エクセル 罫線 印刷 されない。 エクセル 線が所々印刷されない

エクセルの枠線を消す・表示されない・印刷したいときの対処

エクセル 罫線 印刷 されない

試し印刷と思い表を作成し、色々な罫線を入れてみましたがその時は印刷されました。 結果的には、以前作成した表のうちの点線の罫線が印刷できないみたいです。 プリンタに原因があるとしても 切り分けが必要です。 1.印刷品質チェックシートを印刷して ヘッドノズルの目詰まりが無いか確認してください。 目詰まりがあれば、そもそもお話になりません。 2.インク節約モードとか高速印刷とかになっていないか確認してください。 印字品質を高くしておかないと、結果がおかしくなります。 3.念のため、プリンタドライバとファームウェアを最新のものにしてください。 これで治らなければ、エクセルのそのファイルに問題ありということになります。 PCを再起動後に、同じ種類の罫線をもう一度作成して印刷してみてください。

次の

罫線が印刷されない。

エクセル 罫線 印刷 されない

「枠なし」で罫線を削除する方法 「罫線」が入っている「セル」をクリックします。 点線の四角に十字が入ったマークです。 「フォントグループ」に表示されているマークです。 ここで「罫線」の線の位置や「罫線」を付ける設定をすることもできます。 「セル」の選択を解除すると「罫線」が削除されていることがわかりますので確認してみてください。 罫線の一部分を削除する方法 「罫線」が入っている「セル」をクリックします。 点線の四角に十字が入ったマークです。 「フォントグループ」に表示されているマークです。 「セルの書式設定」の仕方 「セルの書式設定」の「罫線」を選択します。 線の部分を押すとその線だけが一部消えます。 もう1回押すと消えた線が表示されます。 他に線のスタイルや太さなどを選択することができます。 「ページ設定」画面の右下に表示されています。 選択した「罫線」が入っている「セル」の削除した線が消えていますので確認してみてください。 「書式クリア」ボタンを利用する方法 「書式のクリア」ボタンを押せば線を全て消す事ができます。 但し、線も消えますが、色など全ての書式も消えてしまいます。

次の

罫線が印刷されない。

エクセル 罫線 印刷 されない

Excelの「ページレイアウト」タブに「枠線」という機能があります。 この機能を使って印刷をすると、表に罫線を引かなくても枠線が印刷され、あたかも罫線を引いたようになります。 操作はとても簡単! 罫線を引かないで、普通に表をつくります(数値のカンマ設定やフォント、背景色なども普通に設定します)。 表が完成したら、リボンの「ページレイアウト」タブにある「シートのオプション」グループ内の「枠線」下にある「印刷」のチェックをオンにします。 これだけです。 印刷プレビューで確認すると、表に枠線が引かれていることがわかります。 《おまけ》 「枠線」機能は、データが入力されている範囲全てに引かれます。 そのため、印刷したい表以外のところにデータや図形があると、枠線はそこまで引かれます。 下の例は、F列(6列目)までの表データに加え、I列(9列目)に文字列が入っているため、枠線がI列まで引かれています。 このような場合には、印刷範囲を指定して印刷をすると便利です。 具体的には… 1 「枠線」チェックを入れた後、印刷したい範囲を囲んで印刷画面を表示します。 2 印刷設定画面で印刷範囲を「選択した部分を印刷」に変更します。 これで、印刷したいところだけが指定できました。 私は、「枠線」と「選択した部分を印刷」機能を使って手記入のチェックシートを作ることがけっこうあります。 ペーパーレス化がすすんだとはいえ、こういう手書きの書き込み用紙って使いますよね。

次の