マリオン・コティヤール。 マリオン・コティヤールはブラピの浮気相手?世界の最も美しい顔 1位

人物情報

マリオン・コティヤール

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜【2007年】 あらすじ 幼少期に母に捨てられ親族の経営する売春宿で育ったエディット(マリオン・コティヤール)。 やがて歌手を目指す母を真似て、ストリートで歌い始めたエディットに声がかかります。 決して順風満帆とは言えない人生を送ってきた彼女。 後にはフランスの歌姫ともなるエディットの生涯とはいかなるものだったのでしょうか…。 見どころ この映画でマリオン・コティヤールはアカデミー賞主演女優賞を受賞しましたが、その他にも英国アカデミー賞主演女優賞やフランスのセザール賞主演女優賞など10以上もの賞を受賞しました。 彼女の知名度が大きく上がった作品です。 インセプション【2010年】 あらすじ ドミニク・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は相手の夢に入り込み、情報を引き出すことができる諜報員でした。 そこに日本人実業家サイトー(渡辺謙)が情報を引き出すのではなく、記憶を植え付ける仕事を依頼してきます。 コブはチームを組み綿密な計画を立て作戦を実行しようとしますが、夢の中に亡き妻モル(マリオン・コティヤール)が現れるなど波乱に巻き込まれます。 見どころ クリストファー・ノーラン監督のサスペンス映画。 マリオン・コティヤールはコブの亡き妻モルを演じ、コブを撹乱します。 レオナルド・ディカプリオやトム・ハーディ、日本の渡辺謙など数多くの名俳優が出演する人気の作品です。 ダークナイト ライジング【2012年】 あらすじ ほぼ全ての犯罪が根絶されたゴッサム・シティ。 しかしベイン(トム・ハーディ)率いる黒幕によって無政府状態に陥ってしまいます。 ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)はバットマンとして活動をやめ、ウェイン産業の職務からも遠のいた生活を送っていました。 しかし、事態を聞いて再起をはかりゴッサム・シティを救おうとします。 見どころ 『バットマン ビギンズ(2005年)』、『ダークナイト(2008年)』に続く第3作として注目を浴びた『ダークナイト ライジング(2012年)』。 マリオン・コティヤールはウェイン産業の一役員として登場しますが、その役回りは実に奇妙なもので最後まで目が離せません。 ダークナイトシリーズの中でも必見の映画です。 マリアンヌ【2017年】 あらすじ 第二次世界大戦下、工作員のマックス・ヴァタン(ブラッド・ピット)は、自分の妻マリアンヌ(マリオン・コティヤール)が敵のスパイと疑われていることを知ります。 妻の潔白を証明し家族を守るためには、72時間以内に証拠を見つけなくてはなりません。 マックスのとった行動、そして2人を待っていた結末とは…。 「戦争と家族」という重いテーマの下、2人の苦しい心情が細かに描かれています。 アサシン クリード【2017年】 - 2016 12月 10 4:01午後 PST あらすじ 主人公カラム(マイケル・ファスベンダー)は殺人を犯し死刑が執行されました。 死んだと思った彼が目を覚ましたのは、スペインの大企業の医務室。 そしてソフィア・リッキン博士(マリオン・コティヤール)が現れて「エデンの果実」を入手するミッションを依頼されます。 そこでカラムは「アニムス」と呼ばれる遺伝子記憶の再現装置に接続され、先祖の記憶を追体験することに。 そこから紐解かれていく「エデンの果実」の本当の力、そして先祖に流れる血の謎とは…。 見どころ 大人気ゲームソフト「アサシン クリード」を原案としたSFアクション映画。 マリオン・コティヤールは博士役を演じますが、今までの映画に出てくる彼女とはかなり雰囲気が違っていて、一見彼女とはわからないかも? エヴァの告白【2014年】 あらすじ ポーランドからアメリカへ移民として入国したエヴァ(マリオン・コティヤール)は、強制送還されるところをブルーノ(ホアキン・フェニックス)に助けられます。 しかしブルーノは売春を斡旋していたため、売春婦となったエヴェに強く恨まれます。 ところが、恨まれる中でもブルーノは次第にエヴァを愛していくように。 そんな中、彼のいとこであるオーランド(ジェレミー・レナー )が登場し、彼女との中を深めていきます。 彼らの中で巻き起こる騒動の結末とは…。 見どころ フランス生まれのマリオン・コティヤールは、ポーランド人であるエヴァを演じるにあたりドイツ語なまりのあるポーランド語をマスターしたそうです。 ヨーロッパの言語の中でも難しいポーランド語を短い期間にマスターするなど、彼女の聡明さがあらわれています。 サンドラの週末【2015年】 あらすじ 休職していたサンドラ(マリオン・コティヤール)は突然、上司に解雇を告げられます。 困った彼女はこのまま働かせてもらうことを懇願すると、同僚の計らいによりサンドラが仕事を続けられるかどうかを投票で決めることになりました。 同僚の過半数がボーナスを放棄して、サンドラを職場復帰させることに賛同できればサンドラは解雇を免れることに。 翌週の月曜日の投票に向けて、彼女は同僚たちを説得しに回ります。 見どころ 家族に支えられながら説得に回るサンドラの姿に、マリオン・コティヤールの演技が光ります。 そしてこの映画でマリオン・コティヤールは、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。 家族の気持ち、同僚の気持ち、どちらも理解しているからこそ生まれるサンドラの葛藤。 それを完璧に演じ尽くすマリオン・コティヤールから目が離せません。 パブリック・エネミーズ【2009年】 あらすじ 1930年台アメリカ、銀行強盗のジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は犯罪者でありながら、世間ではスターのようにもてはやされていました。 そんな彼を捕まえるべく、ギャングの一味を殺したメルヴィン・パーヴィス捜査官(クリスチャン・ベール)に期待がかかります。 その間デリンジャーはビリー・フレシェット(マリオン・コティヤール)という魅力的な女性に出会い、恋に落ちます。 逮捕されても脱獄しビリーのもとへ向かうデリンジャー、執念をもって追跡するパーヴィス。 そんな2人の駆け引きの結末とは…。 見どころ これは実在した犯罪者ジョン・デリンジャーを主人公に描いたノンフィクション映画です。 代表作として『ヒート(1996年)』、『コラテラル(2004年)』が挙げられるマイケル・マン監督の作品で、俳優、脚本どちらをとっても見ごたえのある作品です。 コンテイジョン【2011年】 あらすじ 世界各地に突如として広まり始めたウイルスによって世界は混乱に陥ります。 自分の命をも犠牲に、感染経路やワクチン作成に全力を尽くすレオノーラ・オランテス医師(マリオン・コティヤール)。 大切な家族を守ろうとするミッチ・エムホフ(マット・デイモン)。 感染による混乱を逆手に株価を操り、金儲けを目論むアラン・クラムウィディ(ジュード・ロウ)。 それぞれの時間軸で物語は進んでいきますが…。 見どころ マット・デイモンとジュード・ロウの共演ともあり、2人のファンには必見の作品となるでしょう。 またパニック系の映画として批評家の中でもかなり評価が高く、同ジャンルの映画が好きだという方にもおすすめです。 NINE【2010年】 あらすじ 映画監督グイド(ダニエル・デイ=ルイス)はスランプに陥り、新作映画の制作に行き詰まって逃げ出してしまいます。 そして逃亡先のホテルに愛人カルラ(ペネロペ・クルス)呼びますが、妻ルイザ(マリオン・コティヤール)と鉢合わせ。 妻は愛想を尽くし飛び出してしまうのです。 心の支えを失ったグイドは、新作映画の制作中止を発表。 しかし数年後、当時の衣装デザイナーだったリリー(ジュディ・デンチ)に惹かれ…。 見どころ アカデミー賞主演・助演女優賞を受賞した経験を持つ、数多くの女優が出演しています。 また主人公を演じるダニエル・デイ=ルイスは、アカデミー賞主演男優賞を3回受賞している唯一の俳優であり、その点だけでも必見の価値ありです。 映画製作を取り巻く事情を垣間見ることができ、映画ファンの興味をそそる作品と言えます。 最後に 以上10作品を紹介しました。 ここでは主に近年の作品を紹介しましたが、演劇学校を首席で卒業し、映画に出演したての頃の彼女の作品もまた多くあります。 より興味を引かれた方はぜひそちらの方もチェックしてみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク.

次の

マリオン・コティヤールはブラピの浮気相手?世界の最も美しい顔 1位

マリオン・コティヤール

マリオン・コティヤールの生い立ち、身長、年齢、結婚について夫や子ども、息子は? 引用: 1975年9月30日(フランス・パリ)に産まれました。 現在41歳です。 すごく綺麗な女優さんですよね~。 お父さんは俳優でお母さんは元女優で演劇の講師をしているそうです。 幼いころから演技が身近に感じられる環境で育ったマリオンは自然に演技への興味を持ったのでしょうね。 マリオンは演劇学校の卒業はトップの成績だったそうです。 両親が役者という事もありプレッシャーも少なからずきっとあったはずですが見た目の美しさだけでなく、そのころから既に演技の実力も兼ね備えた女優さんだったんですね。 ちなみにマリオンには双子の弟が居るそうです。 マリオンの美貌からするとやはり弟君たちもイケメンなんでしょうかね。 気になりますね。 ということで双子のうちの一人の写真を下に1枚。 俳優兼監督のギョームです。 双子の弟クエンティンは芸術家で、ギョームは俳優兼監督として活躍しています。 引用: マリオンは子供のころから舞台に立ち、世界で活躍しているものの、日本ではそこまで有名ではありませんでした。 マリオンを一躍有名にしたのがフランスで大ヒットし、日本でもヒットした 映画Taxiシリーズへの出演です。 この作品でマリオンはセザール賞有望若手女優賞にノミネートされていました。 映画Taxiに出演して5年後にハリウッドデビューするというとんとん拍子でキャリアを積んで行きます。 しかもハリウッドデビューした作品は2003年の ビッグフィッシュという映画なのですが、この映画実は チャーリーとチョコレート工場や アリスインワンダーランドなどで知られるティムバートン監督の作品なのです。 マリオンはこの作品で主人公ウィリアムの妻役を演じています。 2007年公開された映画 エディット・ピアフ~愛の賛歌~でセザール賞主演女優賞と、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しています。 2013年には世界で最も美しい顔の1位に選ばれています。 そしてマリオンは2014年、 21世紀フランスで最も稼ぐ女優としてフランスで大人気の女優となりました。 私生活では「世界で一番不運で幸せな私」という作品で共演した ギョーム・カネと 結婚しています。 お似合いのお二人ですね。 夫のギョーム・カネは2011年映画 より良き人生でヤン役を演じています。 この作品は当時東京国際映画祭でも上映されました、 引用: ギョーム・カネの元の奥さん、前妻は ダイアンクルーガーです。 2001年に結婚し、2006年に離婚されたそうです。 ダイアンクルーガーも綺麗な人ですよね。 ダイアンはドラマ フリンジでピータービショップ役を演じていた ジョシュアジャクソンと約10年という長い間交際していましたが今年破局してしまいましたね。 やはり一度離婚を経験すると結婚には慎重になってしまいますよね。 ダイアンにも幸せにぜひなってほしいですね。 マリオンはギョームとの間にお子さんが居ます。 2011年に第一子のマルセルくんという男の子をパリで出産しています。 マリオンの身長は 169cmでなんとアンジーと同じ身長なんですね。 ちなみに夫ギョームは 180cmあるようです。 そしてギョームとブラットピットの身長も同じ 180cmと、あれ?何か不思議な感じですね。 実はマリオンとギョームはどうやら事実婚の関係のようで、ダイヤの指輪はしていますが、第一子のマルセル君が産まれたときも、「今後結婚の予定はわからない」と答えていることから、まだ事実婚のままなのではないかといわれています。 今年9月には新たに第二子の妊娠を公表しています。 イケメンのパートナーに二人の子ども。 幸せいっぱいのマリオンですね。 マリオンコティヤールの映画マリアンヌでの髪型が素敵!ディオールの広告塔にも選ばれている! ファッションミューズでもあるマリオンは2008年からフランスのトップブランドであるディオール、レディディオールの広告塔にも選ばれています。 レディディオールのショートムービーにも出演しています。 引用: 今回の映画マリアンヌはヨーロッパが舞台なのでロケ地はロンドンでした。 ロンドンの美し街並みと、マリオンのファッションや髪型、メイクなどもレトロな印象でオシャレだったと評判です。 なによりマリオンの美しさが際立っていたとか。 大変な時期ではあるけれども、二人の心に平安が訪れますように。 映画マリアンヌで夫婦として共演していた二人ですが、ロケ地はロンドンでした。 二人の不倫を疑っていたアンジーが探偵を雇ったところ、黒という結果に。 お互いニックネームで呼び合い、ブラピがタバコを吸うときには自然とマリオンが火をつけるという仲の良さも目撃されています。 ブラピとアンジーの離婚の原因は今回の不倫疑惑だけではなく、他にもブラピのドラッグ使用やロンドンでのロケ中にマリファナを使用し、周りには娼婦が。 まるで独身のようにふるまっていたという探偵からの結果にアンジーが見切りをつけたのではという見解も。 本当の所は本人たちにしかわかりませんね、離婚の真相も、不倫の真相も。 マリオンのパートナーであるギョームもマリオン同様疑惑を否定しています。 、「通常僕たちは自分の噂についてコメントする事はしない」と前置きしたうえで今回の不倫疑惑報道、ブラピとアンジーの離婚報道などでの侮辱的な表現に対し怒りのコメントをインスタに投稿しています。 マリオンは現在第二子を妊娠中とのことですし早くこの騒動が収束するといいですね。

次の

全28作品。マリオン・コティヤールが出演した映画ランキング

マリオン・コティヤール

ベストセラー小説『祖母の手帖』を「マリアンヌ」のマリオン・コティヤール主演で映画化。 1950年代南仏。 家族が決めた相手と愛のない結婚をしたガブリエルは、療養所で出会った帰還兵ソヴァージュと激しい恋に落ち、彼と離れても熱烈な手紙を綴り続ける。 狂おしいほどの愛に突き動かされるガブリエルをマリオン・コティヤールが演じるほか、「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」のルイ・ガレルがガブリエルの運命の男アンドレ・ソヴァージュを、真面目な夫を「ペインレス」のアレックス・ブレンデミュールが演じる。 監督は「愛と哀しみのボレロ」はじめ数々の作品に出演、「ヴァンドーム広場」などでメガホンを取ったニコール・ガルシア。 第69回カンヌ映画祭コンペティション部門正式出品作品。 一般公開に先駆け、フランス映画祭2017にて上映(上映日:2017年6月24日)。 監督 出演キャスト 1月24日 08:00 世界的ベストセラーを基にしたロバート・ダウニーJr. 主演のアクション・アドベンチャー『ドクター・ドリトル』が、3月20日 金 より公開される。 このたび、日本だけのオリジナル予告映像と本ポスタービジュアルが解禁となった。 山口はマリオン・コティヤール演じる妻マリアンヌを意識した衣装で、… 12月21日 11:09 数か月前まで、元妻アンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動でネット上を賑わせていたブラッド・ピット。 最新作『マリアンヌ』 17年2月10日公開 では、浮気を噂されたヒロイン役の美人女優マリオン・コティヤールと、「これって本気… 8月24日 12:00 「世界で最も美しい顔」の1位に選ばれた経験を持ち、アカデミー賞にもノミネートされるなどイケメン演技派俳優として知られるマイケル・ファスベンダーを主演に迎えた『アサシン クリード』のポスタービジュアルと予告編が解禁され、2… 5月20日 22:36 マリオン・コティヤール主演で労働問題を描いた『サンドラの週末』 5月23日公開 の特別試写会付きシンポジウムが、5月20日に北沢タウンホールで開催。 学生の労働相談に応じている、ブラックバイトユニオンの渡辺寛人、NPO法人… 1月15日 15:58 11日 現地時間 に発表された第72回ゴールデン・グローブ賞 以下GG賞 は、ノミネートも含めてちょっとしたサプライズがあった。 日々刻々と変化する状況を踏まえ、15日 現地時間 のアカデミー賞ノミネート発表の直前に、今年… 12月10日 21:09 今年も残すところ1か月を切り、賞レースが本格的にスタートした。 15年1月15日のアカデミー賞ノミネート発表を控え、今年もindiewire. com、goldderby. comなど業界関係者の分析結果をもとに、カテゴリー別….

次の