田宮陽子 子供。 山本陽子の今現在!旦那や子供は?昔の歴代彼氏の真相! ⋆ marble

【沖田浩之の嫁と子供の現在!千代子は再婚した?】山本陽子との間には子供が…

田宮陽子 子供

沖田浩之(おきたひろゆき) 本名:置鮎広之 愛称:ヒロくん 生年月日:1963年1月7日 死没:1999年3月27日 享年36 出身地:神奈川県川崎市 学歴:神奈川県立川崎北高等学校卒業、青山学院大学経済学部経済学科中退 身長:175cm 体重:63kg 血液型:A型 元アイドル、俳優。 声優の置鮎龍太郎は親戚 沖田浩之さんが芸能界に入る前は竹の子族として活動していました。 TBS系列のテレビドラマ『3年B組金八先生』第2シリーズの松浦悟役で出演したことにより人気を博しました。 1981年にはスターダストプロモーションに所属し、「E気持(イーきもち)」で歌手デビューするとオリコンチャート最高位8位のヒットとなり、沖田浩之さんの熱狂的ファンの親衛隊も多数結成されたほどです。 【スポンサードリンク】 沖田浩之の死の真相を叔父が明かした! 沖田浩之さんは、1999年3月27日に神奈川県川崎市の自宅で自殺を図り死去されています。 その理由は現在でも不明のままですが、絶世期に比べ仕事が減っていたことに悩んでいたことや、父親の借金などが原因となったのではないかと言われていました。 沖田浩之さんの父親は、神奈川県の川崎市内で不動産業やゴルフ会員権を扱う会社を経営し、のちに沖田浩之さんの兄である長兄が継いでいましたが、その業績は決して順調ではなかったことがわかっています。 そして、沖田浩之さんが亡くなる3年前に父親が会社を傾かせた長男を心配し、 『俺の保険金で負債を返済しろ』 と言い残して自ら命を絶っています。 当時の登記簿謄本では、沖田浩之さんの兄が社長を務めていた「共栄不動産」は極度額3億円もの根抵当権が設定されていたといい、実家の方は弟の沖田さんが相続していたものの、地元の金融機関から8000万円の抵当権が設定されていたそうです。 また当初、沖田浩之さんの事務所の社長であった俳優の津川雅彦さんと沖田浩之さんは、亡くなる前日一緒に酒 を飲んでおり、津川雅彦さんは役者として悩みを抱えていた沖田浩之さんに対し厳しいことを言ってしまったのが原因とおも噂が立ちました。 自分の叱責が自死の原因ではないかと後悔の念を抱いていた。 …と、津川雅彦さんは後に語っています。 しかし、沖田浩之さんの葬儀の際、沖田浩之さんの兄は集まった記者を前に、 「沖田君が亡くなった原因は、はっきり言って借金の問題ですよ」 「葬儀は4日後の31日に営まれ、多くの芸能関係者が参列してくれました。 中でも弔辞を読んだ奥田瑛二さんは見事で、弔辞の紙を広げているんですが、何も書かれていなかった。 自分の叱責が自殺の原因ではないかと悔いていたのです。 確かにそれも、沖田君の死と関係があったかもしれません。 でも、本当の理由はやっぱりお金。 葬儀の夜、沖田君の4歳年上のお兄さんが、私らの前で涙ながらに弟の死の理由を告白していたんです」 「私たちが棺桶に花を入れながら、それぞれ別れを惜しんでいた時のことです。 何も知らされていなかった私たちも驚きましたが、沖田君の奥さんも全く知らされていなかったようで、相当ショックを受けた様子でした」 沖田浩之さんの家庭内では、弁護士の祖父が裁判上でのトラブルで、1996年6月には企業経営者であった父は長男の借金の為に、2002年4月には父の生前から経営を引き継いでいた兄が… 3代で4人の自殺者を出しており謎が謎をよんでいます。 沖田浩之の嫁と子供2人の現在!嫁の千代子は再婚した? 自ら死を選んだ沖田浩之さん。 当時、沖田浩之さんには1995年に結婚した嫁 妻 の千恵子さんと幼い子供が2人いました。 嫁の千代子さんは英語通訳の仕事をしていた方で、わずか4年の結婚生活でした。 結婚生活が4年で子供が2人ということは、沖田浩之さんが亡くなられた時には子供2人はまだ幼く、嫁の千代子さんは突然の旦那 夫 の死で相当大変な目にあったことが推測されます。 また、沖田浩之さんの死の現場の第一発見者は子供で、 「お父さんが寝てるよーっと言ったため嫁が気付いた」 と報道されています。 子供が第一発見者… まだ幼い子供であった為に、何が目の前でおきているのか理解はしていなかったのがせめてもの救いなのでしょうが… 辛い経験ですね… 現在、沖田浩之さんの嫁の千代子さんは別の男性と再婚し幸せに暮らしており、当時幼かった子供達も大きくなっているそうです。 沖田浩之と山本陽子は恋愛関係で子供がいた? 沖田浩之さんが20歳の時に女優の山本陽子さんの熱愛報道が取り沙汰されました。 山本陽子さんは当時40歳で、実に20歳差カップルとして世間を騒がせたそうです。 山本陽子 やまもとようこ 出身地:東京都 生年月日:1942年3月17日 血液型:A型 身長:155cm 山本陽子さんは、1963年に第7期日活ニューフェイスとして芸能界入りし、同期には西尾三枝子、谷隼人、沖田峻一郎など昭和を代表する俳優、女優がいます。 テレビドラマに進出したことで日本的で清楚な美貌で人気を集め、清楚な役から悪女までカバーし、女優としての地位を確立した大女優です。 沖田浩之さんと山本陽子さんの出会いはドラマ「愛を裁けますか」で 初共演したのがきっかけとなり、山本陽子さんが高校教師役、沖田浩之さんが教え子役でした。 当時の沖田浩之さんは、山本陽子さん、加賀まりこさん、松原千恵子さんが好きなことを告白しており、熟女が好みだったようです。 「山本のマンションに沖田が出入りして、時には泊まることも!」 「2人は陽子さん、ヒロくんと呼び合い、年齢差を感じさせない親密さを見せている!」 などど、加熱する熱愛報道に対し沖田浩之さんは、 「山本陽子さんのことは好きですよ。 好きだけど恋人なんかじゃない」 とコメントし、 山本陽子さんさんも、 「恋人?うれしいわァ、そんな若い 子、ハハハ」 「男と女の関係があったら 意識的に私の家には来ませんよ」 とお互い交際は否定しています。 しかし、沖田浩之さんと女優の山本陽子さんは恋愛関係にあったのは事実で、 それをマスコミにリークしたのは、沖田浩之さんが所属していた事務所の社長である津川雅彦さんだと言われています。 『故・宇野千代』さんのエッセイには沖田浩之さんと山本陽子さんの事が書かれており、 山本陽子さんが沖田浩之さんを連れてきた時、惚れ惚れするくらい「いい男」だったと記述されています。 恋愛関係にあった2人が別れた原因は、沖田浩之さんの浮気を山本陽子さんが許さなかったのが理由です。 山本陽子さんは現在73歳ですが、結婚は過去に1度もされておらず独身のままです。 ネット上では、沖田浩之さんと山本陽子さんは恋愛関係の末に子供がいるとの情報もありますが、この情報はガセで、山本陽子さんには子供はいません。 ではなぜ、2人間に子供がいるとの噂がたったのか… それには1985年のドラマ「二度目のさよなら」で、山本陽子さんの演じる人妻が14歳年下の青年・沖田浩之さんの子供を身籠るという設定から出たようです。 そんな沖田浩之さんと山本陽子さんの別れの原因となったのは、1986年に沖田浩之さんの母親が山本陽子さんに対し、 「ウチの息子をいったいどうするつもりなんですか」 と詰め寄ったのと、沖田浩之さんは山本陽子以外に新人女優にちょっかいを出し浮気をしたのが理由なんだそうです。 沖田浩之さんの母親に詰め寄られた際に山本陽子さんは、 「まじめに結婚したいと考えている」 と答えていたそうですが、この沖田浩之さんの浮気を山本陽子さんは許すことが出来ずに2人は破局したのでした。 -, -, , , , , , ,.

次の

田宮五郎と兄・柴田光太郎の確執と現在!家族と子供の問題が悲しい

田宮陽子 子供

山本陽子のプロフィール 名前 山本 陽子 生まれ 1942年3月17日 職 業 女優 出 身 東京都中野区 学 歴 國學院高等学校卒業 趣 味 日本画制作、ゴルフ、麻雀 韓国ドラマ鑑賞、車の運転 高校を卒業した後、野村證券に勤務してが、知人が日活に山本陽子さんの応募書類を送ったところ見事採用となり第7期の日活ニューフェイスとなり芸能界デビューを果たします。 映画では吉永小百合さんなどの人気に押されなかなか芽が出なかったそうですが、テレビドラマに転向してからは日本的で清楚な美貌で人気を集めたそうです。 テレビドラマで印象的だったのは、10年ほど前に会ってた米倉涼子主演の『黒革の手帖』ですね。 松本清張の長編小説をドラマ化したものでした。 しかし、巨額の金を横領し、銀座のクラブのママに転身した女性銀行員の原口 元子を演じてました。 その時の米倉涼子がクラブ経営を学ぶために、行員時代からアルバイトをしていた「燭台」のママを山本陽子さんが演じてました。 山本陽子さんも1982年版の『黒革の手帖』では、女性銀行員の原口元子役を演じてたんですよね~。 米倉涼子が演じたクラブのママも、いつも綺麗な着物を着こなしとっても美しく、 ドラマの内容も面白かったですが、今回はどんな衣装で登場するのかというのもドラマ鑑賞の楽しみの一つでした。 私は1982年版は観たことないですが、クラブのママを演じてた山本陽子さんも絶対きれいだったと思います。 いつか放送してほしいですね~。 その他、山本陽子さんが活躍された映画やドラマは数え切れないほどありここには書ききれません。 2010年の世界最長記録として『ワールド・レコーズ』に認定されたそうです! すごいですね! 42年も同じ人が務めているCMってないですよね?もっと面白いことに歴代の「山本海苔」のイメージモデルをされた方が皆さん、「山本」という名字なのです。 山本陽子さんの前は「山本直純」「山本富士子」が起用されてたそうです。 プライベートでは日本人女性として初めてポルシェ911を所有したことでも有名だとか。 山本陽子さんとポルシェ似合ってますね。 スポンサード リンク 山本陽子の今現在 70代になって居住を東京から熱海に移して暮らしています。 友達の多い山本陽子さんは、熱海の家にも友たちの為に買い物や料理、布団の準備など全て自分でこなしているそうです。 大女優の人は料理や雑用はやらないイメージでしたが、山本さんは違うんですね。 友人も、大スターが訪れるわけではなく、一般人の友人もたくさんいるそうです。 そういう面でも近親感が湧いてきますね。 プライベートでも仕事でも充実した日々を送っているようですね。 旦那や子供は? 結婚歴や現在の旦那さんを調べてみましたが、山本さんは結婚されたことがなく現在も独身とのことです。 おこさんもいらっしゃらないそうですよ。 女優業が忙しくて、結婚する暇がなかったのかもしれませんね。 昔の歴代彼氏の真相! 山本陽子さんの恋愛は波乱万丈だったと言えます。 2人の男性との恋愛が有名です。 一人は「白い巨塔」で共演した田宮二郎さん。 この人とは不倫関係でした。 長い間不倫関係を続けていたそうです。 以前に紹介された田宮二郎さんの奥様の話によると 73年からドラマ「白いシリーズ」など活躍の場をテレビに見出していくが、ドラマ内容は似通った御都合主義のメロドラマばかりで、田宮が精神をすり減らすのは明らかだったからだ。 心労が田宮の身体を蝕み、異変が表面化していく。 現場で異常な言動を重ね、家庭内でもささいなことで激昂するようになったのだ。 旧知の精神科医・斎藤茂太に診断されたのは「うつ病」だった。 さらにその病に乗じるように田宮に怪しい人物たちが接近してきた。 「まともな状態であれば田宮もそうした話に乗ることはなかったと思う。 精神が壊れていく過程にあって、ありもしない詐欺話にのめり込んでいったのです」 そして、12月26日、「白い巨塔」の最終回の試写を幸子夫人と一緒に観た2日後、自ら命を絶ったそうです。 また息子の柴田光太郎さんは父が亡くなった原因をロンドンで受けた秘密手術だとも語ってます。 「父はあくまで田宮二郎というスターのイメージにこだわった。 かつらを着けたり、薄毛のままで映画やテレビに出るようなことは、決してうけいれられなかったんでしょう」 「当初は頭皮に錐のようなメスで穴を開け、直接、毛髪を埋め込むものだったと聞いています。 でも、それだとすぐに毛が抜けてしまう。 それで後から額に真一文字に特殊な糸を埋め込んで、その糸に毛髪を通すように固定する方法に変えたのです。 ところがこれは激痛を伴うものだったらしく、以来、父は偏頭痛に悩まされるようになった。 父は30代の頃から精神が不安定に陥りましたが、死ぬまで続いた偏頭痛がその症状を悪化させ、最終的に自ら命を落としただと思います」(一部修正してます) 植毛手術の後遺症の偏頭痛が精神疾患を悪化させたと言っています。 今となっては真相は闇の中ですね。 もう一人の恋愛相手が20歳年下の沖田浩之さんです。 彼が22歳、山本さんが43歳の時だったそうです。 こちらは不倫ではありません。 2人の初共演はドラマ「愛を裁けますか」で山本が高校教師、沖田が教え子役だったのが出会いだったとか。 沖田さんが山本さんのマンションに出入りしていたことから交際が発覚したそうです。 初めは交際を否定してましたが、85年のドラマ「二度目のさよなら」で山本演じる人妻が14歳年下の青年(沖田)の子どもを身ごもるという役を演じてお互いだんだん恋愛に発展していったようです。 しかし最終的には沖田さんの母親からの反対、沖田さんの浮気などから破局しました。 沖田さんもこの交際から10年後に自ら命落としてしまったのでした。 愛した男性が二人とも亡くなってしまうなんて山本さんも苦しかったと思います。 おすすめ• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ: 子育て• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ: 最近の投稿• テレビ• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ: アーカイブ• 31 カテゴリー• 最近のコメント• に より• に より• に 佐藤 将行 より• に 日野 より• に より.

次の

田宮二郎の真相!M資金詐欺とは?山本陽子との関係?ネタバレと感想

田宮陽子 子供

山本陽子を愛した田宮二郎や沖田浩之とは?現在も若い頃の美貌は変わらず! 山本陽子は、元祖お嫁にしたい美人女優 山本陽子は、1942年生まれで現在73歳。 山本海苔のTVCMを長年務め、今では和服姿の毅然とした老女というイメージが強い山本陽子ですが、1960年代後半から80年代にかけて、昭和を代表する美人女優として活躍していました。 1963年に全盛期の日活に入社した山本陽子。 すでに吉永小百合、松原智恵子、和泉雅子の人気者がいて、山本陽子は正統派の美人女優でしたがあまり個性が出せず、人気もいまいちでした。 しかしその後、テレビドラマに進出してから、山本陽子は、急激に人気がアップします。 初めは和服の似合う楚々とした美女の役が多く、お嫁さんにしたい女優として人気を博し、やがて、影のある女性や、芯の強い女性、稀代の悪女まで演じわけできる女優となりました。 山本陽子本人は至って男前な性格で、ポルシェも乗りこなすスピード狂。 酒はもちろん、自宅で麻雀卓を囲むという豪快ぶりです。 山本陽子が付き合った田宮二郎、起きた浩之が相次いで謎の自殺 山本陽子は男性関係でも、恋多き女性として有名です。 中でも1978年、壮絶な猟銃自殺を遂げた田宮二郎とは、長く公然の不倫関係にありました。 山本陽子は、80年代に入ってから数年間、竹の子族出身で「3年B組金八先生」で人気者となった沖田浩之とも交際します。 一時は結婚も考えていたようですが、20歳も違う年齢差が原因だったのか、やがて破局を迎えます。 そして沖田浩之もまた、1999年自殺してしまいます。 父の残した借金が原因と言われていますが、これもまた謎の死でした。 田宮二郎に続いてこの沖田浩之の死で、山本陽子は、魔性の女とも称されるようになります。 山本陽子主演ドラマ「黒革の手帳」「白い影」あらすじ見所キャスト! 山本陽子は、TBSドラマ「白い影」で田宮二郎と共演していた! 山本陽子は、テレビドラマで数多くの代表作を持っています。 1972年フジテレビの「眠り狂四郎」では、当時大人気だった田村正和と、また1973年のTBS「白い影」では、田宮二郎と共演し、いずれも主人公に一途な愛を捧げる儚げな美女を演じました。 1976年には一転して、NHK「隣の芝生」でリアルな嫁姑戦争を戦う妻の役を演じ、1982年テレビ朝日「黒皮の手帳」では、ついに稀代の悪女役に挑みました。 「白い影」は近年、中井正広と竹内結子のリメークで話題となりましたが、自らが末期がんを背負った孤高の医師役は、やはり田宮二郎に軍配が上がりそうです。 またヒロインの竹内結子と比べても、山本陽子の白衣姿からにおい立つ大人の色気が圧倒的でしたが、田宮二郎と山本陽子は、すでにこの頃不倫関係にあったものと思われます。 これでは中井・竹内組もかないません。 山本陽子の代表作、「黒皮の手帖」は演技派女優の登竜門 山本陽子の代表作と名高い「黒皮の手帖」は、松本清張原作の社会派サスペンスで、元女子行員が、手に入れた架空名義の口座預金者リストを記した手帖で、銀座のママにのし上がっていくというピカレスクロマンです。 この小説は、演技派女優の登竜門として、過去5回もドラマ化されています。 その栄えある第一回目のヒロインが山本陽子です。 ちなみに2回目以降は、大谷直子、浅野ゆう子と続き、最後は米倉涼子が2回続けて演じています。 昭和から平成に至る、まさに悪女の系譜といったものが感じられるキャスティングです。 山本陽子が、関西の女たかじん上沼恵美子を一喝! 山本陽子は、最近、活躍の場を舞台に移し、もはや怖いものなしといった貫禄ぶりです。 先日も、関西ローカルのトークバラエティ「快傑えみちゃんねる」にゲスト出演し、関西の女たかじんとも呼ばれる上沼恵美子に対して、ぐうの音も出ないほど説教をして大喝采を浴びていました。 この番組、キー局では絶対オンエアできない上沼恵美子の毒舌が売り。 嫌いな大物歌手やタレントなど、実名でバッサリと切り捨てています。 そんな辛口トークの遡上にときおり乗るのが、関西テレビを退職して今は悠々自適の夫のこと。 何かと喧嘩のタネが尽きない二人なのですが、夫のU氏は、さすが元テレビ局勤務で、頭がよく口も立つ。 そんな夫が、自分より先に優雅なリタイア生活に入ったので、上沼恵美子は余計に腹が立つ。 おまけに結婚する頃は、そんな知的なU氏に恋い焦がれたのが、自分のほうだったことが癪にさわると、夫の愚痴ともノロケともつかない話を延々と続けていると、山本陽子が「でも、素敵な旦那さんだと思います!すごい素敵な旦那さんだと思います」と、ぴしゃり。 上沼恵美子は、一瞬虚をつかれながらも、「じゃ、差し上げます」と返して、スタジオは大爆笑に包まれました。 大抵のゲストは、上沼恵美子の歯の浮くようなおべっかやどきつい毒舌に閉口して、出演しても笑っているしかないのですが、さすが年期の入った大女優・山本陽子、上沼恵美子相手に堂々の貫禄勝ちでした。

次の