アニメ 映画 泣ける。 おすすめの感動する泣けるアニメ映画ランキング

泣けるアニメ映画!大号泣必至!おすすめご紹介します【10選】

アニメ 映画 泣ける

《あらすじ》1944年(昭和19年)、絵が得意な少女浦野すずは広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぐ。 戦争で物資が不足する中、すずは不器用ながらも懸命にささやかな暮らしを守るが、軍港の呉はたびたび空襲を受けるようになり、1945年(昭和20年)6月、すずも空襲後の不発弾(時限爆弾)の爆発で右手首から先を失う。 見舞いにきた妹のすみからお祭りの日に帰ってくるよう誘われるが、その当日8月6日、呉では閃光と轟音が響き、広島方面からあがる巨大な雲を見る。 8月15日、ラジオで終戦の詔勅を聞いたすずは、今まで信じていた日常を裏切られたくやしさで泣き崩れる。 翌年1月、すずはようやく広島市内に入り、祖母の家に身を寄せていたすみと再会。 両親は亡くなり、すみには原爆症の症状が出ていた。 廃墟となった市内で、すずはこの世界の片隅で自分を見つけてくれた周作に感謝しながら、戦災孤児の少女を連れて呉の北條家に戻るのだった。 《あらすじ》幼い頃、何気なく発した言葉によって、 家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。 それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。 一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。 本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。 彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

次の

【泣けるアニメ】おすすめ感動アニメまとめ

アニメ 映画 泣ける

余命わずかと宣告を受けた郵便局員 佐藤健 が、突如現れた自分そっくりの悪魔に「おまえの寿命は明日だ。 だが、おれが世界からあるものを一つ消せば、余命が一日延びる」という取引を持ちかけられる。 死にたくないという思いと、自分や友人、家族にとってあまりに大事な物たちが世界から消えていく葛藤の中で、自分の命と向き合うヒューマンドラマです。 一日の大切さがこれでもかと濃厚に描かれていて、自分が明日死ぬとわかっている恐怖、絶望に立ち向かう姿に心を打たれます。 今当たり前に生きている一日を、しっかり噛み締めて生きようと思わせてくれます。 日常が当たり前であるという考えを、今一度正してくれる映画です。 さとうきび畑の唄 植物研究家のアメリカ人女性が、温室のあるアパートに住みたいと望みます。 条件は既婚者であること。 独身の彼女は申し込むことができません。 もうひとりの主人公フランス人の彼はアメリカの居住権を求めていました。 それにはアメリカの女性と結婚が必要。 そこでふたりは出会いました。 形だけの結婚をしようと。 結婚できたら即さようなら。 その条件でふたりは三日間で恋人になりきります。 けんかもありましたが、ふっきれたように笑顔で審査へと向かいます。 結果は不合格。 ここで契約は終わりのはずが…、ふたりはお互いを受け入れ本当の愛を手に入れます。 違う形で出会えたらよかったのに。 ふたりは結ばれませんでしたが、ラストは感動します。 ベイマックス 神童と呼ばれながら、ピアノから遠ざかってしまった少年がバイオリン奏者の少女と出会い、逞しく成長していく姿をドラマチックに描いた青春映画。 病に侵されてしまった少女が何故バイオリニストを目指すようになったのかや、少年への秘めた思いが明らかになっていく展開がなんとも切なく、胸を打たれます。 全身全霊で音楽に情熱を傾ける若者達のまっすぐな生き方が感動的で、オススメの泣ける映画です。 おわりに 以上、オススメの泣ける映画についてでした。 いかがでしたでしょうか。 泣ける映画、泣いた映画について、こんなおすすめがあるよ!という方がおられましたら、ぜひぜひメッセージいただけると嬉しいです。 それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。 今回ピックアップした泣ける映画• 湯を沸かすほどの熱い愛• ボクの妻と結婚してください。 タイタニック• 永遠の0• 世界から猫が消えたなら• さとうきび畑の唄• グリーンカード• ベイマックス• 八日目の蝉• ビューティフル・マインド• スウィート・ノベンバー• ツナグ• 秒速5センチメートル• きみに読む物語• マリと子犬の物語• STAND BY ME ドラえもん• ぼくは明日、昨日のきみとデートする• 愛を読むひと• 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン• アルマゲドン• オールウェイズ三丁目の夕日• サトラレ• グリーンマイル• 余命1ヶ月の花嫁• ある愛の詩• レナードの朝• レインマン• ベンジャミン・バトン• 幸せのちから• ミリオンダラー・ベイビー• グラン・トリノ• ソラニン• 4月は君の嘘.

次の

泣けるアニメのおすすめランキング20選!感動をあなたへ!【2019版】

アニメ 映画 泣ける

昔仲良く遊んでいた小学生6人組で結成された『超平和バスターズ』。 そのうちの1人である少女めんまが不慮の事故で亡くなったことをきっかけに、メンバーはバラバラになってしまいました。 そして月日が過ぎ、それぞれが高校生になった頃、リーダーだったじんたんのもとに亡くなったはずのめんまが現れます。 「お願い事を叶えて欲しい」という彼女のために、じんたんは再び『超平和バスターズ』のメンバーとコンタクトを取ることに。 メンバーそれぞれの想い、めんまの願い事の真相、全てが明らかになった時に起きた奇跡は、多くの涙を誘いました。 キャラクターたちの恋愛模様もさることながら、 深い友情に涙する感動作です。 感動するアニメの中でも、特に人気の高い定番作品。 2019年7月には再放送され、舞台は聖地になるほどの人気ぶりなので、とにかく号泣したい方にはぜひ見て欲しい作品です。 アニメ映画の情報 高校生の主人公である長谷祐樹は、クラスで孤立している1人の女子、藤宮香織のことが気になり友達になろうとします。 そんな祐樹を頑なに拒む香織。 彼女には、「友達との記憶が一週間で消えてしまう」という大きな悩みがあったのです。 しかし、祐樹は諦めず香織と友達になろうとします。 記憶がなくなっても大丈夫なように日記をつけたり、友達として遊びに行ったりなど祐樹なりに尽力した結果、香織の周りには少しずつ友達が増えていきました。 やっと症状改善の兆しが見えてきた香織でしたが、ある1人の転校生をきっかけに再び自分の殻に閉じこもるように。 そんな彼女を祐樹は救ってやれるのか、再び2人の距離は縮まるのか、 人と歩み寄ることの大切さを痛感させられる感動作です。 多感な学生時代の複雑な心境がありながらも、友達を思いやるキャラクターたち。 その純粋さに触れて号泣する大人もたくさんいるので、青春を感じながら泣けるアニメを見たい方におすすめです。 アニメ映画の情報 高校2年になり、「何かを始めたい」と思いながら何もできずにいた主人公玉木マリ。 そんな彼女は「南極を目指している」という小淵沢報瀬と出会います。 この出会いをきっかけに、主人公はともに南極を目指すことを誓い、その中でさらなる仲間たちと友情を育んでいく女子高生4人が織りなす青春ストーリーです。 高校生が南極に行くなど普通では考えられない目標を掲げている以上、困難はつきもの。 それを乗り越えようとする中で、キャラクターそれぞれの葛藤や苦難が垣間見えます。 それぞれが精神的に成長していく姿に、 まるで親のような目線で感動してしまうこと間違いなし。 現実を考えて自分の夢を諦めてしまっている大人にこそ見て欲しい名作です。 アニメ映画の情報 科学が進歩した世界を舞台にした作品。 主人公のツカサは、心を持った人型アンドロイドである『ギフティア』のアイラとパートナーを組み、仕事に従事していました。 なかなか心を開かないアイラでしたが、少しずつツカサに心を許すようになり、次第に2人は惹かれ合っていきます。 しかし、アイラの不具合が発覚したことでパートナー解消やアイラの回収など危機的状況に。 アイラと過ごせる最期の時間まで、2人はパートナー兼恋人として有意義な時間を過ごしていきます。 切ない恋愛模様に、「泣ける」と好評のアニメです。 最期を迎える2人の姿は号泣すること必至なので、主人公とヒロインにタイムリミットがある切ない恋愛系の泣けるアニメを求めている方は、ぜひご覧ください。 アニメ映画の情報 穏やかな北海道の地で暮らすシュウジとちせ。 ちせが告白をしたことで2人は恋人関係になり、交換日記をしながら少しずつ愛を深めていきます。 しかし、そんな平和な日常を壊すような出来事が発生。 町が突然謎の敵に襲撃され、人々は逃げまどいます。 そこでシュウジが目にしたのは、背中から無機質な羽を生やし、敵と戦うちせの姿でした。 兵器として扱われたちせは、肉体的にも精神的にもどんどん人間離れしていきます。 少しずつ壊れていく2人の愛、ちせを想うシュウジの深い愛に涙が止まりません。 高校生カップルの切なくピュアな恋愛を描いた人気作。 「好き」という感情だけではうまくいかない切ない恋愛系泣けるアニメを探している方に、ぜひ見て欲しい作品です。 アニメ映画の情報 舞台はとある学園。 一見普通の学園に見えますが、実はここの在校生はまともに青春時代を謳歌できずに死んだ者が通う学園でした。 死後の世界のため、何があっても死なないキャラクターたち。 学園生活を通じて未練がなくなっていけば、自然と成仏し次の人生へと転生するという仕組みです。 しかし、この仕組み自体に不満を抱いていた少女ゆりは、理不尽な人生を強いた神を見つけ出して復讐をしようと目論みます。 そんな世界に記憶をなくした状態で出現した主人公の音無は、ゆりたちとともに活動。 音無はこの世界でどう過ごすのか、自分の過去とこれからについて向き合うキャラクターたちの心情を描いた感動作です。 友情や恋愛などの人間模様が描かれているので、たくさんのキャラクターの感情が交差するストーリーが好きな方におすすめです。 アニメ映画の情報 軍人として戦ってきた少女ヴァイオレットは、戦うための道具として扱われてきたことから感情がありませんでした。 そんな彼女は、軍を離れてから手紙を代筆する仕事に出会います。 代筆は、依頼主の気持ちを汲み取って文章にする仕事。 感情を持たないヴァイオレットには到底務まらないと思われた仕事でしたが、いろんな依頼主に出会っていくうちに少しずつ愛を理解し始め、感情豊かになっていきます。 人間味を帯びていくヴァイオレットは、話が進むにつれて笑顔も多くなり、そんな彼女の変化に感動する視聴者はまるで彼女の親のよう。 依頼内容によって様々なストーリーにも触れられるため、満足感も得られます。 切ないというよりは、 心がほっこりするような優しく感動できる作品を好む方におすすめです。 アニメ映画の情報 目の前で起こる悪いことの原因が取り除かれるまで、何度もその直前にタイムリープをしてしまう「リバイバル」能力を持つ主人公。 ある日母親を殺され、その犯人が昔主人公が小学生時代に起こった連続誘拐殺人事件の犯人と同一人物だと確信します。 事件の被害にあったクラスメイトの雛月を助けることで、母親殺しの犯人も知れると思った主人公は、何度も小学生時代にリバイバルして雛月を助けようと行動。 やっと真犯人を突き詰めたものの、犯人の手によって車の中に閉じ込められ、そのまま湖に投げ出されます。 主人公は奇跡的に助かったものの植物状態となり、リバイバルのことや友人のことなどの記憶が欠如。 そんな主人公を見た周りの人々が真犯人逮捕のために協力する姿に仲間の愛を感じて泣けます。 リバイバルをしながら『最悪』を回避するための正解を見つけるサスペンス系アニメ。 シリアルな場面もありながら、事件解決のために協力してくれる 周りの人々の優しさにも泣けるストーリーです。 サスペンス系が好きな方は、ぜひご覧ください。 アニメ映画の情報 かつて天才ピアニストとして業界では知らない人がいなかったほどの有名人、有馬公生。 コンクールを総なめにするほどの実力があったものの、指導者である母の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまいました。 そんな公生は、ある日バイオリニストの宮園かをりに出会います。 かをりがバイオリンの伴奏者として公生を選んだことをきっかけに、公生は再びピアノに触れることに。 かをりと接していくうちに恋心も抱き始める公生ですが、かをりは病気を患っており、少しずつかをりの命を蝕んでいきます。 想い人が病気で亡くなるという定番ストーリーに加え、 過去の自分と向き合いながら成長していく青春アニメです。 感動できるポイントがたくさんあるので、夢を追いかける若者の姿や過去のトラウマと向き合う強さ、大切な人を想う切なさなど様々な視点で泣けるアニメを探している方におすすめします。 アニメ映画の情報 不良高校生の朋也は、ある日学園前で1人の少女、渚に出会います。 演劇部再建を目指す渚を放っておけない朋也は、渚に協力しながら同じく再建に協力的な別ヒロインたちとも交流していくことに。 こうしてたくさんの人と接していく中で、 それぞれが成長していく学園系感動アニメです。 親子の絆や兄弟愛など、いろんな愛情に触れられるストーリーが出てくるため、長編ですが飽きずに見られます。 また、無事に学園祭を終えて目標達成した朋也と渚は、アフターストーリーにて夫婦となります。 恋愛・家族愛をテーマにしたアフターストーリーは、渚の死や、渚の両親に引き取られた娘・汐と朋也の再会など、涙腺崩壊ポイントがたくさん。 主人公とヒロインの恋愛はもちろん、親子愛や兄弟愛など涙を誘うシーンが多いため、泣けるアニメを探している方にはうってつけの作品です。 アニメ映画の情報 厨二病をこじらせた大学生・岡部倫太郎は、発明サークル「未来ガジェット研究所」で日々様々な発明を繰り返していました。 そんなある日、岡部は同研究所所属のまゆりとともに講義へ。 そこで何者かに刺されて死んでいる紅莉栖を発見しますが、その後セミナーには何事もなかったかのように登壇する紅莉栖の姿がありました。 一体どうなっているのかと混乱する倫太郎ですが、この出来事をきっかけにタイムリープを繰り返し、様々な世界線を行き来するようになります。 果たして紅莉栖は無事なのか、過去改変によって惨劇は回避できるのか、 未来ガジェット研究所メンバーの戦いに胸が熱くなる名作です。 「過去を変えることで何かを犠牲にする」 その現実が主人公にたくさんの取捨選択を迫り、切ない犠牲を選択する際には泣けてきます。 「泣けるアニメが見たいけれど重くないストーリーが良い」という方にぴったりです。 アニメ映画の情報 父親を探すために京の都にやってきた千鶴は、ある日化け物に襲われそうになったところを新鮮組に助けられます。 そのまま新選組に保護されることになり、屯所で彼らの仕事を手伝いながら父親捜しをすることに。 そして、捜索を続ける中で千鶴は『変若水 おちみず 』という薬を父親が作っていることを知ります。 変若水は、人間の能力を増幅させ、化け物のように変化させてしまう薬。 戦闘能力が上がる代償として、使用者の寿命を削っていく諸刃の剣です。 いつしか戦乱に巻き込まれていく新選組の人々もこの変若水を手にするようになり、徐々にその命の灯を消していきます。 最近まで一緒に笑い合っていた仲間が命を落としていく様、「誠」の旗とともに消えていく新選組の存在。 武士の誇りを胸に戦い続ける新選組の姿に、心を打たれて涙する方もたくさんいます。 新選組ファンを増やした名作と言っても過言ではないので、歴史ものが好きな方はぜひご覧ください。 アニメ映画の情報 目つきが悪いせいで人から怖がられてしまう主人公・高須竜児と、低身長で気に入らないことがあればすぐに暴れ出す逢坂大河。 竜児は大河の友達に片思いをしており、逆に大河は竜児の友達に片思いをしているという状況だったため、2人は協力関係になります。 しかし、それぞれの気持ちは時間が経つにつれて変化していきました。 果たして本当に好きなのは誰なのか、素直になれないキャラクターたちはが 意見をぶつけ合いながら成長していく学園系感動作です。 それぞれの想いが切なく交差していく様は、見ていてとても歯がゆさを感じます。 そのスムーズにいかない中で想いが通じた時、嬉しさで涙すること必至です。 ただ甘い恋愛ではなく、いろんな困難があって結ばれるという流れが好きな方には、ぜひ見て欲しいアニメと言えます。 アニメ映画の情報 舞台は『雛見沢』という小さな村。 村に古くから伝わる綿流しのお祭りの後に起こる連続怪死と失踪事件を軸に、主人公の前原圭一が謎を解こうと奮闘します。 この作品は、見る側に謎を投げかける『出題編』と、謎の答えが分かる『解答編』の2種類に大別。 出題編では登場キャラクターたちが仲間に対して疑心暗鬼になり、数奇な運命をたどることになりますが、解答編では仲間を信じ合い、運命に抗います。 どうしたらこの謎から抜け出せるのか、その答え合わせを楽しみながら、 仲間を信じる強さに涙させられる作品です。 」 果たして本当の惨劇とは何なのか、ミステリー作品が好きな方、友情作品が好きな方であれば、感動すること必至のおすすめアニメです。 アニメ映画の情報 女子高生4人が集まって軽音部を結成するストーリー。 学園祭などで曲を披露するなど軽音部らしい活動もしているものの、普段は紅茶やお菓子を食べながらまったりすごすのが日常という緩い部活動です。 そして、主人公の唯たちが進級したのに伴って後輩が入部し、軽音部は5人に。 変わらずまったり過ごす5人でしたが、唯たちが卒業をすると後輩の梓だけが一人ぼっちになってしまいます。 そんな心配もありながら、先輩として唯たちが梓にラストソングを贈るシーンでは、多くのファンが感動し涙しました。 キラキラとした青春時代を送る女子高生たちの成長物語。 のんびりと見られる作品なので、日常系アニメを好む方にはぴったりですね。 アニメ映画の情報 男女それぞれの中身が入れ替わるという設定の映画です。 最初は2人とも夢だと思っていたものの、その現象が頻繁に起こることから夢ではないと悟ります。 そして2人は、お互いのことを知るためにメモを残すことにし、奇妙なやり取りをスタート。 別人としての生活に困惑しながらも、どこか楽しみながら2人は交流を深めていきます。 しかし、ある日突然入れ替わりが途切れてしまったことをきっかけに、主人公の瀧は入れ替わり相手の三葉に会いに行こうと決意。 入れ替わり時の記憶を頼りに瀧が辿り着いた先で見た現実、そして2人に起こった奇跡に、世界中の人々が感動しました。 人間が入れ替わるなど、非現実的な設定で織りなすストーリーなので、「定番の設定では泣けない」という方はぜひ見てみてください。 アニメ映画の情報 突然戦国時代にタイムスリップしてしまったしんのすけ。 戦に巻き込まれたり、想いを寄せ合っている又兵衛と廉姫の仲を取り持たされたりと様々な災難に巻き込まれます。 一方、突然いなくなったしんのすけを心配したみさえとひろしは、しんのすけを迎えに行くべく車に乗り込み、戦国時代へのタイムスリップを試みることに。 無事家族と再会できたしんのすけですが、現代に戻れないため、しばらく春日城に滞在することになります。 時代が違うので、現実世界の常識は一切通用しません。 そのため、侍に刃を向けられることもあれば、身分を気にして恋愛もうまくいかないという事態。 その中でも、野原一家は自分たちの信じた道を突き進み、時には体を張って家族を守ります。 その姿は、まさに世の家庭が憧れる一家そのもの。 家族を想い戦う姿に、涙する方続出です。 「家族愛に泣ける」という方はもちろんですが、その中でも特に子育て世代の大人におすすめします。 アニメ映画の情報 好きな時間に戻れるタイムリープ能力を身につけた主人公の真琴。 タイムリープをしてテストで好成績を取ったり、友達の千昭から寄せられる好意に目を背けるために告白逃れをしようとしたり、とにかく私利私欲で能力を使っていました。 しかし、それが痛手となって返ってくるようになります。 自分のために時間を巻き戻したことによって、結果的に友人に怪我をさせてしまったり、仲良しの功介とその彼女を交通事故に合わせてしまったり。 過去に戻れる能力を身につけても、結局過去に後悔をする羽目になる真琴。 そんな彼女を助けてくれたのは、友人の千昭でした。 友情と恋愛が交差する青春アニメ映画。 2020年現在でも、「夏と言えば時かけ」と言われるほど定番の感動作です。 大切な人との別れなど泣けるほど切ないシーンも多いので、友情・恋愛と青春をたっぷり味わえる作品を探している方は、ぜひ視聴してみてください。 アニメ映画の情報 主人公のカールは、同じ夢を持つ少女エリーと結婚。 子どもは授かれなかったものの、「いつか2人でパラダイス・フォールに行こう」と約束します。 しかし、夢が叶う前に妻エリーは亡くなり、家に独りぼっちになってしまったカール。 そんな中で町の開発計画によって立ち退きを要求され、思い出の詰まった家を守るため、家に10297個もの風船をつけて旅立ちます。 向かう先は、かつてエリーと約束したパラダイス・フォール。 冒険を通じ、思い出に縛られ続けたカールの心が変わっていく姿に世界中が涙しました。 誰が見ても感動できるピクサーの名作ですが、特に結婚している方、愛妻家の方には、ぜひ見てもらいたい映画です。 アニメ映画の情報 幼い頃の主人公・石田将也は、聴覚障害を持つ西宮硝子をいじめていました。 しかし、成長していくにつれて自分がひどいことをしてきたという罪を感じた将也。 きちんと謝るために、自分の前から姿を消した硝子を探して謝罪します。 「友達になれるかな」と手話で伝えた将也に驚きを隠せない硝子。 こうして2人の溝が少しずつ埋まっていき、前向きに歩んでいこうとする主人公とヒロインの姿に涙します。 「一度壊れてしまったものを修復するのは大変だ」ということを教えてくれる名作。 最悪な出会いから始まるボーイミーツガールの定番な流れでもあるので、 その後2人がどんな関係になっていくかが見どころです。 子どもの無神経さが残酷に見えるシーンも多いですが、そこから成長して人と歩み寄っていこうという成長も見られるため、ヒューマンドラマが好きな方におすすめします。 アニメ映画の情報 女子大生の花が恋をしたのは、なんと狼男でした。 やがて2人の間に子どもが生まれ、穏やかで幸せな家族が描かれます。 しかし、ある日夫が帰ってこないことを心配した花は、幼い子ども2人を抱えて探しに出かけます。 そして目にしたのは、狼の姿で死んでいる夫でした。 悲しみに暮れた花でしたが、幼い我が子を育てられるのは自分だけ。 亡き夫に子どもたちを守ることを誓い、シングルマザーとしてたくましく生きていきます。 成長していくにつれて、子どもたちは自分が人間か狼、どちらの道を生きるかに苦悩することに。 親子で支え合い、時には喧嘩をしながら将来に対して答えを出していく姿に心を打たれます。 家族3人でたくましく生きていく感動の作品。 「親子愛の作品を見ると泣ける」という方は、きっとこの作品でも号泣すること間違いなしですよ。 アニメ映画の情報 科学に対して天才的な知識を持つ主人公のヒロ。 その才能をろくなことに使わないヒロを心配していた兄のタダシは、自分が通う大学にヒロを連れて行きます。 科学オタクが集まるラボ、そして尊敬できる教授に会ったことをきっかけに、大学入学を目指すヒロ。 彼が発明した『マイクロボット』は、大学入学への切符を手にするに相応しい発明でした。 しかし、その日に突然起こった火災事故で兄タダシが亡くなり、無気力になってしまったヒロ。 ずっとふさぎ込んでいましたが、あの火災はもしかしたら事故ではないのかもしれないという可能性を見出したことをきっかけに、ケアロボットのベイマックスとともに謎を追求しようと動き出します。 兄弟愛と仲間愛が伝わってくる感動作です。 仲間と協力して敵と立ち向かっていくストーリーが好きな方は、ぜひご覧ください。 アニメ映画の情報.

次の