コバエ なぜ。 コバエがうざい!人に寄ってくる原因や家にいるのはなぜ、簡単な対策や駆除方法も!

コバエはどこからわく!?大量発生していなくならない原因と対策

コバエ なぜ

この記事の目次• コバエはどこから発生して家の中に出てくるの? 家の中をブンブン飛び回るコバエ。 「どこから発生してきたのよー!」とイライラしてしまうことはありませんか? コバエは体が小さい虫なので、網戸の網目をすり抜けて入ってきたり、扉や窓の開け閉めの時、スッと入り込んできます。 小さくて気が付かないことが多いですが、帰宅時に自分と一緒に入ってきてしまうこともあります。 キッチンに立っている時やテレビを見ている時などに、ふっと目の前を横切って気がつくことが多くないでしょうか? 一度発見してしまうと妙に目について、気になってしょうがない虫でもありますよね^^; コバエは体長が1mmから5mmくらいの小さなハエの俗称で、発生する場所によって種類が異なっています。 たとえば、家の中で見られるのは主にショウジョウバエで、黒ショウジョウバエか黄色ショウジョウバエのことが多いです。 日本では約250種類もが確認されているそうですよ。 ショウジョウバエは、生ものや熟した果物が大好きです。 バナナやマンゴーなど果物の追熟のためにキッチンなどに置きっぱなしにすると 卵を産んでしまうことがあります。 また、湿気のある場所を好むチョウバエもいます。 こちらは日本国内には約60種類が確認されています。 主に見られるのはオオチョウバエとホシチョウバエで、浴室やトイレなど、日陰で湿気が溜まりやすい場所を好み、排水溝に溜まっている石鹸カスやヘドロを餌として繁殖します。 お風呂場でよく見かける時はこの種類のハエのことが多いです。 寿命は約2週間ですが、この間に2回から3回産卵し1回に200個以上産むと言われています。 1匹が200個の卵を産むわけですから、全てが成虫にならないとしてもすごい数ですね。 特に屋内の場合には天敵がいないので、繁殖率が高くなってしまいます。 コバエを屋内で繁殖させないためには最初の1匹を持ちこまないことですが、シャットアウトするのはなかなか難しいことです。 少なくとも繁殖させないためには、生ごみ・熟した果物・食べかけの食事や汚れた食器を放置しない。 浴室やトイレの換気をよくするなどで、産卵しにくい環境を作るようにしていきましょう。 スポンサードリンク コバエはどうやって繁殖しているの?気が付くと大量に! 家の中で見つけたコバエをそのままにしていたら、あっちにもこっちにも・・・大量のコバエが!! というのも、みなさん経験があると思います。 あっという間に増えるコバエ。 どうやって繁殖しているんでしょうか? コバエは1匹のメスがいた場合、2週間もすれば約500匹に増えてしまうほど高い繁殖力を持っています。 これは恐ろしい数ですよね^^; 必ずしもでないにしても、あっという間に大量に増えてしまうことがわかりますね。 繁殖しやすい環境は生ごみ・熟した果物、湿気の多い浴室・洗面所やトイレです。 生ごみのなかでもイーストのニオイを好む傾向にあるので、発酵臭があればさらに引き寄せられる確率が高くなります。 最も 好んで繁殖するのは熟したバナナで、おいしい食べごろになるまで常温で追熟させようとすると、この頃にはコバエの繁殖の温床となっていることがあるので注意してくださいね。 この他、ぬか床を常温保存している場合、ふたの閉め方が甘かったりするとコバエが繁殖しやすくなります。 ビールやワインを飲んだ瓶や缶を洗わずに屋内においている場合も産卵場所としてはコバエに好まれます。 このように、飲み食いする物のところで繁殖しやすくなってしまうんですね。 ですが、キッチンや食べ物のある場所だけではありません。 浴室・洗面所やトイレなどの湿気の高い場所で飛んでいるのをよく見かける、ということも多くはないでしょうか? こういった場所も格好の繁殖場所となっているんです。 コバエは、湿気と灯りの温度に引き寄せられる習性があり、排水溝の汚れなどを餌として繁殖する習性があります。 戸建ての場合には排水溝の洗浄をすればある程度は繁殖が抑えられますが、集合住宅の場合には、他の排水管や住宅によって繁殖したコバエが入り込んでしまうケースもあります。 コバエは、初めはたった1匹でも、エサ場を発見すればすぐに卵を産み付けてしまいます。 特に屋内では天敵の心配がないので、繁殖し放題になってしまうのです。 どうして急にコバエが増えたの?という時は、家の中のこうした場所に卵が産みつけられているのかもしれません。 なので、1匹発見したらできるだけ早く、何かしらの方法で退治していくのが大量発生させないことにつながります。 コバエ退治には市販のスプレーや散布剤は効果がありますが、赤ちゃん・高齢者・ペットがいる家では影響が心配ですね。 そのような場合には、 めんつゆトラップというものがあります。 ペットボトルの下の部分を10cmから15cmに切って少しの水を張り、めんつゆを入れて、中性洗剤を数敵入れて置いておきます。 これだけで飛んでいるコバエを退治することができます。 また、めんつゆをビールに代えても同じような効果があると言われていますので、一度試してみるのもいいと思います^^ これは、ニオイにつられてきたコバエの体に、洗剤の界面活性剤が触れることで退治へとつながります。 もしも、コバエが全然寄ってこないという場合は、臭いが少ない可能性があります。 めんつゆの量を増やしたり、お酢を加えたり、液体自体を少し多めにしてみて調整してくださいね。 また、家の中一か所だけに置くのではなく、数か所に置く方がつかまる確率も高くなります。 ちょっと面倒だったり、めんつゆがこぼれそうで気になるという場合は、市販のコバエ取りを置いてみるのも良いと思います。 コバエ取りにも種類がいろいろあるようですね。 また、浴室の場合ですとスプレーを吹きかけても、換気扇やお湯で流すなどの対応ができるので、シューっとやっつけて一気に退治するのが簡単です。 ですが、トラップをしかけている以外の場所に卵を産み付けられてはどんどん増えてしまうばかりです。 コバエが家の中を飛んでいたらまずは家の中の掃除をしましょう。 食べこぼしやパンやお菓子のカスが部屋にあると、コバエがたかりやすいだけでなく卵を産みつける格好の場所になります。 食べかけのお菓子はそのままにせず、すぐに封をしてしまいましょう。 コバエの発生しやすい時期には、冷蔵庫の中に入れてしまうというのも良いと思います。 キッチンの生ごみはふた付きのゴミ箱の方がコバエが寄りにくくなります。 シンクにゴミを残さないなどにも気をつけましょう。 排水溝にはも食べ物のカスが残らないように気を付けてくださいね。 専用の洗剤などを利用しておくこともコバエ発生を抑える効果があります。 浴室・洗面所・トイレのような湿気が溜まりやすい場所も要注意! 浴室内に石鹸カスを残さない、排水溝の洗浄をするなどが効果的です。 しっかりお掃除をして、パイプの中も定期的に専用洗剤でヌメリを取るようにしてくださいね。 コバエは家の中から自然に湧くことはなく、最初の1匹は外からの侵入だと言われています。 玄関や窓を開けるときには、網戸や目の細かいカーテンをするなどで侵入を防ぐことも大切です。 網戸の一部が破れていたりするとコバエの侵入が増えますので、一度点検してみてくださいね。 私も夏の間に数回はこんな経験をします^^; 見つけるたびにスプレーをまき散らすのもいやなので、退治するのも大変、というのがコバエですね。 めんつゆを使ってトラップを仕掛けるのもいいですし、面倒な人は市販のコバエホイホイを設置するのも良いと思います。 部屋の中や排水溝などもしっかりお掃除するようにしてくださいね。

次の

コバエが人に寄ってくるのはなぜ?人を刺すの?昼間に多い

コバエ なぜ

Contents• コバエがうざいと思う時 コバエがうざいときってどんな時ですか? いつの間にか部屋にいる 窓や戸を一瞬開けた時なのか、いつなのかわからないけど気がつくと「 ブーン」と飛んでいるコバエ。 うざい率高めです。 ご飯を食卓に並べているとテーブルの上にいる せっかく作ったご飯を並べているところに飛んでくるコバエ。 外から飛んできたコバエは、 衛生的にもご飯の上には止まって欲しくないですよね。 顔や目に寄ってくる 外出中の自転車に乗っている時や歩いている時、ぶんぶんと顔のまわりにまとわりついてくるコバエ。 手で払ってもしつこく寄ってきて、本当に「うざい」ですよね〜。 うざいコバエはなぜ寄ってくるのか では、うざいコバエはなぜ寄ってくるのか。 3つの原因が考えられます。 匂い(臭い) ハエやコバエは 腐敗臭や 酸化臭、また たんぱく質が 分解された時に発せられる匂い(臭い)が好きなので、コバエが寄ってくる!という人は、 頭皮の油や 耳の後ろの手の届きにくいところの清潔にも気をつけてみるのがおすすめです。 清潔にしているのに〜という場合は、 食生活はどうでしょう。 肉食ばかり、オナラが臭い、便が硬いなど腸内の発酵具合で発生する体臭や口臭も気をつけてみましょう。 アルコールなどの発酵臭も好きなので、二日酔いの匂いに誘われてやってくることもありますよ。 また、 ローズ系の匂いが好きなハエもいますので、清潔にしたのに寄ってくるという方は、ハエの好きな匂いをつけているという可能性があります。 スポンサーリンク 色 ハエは 黒い色が好きなことが研究でわかっているそうです。 腐った食べ物の色が黒っぽく変色することから黒い色など濃い色を餌だと 視覚的に捉えていると考えられています。 なので、黒い髪の毛や黒に近い暗めの服を身につけていると寄ってくる可能性がありますね。 メマトイ クロメマトイ、マダラショウジョウバエという種類のコバエは「 メマトイ」の総称で呼ばれ、人や動物の 涙や 汗が好きで、目のまわり飛び回ります。 目ヤニや涙に含まれる「たんぱく質」を食べようと必死に飛んでくるんですね〜。 うーん、うざい! メマトイに寄生している「 東洋眼虫」が人間に寄生する場合があるので、気をつけたいところです。 うざいのはコバエだけではない寄ってくる昆虫 蚊(ヌカカなど コバエの他に寄ってくる虫といえば蚊ですよね。 アンモニアや 二酸化炭素の匂いに誘われて人間に寄ってきます。 特に ヌカカは、体長1-3ミリと極小でコバエかと思いきや 吸血してきますので、うざい虫であることは間違いありません!! ユスリカ ユスリカは足の長い蚊のような虫ですが、蚊のように刺したりはしません。 ユスリカは 群れで飛んでいるので、走ったり、自転車などスピードを出していると知らずに群れに突っ込んでしまいうざいということに。 酢と洗剤 発酵した匂いが好きなので、空いた容器にめんつゆの代わりに 酢を適量入れ、台所用洗剤を数滴垂らして置いておくだけでおっけーです。 アメリカでは、めんつゆではなく リンゴ酢、 はちみつ、 ワインなども効果があると言われていますよ。 あと洗剤は、ハッカの匂いはコバエが近づくにを防ぐ効果があるので、ミント系はやめて 柑橘系などフルーツの香りの洗剤がおすすめです。 紙を丸めて瓶の入り口におく こちらはアメリカで紹介されている簡単な コバエホイホイです。 空き瓶の中にフルーツを入れておき、入り口を円錐状にした紙で塞ぎコバエが入ってくるのをおびき寄せます。 My fruit fly death trap!! 空き瓶の中にコバエが捕まったら、洗剤を混ぜた水を流しいれて、捨てるだけです!.

次の

コバエがうざい!人に寄ってくる原因や家にいるのはなぜ、簡単な対策や駆除方法も!

コバエ なぜ

コバエ退治の定番と言えば、『コバエがホイホイ』。 アース製薬から出ているロングセラーの商品です。 台所などコバエが発生しやすいところに置いておくだけでOK、コバエが勝手に集まってきて捕まってくれるので手軽さは抜群なんですが、実際に使ってみると、 ぜんぜんコバエが取れない! という方もいるのではないでしょうか。 Amazonなどのレビューをチェックしてみても、 一匹も取れなかった 寄ってもこなかった なんていう声がけっこう見られます。 実は私も、台所に何匹も発生したコバエを退治しようと『コバエがホイホイ』を設置したのですが、いくら待っても1匹も捕まらず、苦い思いをした経験が。 ですが、『コバエがホイホイ』にあるひと手間を加えるだけで、みちがえるほどグングンコバエが寄ってきて捕獲されたんです。 1か月2か月経ってもコバエが1匹も捕れない!という方は、あきらめて捨ててしまう前に一度ここで紹介する方法を試してみてください。 Contents• 『コバエがホイホイ』が効かないときにすべきこと 『コバエがホイホイ』が効かない、置いておいてもぜんぜんコバエが捕まらないときは、 『コバエがホイホイ』に水を加える まず、これを試してみてください。 もちろん、買ったばかりの『コバエがホイホイ』は臭いも強力に感じますし、中のゼリーだってちゃんと湿っています。 ですが、どうもこれだけでは効きが弱い場合があるようなんです。 水を入れずに初期状態のまま『コバエがホイホイ』を置いておいても一匹たりとも捕まらなかったのが、水を入れただけで1日で10匹以上のコバエを捕獲することができました。 10匹以上のコバエが捕まっています。 ゼリー自体も水を吸って一回り大きくなっているのが分かりますね。 ちなみに、水を加えるだけでガンガン捕れるようになった理由は不明です 笑。 が、もともと臭いはけっこう強いので、おそらく 水を加えることでゼリーの臭いが 拡散しやすくなったんじゃないかと思っています。 もしこれでも効果がない場合には、 水とお酢を加える という方法もあるようです。 こちらは、アース製薬に電話して聞いてみた方法で、より臭いが強くなるので、こちらもおすすめ。 私の場合は水だけでもガンガン捕まるようになりましたが、それでもイマイチ効き目が弱いという方はお酢と水を1対1くらいの割合でさらに足してみてください。 1.『コバエがホイホイ』のゼリーの臭いが拡散されていない 2.産卵やその他なんらかの理由で、コバエが臭いに反応しない時期 3.そもそも臭いに反応しない種類のコバエ ということが考えられます。 コバエと一言で言っても、その種類はさまざま。 『コバエがホイホイ』で効果があるとされているのは、 ショウジョウバエと ノミバエの仲間です。 浴室や洗面所等で発生する 「チョウバエ」という種類のコバエや、観葉植物の培養土などに発生する 「クロバネキノコバエ」という種類のコバエは、 臭いに反応しないので効果を期待することができません。 なので、まず 発生しているコバエがショウジョウバエやノミバエの仲間なのかどうかを確認すること。 台所や食べ物のある場所で発生しているなら、まず間違いなくショウジョウバエかノミバエと思っていいでしょう。 ショウジョウバエやノミバエなら、仮に『コバエがホイホイ』をそのまま置いただけでは捕まらないとしても、上に挙げた方法で臭いをより拡散させる or 臭いを強くすることで捕獲することができるはず。 もしコバエが浴室や洗面所で発生している場合は、そのコバエはチョウバエの可能性が高いので、そもそも『コバエがホイホイ』は効かない種類です。 チョウバエやクロバネキノコバエには別の商品(『ハエとり棒』など)を使ってみるようにしてください。 『コバエがホイホイ』が効かないとあきらめない! もちろん、『コバエがホイホイ』以外にもコバエを捕る方法はあります。 メジャーなところだと、 殺虫剤を使う めんつゆで捕まえる など。 ただ、殺虫剤は食品や食器などが置いてある場所では使いたくないですし、思ったほど強力に退治できるわけではありません。 殺虫剤を噴きつけても、コバエは余裕で飛んでいたりします。 また、 「めんつゆに水と洗剤を混ぜておくとコバエが捕まる」というめんつゆトラップも最近人気ですが、完全手作りなのでなんとなく見た目が悪いのと、機能的なフタなどをつけることができずにこぼしてしまう可能性が高いというデメリットがあります。 そう考えると、 コバエを捕るにはやっぱり『コバエがホイホイ』がベストなんですよね。

次の