ひとりしゃぶしゃぶ。 “初期投資ゼロ”で始める飲食店オーナー 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」にみる新しいファイナンスのカタチ|TOPICS|SUPER CEO

【みんなが作ってる】 一人しゃぶしゃぶのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ひとりしゃぶしゃぶ

2020年6月15日、東京・赤坂にオープンした「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」。 多数の著名人が足しげく通う、すき焼き&ワインダイニング「厨(くりや) 七代目松五郎」(渋谷)の姉妹店で、ネクシィーズグループが進めるネクシィーズ・ゼロシリーズの新たなサービス「お店まるごと初期投資オールゼロ」の旗艦店でもある。 店内はオーバル状のカウンターにオープンキッチンの開放的なスタイル。 すき焼きが人気のワインダイニング「厨 七代目松五郎」と同じルートで仕入れた自慢のA4・A5ランクの熟成牛肉やオリジナルブランド豚を、オーダーが入ってから目の前でスライスしてくれる。 赤坂という立地にありながら、ランチは980円からしゃぶしゃぶが食べられるリーズナブルな価格になっている。 赤坂の好立地に「ひとり鍋で楽しむ究極のしゃぶしゃぶ」をコンセプトにオープン。 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」のプロデュースをしたのは、初期投資ゼロで業務用設備をレンタルする「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」を展開するネクシィーズグループの代表であり、会員数約4000人を誇る経営者の会「パッションリーダーズ」の代表理事も務める、近藤太香巳氏。 「365日中、200日は食べてきた」という自他ともに認める大のしゃぶしゃぶ好きの近藤氏が、世界で通用する日本料理「しゃぶしゃぶ」の究極の味を追求し、飲食店プロデュースに挑んだ。 渋谷ヒカリエのレストランフロアのプロデュースや、グランツリー武蔵小杉の総合プロデューサーを務めた、ブランディングプロデューサー柴田陽子氏と近藤氏がタッグを組んだ、従来のセルフエステの常識を覆すこの事業。 すでに8社とオーナーの契約を交わし、現在も希望者が列を成している状態だという。 (2020年6月時点) 今回オープンした赤坂の「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」のオーナーは「厨 七代目松五郎」を運営する株式会社Make our Guests Passionateだが、今後の出店に際してはネクシィーズグループがFCオーナーを募集する予定だ。 「BODY ARCHI」が成功したのも、高性能のセルフエステマシンと、柴田氏の女性ユーザー目線を徹底した店舗デザインや運営ノウハウがあったからこそ。 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」でも、プロデューサーの近藤氏が陣頭指揮を執って、商品開発が進められた。 近藤氏と藤井シェフが試作を重ねた門外不出の「特製ポン酢だれ」。 強めの酸味は、唯一無二の癖になる魅力がある。 料理だけではなく、店舗のオペレーションも綿密に設計されている。 オールカウンターのオープンキッチンは、スタッフによる「サービス」も商品だと考える藤井氏の考えに基づいている。 オーダーが入ってから目の前で肉をカットするのは、肉を最もおいしい状態で提供すると同時に、演出でもあるという。 肉を切っている間に、10種以上の新鮮な野菜を先に楽しんでもらうため、野菜は事前に準備。 鮮度が落ちないように高性能の冷蔵庫を野菜専用に導入した。 「サービスも空間もすべて含めて料理だと思っています」と語る藤井シェフ。 丁寧かつ楽しいシェフとのトークも楽しみの一つ。 「お店まるごと初期投資オールゼロ」は飲食業界の希望となるか 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」に導入された「お店まるごと初期投資オールゼロ」は、ネクシィーズグループが展開する「ネクシィーズ・ゼロ」の集大成ともいえるもの。 その名のとおり、飲食店のオーナーが新規出店する際に必要となる、物件探し、店舗の設計、内装工事、LED照明や業務用冷蔵庫・空調などの店舗運営に必要な設備の購入等々、その初期投資をネクシィーズグループが提供する画期的なサービスだ。 すでにほかの事業を手掛けている経営者でも、この「お店まるごと初期投資オールゼロ」を活用すれば、既存事業を運営しながらネクシィーズグループのリソースを使って新規出店を進められる。 開店資金を丸ごと用意してくれるので、既存事業の運転資金に手を付ける必要がなく、資金繰りで困ることもない。 ネクシィーズグループでは、「ネクシィーズ・ゼロ」事業の推進に向け、投資総予算500億円を用意。 メガバンクとのジョイント戦略による資金確保を行いながら、地方金融機関を販売パートナーに「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」のサービス拡大を目指す。 すでに15行の地銀が販売代理店として名乗りを上げている。 その成功は、コロナ禍で変化を求められる飲食業界に新しい風を吹かせてくれることだろう。

次の

【ひとりしゃぶしゃぶ温野菜】しゃぶしゃぶ温野菜アプリ活用法

ひとりしゃぶしゃぶ

一人でも行きやすいしゃぶしゃぶ店 個室があったり一人分のメニューが豊富だったりと、一人でも行きやすい都内のしゃぶしゃぶをご紹介します。 味の牛たん喜助 丸の内パークビル店 料理だけてばなく、珍しい女性向けのドリンクも充実しているので、女性が楽しめるお店です。 おすすめ料理は、コラーゲンたっぷりの『牛たんしゃぶしゃぶ』。 女性に嬉しいコラーゲンたっぷり入ったテールスープで、とろける牛たんを食べられるしゃぶしゃぶはらクセがないのでポン酢や塩でさっぱりといただきましょう。 コラーゲンと野菜をたっぷり食べられるので、美容にうるさい女性にもおすすめです。 喫煙:禁煙席あり 平田牧場コレド日本 平田牧場コレド日本橋は、ブランド豚と山形の食材をたっぷり堪能できるお店。 景色も魅力的で、都心ながらも落ち着いた空間を演出する、とんかつと豚肉料理 平田牧場コレド日本橋店。 「平牧三元豚」を使った「とんかつ」と「しゃぶしゃぶ」をたっぷり堪能できます。 3種の豚を掛けあわせたという三元豚は特徴であるきめ細かな肉質、甘みのある脂肪で、どの肉料理も旨味たっぷりで上品な味わいです。 また、肉料理だけではなく無添加の調味料を使った山形の郷土料理も魅力的です。 人気のメニューをたっぷり味わえる満足コース、平牧三元豚しゃぶしゃぶコースは、前菜3点盛り ・揚げ物 ・しゃぶしゃぶ肉(三元豚ロース、三元豚バラ肉) ・野菜盛り ・稲庭うどん ・デザートと豪華に楽しめるコースです。 店舗はビルの4階で窓際のカウンター席からは美しい景色を一望できます。 店舗情報 住所:東京都中央区日本橋1-4-1コレド日本橋4F 営業時間: ランチ 【平日・土】11:00~15:00 ランチ 【日・祝】11:00~15:00 ディナー 【平日・土】17:00~23:00 ディナー 【日・祝】17:00~22:00 定休日:不定休 TEL:03-6214-3129 最寄り駅: 東京メトロ銀座線 日本橋駅 徒歩1分 東京メトロ東西線 日本橋駅 徒歩1分 アクセス: 銀座線「日本橋」駅B12出口から徒歩1分。 平均予算: 夜:5000円 昼:1500円 個室:なし 喫煙:完全禁煙 割烹三長 落ち着いた雰囲気で女性1人でも入りやすいお店です。 ここでのおすすめメニューは、やわらかな佐賀牛の食感を楽しめる佐賀牛塩麹しゃぶしゃぶがおすすめです。 このメニューはオリジナルの塩麹ダシを使ったしゃぶしゃぶで、コクのある塩麹の旨みと佐賀牛の味わいが相まって極上のおいしさを生み出します。 やわらかいお肉が好きなら、ぜひこのお店で佐賀牛の食感をお楽しみください。 店舗情報 住所:東京都渋谷区円山町6-1 営業時間: 【平日・土】17:00~23:30 ラストオーダー22:30 定休日:日・祝 TEL:03-6455-1363 最寄り駅: JR各線 渋谷駅 徒歩9分 京王井の頭線 神泉駅 徒歩5分 アクセス: JR渋谷駅から徒歩9分、井の頭線神泉駅徒歩5分。 平均予算: 夜:13000円 個室:あり 喫煙:分煙 お菜屋 わだ家 西麻布店 エンターテインメント感満載で、 厳選された豚肉とお酒をゆっくり楽しめる大人の寛ぎ空間です。 隠れ家的な佇まいのこちらのお店は、オーナーである和田アキ子さんのこだわりがつまった温もり空間です。 店名のお菜屋という名前が示す通り、旬の野菜を中心に新鮮な野菜をふんだんに使った料理で、遅い時間の食事でも体に優しいものが食べられます。 おすすめメニューは、「わだ家流! 豚のしゃぶしゃぶ 松坂豚 三重県/松坂豚(肩ロース・バラ)白葱・水菜」で、しゃぶしゃぶとの相性も抜群な松坂豚を昆布と鰹の出汁で味わうお料理です。 出汁にしっかりと味があるので、つけだれなしで、そのまま食べられて5種類の薬味がアクセントになった上質な味わいです。 料理に合わせて楽しめるドリンクも種類豊富に揃い、和を感じられる落ち着いた雰囲気の店内は、家に帰ったようなくつろぎ感、エンターテインメント感がマッチした極上の空間です。 店舗情報 住所:東京都港区西麻布3-1-20DEAR西麻布B1F 営業時間: 【平日・土・祝前】18:00~04:00 ラストオーダー03:00 【日・祝】17:00~00:00 ラストオーダー23:00 定休日:無休 TEL:03-5785-0410 最寄り駅: 東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩5分 都営大江戸線 六本木駅 徒歩10分 アクセス: 地下鉄日比谷線六本木駅下車、1-C出口から六本木通りを西麻布方面へ徒歩5分。 平均予算: 通常:7000円 個室:あり 座席:完全個室あり 割烹・一品料理 わくら 銀座店 和風の落ち着いた雰囲気のわくらでは、近江の霜降り豚、蔵尾ポークで食べる豚しゃぶコースがおすすめです。 わくらの豚肉は、肥料に有名菓子店のバームクーヘンを使った蔵尾ポークで、綺麗な霜降りの入ったお肉で食べるしゃぶしゃぶは口の中に素材の旨みが広がり絶品です。 しめは雑炊か素麺がメジャーで、わくらのぽん酢で食べるのがおすすめです。 店舗情報 住所:東京都中央区銀座7-5-4ラヴィアーレ銀座ビルB1F 営業時間: 【平日・祝前】17:00~23:00 ラストオーダー22:00 飲み物のラストオーダーは22:30となります。 定休日:土・日・祝 TEL:03-3572-8878 最寄り駅:東京メトロ銀座線 銀座駅 徒歩3分 アクセス: 東京メトロ銀座線「銀座駅」B5出口を出て徒歩3分。 資生堂本社ビルの隣 平均予算: 通常:12000円 個室:あり 一人専用しゃぶしゃぶ 一人で行きやすいしゃぶしゃぶ店には、一人専用しゃぶしゃぶ店も存在します。 一人専用なら、一人しゃぶしゃぶビギナーでも行きやすいのでおすすめです。 しゃぶせん銀座B2店 しゃぶせんのしゃぶしゃぶは、お肉のうまみを最大限に引き立てる熟成された秘伝の胡麻だれをつけて食べます。 アスパラ豆腐、トマトサラダといったサイドメニューも豊富でしゃぶしゃぶ以外も楽しめます。 また、くずきりなどのしゃぶせんならではのデザートも人気です。 店内は全てカウンター席なので、一人専用の鍋で心ゆくまでしゃぶしゃぶを楽しめます。 店舗情報 住所:東京都中央区 銀座5丁目8-20 ギンザコアビル地下2階 TEL:03-3572-3806 最寄駅:東京メトロ銀座線 銀座駅 東京メトロ日比谷線 銀座駅 アクセス: 東京メトロ銀座線「銀座駅」のA3出口を出て、銀座コアビル地下2階 営業時間: 11:00~22:00 ラストオーダー21:00 ランチ 11:00~16:00 ランチタイム、土日祝は15:00まで 定休日:年末年始 平均予算: 【ディナー】3500円 【ランチ】1500円 喫煙:完全禁煙 SHAVU SHAVU お客様一人一人に鍋を用意してくれる、しゃぶしゃぶ専門店SHAVU SHAVUのメニューで扱っているお肉や野菜は、独自のルートで入手した鮮度の高い食材ばかりです。 タレは自家製のものを用意していて、しゃぶしゃぶの美味しさを引き立てますのでぜひ一緒にいただきましょう。 鍋は自分専用のものを用意してくれるので、一人でも安心して利用できます。 ディナーの時間は全室個室になり、内装もオシャレな造りになっているので、女性でも行きやすいです。 おすすめメニューは、農家から直送している鮮度の良い素材、みやじ豚のしゃぶしゃぶです。 農家から直送している、みやじ豚というブランド肉を使用し、しゃぶしゃぶとして食べることで、素材そのものの良さを味わうことができます。 自慢の黄金出しでこだわり野菜、神奈川県産のやまゆりポークをいただけます。 リーズナブルでもあるので、ちょっとしゃぶしゃぶが食べたくなった時に気軽に行けるお店です。

次の

ひとり鍋しゃぶしゃぶ り山

ひとりしゃぶしゃぶ

2020年6月15日、東京・赤坂にオープンした「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」。 多数の著名人が足しげく通う、すき焼き&ワインダイニング「厨(くりや) 七代目松五郎」(渋谷)の姉妹店で、ネクシィーズグループが進めるネクシィーズ・ゼロシリーズの新たなサービス「お店まるごと初期投資オールゼロ」の旗艦店でもある。 店内はオーバル状のカウンターにオープンキッチンの開放的なスタイル。 すき焼きが人気のワインダイニング「厨 七代目松五郎」と同じルートで仕入れた自慢のA4・A5ランクの熟成牛肉やオリジナルブランド豚を、オーダーが入ってから目の前でスライスしてくれる。 赤坂という立地にありながら、ランチは980円からしゃぶしゃぶが食べられるリーズナブルな価格になっている。 赤坂の好立地に「ひとり鍋で楽しむ究極のしゃぶしゃぶ」をコンセプトにオープン。 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」のプロデュースをしたのは、初期投資ゼロで業務用設備をレンタルする「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」を展開するネクシィーズグループの代表であり、会員数約4000人を誇る経営者の会「パッションリーダーズ」の代表理事も務める、近藤太香巳氏。 「365日中、200日は食べてきた」という自他ともに認める大のしゃぶしゃぶ好きの近藤氏が、世界で通用する日本料理「しゃぶしゃぶ」の究極の味を追求し、飲食店プロデュースに挑んだ。 渋谷ヒカリエのレストランフロアのプロデュースや、グランツリー武蔵小杉の総合プロデューサーを務めた、ブランディングプロデューサー柴田陽子氏と近藤氏がタッグを組んだ、従来のセルフエステの常識を覆すこの事業。 すでに8社とオーナーの契約を交わし、現在も希望者が列を成している状態だという。 (2020年6月時点) 今回オープンした赤坂の「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」のオーナーは「厨 七代目松五郎」を運営する株式会社Make our Guests Passionateだが、今後の出店に際してはネクシィーズグループがFCオーナーを募集する予定だ。 「BODY ARCHI」が成功したのも、高性能のセルフエステマシンと、柴田氏の女性ユーザー目線を徹底した店舗デザインや運営ノウハウがあったからこそ。 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」でも、プロデューサーの近藤氏が陣頭指揮を執って、商品開発が進められた。 近藤氏と藤井シェフが試作を重ねた門外不出の「特製ポン酢だれ」。 強めの酸味は、唯一無二の癖になる魅力がある。 料理だけではなく、店舗のオペレーションも綿密に設計されている。 オールカウンターのオープンキッチンは、スタッフによる「サービス」も商品だと考える藤井氏の考えに基づいている。 オーダーが入ってから目の前で肉をカットするのは、肉を最もおいしい状態で提供すると同時に、演出でもあるという。 肉を切っている間に、10種以上の新鮮な野菜を先に楽しんでもらうため、野菜は事前に準備。 鮮度が落ちないように高性能の冷蔵庫を野菜専用に導入した。 「サービスも空間もすべて含めて料理だと思っています」と語る藤井シェフ。 丁寧かつ楽しいシェフとのトークも楽しみの一つ。 「お店まるごと初期投資オールゼロ」は飲食業界の希望となるか 「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」に導入された「お店まるごと初期投資オールゼロ」は、ネクシィーズグループが展開する「ネクシィーズ・ゼロ」の集大成ともいえるもの。 その名のとおり、飲食店のオーナーが新規出店する際に必要となる、物件探し、店舗の設計、内装工事、LED照明や業務用冷蔵庫・空調などの店舗運営に必要な設備の購入等々、その初期投資をネクシィーズグループが提供する画期的なサービスだ。 すでにほかの事業を手掛けている経営者でも、この「お店まるごと初期投資オールゼロ」を活用すれば、既存事業を運営しながらネクシィーズグループのリソースを使って新規出店を進められる。 開店資金を丸ごと用意してくれるので、既存事業の運転資金に手を付ける必要がなく、資金繰りで困ることもない。 ネクシィーズグループでは、「ネクシィーズ・ゼロ」事業の推進に向け、投資総予算500億円を用意。 メガバンクとのジョイント戦略による資金確保を行いながら、地方金融機関を販売パートナーに「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」のサービス拡大を目指す。 すでに15行の地銀が販売代理店として名乗りを上げている。 その成功は、コロナ禍で変化を求められる飲食業界に新しい風を吹かせてくれることだろう。

次の