総合資格 休み。 株式会社総合資格の働き方(勤務時間・残業・休日休暇・制度)|エン ライトハウス (8977)

松山校 TOP

総合資格 休み

回答者 3. 3 入社を決めた理由: 給料面が入社1年目から良かった点と、休日が金曜と土曜という点に惹かれて決めました。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: とにかく新入社員であっても売れれば報酬が貰えるという点は入社理由の妥当性があります。 入社式から数日で支店配属があり、すぐに営業本番です。 育成担当の先輩が付いてくれますが、自分でやりたいくらいの意気込みがある方が売れていく営業マンになっていくでしょう。 認識しておくべき点は、すぐに実践として仕事がはじまるのでその精神的強さやストレス耐性は必要だと思います。 また、お客様中心になるので休日出勤はザラです。 夜も21時に終われば良い方でしょう。 回答者 4. 3 強み: 資格ビジネスということもあり、基本的には不況知らずの分野である。 世間的に落ち込んだ時期も、販売が縮小することはない。 また自社の講習システムが素晴らしいため、提案する営業は、販売しやすさを感じいていると思う。 シェアトップの強みは大きい。 弱み: 強みでも触れたが、資格というのは制度改定により、内容が大幅に変わることもなく考えられる。 そうなった際には、事業内容の転換を余儀なくされるのが唯一の弱みだと思う。 事業展望: 各業界とのつながりやパイプを生かし、従来の資格ビジネスと以外の分野に手を広げる必要があると感じる。 また、将来的には資格を取ることが、当たり前の世の中にするために、いろいろな所とタッグを組み、販売を強化する必要がある。

次の

株式会社総合資格 求人情報(岩手県/【エリア職】生徒募集営業/ライセンスアドバイザー(東北)/正社員)[80384306]|パソナキャリア

総合資格 休み

職務概要 事務系総合職として幅広くご活躍していただきます。 講義は行いません。 勉強のサポートをメインにお任せします! 職務詳細 学習相談や成績管理から、講師のマネジメントにいたるまで、受講生が快適に学習できる環境作りに幅広く関わっています。 合格へのレールを敷き、そこから外れそうな時には全力でサポートしていただきます。 9%が同学院の現役受験生です!全国的に同学院が合格者の占有率を大きく占めているため、知名度は抜群です。 ~福利厚生・お休みが充実!~ ・四半期(3ヶ月)に1日の有給休暇(原則として日曜)の必須取得制度 ・年に1回は会社が指定する日曜日に全社員が有給休暇を取得制度 ・年末年始休暇、夏季休暇とは別に、秋季休暇有り! 20代~30代が活躍中! 事業内容 同社は、建築士・宅建といった建築・不動産関連資格の取得を支援する「スクール事業」を中核に、企業、学校、建築関連団体へのサポート事業など、さまざまな角度から、日本の建築業界の発展に貢献しています。 創業以来続く無借金経営で健全な財務体質が魅力です。 受講生には合格を、社員には成果に見合ったやりがいや報酬を、そして社会には「街をつくる人をつくる」ことで貢献したい、それが同社の想いです。 主力事業はライセンススクールの運営。 なかでも難関国家資格である1級建築士試験における近年の合格者の半数以上は、同社の受講生です。 業界内で確かな知名度を持つ商品を扱っているからこそ、高い実績の誇りと自信を持って業務に取り組むことができます。 オンリーワン企業となるのが同社の目標です。 「現在の自宅から通える範囲のみ」での配属ご希望の方は、 選考が難しくなりますのでご了承ください。

次の

【扶養内パート事務】無資格&未経験OK!土日祝お休み◎戸塚駅エリア/A5140124900003

総合資格 休み

日建学院のテキストは出版社が出しているということもあり、 図や写真がきれいに配置されています。 テキストの読みやすさは、効率よく勉強するためには重要な要素になります。 文字が多いテキストが好みの人もいれば、 図や写真が多いテキストが理解しやすい人もいます。 勉強中に一番長い時間向き合うものになりますので、じっくり自分にあったものを選ぶことをおすすめします。 総合資格・日建学院にそれぞれ行った際にテキストを見せてもらい自分にあった方を選ぶようにしましょう。 個人的な感想 個人的な感想ですが、学科試験の講義については 総合資格・日建学院に 大きな差は無いように思えます。 製図試験対策としては、 総合資格の方が受講時間が長いこともあり 様々なパターンの問題に触れることができました。 講師システムの違いが大きいですね。 相性が合わない講師だと授業内容のインプットも悪くなります。 合格の割合が総合資格が6割を超えるということは、受験者の大半の割合を総合資格が占めているということになるので、やはり総合資格に通うことが合格への近道になるのでは無いでしょうか。 総合資格・日建学院の比較まとめ 一級建築士の受験は、 長い時間と 多額の授業料を費やすことになります。 資格学校を選ぶ際は必ず両方の資格学校を比較してみて(体験授業の受講など)自分に適しているところを選ぶべきだと思います。 一級建築士を勉強してた時の記録がありますのでもぜひご覧ください.

次の