アルル の 女 あらすじ。 ビゼー 「アルルの女」第2組曲

ビゼー 『アルルの女』 中川隆

アルル の 女 あらすじ

「アルルの女」は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。 5 cm。 パリのオルセー美術館が所蔵している。 ゴッホがアルルに滞在していたときに寝泊まりし、またの家具を調達していたカフェのオーナーのジョゼフ・ミシェルジヌーの妻マリー・ジヌー(1848年6月8日-1911年8月2日)を描いた作品である。 「ジヌー婦人の肖像」と呼ばれることもある。 「アルルの女」は複数のバージョンが存在する。 最初のバージョンは、現在パリのオルセー美術館が所蔵しているもので、黄麻布キャンバスに油彩で描かれたものである(上の写真)。 この作品はゴーギャンが所有していた。 2つ目のバージョンは、現在ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵しているもので、キャンバスに油彩で描かれたものである。 婦人のポーズや構図は同じではあるが、最初の作品ではテーブルに傘が置かれていたのに対し、2つ目の作品では本に置き換えられている。 サン・レミの療養院に入院している時期に、ゴッホはほかに1888年11月に制作したゴーギャンの木炭ドローイングを基盤にした5つのジヌー婦人の肖像を描いている。 1890年6月5日に妹のウィルに手紙では「100年後に人々に今まで分からなかったことが明らかになるようなポートレイトを制作したい。 いいかえれば、私は写真で肖像を保存しようとしているわけではない。 表現や特徴を際立たせる目的で近代的な美術手法を使い、自身の熱烈な感情で肖像を描きたいと思っている」と説明している。 ゴーギャン、テオ、ゴッホ自身、ジヌー婦人がそれぞれ1枚ずつ所有し、またクレラー・ミュラー美術館が所蔵しているバージョンがあるが、象徴主義の詩人で画家でゴッホの初期の支援者であったアルベール・オーリエが所有していたものである。 なお、ジヌー婦人が所有していたバージョンは消失し、現在のところ見つかっていない。 一番有名なのはゴーギャンが所有していたバージョンで、背景がピンクで、現在サンパウロ美術館が所蔵しているものである。 ゴーギャンは自身で描いたドローイングの肖像画よりもゴッホが描いた肖像画の方を礼讃していた。 背景に花が描かれた白っぽい「アルルの女」は、テオが所有していたもので、2006年にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、4000万ドル以上の価格で落札された。

次の

ビゼー 「アルルの女」第2組曲

アルル の 女 あらすじ

ビゼーの死後、友人エルネスト・ギローの手により完成された。 ビゼーの歌劇『美しきパースの娘』の曲が転用されている。 元々は、アルフォンス・ドーデの戯曲『アルルの女』の劇附随音楽としてビゼーが1872年に作曲した管弦楽曲。 全27曲の中から演奏会向けに数曲が選ばれ、組曲とされた。 写真:アルル円形闘技場(世界遺産「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一つ) 戯曲『アルルの女』あらすじ 南フランスの豪農の息子フレデリは、アルルの闘牛場で見かけた美女に心を奪われてしまった。 フレデリにはヴィヴェットという許嫁がいたが、彼女の献身的な愛もフレデリを正気に戻すことはできなかった。 日に日に衰えていく息子を見て、フレデリの母はアルルの女との結婚を許そうとする。 それを伝え聞いたヴィヴェットがフレデリの幸せのためならと、身を退くことをフレデリの母に伝える。 ヴィヴェットの真心を知ったフレデリは、アルルの女を忘れてヴィヴェットと結婚することを決意する。 2人の結婚式の夜、牧童頭のミチフィオが現れて、今夜アルルの女と駆け落ちすることを伝える。 物陰からそれを聞いたフレデリは嫉妬に狂い、祝いの踊りファランドールがにぎやかに踊られる中、機織り小屋の階上から身を投げてしまう。

次の

ビゼー 『アルルの女』 中川隆

アルル の 女 あらすじ

「アルルの女」は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。 5 cm。 パリのオルセー美術館が所蔵している。 ゴッホがアルルに滞在していたときに寝泊まりし、またの家具を調達していたカフェのオーナーのジョゼフ・ミシェルジヌーの妻マリー・ジヌー(1848年6月8日-1911年8月2日)を描いた作品である。 「ジヌー婦人の肖像」と呼ばれることもある。 「アルルの女」は複数のバージョンが存在する。 最初のバージョンは、現在パリのオルセー美術館が所蔵しているもので、黄麻布キャンバスに油彩で描かれたものである(上の写真)。 この作品はゴーギャンが所有していた。 2つ目のバージョンは、現在ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵しているもので、キャンバスに油彩で描かれたものである。 婦人のポーズや構図は同じではあるが、最初の作品ではテーブルに傘が置かれていたのに対し、2つ目の作品では本に置き換えられている。 サン・レミの療養院に入院している時期に、ゴッホはほかに1888年11月に制作したゴーギャンの木炭ドローイングを基盤にした5つのジヌー婦人の肖像を描いている。 1890年6月5日に妹のウィルに手紙では「100年後に人々に今まで分からなかったことが明らかになるようなポートレイトを制作したい。 いいかえれば、私は写真で肖像を保存しようとしているわけではない。 表現や特徴を際立たせる目的で近代的な美術手法を使い、自身の熱烈な感情で肖像を描きたいと思っている」と説明している。 ゴーギャン、テオ、ゴッホ自身、ジヌー婦人がそれぞれ1枚ずつ所有し、またクレラー・ミュラー美術館が所蔵しているバージョンがあるが、象徴主義の詩人で画家でゴッホの初期の支援者であったアルベール・オーリエが所有していたものである。 なお、ジヌー婦人が所有していたバージョンは消失し、現在のところ見つかっていない。 一番有名なのはゴーギャンが所有していたバージョンで、背景がピンクで、現在サンパウロ美術館が所蔵しているものである。 ゴーギャンは自身で描いたドローイングの肖像画よりもゴッホが描いた肖像画の方を礼讃していた。 背景に花が描かれた白っぽい「アルルの女」は、テオが所有していたもので、2006年にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、4000万ドル以上の価格で落札された。

次の