アンドロメダ ジャングル。 アンドロメダ(早咲き大輪系/パテンス系 新・旧両枝咲き)の花が咲きだした。2020年。クレマチス: 02memo日記

Villainess : Reboot SP

アンドロメダ ジャングル

本業多忙……の合間をぬっての、スペシャル記述。 このお話は 完全妄想版です。 悪女組織『 A K J 』と『 インセンシティブ・ヴィーナス』の共同作戦、『東京ジャングル作戦』が展開される…。 AKJ の秘密アジトで危機に墜ち入ったプロシェーヌ。 しかし、それを救ったのは、世界防衛機構の チーフ・クラタと、ストラダ機関のコードネーム・ アンドロメダだった。 アンドロメダからワカコ先生が作った、新たなコスチュームデバイスを渡されたプロシェーヌは、『 プロシェーヌWモード』として覚醒した…。 最初のW形態は『ハーフクロエ』&『ハーフプロトタイプ』だ。 スマートサイボーグ綾小路律子は、攻撃を開始。 『ハーフプロトタイプ』は、自らの攻撃力はないが、あらゆる敵の攻撃に耐えられる。 律子の激しい攻撃にも耐えて、近づいたプロシェーヌは… 『ハーフクロエ』は、強力なライダーパンチを繰り出す。 「『モードブリアン』に変身できないお前など、恐ろしくはない!光線弾で、モードクロエを破壊する!」 プロシェーヌは、新たなハーフチェンジ。 (…鏡だから、光線(弾)は跳ね返す…) サイボーグ綾小路律子は、自らの光線弾で、武器を繰り出す右手を破壊してしまった…。 「律子姉さま…ここは引きましょう…」 脱出体制の 綾小路姉妹。 「覚えていなさいプロシェーヌ…。 この次は必ずお前を殺す!」 三代目綾小路律子は、そう捨て台詞を残す。 そして 綾小路姉妹は消えた。 プロシェーヌも深追いはできない。 助けてもらった二人を、今度はサポートしないと… その頃、アンドロメダは、 死の女神ネオと、 投資家姉妹を追ってアジトの上部、海上ヘリポートに上がっていた。 専用の脱出クラフトに走る 悪女たち。 アンドロメダは、白いクラフトの燃料タンクを狙って、銃を撃った。 「きゃあ!!」 狙い通り、燃料タンクは爆発した。 「 ウィッチ!あたしを置いて行かないで!!」 「助けてあげてもいいけれど、ちゃんと『お助け費用』を払いなさいよ」 ウィッチトリックスは現金だ。 「ここまでくれば、あの女にも狙撃は無理ね…」 アンドロメダは、500メートル先のターゲットも外さない。 アンドロメダの銃弾は、クラフトのコントロールパネルを撃ち抜いた。 「どうするのよ?!このままだと海に墜落しちゃうじゃない!」 「…やっぱりね…。 あいつらと戦うと、いつもこうなる…」 死の女神と ウィッチは、ダイビング用具を準備していた。 …賢い 悪女は学習する… 「 あたし聞いていない、そんな事!!」 (…本当にデキる人は、 こんな言葉は言いません…) そういう プリンセスに、 ウィッチは言った。 『あんたはこの前、ヒドイ目に会ったあたしのことを、笑っていたよね…』 脱出クラフトは、海に墜落した。 プリンセススペクトルは、思いっきり海水を飲み込みながら、心の中で叫んだ。 一応のお断り… 今回多忙で、ここまで…三分の一位しか記述できませんでした…。 スミマセン….

次の

アンドロメダ(早咲き大輪系/パテンス系 新・旧両枝咲き)の花が咲きだした。2020年。クレマチス: 02memo日記

アンドロメダ ジャングル

本デッキの強い点 敏捷ptをかなり稼ぎやすい 館橋の強力な走塁タッグと敏捷ブースターにより、アンドロメダ野手育成のネックである敏捷ptをかなり稼ぎやすい。 これにより、 敏捷ptのことをあまり気にかけず、強力な打撃タッグをガンガン踏みに行ける。 前2編成によりもねの告白が早く起きやすい 前イベ数が計6とかなり軽いため、もねの告白発生が早くなりやすい。 序盤選手キャラの評価上げに集中しても、クリぼっちを回避しやすい。 もね,館橋の2人からいいヤツ取得可能 もねの全レアイベと館橋の全レアイベでを確定取得可能。 序盤に取得することでキャラの評価上げをより効率的に行えるようになる。 凡才スタートでもワンチャンに期待できる。 もね評価をMAXまで上げやすい もねはデートでの評価UP量が少なめというネックがあるが、アミティの全レアイベで取得可能なため、エピまでにもね評価をMAXまで上げやすい。 本デッキの懸念点 査定最大値が低い パワー上限UPが無くも無いので、選手査定の最大値は低め。 後イベがやや重い 後イベ数が計14とやや重いため、後イベ未完のリスクが高め。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 告白のために木村を追わなくていい 彼女キャラのユニ木村はSR覚醒で初期評価が最大20UPする。 木村がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 ユニ木村のイベント回復量がかなり多い ユニ木村は合計4回の体力回復イベがある上に、クリスマスやバレンタインの回復量も多い。 アンドロメダ高校は練習回数の増加が経験点の伸びに大きく関わってくるため非常に強力。 本デッキの懸念点 告白がやや間に合いにくい 木村を彼女にするためには必ず2回告白イベを発生させる必要があるため、クリスマスまでに彼女にする難度がやや高い。 前イベ数が多い 本デッキの前イベの合計数は14 空きイベ数は38 とかなり多い。 告白と選手キャラのSRイベが完走すればよく、全てのイベントが発生する必要はないが完走を安定させるなら招き猫を持ち込みたい。 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 ユニ木村を覚醒している必要がある ユニ木村の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 サクセス中の練習の試行回数を大幅に増やすことができ、経験点を伸ばしやすくなる。 序盤のゲージ管理が非常に楽になり、サクセスを通しての超特訓発動回数も増やせるため強力。 6上限UPを達成できる 本デッキは基礎上限UPを6上限全て編成している。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 本デッキの懸念点 筋力ptが大幅に余りやすい ガジェット・社長の2人が筋力ブーストセル持ちのためVR空間が雪山 筋力ボナ になりやすい。 しかし本デッキは強力な筋力ボナ持ちの打撃キャラが複数人編成されており、雪山を複数回生成してしまうと大量の筋力pt余りが発生してしまう。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 後イベ数がやや多い 本デッキの後イベの合計数は ガジェットのSRイベを2回目で切る前提で14 空きイベ数43 とやや多い。 ライター体感でアンドロメダ学園の後イベは走りにくいというのもあり、安定した完走を目指すなら招き猫を持ち込みたい。 恋がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 本デッキの懸念点 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 恋を覚醒している必要がある 恋の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 エピローグで扇風機が付く 二股対象扱い?の天音がいるため、恋とのエピローグで赤特のが付いてしまう。 が、扇風機の消去に使用する経験点は余りやすい技術なので、そこまで大きなデメリットとはならない。

次の

【パワプロ】アンドロメダ学園の立ち回りとシナリオ攻略【最新版】

アンドロメダ ジャングル

クソゲー、メタスコアが低い、開発時のゴタゴタとか、ネットで調べるとかなり評判が悪いMass Effect Andromeda 略称:MEA PS4版を30時間ほどやりました。 マルチはやってません。 マスエフェクトシリーズをやるのが初めてなので、特に期待などはしていませんでした。 日本語版は無いので全て英語でやることになります。 SFは出てくる英単語が基本的に難しめなので勉強になります。 たしかに、Horizon: Zero Dawnをやったことがあると、「ホライゾンに比べると…」と思ってしまいますが、オープンワールドのTPSゲームとしてはそんなに悪くないと思います。 youtubeの実況を探しても最後までMass Effect Andromedaの動画をアップしている人がほとんどおらず、みんな途中でアップロードを止めてしまっています。 途中でアップロードをやめてしまう理由の一つに、会話が多すぎるということもあると思います。 30時間くらいマスエフェクト・アンドロメダをプレイしましたが、7割くらいは会話を聴いているような気がします。 ほとんど戦闘してません。 僕の場合はゲームを英語のリスニング教材だと思っていますから、会話が多いのに不満はありません。 会話の多いSFのRPGでたまにTPSで戦闘があると思っていれば、けっこう面白いゲームだと思います。 普通の英語教材を買って勉強するよりも、全部英語でゲームをやった方が色々と学ぶことが多いです。 ただ、マスエフェクトアンドロメダは特に英語字幕が小さすぎるのでそこは何とかしてほしいです。 英語が母国語の人ですら字幕小さすぎだと思っている人が多いのに。 一回、バージョンアップで改善されたようなんですけどそれでも小さいです。 惑星間移動のファストトラベルが無い、ヘリオスとネクサスの移動が面倒というか迷う、テンペストの内部で迷うとか、僕の一番の不満は、移動が物凄く多いのでもっとファストトラベルさせて欲しいということでした。 あまりにマスエフェクト・アンドロメダの評判が悪いので全く期待していなかった分、むしろそこそこ面白いと思いました。 日本のamazonのレビューがそんなに悪くないのも、海外の色々な悪評を見てから購入した人が多いからかもしれません。 アメリカのPSストアの星も5万くらいの評価数で5段階中4. 5になってますから、そこまで不評じゃないようです。 顔や表情が変という感想が多いですが、アップデートで修正されたからか、洋ゲーって大体こんなもんじゃない?という感じでそんなに気になりませんでした。 ただ、回復の仕方や弾薬の補充、武器MODの使い方、資源採掘用ドローンの使い方、放射性物質による汚染、モノリスのパズルをどうしたら良いか分からないことが多すぎました。 チュートリアルが雑すぎる割に色々と機能があってよく分かりません。 だから、ネット上に攻略情報が無い状態で、バグだらけ、定価で購入していたとなると、ボロクソに酷評したくなったことでしょう。 今は、英語だったら色々と攻略情報もあるし、アップデートでバグもそこそこ修正されているようです。 そして、戦闘はけっこう面白いんです。 カバーアクションは無く、障害物に接すると自動的にしゃがむ感じです。 しゃがむボタン欲しいな~と最初は思いましたが、ブースターでジャンプしたり素早く移動できるので、動き回って戦うことに慣れるとカバーアクションは無くても良いかなと思えます。 敵に近づくとすぐ発見されてしまうので、ステルス要素はありません。 スナイパーライフルやアサルトライフルはスコープを使わずに腰だめで撃っても当てやすいので、アクション難易度は低めだと思います。 下のおすすめアサルトライフルの所でも触れますが、L2を押さずに障害物の後ろに隠れながらR2を押す「ブラインドファイア」がよく当たります。 スキルツリーは宇宙船「テンペスト」内部の「Med Bay」にある「Skill Respec Station」で20クレジットでリセット可能なので、途中で変更することもできますし。 でも、そういうことが全然ゲーム内のチュートリアルに出てこないので、海外の攻略サイトや掲示板を見て理解しました。 ネットで検索しないとよく分からないのですが、分かれば面白くなってきます。 最初はBioticのPullとCombatのConcussive Shotとバリケードを使っていました。 例えば、Pullで敵を空中に浮かせてから、Concussive Shotを撃つとコンボになって与えるダメージが増えるので雑魚は簡単に倒せます。 でも、Pullはシールドやアーマーや大きな敵には効きません。 そして、厄介な敵はほとんどシールド有りの敵なので、「Pull」の代わりに対シールド用にTechの「Overload」に変えました。 ダメージ200くらいのスナイパーライフルとアサルトライフルだけでも何とかなります。 以下ちょっと困ったことを書いておきます。 たしか最初の惑星「Habitat 7」では手動セーブできなかったはずです。 宇宙ステーションのネクサスに行くと手動セーブできるようになったと思います。 (異常を検知!)」と言われたら、L2ボタンを押しこみます。 そうするとスキャンモードになり、異常がある場所の方向が分かるので、緑色になるまでカーソルを動かします。 「Anomaly Located. (異常の位置を特定)」になります。 そしてR2を押すとprobe(探査装置)を打ち出します。 探査して何かを発見すると、資源やXPがもらえます。 これ、最初全く意味が分からず放置してたんですけど、資源や経験値がもらえるので単調ですがやった方が良いです。 あと、弾薬の補給も。 たまにマップ上に設置してあるボックスに接触するだけで体力と弾薬が回復します。 小さい音が鳴るんですけど、もっと分かりやすいアニメーションか効果音にして欲しかったです。 もしくは、三角ボタン長押しにした方が良かったと思うんですけど。 左側のボックスが体力回復用、右側のボックスが弾薬とPower Cellの補給です。 一回補給するとバーが減っていきます。 バリケードのスキルはクールダウンすればまた使えるようになると思っていたら、弾薬補給の所の電気のマークの「power cell」というものが必要でした。 R2でアクセルですが、この坂登れるだろうと思うような場所も登れなかったりします。 そういう時はL1を押すと「All Terrain Mode 全地形モード 」になって6輪で走ります。 通常は4輪で走っていて2輪は浮いているみたいですね。 Developmentから「Vertical Thrust Upgrade」を開発するとかなり坂道を登りやすくすることができます。 こんな所登れないだろうと思うような所も登れるようになります。 Eosの序盤でNomadで行けるのは実質的に「Radiation Level1」の所だけです。 「Radiation Level2」になったらすぐ引き返しましょう。 AVPが貯まってレベルアップするとCryo Deployment Perksが解放されます。 これは、スキルみたいな物なんですが、僕は最初に「Military Pods」の「Reconnaissance」を取りました。 「Reconnaissance」を取ると、マップ上に隠された宝箱が表示されるので、レアアイテムをゲットしやすくなります。 エンカウンターっていうのは、多分イベント以外での敵を倒した時にもらえる経験値だと思います。 英語の攻略掲示板をチェックして、リサーチして開発して使ってみたのが、「P. W」というアサルトライフルです。 PAWは、エネルギー兵器なので弾数制限が無い代わりにエネルギーリチャージにかなり時間がかかるという欠点があります。 ただ、 敵のシールドをすぐはがせるし強いです。 開発にベリリウムが足りなかったのですが、テンペスト内部で購入できました。 一発ずつしか撃てませんが、スナイパーライフルよりも数多く撃てるので序盤にかなり役立ちました。 障害物か自分のスキルで出したバリケードに隠れて、Mattockをブラインドファイアするとかなり簡単に倒せます。 Mass Effect Andromedaのブラインドファイアは、弾がバラけないので超強力です。 The Divisionやアンチャーテッドシリーズだとブラインドファイアは遠くの敵にはほぼ当たりませんが、Mass Effect Andromedaでは普通に撃っているのと同じように当たります。 ブラインドファイアでスナイパーライフルを撃っても当たるので、ビームを撃ってくる敵はバリケードに隠れながらスナイパーライフルを撃つとダメージを受けずに簡単に倒せます。 プロフィールはいわゆる「パッシブスキル」で常に発動するステータスボーナスのような物です。 途中で、スキルをリセットして振り直ししたら「Tactical Agent: Infiltrator」というものが選択できるようになったので、選択したらなかなか良かったです。 まず、スコープを使ってエイムすると、壁越しでも敵が赤線でハイライトされます。 これは特にジャングルっぽくて植物で視界が妨げられるhavarlで役に立ちました。 中盤からクローキングを使う敵が増えてくるので、ハイライト機能はかなり便利です。 「Infiltrator」はCombatとTechの2つにスキルを割り振っていくとアンロックされます。 たとえば、Combatに20以上、Techに20以上とか。 なんだかんだで、マスエフェクト・アンドロメダはわりと面白いと思ってやってますから、E3で発表されたBiowareのAnthemにはかなり期待しちゃってます。

次の