脇の下 かぶれ。 脇の下のかぶれに用いる薬に関して

汗をかくと肌がかゆい!かゆみが起こる原因と対処方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

脇の下 かぶれ

関連記事 かぶれの基本的な治し方 かぶれの治療は、原因物質を特定して接触を断つことが基本です。 万が一、原因となる物質に触れた場合は、患部を石鹸で洗い流します。 かぶれによる炎症は、ステロイド配合の塗り薬で鎮めるのが基本です。 また、かゆみが強い場合は、アレルギーの飲み薬を使用します。 下記に該当する場合は自己判断で治療をせず、早めに皮膚科を受診しましょう。 ・原因物質の特定が難しい場合 ・長期にわたってかぶれがおさまらない場合 ・再発を繰り返すなど、アトピー性皮膚炎の疑いがある場合 ・症状が重く、掻き壊すおそれがある場合 ・かゆみが強く、飲み薬を処方してもらいたい場合 原因物質の特定が難しい場合 かぶれの原因が特定できない場合は、皮膚科の問診と検査を受けましょう。 接触性皮膚炎ではなく、細菌などによる皮膚疾患や内科系の病気にかかっている疑いがあります。 症状が長期にわたって治まらない場合 症状が長引く場合も、別の皮膚疾患のおそれがあるので注意が必要です。 また、患部を掻き壊しは症状の悪化を招くので、早めに医師の指導を受けましょう。 アトピー性皮膚炎の疑いがある場合 再発を繰り返す場合や親がアレルギー疾患にかかっている場合は、接触皮膚炎ではなくアトピー性皮膚炎にかかっているおそれがあります。 適切な治療を受けるために皮膚科を受診しましょう。 飲み薬を処方してもらいたい場合 かゆみが特に強い場合、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬といった飲み薬が治療に役立つことがあります。 ただし飲み薬の効果の有無は症状によって変わってくるので、医師の診断を受け、必要な場合のみ使用しましょう。 かぶれに効く市販薬は、成分や使用感などで自分に合ったものを選びましょう。 ステロイドと非ステロイドの使い分け 炎症を鎮めたい場合、基本的にはステロイド外用薬を選びます。 また、ステロイド外用薬の中には副作用のリスクを軽減した「アンテドラッグ」タイプもあります。 患部が広範囲にわたる場合や皮膚が薄い部位(目の周りなど)の場合は、ステロイド成分の配合されていない非ステロイド外用薬を選びましょう。 軟膏とクリームの使い分け 軟膏は刺激が少なく、ジュクジュクした患部にも使えるのが特徴です。 また、保護力にも優れており、皮膚の水分が蒸発するのを防ぎます。 一方でベタベタした使用感や伸びの悪さが気になることがあります。 クリームは伸びの良く、使用感に優れているのが特徴です。 しかし軟膏に比べて刺激が強いので、ジュクジュクした患部には適していません。 軟膏かクリームかを選ぶ場合は、使用感の好みに加えて症状の重さも重視しましょう。 また頭皮のような特定の部位には、ローションタイプが向いていることがあります。 かぶれの治療は、原因物質を特定して接触を断つことが基本です。 万が一、原因となる物質に触れた場合は、患部を石鹸で洗い流します。 かぶれ(接触性皮膚炎)におすすめの市販薬をステロイド・非ステロイドからそれぞれ紹介します。 また、部位別に適した市販薬もあわせて紹介します。 かぶれにおすすめの市販薬:ステロイド外用薬 ステロイド成分を含むかぶれにおすすめの市販薬を、軟膏・クリームそれぞれのタイプから紹介します。

次の

脇の下のあせもに悩まされている人が今日からできる2つのこと

脇の下 かぶれ

昨日、久しぶりに大学時代の友人と会いました。 その友達は、とても人が良いんですが、かなり抜けてるところがあって 危なっかしくて、ほっとけないタイプです。 とても仲がよかった彼女とは大学を卒業すると同時に、お互い離れ離れに…… その当時、ものすごく寂しい思いをしました。 そんな彼女が、2日前、仕事の出張で私が住んでいる都内に来ました。 つい気になって彼女に尋ねました。 私「かゆいの? アレルギー?」 友「最近、かゆいんだよねぇ。 ほんとなんだろう? 来週あたりに病院いってみようかな。 でも……お医者さんに脇を見られるのはちょっと恥ずかしいしなぁ。 薬局に売ってる薬試してからにしよ」 声のトーンを小さくしてそう私に言いました。 「脇の下がかゆくなる」原因の多くは大きく分けて3つあります。 そこで今回は、この3つについてお話します。 原因1:皮膚炎 湿疹 アトピー性皮膚炎 免疫が働かなくなって、アレルギー反応を引き起こす症状です。 体が冷えて血の巡りが悪くなった時や、 生活が不規則になって、自律神経が乱れると体がかゆくなります。 症状にもよりますが、1か月以上たっても、湿疹が止まらない 場合は必ず病院で診てもらうようにしてください。 自分で治そうとして、悪化した知人を私は知っています 汗によって引き起こされる乾燥肌 汗をかいたまま放っておくと、保湿成分が汗と共に 流れ落ちることによって肌が乾燥してしまいます。 乾燥肌になると、服と肌で摩擦が起きてしまい、かゆみが出ます。 それによって、引っ掻いてしまい、炎症を起こす危険性があります。 それを防ぐには、まずは体を清潔に保つことが絶対条件です。 清潔にした状態で保湿クリームを適度に塗って乾燥を防止すると良いです。 接触皮膚炎 かぶれ 金属や化学薬品などに触れたとき、 体質によってはかぶれてしまうこともあります。 1 カミソリ負け• 刃がさびていた• あなたの肌が敏感肌• 毛の流れに逆らって剃った• 処理後、保湿クリーム またはジェル を塗らなかった わき毛処理はカミソリ負け以外にも皮膚を傷つけるためにかゆくなってしまいます。 2 制汗剤 制汗剤は化学物質を使って汗の流れや臭いを抑えています。 この物質が人によってはアレルギー反応を起こし、かゆくなってしまうことも…… もし脇の下に制汗剤を塗った後にかゆみを感じたら、 一度使用を控えて様子をみてください。 原因2:カビやダニ カンジダ カビ カンジダは通常、害になるということは聞きません。 しかし、高温・多湿な環境で、体の抵抗力が落ちた時に、 感染症を引き起こしてしまいます。 体が弱っている時に脇の下のかゆみが出て、 治まる事が無い場合はカンジダによる可能性もあります。 その場合は、病院 皮膚科 で診察してもらいましょう。 疥癬 かいせん ヒゼンダニ とても小さなダニ が皮膚の角質層内に住み着くことで、 かゆみを引き起こしてしまいます。 原因3:あせも 夏が近づくにつれ、汗をたくさんかいたときに皮膚が炎症を起こします。 あせもはこちらで詳しくまとめています。

次の

汗をかくと肌がかゆい!かゆみが起こる原因と対処方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

脇の下 かぶれ

気づいたら突然、脇の下がかゆくなっていた。 はじめは少しのかゆみで「一時的なものかな?」と特に気にしないでほおっておいた。 すると日に日にかゆみは強くなり、かゆみの範囲も広がってきた。 会社が学校では洋服の上から、手でつまんだり自然と脇の下を掻くようになった。 どれくらいたったが忘れたが、もう長い期間かゆいような気がする。 鏡で脇をみると、赤くなっている。 かゆみがひどい時は、熱いシャワーでジャーとやるととっても気持ちい。。 そして、なんだかフケのような皮膚がボロボロで零れ落ちてくるようになった。 なんだか最近、オイリー肌の場所が赤くなりかゆい、かゆみは脇の下だけではなくなってきた。。 そんな症状でお困りの方は少なくはないと思います。 そんな症状は脂漏性皮膚炎かもしれません。 ほおっておくとどんどん治りにくくなってしまうこの脂漏性皮膚炎を徹底解説していきます。 脇の下のかゆみの正体は脂漏性皮膚炎!? 脂漏性皮膚炎という皮膚のかゆみの種類をはじめて聞いたという人もいると思います。 そして、脂漏性皮膚炎は良く顔だけにできると思われがちですが、そんなことはなく意外としらない人が多い、 脇の下にも良くできる部位のひとつになるのです。 脂漏性皮膚炎は気を付けてください。 はじめは少しのかゆみだけで済んでいたものが、どんどんかゆみが酷くなり、脇の下だけでなく、 顔、頭皮、鼻、耳、陰部などなど皮脂が多く出る場所はどこでも発症します。 そしてこの脂漏性皮膚炎は治るのですが、原因を知らずに対策もできる何年も患っている人が増加しているのです。 皮膚科など病院で脂漏性皮膚炎をアトピー性皮膚炎とされてしまうことはこのゆえんもあります。 原因ははっきりしていますので、このサイトで全ての情報と、とっても簡単な改善方法を記載いたしますね。 私もこの脂漏性皮膚炎には長い期間悩まされましたが、今ではすっかりなんともありません。 脇の下のかゆみは菌が原因なの!? これは脂漏性皮膚炎の患部のイメージ写真ですが、ちょっ過激でしたね。。 みなさんの人の皮膚にいる常在菌のマラセチアという真菌です。 問題なのが、脂漏性皮膚炎の人はこのマラセチアをやっつけることだけに集中して、結局治らず慢性化してしまうのです。 また、もっと問題なのが病院で脂漏性皮膚炎と診断されても医師から処方される薬はおそらく、 ステロイド もしくは、 ニゾラール という真菌と対峙する塗り薬がせいぜいではないでしょうか? ハッキリ言うと、これではまず治りません。 私も長年これを塗ってきました。 ステロイドは一時的によくなったように見えますが、やめるとからなず再発しました。 そして使用前よりも皮膚はもっと赤くなり、特に私の場合は顔に発症しておりどんどんひどくなり会社にいくのもおっくうになりました。。 このマラセチアは誰にでもいる常在菌です。 これが異常繁殖して、大量の脂肪酸を出したときがかゆみと赤みがでるメカニズムなのです。 なぜ、マラセチアが増えてしまったのか? ここに着目した治療と、病院の先生を私はまだ知りません。

次の