在職 老齢 年金 制度 の 見直し。 65歳未満で年金がもらえる人には朗報!・・在職老齢年金の見直しについて!

2020年 年金制度「在職老齢年金制度改正」で受給額大幅アップ

在職 老齢 年金 制度 の 見直し

(2019年11月26日) 働く高齢者 年金減額基準 65歳以上据え置き 月収 47万円超 政府・与党は 25日、働いて一定の収入がある高齢者の 年金を減らす「在職老齢年金制度」について、 65 歳以上 の人が対象となる場合の月収の基準を「 47 万円超」に 据え置く方針を決めた。 60 ~ 64 歳は現行の 28 万円超から 47 万円超に引き上げる。 (中略) 2020 年 1 月からの通常国会に関連法案を提出する。 nikkei. ・ 65歳以上の在職老齢年金制度が就業を抑制している という客観的な調査結果はみられないのに、なぜ基準額を 引き上げるのか ・基準額引き上げにより、将来世代の年金給付水準が 下がる 2019年 8 月 27 日に財政検証結果とともに公表された オプション試算で、基準額を撤廃した場合・基準額を 62 万に引き上げた場合の試算が厚生労働省より示されて から約 3 ヵ月。 11 月 13 日には基準額 51 万円への引き上げとする修正案も 提示されていましたので、混乱した方もおられると思い ます。 65 歳までも 65 歳までも在職老齢年金の基準額が 47 万円 に揃えられるのであれば、制度としてはわかりやすい とはいえます。 (注)在職老齢年金の基準額が47万円なら、給料・賞与の月額換算額+調整の対象となる年金の月額換算額との合計額が47万円以下なら、年金を全額もらえることとなります。 また、「調整の対象となる年金の月額換算額」とは、正確には次の額を用いて計算されます。 65歳までも 65歳からも、経営者の場合は、現状の役員 給与設定のままでは年金が支給停止となる方がほとんど でしょう。 働きながら老齢厚生年金をもらいたい場合は、 事前に役員給与設定を変更しておく必要があります。 (注 1)配偶者または子が次の二つの要件をともに 満たしている場合に、「生計を維持」していると されます。 1.老齢厚生年金を受ける本人と生計を同じくし、 2.原則として、前年の年収(前年の年収が確定 していない場合は前々年の年収)が 850 万円未満、 または、前年の所得(前年の所得が確定していない 場合は前々年の所得)が 655. 5 万円未満 注 2 65歳到達後に厚生年金保険加入期間が 20年 以上となった場合は、その後退職して退職日から 1 月経過したときに要件を満たす配偶者または子が いれば、退職月の翌月分から加給年金額がつきます。 以上より、経営者の場合、加給年金額も全額支給停止 となる人が多いです。 しかし、事前に、老齢厚生年金(報酬比例部分)の 一部でも支給されるような報酬設定にしておけば、 加給年金額の支給要件を満たしている間は、加給年金 額は全額支給されます。 ですから、老齢厚生年金(報酬比例部分)の一部 または全部を受給して配偶者加給年金額も受け取り たい場合は、事前に、本人の報酬設定だけでなく 配偶者の年収・所得にも注意が必要となります。 取締役等である配偶者の年収・所得が「生計維持」 の基準額を超えており、配偶者の報酬を下げれば 「生計維持」要件を満たす場合は、本人が 65 歳に なってから配偶者の報酬を下げるのでは遅すぎ ますので、ご注意下さい。 (配偶者の年金が全額支給停止となり実際には受け取れ ない間は、配偶者加給年金額は支給停止されません。 ) 配偶者加給年金額は扶養手当のような意味合いの加算 ですので、配偶者自身がある程度のまとまった年金額を 受けている場合は、配偶者加給年金額は支給停止となる という趣旨です。

次の

在職老齢年金制度の見直し ~60~64歳は年金支給額増加へ~

在職 老齢 年金 制度 の 見直し

【関連記事】 ・ ・ ・ 政府がこうした方針を与党幹部に伝えた。 2020年1月からの通常国会に関連法案を提出する。 在職老齢年金は厚生年金と賃金の合計が基準額を超えると年金が減る仕組み。 65歳以上は月47万円、60~64歳は月28万円が基準額で、108万人の年金の支給を一部止めている。 収入の多い高齢者に年金制度を支える側に回ってもらい、将来世代の給付に充てる制度だ。 減額基準を見直すのは、在職老齢年金が高齢者の就業意欲を阻害しているとの指摘を踏まえたものだ。 生産年齢人口の減少に対応するため、高齢者の就業促進は政府の重要課題だからだ。 政府は6月の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に「将来的な制度の廃止も展望しつつ、速やかに見直す」と盛り込んでいる。 新たな減額基準を巡っては政府・与党内で意見が対立していた。 低所得者への恩恵が見えにくいとの指摘が公明党などから上がっていた。 厚生労働省が10月に当初示したのは月62万円だった。 後に月51万円まで下げたが、反対意見が収まらなかった。 65歳以上では据え置きとなる月47万円に再修正した。 厚労省が社会保障審議会に示した資料では、60~64歳の減額基準引き上げは「一定の就業促進効果がある」と記述する一方、65歳以上は「効果は確認できない」と認めた。 65歳以上で基準を見直す根拠は揺らいでいた。

次の

年金減額基準、働く65歳以上は「月収47万円超」維持 :日本経済新聞

在職 老齢 年金 制度 の 見直し

働く60歳~64歳の年金カットの基準が緩和される 今年 2020年 は、注目すべき年金制度改正がありますね。 「働き方改革」に合わせた年金の新しい制度には「働きながら年金を増やせる」チャンスが多いんです。 その大きな施策のひとつに、働きながら年金を受給する際、 収入合計が一定額を超えると年金がカットされる「在職老齢年金制度」の見直しがあります。 シニアにとって大きなチャンスなのは、65歳未満の在職老齢年金が大きく変わることです。 「改正高齢者雇用安定法」が平成25年4月1日から施工されたことにより、 60歳定年後の希望者全員を「65歳」まで雇用することが義務付けられました。 65歳までの雇用延長が義務化され、今、60代前半男性の就業率は8割に迫っています。 さらに、ちょうどこの世代は年金受給開始年齢の65歳より前に 「得する年金」 厚生年金の特別支給 を受給できる世代 男性は1961年4月以前生まれ でもあります。 本来なら、「得する年金」を受給しながら雇用延長で働き、 給料と年金のダブルインカムで老後資産を増やせるチャンスのはずでした。 ところが、現行の在職老齢年金制度では、 月給と年金 厚生年金の報酬比例部分 の合計が「28万円」を超えると、 超過分の半額が年金からカットされてしまいます。 これは年金受給の常識としてありましたネ。 特別支給の年金額が月10万円の人が月給38万円稼いでしまうと合計収入が48万円となり、 年金は全額停止されて1円ももらえません。 そのため、この世代のサラリーマンは 「得する年金を全額もらうために働き方を短時間勤務にセーブして安い給料で我慢する」か、 「年金を捨ててでもバリバリ働いて給料を多く稼ぐか」という実にもったいない二者択一を迫られ、 せっかくのチャンスをつかめずにいました。 それが、2020年の年金改正で在職老齢年金制度が変わります。 65歳未満は給料と年金の合計収入47万円まで年金カットされなくなる。 これは大きいですよ。 現行制度では年金全額カットの前述のケースであれば、 新制度になると年金と月給のダブルインカムで47.5万円 5000円減額 の現役時代並みの収入になる計算です。 それだけの収入があれば、退職金に加えて数年間で老後資金を積み上げることもできるでしょう。 制度改正のメリットを受けるのは「得する年金」世代だけではありません。 50代、40代は、「繰り上げ受給」が選びやすくなる。 しかし、新制度では減額幅が縮小され、 60歳繰り上げを選んだ場合の年金額が今より1万円程度増える予定です。 定年後の雇用延長期間に働きながら年金を繰り上げ受給し、 ダブルインカムで現役時代並みの収入を得ることも十分可能でしょう。 60歳前から「繰り上げ受給」「繰り下げ受給」を十分研究して自分の老後のライフプランを構築しましょう。 75歳まで厚生年金に加入して働けば毎年、年金が増える 「働きながら年金を増やしていく」というやり方は65歳以降も可能です。 厚労省は年金改正案で「在職定時改定」の導入を打ち出しました。 65歳から在職老齢年金を受給しながら厚生年金に加入して働いた場合、 毎月納める保険料分が年金額に反映されなければおかしいので。 これまでは70歳時点 あるいは退職時 で年金額が再計算され、 5年分の保険料に相当する額が70歳以降に受け取る年金に上乗せされる仕組みでした。 それを「定時改定」、つまり年金額の再計算を1年毎に行うように改められます。 実施されれば、65歳から1年間収めた保険料が66歳からの年金額に上乗せされるという具合に、 年金をもらいながら毎年、年金額が増えていくことになります。 さらに厚生年金の加入期間が現行の70歳から75歳に延長されることから、 75歳まで働き続ければ10年間にわたって、毎年年金額がアップしていきます。 政府は全世代型社会保障検討会議の中間報告案で雇用期間を65歳からさらに延長し、 「70歳までの就業機会の確保」を揚げています。 長く働いて稼ぐことができれば、年金受給を遅らせるかわりに、 割増し年金をもらえる「繰り下げ受給」も選択肢になってきます。 え~そんなに働かないといけないのと思ってはいけませんよ。 働いていると楽しいことも増えます。 お金が自由になるのですから。 美味しいものも食べれます。 この豊かな時代を満喫できるのです。 ただ、働き方及び働き先は自分にあったところを選んだらよいのですから。 定年後に公園や図書館に行って時間つぶしを 暇を持て余している している人から見れば どれだけカッコの良い生き方かわかりませんよ。 夫婦の働き方やライフプランに合わせて、 「年金をもらいながら働き、年金額を毎年増やしていく」方法を選ぶか、 75歳まで年金を我慢し、一挙に2倍近い年金をもらって老後をリッチに生活する道も拓けます。 そうすれば医療と介護の負担増の逆風にも対応する方法が見えてくるでしょう。 自分のライフプランをよく考えて楽しく生き生きとした生き方をしましょう。 年齢は絶対的な部分もありますが、アンチエイジングをしていればある意味年齢は相対的なものになります。 健康で豊かな将来を目指しましょう。 引用・参照:週刊ポスト.

次の