましょう。 スポンサーリンク.

次の

ケロイドと肥厚性瘢痕

やけど ステロイド

日常生活で、やけどは身近な怪我です。 家庭で、仕事場で火を扱う場合にうっかりとやけどしてしまうことも多いでしょう。 そんな時に、すぐに痛みを抑えて怪我を治してくれる薬などはあるのでしょうか? 湿潤療法というやけど治療が主流に やけどの治療と言えば、すぐに冷やして放置するというのが一般的でした。 ところが今は、それだけではなく「湿潤療法」という方法が主流になってきています。 やけどをした場合には、軟膏を幹部に塗り痛みを和らげつつ、怪我の治りを促進させるものが主流です。 すぐに病院に行き適切な処置を受けるようにしましょう。 日焼けなどにも使えるやけどの薬 やけどの薬として広く使われているのが、「非ステロイド軟膏」です。 効能効果のところに「やけど」が記載されている商品の中でも、ステロイドの成分が入っていない商品群のことを指します。 スポンサーリンク 軽いやけどや日焼け、さらにはしもやけなどに効果を発揮します。 薬局やドラッグストアなどにも売られており、最近はネットショッピングでも気軽に購入できるので、もしものために1つ用意しておくと助かります。 効き目が強いステロイド軟膏薬 やけどの痛みが少し強い場合には、「ステロイド軟膏」と呼ばれる塗り薬を用いるのが良いでしょう。 こちらは、非ステロイド軟膏に比べて効き目が強いので、痛みや赤みを抑える効果が高いと言われています。 ただステロイド軟膏は、免疫力を低下させてしまう作用もあるので、幹部の炎症が強い場合やジクジクしている時などは、使用を控えるようにしましょう。 ステロイド軟膏は、気軽に利用できるものではありませんので購入する場合には、使用方法などを登録販売者や薬剤師に相談してください。 やけどは決して珍しい病気ではありません。 しかし、いざやけどしてしまうと処置方法やその後のケアなどをど忘れしがちになります。 そうならないためにも、日頃から準備を怠らないようにしておきましょう。

次の

やけどにステロイドの使用とはいったいどうなの?

やけど ステロイド

やけどをするとI度熱傷のような浅いやけど以外は傷跡が残ってしまいます。 浅いやけどの場合には赤みが残ったり、茶色になる色素沈着が起こったりします。 色素沈着は紫外線に当たることが原因となりますので紫外線を防ぐ遮光が必要です。 深めのやけどをした場合には傷跡が盛り上がって「ケロイド」や「ひきつれ(瘢痕拘縮)」の状態となることがあります。 特に深達性II度熱傷やIII度熱傷では治るまでに時間がかかり、傷跡だけではなくひきつれが生じ、外見だけでなく機能的にも問題となることがあります。 その可能性をできるだけ小さくするためにもやけどを受けたらすぐに専門医の治療を受けることをおすすめします。 植皮術などの手術治療が必要となる場合は入院して治療を受けることになりますが、この場合にはやけどの治療した部位に加えて、移植するために皮膚をとる部位にも傷跡を残します。 できてしまった傷跡を目立たなくする治療があります。 副腎皮質ステロイド軟膏、クリーム、テープなどが有効です。 弾力性を持った包帯やサポーターなどで盛り上がった傷跡の場所を圧迫することも効果的です。 ケロイドやひきつれ(瘢痕拘縮)が高度な場合には手術による治療が必要となる場合があります。 専門医に相談して最も効果的な方法を選ぶべきです。

次の