まえ ざわ 社長 と 剛力 彩 芽。 剛力彩芽 前澤氏と破局の理由 女性関係で“愛想尽かした”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

前澤友作(ゾゾタウン社長)と剛力彩芽の身長差!学歴や経歴がすごい?

まえ ざわ 社長 と 剛力 彩 芽

突然のZOZO社長退任劇や女優・剛力彩芽さんとの破局報道、1億円お年玉企画など、2019年の世間を賑わせたZOZO前社長の前澤友作さん。 12月5日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、そんな前澤さんにMCの坂上忍が直撃した。 なぜ、ZOZOを辞めたのか 前澤さんの一挙手一投足がテレビ番組などで取り上げられた1年。 突然のZOZO社長退任劇は世間に大きな衝撃を与えた。 今年のZOZOは、2007年の上場以来初の減収決算や「ZOZOTOWN」から企業が相次いで撤退し「ZOZO離れ」がささやかれるなど、行く先が心配されていた矢先、電撃的に孫正義氏傘下のヤフーによるZOZO買収が決まった。 前澤さん自身はZOZOの株を売り、1500億円とも言われる大金を手に入れたことで、「自分だけ逃げた」「お金に困って会社を売った」など世間から批判を浴びた。 この反応について前澤さんは坂上にこう語った。 21年もやってきているので、辞めたくないですよ、そりゃ。 まだ、自分の力が発揮できるなら、続けたかったです。 だって、そのちょっと前の株主総会で『僕は80、90になるまで、この会社と人生をともにする』と言ったくらいなので。 でも、まあ、風や局面が変わったんですね。 そういうのを察知したからには、行動に移さないとダメですね。 自分は保守で、地位や権力を守ろうというのはよくないというか、俺が辞めて譲って、新しい体制の方が明らかにいいというのを感じた。 株主が『あの社長じゃ難しいんじゃないの?』と思い始めたら、社長は降りるべきですね。 ZOZOの場合一番の大株主は僕自身だったので、株主として、この会社のさらなる成長を冷静に考えたときに、『前澤代表取締役社長はこのタイミングで降りるべき』という声が聞こえて。 一方、代表というイスに座っている自分もいるわけじゃないですか。 ただ21年、ぬくぬくと座り続けてきたイスだから、どきにくいし、みんなとの別れもツラいし、まだまだやり残したこともあるという声もあって。 ただ、株主としての声がそのときに勝ったんですね」 剛力彩芽さんとの出会いと交際 そして、今年最大の衝撃が11月に報じられた女優・剛力彩芽さんとの破局報道。 2018年4月に熱愛が報じられ、たびたび仲睦まじい様子を公表しては話題になっていた2人だが、なぜ破局に至ったのか。 出会いから交際、別れについて初めて語った。 坂上: 失礼な言い方になりますが、なぜ付き合ったんですか? 前澤: だって、かわいいじゃないですか! 坂上: かわいいのはみんな分かっていますよ!だけど、芸能人って面倒くさいって思わなかったんですか? 前澤: いやいやいや。 テレビで見る顔とまた違いますから。 苦悩している姿とか、普通の人がやったことのない経験をしている姿もですし、僕から見てもステキだなと思いますよ。 尊敬できるというか。 しかも、10代からやっているわけで。 僕も18~19歳から個人事業を始めているので、気持ちが通じる。 出会いは雑誌の仕事で、それもアートのやつですね。 坂上: 電話番号を交換するの?僕なんか、聞かれたこともないですよ! 前澤: その時はマネージャーさんも一緒で。 ちゃんとマネージャーさんに聞きました。 「連絡先を交換させて頂きたいんですけれど、よろしいですか?」と。 (付き合い始めて剛力さんの所属事務所に)ご挨拶、何度も伺いました。 特に、若い頃から育ててくださった恩のある事務所ですから。 坂上: 納得してくれたんですか? 前澤: まぁ、複雑な顔をされていましたけどね(笑)。 「いいじゃない、いいじゃない」って感じではなかったです。 「なるほど…」っていう感じ。 あと、 「君は宇宙に行くだかなんだか言っているけど、まさか、連れて行かないよね?」みたいな。 破局に至ったワケ 熱愛が報じられてからオープンな交際をしてきた前澤さんだが、そこには彼なりの思いもあったという。 前澤: 常にチャレンジしたいんです。 洋服をネットで売るチャレンジは成功してこうなりましたが、「誰と付き合ったっていうのを誰がどういうタイミングで公表したっていいじゃない」、という新しい時代にしたいなというのもあるし、「人がいくら稼いで、何に使おうが別に自由じゃん」ということを、常に世の中にチャレンジしていることを訴え続けたい。 そのチャレンジの十中八九は失敗して、痛い思いもするけど、1個か2個のチャレンジが認められて、時代が動けば、チャレンジしたかいがあるなと思うんです。 女優さんや俳優さんって 「役があるから普段のプライベートなイメージを出してはいけない」というのが社会通念上、今までの常識だったと思うんですけど、これからの時代、「私生活が見えているのに役を演じたらこんな風に演じられるんだ!」という姿を見せるのも面白いなと思って。 坂上: なぜ、別れたんですか? 前澤: ありがちですけど、お互いの方向性のズレというか。 彼女は、まだ27歳ですからもっとお仕事を頑張りたいと。 一方、僕は新しい事業や宇宙など、もっといっぱい彼女に付いてきて欲しいとつい思ってしまう。 付いてきて欲しい僕と、仕事をやりたい彼女とちょっと向いている方向が。 一生、一緒にいたいなと思っていましたよ。 例えば、「宇宙へ一緒に来てよ」と言ったら、トレーニングをしないといけないし、いろいろ大変なんですよ。 決まっている仕事は入れられなくなる。 空いているときだけちょこっとやるようなことはできない。 坂上: そうなると、宇宙に誘った前澤さんが悪くなるじゃないですか。 別に、彼女が宇宙に来なくてもいいでしょ。 前澤: 確かにそうですね。 宇宙行く、行かないと恋愛は関係ないですもんね。 でも、ちょっとずつズレて。 宇宙でいろいろやりたいという夢の方が僕は膨らんじゃって、途中から「一緒に来てくれたらいいな」と思ったのは事実です。 坂上: 前澤さんって何で結婚しないの? 前澤: 別にしてもいいですけど、意味がないと思っちゃうんですよね。 恋愛した瞬間に結婚同然と思って付き合うので。 付き合っている途中に、わざわざ紙を交わす必要性というのをあまり感じないだけですね。 前澤さんの今後とは? 実は、この破局には、前澤さんの今後も関係しているという。 そのヒントがニューヨークにあった。 前澤さんが訪れたのは、グラウンド・ゼロ。 2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件。 その跡地には現在、「メモリアル・プール」と慰霊碑が作られ、犠牲になった人たちの名前が刻まれている。 この出来事が前澤さんの人生に大きな影響を与えたのだ。 前澤さんは「僕はもうあれは戦争だったなと思うくらい、衝撃的な事件。 あれをきっかけに、自分がやるべきことは何だろうか、何のためにこれから生きて行くのだろう、そこまで考えさせられる痛ましい事件でした。 とても悲しかったし、すごく自分の生きる原動力になっています」と明かした。 前澤さんの人生に大きな影響を与えた「9. 11」。 それから6年後の2007年に前澤さんがZOZOを上場させたときにも「NO WAR」とかかれたTシャツを着ていた。 前澤さんの原動力は「世界平和」。 そんな前澤さんは、今後どんなことをしていくのか。 「また会社を作ったので、また事業をします。 ただ、ビジネスにしても、個人の動きにしても、その全てが何らか平和な活動になるように意識しながらは動くつもりではいます。 (事業の中身は)まだ決まっていないです。 ファッションではなく、また別の世界で何かやろうかな」 坂上: 何があったら世界が平和になるんですかね? 前澤: 僕は「お金をなくしたい」と思っているんです。 お金にとらわれていると思っているんです。 みなさんが、お金のために生きているというか。 生活はお金がないと成り立たないと思っていると思うので、その概念自体がすべての諸悪の根源になっているような気がして、人々がお金という呪縛から解放されたときに、もっと人は幸せに生きられるんじゃないかという想像があります。 坂上: それって可能なんですか? 前澤: 可能だと思います。 例えば、今日から一切お金がなくなり、世の中にあるものが全部タダになるのを想像すると、どうしますか?コンビニエンスストアで全部タダなんです。 坂上: どうやって成立するんですか? 前澤: 持って帰ればいいじゃないですか。 働いている人がその生産活動を止めない限り、どんどん食品も生まれるし、モノも生まれる。 坂上: それを作る人の見返りはないんですか? 前澤: 見返りは、どこへ行っても「全部がタダ」なんですよ。 ただ、世界で同時に(お金を)なくさないとダメですね。 だから、「武器はやめよう」「核兵器はやめよう」と平和を実現する方法もあると思いますけど、お金をなくすのが一番早いんじゃないかって。 お金の大小で偉い、偉くないみたいになっている世の中なので。 だから、お金をなくすと、いろいろいいことが起きるのになと。 坂上: それなら何故お金を稼いで、会社を大きくしたんですか。 前澤: 気づいたら稼いじゃった。 楽しいこととか、人が喜ぶことをやっていただけ。 好きなことを一生懸命、とことんやるってことですかね。 あと、楽しんでやるのが大事。 つまんないと思いながらやっている仕事には、あんまり大きな価値は生まれない。 笑っている人からモノを買いたいし、楽しそうにしている人と話したい。 人は楽しんでいるときに、一番パフォーマンスが上がるし、集中力も高まる。 みんな、「お金を稼がなきゃ」となった瞬間に、自分の考えが縮まって、お金を稼ぐために何をすればいいのかって思っちゃう。 そうじゃなくて、自分の人生を豊かに楽しむためには、何をしている自分がステキなのかと想像して働くと、結果お金になるんです。 「お金持ち」のイメージが強い前澤さんが思い描いている理想は「お金のない世界」だという意外な事実。 坂上も首をひねる世界だが、そこには前澤さん流の「お金」に関する考え方があった。 前澤: みんな「お金稼がなきゃ」って思った瞬間に自分の考えが縮まっちゃって「お金を稼ぐために何をすればいいのか」って思っちゃうんですよ。 そうではなく「人生を豊かに楽しむためには何をしている自分が素敵か」って想像して働くと、結果お金になるんですよ。 みんな好きなことをやればいいんです。 時給1000円と時給1200円のバイトがあった場合、興味がない分野でも「時給1200円」に行きがちだけど、「いや、俺が好きなのは俺が好きなモノを売っている時給1000円の店だから1000円でもいいからやってみよう」と、そっちで楽しくやっていれば、すぐ時給1300円になりますよ。 楽しんでいる人ほど価値がありますから。 前澤流の金銭哲学。 最後はまるで坂上の人生相談になってしまった。 坂上: 僕はどうですか? 前澤: 楽しそうだけどつらそうなところもあるし。 坂上: めっちゃつらいっす。 前澤: けど、それを全部含めて楽しまれているんじゃないかな。 (「直撃!シンソウ坂上」毎週木曜 夜9:00~9:54) ().

次の

前澤友作(ゾゾタウン社長)と剛力彩芽の身長差!学歴や経歴がすごい?

まえ ざわ 社長 と 剛力 彩 芽

過去に何度も破局説が報じられていたファッション通販大手・ZOZOの社長 43 と女優の 26 の2人。 だが、ここにきて本当に別れてしまったという情報が芸能界に飛び交っている。 「昨年春の交際発覚以来、浮かれっぱなしの2人でしたが、やはり1年ももたなかったようです。 このまま自然消滅を狙っているようですよ」 芸能関係者 今回、破局を迎えた理由は、発展性のない関係に、お互いが話し合った上でピリオドを打ったという。 「剛力も前澤社長も、本業で莫大な損失を被っているからです」 放送 まずは剛力。 主な番組は『奇跡体験!アンビリバボー』 の1本のみ。 そんな剛力に4月危機が訪れている。 「唯一のレギュラーだった『奇跡体験!アンビリバボー』から3月いっぱいでの卒業がされているんです。 ギャラは1本30万円~。 決して高い金額ではない。 やはり、視聴者の反応を最大限に勘案した結果だと思われます」 芸能関係者 仕事も先細り。 かといって、に完全に後ろ向きな前澤社長に対し、愛想を尽かしたというのだ。 そんな前澤社長も肝心の本業がかなり厳しい局面に追い込まれているという。 「剛力とのバブル交際に加え1億円のお年玉など、ツイッターのパフォーマンスが仇となってしまったんです。 かつてZOZOに賛同していた大手アパレルが袂を分かつなど大打撃になっている。 事実、ZOZOの株価はピーク時の3分の1になっています」 同 こうした危機的状況に際し、前澤社長が口にしたのが…。 「『所有している絵画や車を売れば、何十億円の赤字もすぐに解消できる』と口にしているというんです。 有能な社員らは未来に危機を感じ、退社を考えているようです」 業界事情通 いずれにせよ、前澤社長と剛力の名前が芸能史に刻まれるのは間違いない。 あわせて読みたい•

次の

前澤友作の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代や若い頃の画像

まえ ざわ 社長 と 剛力 彩 芽

ZOZOの創業者で「スタートトゥデイ」社長の氏(44)が、5日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上SP』(後7:57〜9:54)に出演。 このほど報じられた女優の(27)との破局の真相をに激白する。 坂上は今年1月に大きな波紋を呼んだツイッターでの「1億円お年玉企画」をはじめ、世間をにぎわせ続ける前澤氏特有の金との向き合い方を直撃。 「多くの方がお金というものにとらわれている」という前澤氏の将来的なビジョンと、独特なお金の哲学に坂上も驚く。 さらに、話題は9月のZOZO社長退任の件へ。 ヤフー社に自己保有株を売却したことで大金を手にすることになった前澤氏は「社員をほったらかしにし自分だけ逃げた」「お金に困って会社を売った」など、さまざまな批判にさらされた。 前澤氏は「辞めたくなかった」と率直な思いを吐露した上で、退任を決断した理由を詳細に明かす。 そして、先月明らかになったばかりの剛力との破局の真相を、前澤氏本人が初告白。 剛力との出会いから彼女への思いを振り返る前澤氏に、坂上が「何で別れたんですか?」と直球で質問。 前澤氏は「一生一緒にいたいと思っていました」と、ごまかすことなく真摯に答え始める。

次の