とり ささみ 茹で 方。 パサパサしない!鶏むね肉で超しっとり茹で鶏の作り方。

ささみの筋の取り方とゆで方:白ごはん.com

とり ささみ 茹で 方

こんにちは kurasitenです。 以前にも記事で書いたんですがということで只今ダイエット中です。 そして、ダイエットには欠かせないのが鶏むね肉!! タンパク質が多くて、糖質が少ない食べ物で、コストが安い「鶏むね肉」を毎日食べて5kg痩せまでもう少し・・・。 鶏むね肉はダイエットの強力な味方。 そしてダイエットのために鶏むね肉を美味しく食べようと思い最近ハマっているのが 「しっとり茹で鶏」。 鶏むね肉は熱を通すとパサパサになりがちで、しっとりした食感を残すにはコツが必要です。 作り方のポイントは「10数えて30分待つ」こと。 今回はパサパサになりがちな鶏むね肉を美味しく食べられる「茹で鶏」の作り方を紹介します。 鶏ムネ肉 1枚(200g前後)• 塩 小さじ1杯• 水 500cc まずは、鶏むね肉に塩を揉み込みます。 次に鍋に沸騰したお湯を用意。 水の量は鶏胸肉が浸かるぐらいで、あまり多すぎたり少なすぎるのは出来上がりに影響するので注意。 お湯が沸騰したら、鶏むね肉を鍋に入れ、すぐに蓋をして10数えます。 そして、10秒数えたらすぐに火を止めます。 15秒だと長過ぎるし、5秒だと短すぎるのでここは10秒を正確に測ります。 「いーち、にーい、さーん・・・・・・じゅーう!」という数え方だと少し長過ぎるかもしれません。 不安なら時計やタイマーを見ながら正確に10秒数えましょう。 そしてここからがしっとりさせるためのポイント。 「火を止めたら30分ほったらかします。 」 30分、他の料理を作ったり、テレビを見たりしてのんびり待ちましょう。 のんびり待っている間に鶏むね肉に少しずつ火が通っていきます。 30分経ったら、あとは鍋からお肉を取り出して薄切りに。 マヨネーズやドレッシングなどで味付けして完成! 写真では、キューピーのテイスティドレッシング「胡麻こく味(ピーナッツ入り)」をかけています。 ごまドレッシングの中にピーナッツが入っていてコクがあり、鶏肉との相性もピッタリで美味しいです。

次の

とりささみの茹で方!水から?お湯から?コツは80℃!

とり ささみ 茹で 方

com 愛犬にささみを与える際は、量を一度に増やさず、少しずつ量を増やしていくのがおすすめです。 ささみを愛犬が過剰摂取すると、消化不良や下痢(げり)を起こす可能性があるので、ささみの与えすぎには注意しましょう。 また、ささみにはリンという成分が含まれています。 リンはミネラルの一種でカラダに必要な栄養素であることは変わりませんが、肉だけを食べさせていると、リンの過剰摂取とカルシウム不足により骨が脆くなる可能性があります。 腎疾患や肝疾患がある場合、リンの過剰摂取は内臓疾患を悪化させる危険性も潜んでいるので、獣医師と相談しながら食べさせましょう。 愛犬にささみを与えるメリットと栄養素は? もちさん ダイエットしてほしいのにすぐ食べたがるので、、、今度からささみをあげてみます! 間々下智理子さん ささみはおやつとしてやるのですね。 我が家のカニヘンダックスは3. 3Kしかなく、ドッグフードを上げてもあまり食べず、ささみだとよく食べます。 食事としてのささみだと栄養が不足するということですね。 有難うございました。 避妊手術後、特におやつもたくさんあげてないのに、体重が日に日に増加してます( ; ; ) 術後は太りやすくなるとは聞いていましたが… 長生きしてほしいので、市販のオヤツはなるべく与えないようにしています。 いつも、茹で野菜、茹でササミをオヤツとして与えています。 なるべく手作りを心がけてます。 自己満足ですが、長生きして欲しいから ぷろてすてろんさん ササミが食べられるとは、家計に大助かりです! でもさすがに生はだめなのですね。 犬は生肉なら大丈夫だと思っていたので知れてよかったです。 クマさん オヤツに時々、ササミをレンジ蒸しして細かく割いて与えて居ます。 湯がくと栄養素が流失してしまうと思っているのですが?!どうなのでしょう?高齢なので健康の為にも国産brand鶏の新鮮な物を与えて居ます。

次の

ささみの茹で方、ゆで時間は?冷凍保存も便利!筋の取り方は簡単!?

とり ささみ 茹で 方

冷凍ささみを解凍 お買い得な低価格ささみは購入後 冷凍保存されるかたも多いと思いますが、 冷凍のまま茹でないようにしましょう。 火の通りが均一にならずパサつきの原因となってしまいます。 冷凍ささみは室温で戻しておきましょう。 ささみを水から茹でる ささみの茹でかたのポイントはお湯からではなく 水から沸騰しないように茹でることです。 とりささみの茹で方• 鍋にとりささみがかぶるぐらいの水と料理酒を入れ火にかける• 沸騰直前で火を止め、80度に保ちながら2分間ゆでる。 沸騰しないように気をつけながら弱火で茹でます。 2分間ゆでた後、鍋にいれたまま余熱で中まで火を通し、自然冷却する。 80度の目安は、鍋底に小さな泡がボコボコ沸きでてきます。 スポンサーリンク ささみ茹で汁 とりささみを茹でた出汁は、もったいないので捨てないでおきます。 ゆで汁をこし器でこして美味しいスープになります。 冷蔵庫にある余り野菜を入れたり、卵でとじたりして、 塩・こしょうで味付けをすれば簡単な中華スープとなります。 とりささみ料理と美味しいスープと一緒にできて2品完成するのは嬉しいですね。 学びとまとめ 火を止めるだけでパサパサだったささみがしっとりジューシーになるなんて 簡単なコツですよね。 しっかり火を通さなくてはいけないと思わないで、 余熱でもじゅうぶんとりささみに火が通ります。 ちょっと油断して沸騰させないように注意していましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の