ハンバーグ パサパサ 原因。 ハンバーグがパサパサになる4つの理由と復活させる3つの方法!

ハンバーグがボロボロ!固まらない!調理失敗を覆す!料理のコツまとめ!

ハンバーグ パサパサ 原因

豆腐ハンバーグのタネが完成したら生のまま冷凍するのか、焼いた状態で冷凍した方がいいのか悩む方もいるのではないでしょうか?結論から言うと 豆腐ハンバーグを冷凍する時は焼いてから冷凍するのがおすすめです。 豆腐ハンバーグを生のまま冷凍すると解凍時にドリップが出て食感が悪くなったり、水分が抜けてパサパサになる可能性があります。 また豆腐ハンバーグには しっかりと焼き目をつけ、タネに残った水分を飛ばすことも忘れないようにしてください。 水分が残ったままだと解凍時に水分と一緒に旨みや風味も溶け出してしまいます。 先に豆腐ハンバーグの水分を抜くようにしっかりと焼いてから冷凍することで豆腐ハンバーグの美味しさを保つことができるので、必ず焼いた状態で冷凍するようにしてください。 豆腐ハンバーグのみならず普通のハンバーグでもパサパサの状態のものは美味しくありません。 このパサパサになるのを防ぐにはいくつかのコツがあります。 まずひとつめのコツは タネをしっかりとこねることが大切です。 できれば 100回以上はしっかりとこね、肉が白っぽく粘るようになるくらいコネ合わせると焼いた時に肉汁が流れ出ずパサパサになりません。 ハンバーグの命は練り工程にあると言っても過言ではありません。 美味しい豆腐ハンバーグのためにしっかりと練り合わせるようにしてください。 パサパサになるのを防ぐ二つ目のコツは 水分をある程度入れるということです。 牛乳や水などの水分が少なすぎると柔らかくジューシーな豆腐ハンバーグになりにくいので注意してください。 ハンバーグをパサパサにしない3つ目のコツは 焼きすぎないということです。 ハンバーグはどうしても生焼けが気になってしまい、必要以上に焼いてしまうケースがありますがこれだと肉汁が抜け出てしまいパサパサの原因になってしまいます。 ハンバーグを焼いて軽く箸で押した時に透明の油が出てきたらOKなので、焼きすぎないようにしましょう。 豆腐ハンバーグを解凍する方法はいくつかありますが、解凍したあとパサパサになりにくく一番美味しくいただけるのは 自然解凍です。 自然解凍だと解凍の際に不必要な水分が出てくることもありませんし、冷凍前に限りなく近い状態に戻すことができます。 自然解凍は 冷凍庫から冷蔵庫に豆腐ハンバーグを移し、半日ほど置くだけでOKです。 豆腐ハンバーグを解凍する時間がない方やすぐに食べたい方は、電子レンジの解凍モードを使って解凍することもできます。 ただその場合豆腐ハンバーグがどうしても水っぽくなってしまうので、フライパンで焼きなおすと余計な水分が抜けて美味しくなります。 フライパンで豆腐ハンバーグを焼き直す時は多めの油をしいて豆腐ハンバーグの表面をかりっと焼き上げるとできたての美味しさが復活します。 豆腐ハンバーグ 4個• 生椎茸 6枚• しめじ 1パック• えのき茸 1袋• A酒 大さじ2• Aみりん 大さじ2• Aしょうゆ 大さじ2• おろししょうが 1かけ分• 油 少々• 冷凍したハンバーグは解凍しておきます。 椎茸は石づきを切り落とし薄切りに、しめじは小房に分け、えのき茸は根元を切り落として3等分に切ります。 フライパンにきのこを入れて強めの中火でさっと炒め、分量の水を加えます。 煮立ったら中火にし 材料Aで調味し、再び煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 ハンバーグにきのこあんをかけ、おろししょうがを添えたら完成です。 豆腐ハンバーグ 2個• 絹ごし豆腐 300g• Aすりおろし生姜 小さじ1• Aすりおろしニンニク 小さじ1• B豆板醤 小さじ2• B甜麺醤 大さじ1• Bオイスターソース 小さじ1• B料理酒 小さじ2• B鶏ガラスープの素 小さじ2• B水 200ml• 水溶き片栗粉 大さじ1• ごま油 大さじ1• ハンバーグは解凍後軽く焼きなおしておきます。 フライパンにごま油をひき、長ねぎ、 材料Aを炒めます。 香りが立ったら、絹ごし豆腐と 材料Bを加え中火で煮込みます。 豆腐に火が通ったら、水溶き片栗粉を回し入れます。 とろみが付き全体に味が馴染んだら、火から下ろします。 器にハンバーグを乗せ、5をかけ長ねぎを乗せたら完成です。 ハンバーグ2個• 人参 3cmほど• 米粉 大さじ1• 豆乳 200cc• 塩、胡椒少々• 溶けるチーズ 適量• 玉葱は薄切り、人参は千切りにしたら耐熱容器に入れてラップをし、600wのレンジで3分加熱します。 加熱後フライパンに移し、フライパンが冷たい状態のまま米粉を加えてよく混ぜます。 豆乳を少しずつ加えて溶きのばします。 豆乳を全て入れたら火にかけとろみが付くまで混ぜながら温めます。 とろみが付いたら塩、胡椒で味を整えます。 耐熱皿に入れ、軽く温めたハンバーグを乗せて押し込みます。 溶けるチーズを好みの量振りかけ、トースターでチーズがこんがりするまで焼いたら出来上がりです。

次の

ハンバーグをこねる時にヘラを使うとパサパサと固くなる原因を解消できる!?

ハンバーグ パサパサ 原因

ハンバーグがボロボロになる原因は? ハンバーグを焼いたらボロボロになって崩れてしまう原因はいくつか考えれます。 ハンバーグがボロボロになる原因• こねが足りない• つなぎが足りない・または多すぎる• 野菜が多い• 肉の油脂が少ない• 成型で空気が入っている この原因の中で一番ありがちなのが、 ハンバーグのタネのこねが足りないということです。 その他にも原因はいろいろありますが、こね方をマスターすればジューシーでふっくらしたハンバーグを誰でも焼くことができる確率がぐっと高くなるんです。 それじゃあ、どうしたらボロボロにならずに美味しいハンバーグが焼けるのか。 次章で詳しくみていきましょう。 スポンサーリンク ハンバーグをうまく焼くコツは? ハンバーグをうまく焼くためのこつは、タネのこね方がキモになります。 ハンバーグのタネをこねるコツ まずひとつ目のポイントは 、最初に ひき肉に塩だけを入れてよくこねることです。 こねていくと粘りが出てきますが、これは肉のタンパク質が塩で溶けだして絡み合い、まとまってくるためです。 この時につなぎが入っていると肉がまとまりにくくなってしまい、焼いた時にボロボロになってしまう原因になってしまいます。 まずは、ひき肉に塩だけ入れて粘りが出てくるまでよくこねるようにしましょう。 ひき肉に粘り出てまとまってきたら、他のつなぎを入れていきます。 つなぎを入れる順番は、 まずは 卵からです。 理由は、卵と一緒にパン粉や玉ねぎを入れてしまうと、卵の水分がひき肉ではなくパン粉や玉ねぎに吸い取られてしまうためです。 卵を入れたら、またよくこねて混ぜ合わせていきます。 卵がなじんだら、パン粉や玉ねぎは順番を気にせずに入れてしまってOKです。 つなぎを全部いれたら、 粘りが出て白っぽくなるまでよ~くこねていきましょう。 ココがハンバーグのタネ作りの一番のポイントです。 しっかりとこねることで、ボロボロにならないハンバーグをうまく焼くことができると思います。 また、卵や牛乳が多すぎて水分が多い場合も、まとまらずに崩れてしまうことがあります。 目分量で作ることの多いハンバーグですが、どれくらいの分量のつなぎを入れたらいいのか、手元の料理本2冊を確認してみました。 ご自分がいつも入れている分量と比べて、「パン粉ってそんなに入れてもいいの? 」「卵入れすぎてたわ」と感じた場合は、つなぎの量を調節してみるといいかもしれません。 ハンバーグはきっちり計ったりしなくてもちゃんと作ることができる料理ですが、大体の目安として参考になさってみてくださいね。 玉ねぎ以外の野菜をハンバーグに入れる場合 ハンバーグに人参やピーマンなどを細かく刻んで入れることもありますよね。 ハンバーグに玉ねぎ以外の野菜をあれこれ入れる場合、 野菜の量が多すぎるとまとまりが悪くなってしまいます。 野菜をよく炒めて水分を飛ばしてから、タネに入れてよくこねるようにしましょう。 ハンバーグに油脂が足りない場合 ハンバーグにするひき肉は、牛でも豚でも合い挽きでもOKですが、ひき肉の油脂分が少ないとボロボロになってしまいます。 赤身肉が多いひき肉だったら、 タネにバターやオリーブオイルを入れることでジューシーなハンバーグを作ることができます。 赤身肉のステーキ風ハンバーグもおいしいんですけどね。 成型で空気を抜く ハンバーグを成型する時にしっかり空気を抜かないと、焼いたときに割れたり崩れる原因になってしまいます。 成型の時には、 両手でキャッチボールのようにペタペタして、よく空気を抜いてから焼くことがポイントです。 ハンバーグがボロボロにならない裏技 いろいろ試してもどうしてもハンバーグがボロボロになってしまう時は、タネに 片栗粉を入れるとまとまりが出ます。 タネに加えずに、 成型した後に片栗粉をまぶしてもOKです。 片栗粉を使うと崩れにくくはなるんですが、ハンバーグというより肉団子っぽくなってしまうデメリットも・・・。 片栗粉を使う時には、あえてごま油で中華風ハンバーグにしちゃってもいいかもしれませんね。 ハンバーグがボロボロになった場合のリメイク料理は? せっかく作ったハンバーグがボロボロになって崩れてしまった! ハンバーグとして食卓に出すのはちょっと・・・という場合、 リメイク料理で何とかうまく乗り切りたいもの。 でも、ハンバーグのつもりで作っているわけですから、今更ミートソースにしたり、チャーハンにしたりはできませんよね。 そんな緊急事態に、 ハンバーグの替わりのメイン料理になるリメイクメニューをご紹介します。 多めのソースでまとめてハンバーグ風つくね ボロボロになっても味はハンバーグです。 フライパンにそのまま多めのソースを作って、なんちゃってハンバーグにしちゃいましょう。 トマト缶があればトマトソース、しょうゆベースの照り焼ソース、焼肉のたれとマヨネーズでこってりソースなど、お好みのソースで強制的にボロボロのハンバーグを一体化させてください 笑 じゃがいもや人参、いんげんなどの野菜と炒めちゃう レンチンした野菜と炒めて、肉団子の感覚でメイン料理にしましょう。 味付けはお好みで、片栗粉でとろみをつけてもまとまりが出るのでおすすめです。 ホワイトソースでグラタン風 今日は洋風おかずの気分で準備してたのに・・・。 そんな場合には、ホワイトソースでクリーム煮にしたり、チーズをのせて焼いてグラタン風にしたりしてはいかがでしょう。 一番のポイントは、ハンバーグのタネをよくこねることでしたね。 私もハンバーグはよく作るんですが、手が冷たいしついつい手抜きであまりこねずに焼いてしまうことも多いです。 でも、やっぱり丁寧に作ったハンバーグはおいしいですよね。

次の

ハンバーグのパサパサにならない作り方!冷えても固くならない方法も

ハンバーグ パサパサ 原因

「ぼろぼろ」「形崩れ」の原因は、タネ作りにある! ハンバーグ作りでよくある失敗が、ハンバーグの形が崩れてボロボロになってしまったり、焼き上がりがパサついてしまうといったケース。 どちらも焼き方に問題があると思われがちですが、その多くはタネ作りに原因があります。 ハンバーグ作りの基本・その1 合挽き肉の配合は、牛肉6:豚肉4が理想! まずは最初に、タネ作りに使う合挽き肉の配合を少し変えてみましょう。 一般的な合挽き肉は牛肉7:豚肉3の割合が多いですが、よりふっくらとしたやわらかめのハンバーグを作るために、少し豚肉を多めにして牛肉6:豚肉4の配合で作ってみましょう! +1ポイント 全体的な牛豚比率のほか、食感にこだわりがある場合は、赤身肉と脂身の割合に気を配ってみてもよいでしょう。 しっかりとした歯ごたえを楽しみたい場合は赤身肉を、甘みや軟らかさを重視したい場合は脂身を、それぞれ多めにしてみるなど、お好みの配合を探してみてもよいですね。 ハンバーグ作りの基本・その2 つなぎのたまねぎは冷やしてから混ぜる! タネを作るときに、つなぎとして炒めたたまねぎを混ぜるのが一般的ですが、このとき、みなさんは炒めたたまねぎをすぐに肉と混ぜていませんか? 炒めたばかりの熱いたまねぎをそのまま肉に混ぜると、肉汁となる脂質が溶けてしまいます。 つまり、ジューシーに焼き上げるために必要な肉汁を焼く前から失ってしまうことが、パサパサになってしまう原因にもなるのです。 したがって、炒めたたまねぎをすぐにタネに混ぜるのではなく、粗熱をとってからタネに混ぜるようにしましょう。 +1ポイント たまねぎのシャキシャキした食感を残したい場合は、たまねぎを炒めずにタネに混ぜるのもOKです! ハンバーグ作りの基本・その3 タネの空気はしっかり抜く! 「形が崩れる」「パサパサしてしまう」という問題は、タネの成形時に内部の空気を十分に抜かなかったことも原因として考えられます。 空気が残っていると、焼いたときに空気が膨張してハンバーグにヒビが入ってしまいます。 その結果、形が崩れてしまうのと同時にヒビの間から肉汁が逃げ、焼き上がりもパサパサしてしまいます。 タネを作るときに空気を抜くことは基本のキ。 両手でキャッチボールをするようにタネを叩き、中の空気をしっかりと抜いておきましょう。 ただし、タネ作りは手早く行うことが大切。 手に触れる時間が長くなると肉の温度が上がってしまい、おいしく焼きあげることができなくなります。 肉が全体的に白みを帯びて、粘り気が出できたらタネ作りは完了です。 +1ポイント タネができたら、30分ほど冷蔵庫で寝かせたあとに焼いてみましょう!生地が落ち着き、形が崩れにくくなります。 また、肉に調味料などの味がなじみ、旨みも増します。 ハンバーグ作りの基本・その4 タネをコーティングして肉汁を閉じこめる! そのほかに、肉汁をしっかりと閉じ込めた状態で焼けるように、タネの表面をコーティングするという方法もあります。 コーティングには、小麦粉が有効です。 軽くまぶしてから焼いてみましょう。 また、タネの中にパン粉を入れる方も多いと思いますが、コーティングにはこのパン粉もおすすめです。 タネ作りの準備をする際に、タネに混ぜる分とは別に少し多めにパン粉を用意しておき、最後の仕上げに表面に軽くパン粉をまぶしてコーティング。 すると焼きあがりが変わるので、ぜひ試してみてください。 +1ポイント パン粉には、ドライ・生、また粗め・細かめと、いくつかの種類があります。 コーティングをする際に、細かめのドライ・パン粉でコーティングするとふんわりとした焼き上がりに、粗めの生パン粉を使用するとパン粉が多めに油を吸ってカリカリとした食感が楽しめます! ふっくらジューシーに焼き上げるコツは火の調節!? タネができたら、次はいよいよ焼いていきます。 ここでよく聞く失敗のひとつが、「中は生焼けなのに外側は焦げてしまった…」というもの。 原因として考えられるのがフライパンです。 そのため、ハンバーグの中まで火が十分に入らないうちに、この高い表面温度によって外側だけがあっという間に焦げてしまうのです。 ハンバーグ作りの基本・その5 最初は中火くらいで強めに。 反対側は弱火でじっくりと これを防ぐために、片面においしそうな焼き色が付いたら裏返して弱火に。 水を加えてふたをして蒸し焼きにしながらじっくりと中まで火を通します。 そうすることで、肉汁を閉じ込めてふっくらと焼きあげることができます。 +1ポイント ご家庭では、フライパンを使ってハンバーグを作られる方が多いと思いますが、フライパンで両面に焼き目をつけた後は、オーブンで焼いてみましょう。 オーブンを使うことでハンバーグを焦がすことなく、肉汁を中に保ったままよりふっくらと焼きあげることができます。 大きさにもよりますが、およそ10〜15分ほど焼きあげましょう。 合挽き肉、つなぎの卵、たまねぎ、パン粉、コショウやナツメグといったスパイスがタネ作りの一般的な基本材料ですが、たとえばたまねぎの代わりにタケノコを入れてみたり、ミックスベジタブルや、ミックスビーンズをタネに混ぜれば、食感や風味など、一味違ったハンバーグを作ることもできます。 また、タネの中にとろけるタイプのチーズを忍ばせておくのもよいでしょう。 食べるときにナイフをハンバーグに入れれば、とろっとしたチーズが顔を出します。 見た目やおいしさを演出してくれるでしょう。 工夫次第でいろいろなメニューを作れることが、ハンバーグの大きな魅力です。 ですが、どのハンバーグも作り方の基本は一緒。 しっかりと基本を抑えれば、失敗する回数は減ってくるはずです。 なかなか上手に焼けなかった人は、今回ご紹介したハンバーグ作りの5つの基本をおさらいしつつ、ぜひオリジナルハンバーグ作りにもチャレンジしてみてくださいね!.

次の