手洗い 洗剤。 食器用洗剤はハンドソープの替わりになりますか?独り暮らしの彼の家...

洗濯物の手洗いをするときの洗剤の量について

手洗い 洗剤

石けんの歴史 石けんの起源は約1万年前。 人間が火を使うようになって、獣肉を焼いて食べることを始めました。 その際、獣肉からしたたり落ちる油と木の灰が反応した土が、汚れを落とす土として発見されたのが石けんのはじまりと言われています。 天然素材だけを使った昔ながらの石けんは、その長い歴史が、人や環境へのやさしさを証明しています。 だから、 私たちは無添加石けん にこだわります。 合成洗剤の歴史 第一次世界大戦中、ドイツは石けんの原料である油脂が欠乏し、石けん製造ができなくなりました。 そこで開発されたのが、石油を原料とした合成洗剤です。 日本では、1937年 昭和12年 に、ウール用中性洗剤として初めて市販されています。 その後、第二次世界大戦後にアメリカの石油資本の生産増大、電気洗濯機の普及、アメリカ及びヨーロッパの硬水地区における石けんの欠点 石けんカス などで、急速に合成洗剤が洗浄剤の主流に代わっていきました。 アメリカでは1952年、日本では1963年に、合成洗剤の使用量が石けんの使用量を上回りました。 合成洗剤の日本での本格的な歴史は約60年と、まだ短いものです。 一方この60年で様々な環境問題や健康被害が取りざたされるようになりました。 POINT. 01 原料について.

次の

株式会社ニイタカ

手洗い 洗剤

石けんの歴史 石けんの起源は約1万年前。 人間が火を使うようになって、獣肉を焼いて食べることを始めました。 その際、獣肉からしたたり落ちる油と木の灰が反応した土が、汚れを落とす土として発見されたのが石けんのはじまりと言われています。 天然素材だけを使った昔ながらの石けんは、その長い歴史が、人や環境へのやさしさを証明しています。 だから、 私たちは無添加石けん にこだわります。 合成洗剤の歴史 第一次世界大戦中、ドイツは石けんの原料である油脂が欠乏し、石けん製造ができなくなりました。 そこで開発されたのが、石油を原料とした合成洗剤です。 日本では、1937年 昭和12年 に、ウール用中性洗剤として初めて市販されています。 その後、第二次世界大戦後にアメリカの石油資本の生産増大、電気洗濯機の普及、アメリカ及びヨーロッパの硬水地区における石けんの欠点 石けんカス などで、急速に合成洗剤が洗浄剤の主流に代わっていきました。 アメリカでは1952年、日本では1963年に、合成洗剤の使用量が石けんの使用量を上回りました。 合成洗剤の日本での本格的な歴史は約60年と、まだ短いものです。 一方この60年で様々な環境問題や健康被害が取りざたされるようになりました。 POINT. 01 原料について.

次の

手洗い用洗剤おすすめランキング5選!手洗いの方法や人気の洗剤は?

手洗い 洗剤

食器用洗剤 特にテレビCMなどで宣伝されているもの をハンドソープがわりにするのは危険です。 インフルエンザや風邪などのウイルスには、イボのような突起があります。 ウイルスはこの突起を動物の細胞にあるレセプターに接続させて、ウイルス感染させるのです。 食器用洗剤、ハンドソープ、無添加の白い四角のせっけん、いずれもこのウイルスの突起を分解してくれます。 ですがほとんどの食器用洗剤は、合成海面活性剤の固まりのようなもの ボトルの裏側にかいてある成分を見てみてください これを手洗い目的で使用すると、肌荒れします。 たとえ洗ったあとの見た目は全然平気でも、着実に肌のバリアを破壊しており、その結果として肌の免疫力は低下。 元々肌にある生命を維持するために必要なうるおいさえをも、ノーバリアとなった肌から垂れ流し、またさまざまなウイルスや細菌などが繁殖しやすくなり感染しやすくなります。 食器用洗剤 一般的なスーパーで販売されている食器用洗剤のほとんど は、使用のさい必ず手袋を着用しましょう。 そもそも食器用洗剤は環境破壊の代表選手のようなものなので、我が家では一切使用せず、食器用液体無添加せっけんを使用しています。 またハンドソープは、薬用と記載がなくとも、ウイルスを洗い流す効果はさほどかわりません。 むしろ「薬用殺菌」などと書かれたものを多用すると、肌荒れしやすくなり、結果ウイルス感染しやすくなります。 医療機関以外などで手洗い目的で使用するなら、白い無添加の固形せっけんがベストです。 白いせっけんでもドラッグストアにあるもののほとんどは添加物が含まれています。 無添加かわからない場合はお店の薬剤師さんに聞いてみましょう。 爪や指の間、手首もしっかりと2分くらい時間をかけて。 水分が肌に残ると、雑菌が繁殖しやすくなります。 またタオルを家族で共有するのはやめ、個人のものを使いましょう。 いわゆる「手洗い不要!もみこむ除菌薬用ハンドジェル」がありますが。 外出時などの「水が全く使用できない状況」で使用するもの、と覚えておきましょう。 自宅などでこのジェルをハンドソープがわりにするのは、肌荒れを促進させ逆にウイルス感染を促しかねませんので。 白い無添加のせっけんは、固形でも液体でもあります。 ロフトや東急ハンズなどで販売されていますよ。 もちろん通販でも購入できます。 私は『なるせのせおと』という無添加固形せっけんを、手洗い、洗顔、体洗いに使用しています 1個200円しません 通販で特価のときまとめ買いしますが、1個で何ヶ月ももちます。 パッケージには『台所用せっけん』と、記載されており本来は食器用せっけんとして作られています。 ですが、とても丁寧な製法にこだわりの原料なので、肌にとても優しく、なかにはシャンプーがわりにする方もいます。 合成海面活性剤だらけのデパートの何万円もする化粧品や洗顔料で赤く血がにじむほどの肌荒れをしていた私ですが、無添加せっけんや無添加化粧品に変えてから肌荒れ知らずのプルプル赤ちゃん肌になりました! またせっけんには「ヒアルロン酸」「セラミド」などは不要どころか、肌の汚れをオフする過程でかえって邪魔になります。 これらは、せっけんでオフしてからオンするものなのでね。 長くなりましたが、大切な彼の10年後20年後、また彼と結婚したら赤ちゃんがアトピーにならないためにも、台所用洗剤を手洗いに使用するのはお控えください。

次の