茨城 新聞 コロナ。 【茨城新聞】新型コロナ、狂犬病予防に影響 接種期間、年末まで延長 分かれる自治体対応 危機感の薄れ懸念

茨城)牛、ハマグリ、ダチョウ苦戦 高級食材、価格下落 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

茨城 新聞 コロナ

常陸牛やハマグリも……。 コロナ禍で消費者の外出自粛や飲食店の休業が続き、県内で生産・出荷される高級食材の流通価格が落ち込んでいる。 苦境に立たされながらも、新たな販路を模索する生産者の動きもある。 茨城県が誇るブランド牛「常陸牛」を生産する「橋本畜産」の代表、橋本武二さん(66)は表情を曇らせる。 同社は、年間約2千頭を出荷する業界大手。 その牛の大部分が厳しい要件をクリアして「常陸牛」に認定されている。 多くは食品メーカーなどを通じ、首都圏の飲食店やホテルなどに流通する。 ところが、新型コロナウイルスの感染拡大で、外食や観光などブランド牛を扱う業界の営業に逆風が吹いた。 出荷する牛一頭あたりの単価は3月ごろから下落。 橋本さんによると、4月には肉質の等級で最上位にあたるA5~A4ランクの肉の価格が3割ほど落ち込んだ。 価格が落ち込んでも、出荷調整が難しいのが高級牛の特徴だ。 細かく脂肪が入った「霜降り」の肉にするため、牛が摂取するビタミンを制限する生育方法をとる。 出荷までの期間が長引くと健康状態が悪化する恐れがあるという。 「いまは、ウイルスに対抗できるワクチンの開発を待つしかない」 春に旬を迎える鹿島灘のハマグリ漁も打撃を受ける。 東京の豊洲市場にも多く卸しているが、取引価格は前年の半分以下にまで落ち込んだ。 価格下落を背景に、県内の漁は約1カ月半の休止を余儀なくされ、13日に再開したばかりだ。 鹿島灘漁協の秋山竜士さん(34)は、「価格下落によるブランド力低下を心配する声もあるが、流通が不安定だと市場から必要とされなくなる恐れもある。 少量でも出荷を続けることが大切」と悩ましい事情を語る。 筑西市で食肉用のダチョウを飼育する加藤貴之さん(33)も「コロナがなかったら、もっと飼育数を増やせるのに……」と唇をかむ。 ダチョウは低脂肪、高たんぱくな食材として知られ、加藤さんは東京都内を中心に、知人の牧場で育てた肉を客単価が高めの約100軒の飲食店に卸している。 3月下旬から注文が減り、現在受注があるのは数軒だけだ。 冷凍倉庫には、3千食分にあたる加工済みの肉が眠っている。 ひなの状態で買い取り、自身の牧場で生産量を増やす計画も描いていたが、頓挫したままだ。 消費者が農家や漁師などとやりとりしながらオンラインで商品を購入できるスマートフォンアプリ「ポケットマルシェ」は、4月に新規登録した生産者数が、2月の約4倍になった。 ブランド食材の出品も増えているという。 コロナの影響を受ける生産者を応援するため、運営会社は「 新型コロナで困っています」というハッシュタグ(検索目印)も用意している。 城里町できのこを栽培する中川幸雄さん(61)は、売り上げの大半を占める道の駅などの直売所が休止したのをきっかけに、もともと利用していたポケットマルシェへの出品を大幅に増やした。 月平均10万円以下だったアプリでの売り上げは、4月に100万円を超えた。 中川さんは「今後は一般の消費者だけでなく、業務用の需要にもオンラインで応えられるようにしたい」と意気込む。 (鹿野幹男、伊藤良渓、大谷百合絵).

次の

茨城)笠間の陶炎祭延期で陶芸家苦境 ネット陶器市も [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

茨城 新聞 コロナ

県の新型コロナウイルス対策の医療分野の司令塔である入院調整本部を束ねる安田貢・医療統括監(57)が、朝日新聞の取材に応じた。 特定警戒都道府県に指定されていた県内の医療状況を振り返り、「対応次第では感染爆発のステージに入る恐れがあった」と指摘。 今後起こるかもしれない感染拡大の波に備え、経験に学ぶべきだと語った。 当時は各保健所が患者の入院先をそれぞれの管内で手配していた。 医療機関の地域的な偏りもあり大きな混乱があった。 県全体で見れば、感染が抑制できている「ステージ1」の状態だったが、県南は地域内で対処しきれない次の段階に進んでいたと言える。 このころがピークだった。 患者を受け入れられる病床が県内には200あると語られた時期もあった。 だが、医師や看護師を増員するなどの条件付きの病床も含まれていた。 実際に稼働できたのは、県内に13ある感染症指定病院を中心とする80床程度だった。 患者の基礎疾患や年齢などを見ながら、特定の医療機関に集中しすぎないように交通整理した。 本部の活動が軌道に乗り、患者の退院が始まり、病床に余裕が生まれた。 現在、これまでの対応の検証を進めているが、宿泊療養がこのタイミングで始められていなかったら、4月17日から5月1日ごろの約2週間にわたって、感染爆発と医療崩壊のリスクが高い「ステージ4」が続いていた可能性があったと分かった。 そうなると、訓練を受けたスタッフや感染予防設備もない病院に患者受け入れをお願いせねばならない。 院内感染の危険性が高まり、コロナ以外の疾病への医療に大きな影響が出てしまうところだった。 クラスターが発生し始めた段階で、入院調整本部をもっと早く立ち上げるべきだった。 また、コロナ患者を自主的に受け入れた医療機関があったが、非コロナの医療にしわ寄せが行くので、全県的な調整が十分できなかったのも反省点だ。 ただ、治療薬やワクチン、信頼度の高い診断キットなどがそろうまで落ち着かない。 第2波、第3波に備えるには、今回の経験を顧みて、同じ間違いを繰り返さないことが大切だ。 4月に、県が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新設した医療統括監に就任した。

次の

緩和ケア病棟を感染者向けに「対策何でも」 茨城 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

茨城 新聞 コロナ

常陸牛やハマグリも……。 コロナ禍で消費者の外出自粛や飲食店の休業が続き、県内で生産・出荷される高級食材の流通価格が落ち込んでいる。 苦境に立たされながらも、新たな販路を模索する生産者の動きもある。 茨城県が誇るブランド牛「常陸牛」を生産する「橋本畜産」の代表、橋本武二さん(66)は表情を曇らせる。 同社は、年間約2千頭を出荷する業界大手。 その牛の大部分が厳しい要件をクリアして「常陸牛」に認定されている。 多くは食品メーカーなどを通じ、首都圏の飲食店やホテルなどに流通する。 ところが、新型コロナウイルスの感染拡大で、外食や観光などブランド牛を扱う業界の営業に逆風が吹いた。 出荷する牛一頭あたりの単価は3月ごろから下落。 橋本さんによると、4月には肉質の等級で最上位にあたるA5~A4ランクの肉の価格が3割ほど落ち込んだ。 価格が落ち込んでも、出荷調整が難しいのが高級牛の特徴だ。 細かく脂肪が入った「霜降り」の肉にするため、牛が摂取するビタミンを制限する生育方法をとる。 出荷までの期間が長引くと健康状態が悪化する恐れがあるという。 「いまは、ウイルスに対抗できるワクチンの開発を待つしかない」 春に旬を迎える鹿島灘のハマグリ漁も打撃を受ける。 東京の豊洲市場にも多く卸しているが、取引価格は前年の半分以下にまで落ち込んだ。 価格下落を背景に、県内の漁は約1カ月半の休止を余儀なくされ、13日に再開したばかりだ。 鹿島灘漁協の秋山竜士さん(34)は、「価格下落によるブランド力低下を心配する声もあるが、流通が不安定だと市場から必要とされなくなる恐れもある。 少量でも出荷を続けることが大切」と悩ましい事情を語る。 筑西市で食肉用のダチョウを飼育する加藤貴之さん(33)も「コロナがなかったら、もっと飼育数を増やせるのに……」と唇をかむ。 ダチョウは低脂肪、高たんぱくな食材として知られ、加藤さんは東京都内を中心に、知人の牧場で育てた肉を客単価が高めの約100軒の飲食店に卸している。 3月下旬から注文が減り、現在受注があるのは数軒だけだ。 冷凍倉庫には、3千食分にあたる加工済みの肉が眠っている。 ひなの状態で買い取り、自身の牧場で生産量を増やす計画も描いていたが、頓挫したままだ。 消費者が農家や漁師などとやりとりしながらオンラインで商品を購入できるスマートフォンアプリ「ポケットマルシェ」は、4月に新規登録した生産者数が、2月の約4倍になった。 ブランド食材の出品も増えているという。 コロナの影響を受ける生産者を応援するため、運営会社は「 新型コロナで困っています」というハッシュタグ(検索目印)も用意している。 城里町できのこを栽培する中川幸雄さん(61)は、売り上げの大半を占める道の駅などの直売所が休止したのをきっかけに、もともと利用していたポケットマルシェへの出品を大幅に増やした。 月平均10万円以下だったアプリでの売り上げは、4月に100万円を超えた。 中川さんは「今後は一般の消費者だけでなく、業務用の需要にもオンラインで応えられるようにしたい」と意気込む。 (鹿野幹男、伊藤良渓、大谷百合絵).

次の