知らない街の夜景みたいだ。 世界の都市を「東京」に例えると?海外に住んでいた日本人に聞いてみた

Pretender Official髭男dism 歌詞情報

知らない街の夜景みたいだ

修学旅行は奈良・京都の歴史の旅。 いわゆる名所を巡るのではなく,歴史上,何かのテーマを持ってグループ活動をすることになっていた。 夜も8時半まではグループでの行動が許されていた。 班編成は自由だったけれど,こういうときにうまくやれない者が何人かいた。 その人たちが集まって形式上は班を作り,計画書も出すが,裏では勝手に行動することにした。 夜も同じ。 その中に君もいたね。 宿を出ると,集合時間と場所を決めて,あとは好き勝手に動く。 君も僕も,いったんは別の方向に行くふりをして,興福寺で待ち合わせた。 ライトアップされる五重の塔。 猿沢池近くの土産屋は中学生がいっぱい。 ふたりは買い物をするでもなく,少し離れてそぞろ歩き。 博物館の前を抜けて奈良公園へ。 昼間の喧騒とうってかわり,ほとんど人影はない。 鹿の鳴き声が聞こえる。 「意外に静かね」 「このあたりはおみやげ屋さんも全部閉まってるしね」 「二月堂へ行きましょうよ」 一度通った道だ。 迷うことなく二月堂へ。 「ここで修二会をやるのね」 「陽子さんは見たことあるの?」 「テレビではね。 本物は見てないの。 」 「卒業したら見に来ようか」 「だいぶ混むみたいよ」 「でも一度は火の粉を浴びてみたいね」 奈良市街の明かりに,大仏殿のシルエットが浮かびあがる。 君の肩に僕の肩が触れた。 よほど手をつなごうかと思ったが,君はそんなそぶりを見せない。 お互いに少しだけ距離を置いている。 君の横顔。 街の灯をまっすぐに見ていた。 もちいどセンター街の居酒屋で地酒を飲んで軽い食事をとった。 7時には店を出た。 あの日と同じように,猿沢池から博物館の横を通り二月堂へ。 鹿の声が聞こえる。 卒業はふたりの進路を分けた。 やがてそれぞれの道を歩きはじめる。 正月に手紙を書いた。 「二月堂,行く?」 返事がきた。 「ごめん。 ちょうどサークルの合宿と重なっちゃって」 大学に入れば新しい出会いがある。 きっと君もそうだったのだろう。 しかし,僕の出会いは出会いだけで終わってしまった。 君はどうだったのだろう。 手紙は「宛先不明」で戻ってきた。 高校生のときの家も引っ越して,電話もつながらない。 その気になれば友人をたどって君に行き着けるかもしれない。 でも,それを人は未練というのだろう。 二月堂から奈良市街を眺める。 大仏殿のシルエット。 街の灯をまっすぐに見ている君の横顔を思い出す。 愛なんて知らない。 ただ,君が好きだった。 大学のキャンパスが,僕を新しい世界に連れて行ってしまった。 大事にしたいのは君だったことに こんなあとになって気づくなんて。 あのとき,はっきり言えばよかったのに。 君の横顔に。

次の

奈良の夜景 愛なんて知らない|E.Vジュニア|note

知らない街の夜景みたいだ

しかし、私は世界の都市の中心をあまり多くは知らない。 「何言ってんの。 フランスの中心はパリでしょ」。 そこまではわかる。 問題はそこから先である。 東京だって「」と「大塚」では雰囲気が異なりすぎるではないか。 「東京だよ!」と言われて大塚を案内されたら、日本に初めて来た外国人はきっと怒るではないか。 (でも大塚はとてもいいところです) そう、つまりは「都市オブ都市」をざっくりと知りたい。 参考までにイメージしてください。 香港 香港に6年間住む、かおんさんに聞いた。 大きなアパートから飲食店までなんでも集まるエリア。 あと、 重慶大厦(チョンキンマンション)が 町かな。 風俗店とか安いとかがいろいろ集まっているカオスなエリアです。 「 九龍半島にある 尖沙咀(チムサーチョイ)は、 みたいな感じ。 海沿いを歩くと対岸のが綺麗に見えるデートスポットです。 高級も多いし、ブルース・リーの銅像もあります」 ーーブルース・リーの銅像があるところの治安が悪いわけないから最高。 「あと、今一番アツいのは 西営盤(サイインプン)じゃないですか。 セントラルから2駅で着くエリアで、昔の雰囲気を残すに新しいバーやおしゃれなカフェ、レストランがどんどんオープンされていて、急にオシャレになりました。 代官山あたりのイメージ。 あと、 淺水灣(レパルスベイ)は 湘南みたいな感じです。 「重慶大厦(チョンキンマンション)」が町。 「尖沙咀(チムサーチョイ)」は、、「西営盤(サイインプン)」が代官山。 「淺水灣(レパルスベイ)」は。 我が物顔で香港を案内できそうに感じるから不思議だ。 「 クロックタワー広場が ハチ公前のイメージで、集合場所としてよく使われて、ナンパ・スポットでもあります。 また、クロックタワーから15分ほど歩くと、 サブジバザールと呼ばれる市場があって、大体のものはそこでなんでも揃います。 「 モティタンが、 千代田区とか港区エリアですかね。 高級住宅街で、政治家たちの家はだいたいこの地域にあります。 イメージの市場なのに「イオン」と表現するのが、あくまでも九州っぽい。 信号が一個しかない国、とても行ってみたくなった。 「 ブギスが のイメージ。 若者の街で、パステルカラーのショップハウスや綺麗なモスクのあるアラブ・ストリートの近くにあります。 駅ビルの ブギス・ジャンクションは 微妙なラフォーレみたいな感じで、駅ビルを出てすぐのブギス・ストリートは。 マーライオンもそっちの方にありますね。 日本で言うと に近いのかもしれません」 マリーナ・ベイ・サンズ、一度は行ってみたいと思ったが、あそこが中心ではないと初めて知った。 たしかにのド真ん中にあれがあったら怖い。 「あとは 西単(せいたん)や 三里屯(さんりとん)が ・かな? ごちゃごちゃしていて、若者の街って感じです。 「 南鑼鼓巷(なんらここう)はサブカル感があるので、 か 高円寺。 什刹海(じゅうせつかい)は井之頭公園のような湖のある公園が広がっているので、。 「 平安里(へいあんり)は楽器街なので 御茶ノ水。 五道口(ごどうこう)が韓国人街と言われているので、 新ですかね。 実際には留学生が多く集まる外国人街なんですけど。 あと、 王府井(おおふせい)が アメ横」 中国の楽器街とか、行ってみたいとしか思えない。 お隣の国だし、御茶ノ水で欲しい楽器が売ってなかったら、中国に行ってもいいかもしれない。 「 ウォータールー駅は、。 キングスクロス駅から地下鉄で20分もかからずに到着するエリアなんですけど、ここも巨大なターミナル駅で、ものすごい乗客数。 「 ソーホーが、。 昔は風俗街などのイメージもありましたが、今は再開発も進んでかなりおしゃれな雰囲気に変わっています。 劇場や美味しいレストランも多い。 意外でした。 「 バッキンガム宮殿、ウェストミンスター地区は、 皇居周辺ですね。 皇居周辺ののどかさは、バッキンガム宮殿周辺のそれと相通じるものがあると思います。 バッキンガム宮殿の門の前は異様に観光客が多いですが、そこ以外は人気のない静かな遊歩道・公園が広がっています。 「 ウェストミンスター橋を渡って、 ビッグベンの対岸に行くと、 ロンドンアイという大きな観覧車やアトラクション、などがあって、これはかなり の空気に近いと思います。 「 サウス・ケンジントンの周辺が、 でしょうか。 ビクトリア駅から10分ほど。 公園的存在のハイド・パークがある。 散歩やピクニックを楽しむロンドナー。 「あとは、 ナイツ・ブリッジが。 オックスフォード・ストリート周辺は。 リヴァプール・ストリートやブリック・レーン周辺は危ない って感じでしょうか。 ロンドン、もはや東京なのでは? と思うレベルで表現してもらえたので、俄然行ってみたくなった。 また、同じくイギリスに住むKatyさんは、中心から南に降りた ブライトンは、湘南海岸的な場所だと言う。 「ウミネコが飛び交う、住みやすい街です。 街の中心部に飲食店やなどが集結していて、他にも駅前にジムがあったり、カジノや、もある。 「海は日本のどこにも負けないくらい綺麗だと思うんですよ。 でも、海沿いだからといってみたいなメジャーさはなくて。 サーファーも多く集まり、ちょっとした外出時は裸足で歩く。 決して住みにくくないけど、都会ほど華やかさはなく。 「ウーロンゴン大学が近くにあり、留学生を海外から受け入れているので、様々な人種の方がいる。 アデレードやウーロンゴンが「都市オブ都市」かと言われると、決してそんなことはない。 ただ、この方たちの紹介の仕方は、変にだとかだと言われるよりも、妙に説得力があったので紹介させていただいた。 「やフルーツを売る屋台、偽ブランド品を売るお店などが立ち並んでいます。 「あと、クアラルンプールは東京と比べるとぎゅっとしているイメージ。 「ヴァレッタから車やバスで20分ほど行った北側の対岸には スリーマと呼ばれる場所があります。 ここが近代的で、島一番のショッピング街になります。 「 セントジュリアンは美味しいレストランや高級、カジノが集中している街で、 とか でしょうか。 イムディーナは、 京都。 かつてはここが首都だったこともあり、伝統的なが残っています。 」 マルタ共和国のこと何にも知らなかったけれど、急に全てわかったような気になってしまった。 なにより漂うセレブ感が最高である。 行ったこともないのに、こういう場所で余生を過ごしたいと思う。 「隣国デンマークの首都である コペンハーゲンは、カフェ、レストラン、ファッション、近代図書館、チボリという遊園地、宮殿、古城、有名な人魚姫の像などがあります。 古いものと新しいものが混ざった観光地ですね。 「 ヘルシンボリは現代、古城などが多く、 っぽいアートなイメージ。 スウェーデンの首都である ストックホルムは、か皇居周辺ですね。 フォロワーの皆さんから集めた情報はこのほかにも無数にあったのだが、延々と続けていくとどうしても読み切れない内容になってしまうため、より内容が充実していた地域を中心に紹介させていただいた。 結果、 マルタ共和国はあるのにフランスはないというかなりアバンギャルドな記事となってしまったが、それもまた一興と考えていただきたい。 素晴らしい情報提供に感謝するとともに、俄然イメージしやすくなった海外に対して、「行きたい」という極めて個人的な感想しか抱かなくなったことを報告して、筆を止めたいと思う。 ありがとうございました。 カツセマサヒコ ライター/編集者。 ツイッターのフォロワーは7万人を超える。 趣味はスマホの充電。

次の

Pretender 歌詞 Official髭男dism ※ blog.yhathq.com

知らない街の夜景みたいだ

しかし、私は世界の都市の中心をあまり多くは知らない。 「何言ってんの。 フランスの中心はパリでしょ」。 そこまではわかる。 問題はそこから先である。 東京だって「」と「大塚」では雰囲気が異なりすぎるではないか。 「東京だよ!」と言われて大塚を案内されたら、日本に初めて来た外国人はきっと怒るではないか。 (でも大塚はとてもいいところです) そう、つまりは「都市オブ都市」をざっくりと知りたい。 参考までにイメージしてください。 香港 香港に6年間住む、かおんさんに聞いた。 大きなアパートから飲食店までなんでも集まるエリア。 あと、 重慶大厦(チョンキンマンション)が 町かな。 風俗店とか安いとかがいろいろ集まっているカオスなエリアです。 「 九龍半島にある 尖沙咀(チムサーチョイ)は、 みたいな感じ。 海沿いを歩くと対岸のが綺麗に見えるデートスポットです。 高級も多いし、ブルース・リーの銅像もあります」 ーーブルース・リーの銅像があるところの治安が悪いわけないから最高。 「あと、今一番アツいのは 西営盤(サイインプン)じゃないですか。 セントラルから2駅で着くエリアで、昔の雰囲気を残すに新しいバーやおしゃれなカフェ、レストランがどんどんオープンされていて、急にオシャレになりました。 代官山あたりのイメージ。 あと、 淺水灣(レパルスベイ)は 湘南みたいな感じです。 「重慶大厦(チョンキンマンション)」が町。 「尖沙咀(チムサーチョイ)」は、、「西営盤(サイインプン)」が代官山。 「淺水灣(レパルスベイ)」は。 我が物顔で香港を案内できそうに感じるから不思議だ。 「 クロックタワー広場が ハチ公前のイメージで、集合場所としてよく使われて、ナンパ・スポットでもあります。 また、クロックタワーから15分ほど歩くと、 サブジバザールと呼ばれる市場があって、大体のものはそこでなんでも揃います。 「 モティタンが、 千代田区とか港区エリアですかね。 高級住宅街で、政治家たちの家はだいたいこの地域にあります。 イメージの市場なのに「イオン」と表現するのが、あくまでも九州っぽい。 信号が一個しかない国、とても行ってみたくなった。 「 ブギスが のイメージ。 若者の街で、パステルカラーのショップハウスや綺麗なモスクのあるアラブ・ストリートの近くにあります。 駅ビルの ブギス・ジャンクションは 微妙なラフォーレみたいな感じで、駅ビルを出てすぐのブギス・ストリートは。 マーライオンもそっちの方にありますね。 日本で言うと に近いのかもしれません」 マリーナ・ベイ・サンズ、一度は行ってみたいと思ったが、あそこが中心ではないと初めて知った。 たしかにのド真ん中にあれがあったら怖い。 「あとは 西単(せいたん)や 三里屯(さんりとん)が ・かな? ごちゃごちゃしていて、若者の街って感じです。 「 南鑼鼓巷(なんらここう)はサブカル感があるので、 か 高円寺。 什刹海(じゅうせつかい)は井之頭公園のような湖のある公園が広がっているので、。 「 平安里(へいあんり)は楽器街なので 御茶ノ水。 五道口(ごどうこう)が韓国人街と言われているので、 新ですかね。 実際には留学生が多く集まる外国人街なんですけど。 あと、 王府井(おおふせい)が アメ横」 中国の楽器街とか、行ってみたいとしか思えない。 お隣の国だし、御茶ノ水で欲しい楽器が売ってなかったら、中国に行ってもいいかもしれない。 「 ウォータールー駅は、。 キングスクロス駅から地下鉄で20分もかからずに到着するエリアなんですけど、ここも巨大なターミナル駅で、ものすごい乗客数。 「 ソーホーが、。 昔は風俗街などのイメージもありましたが、今は再開発も進んでかなりおしゃれな雰囲気に変わっています。 劇場や美味しいレストランも多い。 意外でした。 「 バッキンガム宮殿、ウェストミンスター地区は、 皇居周辺ですね。 皇居周辺ののどかさは、バッキンガム宮殿周辺のそれと相通じるものがあると思います。 バッキンガム宮殿の門の前は異様に観光客が多いですが、そこ以外は人気のない静かな遊歩道・公園が広がっています。 「 ウェストミンスター橋を渡って、 ビッグベンの対岸に行くと、 ロンドンアイという大きな観覧車やアトラクション、などがあって、これはかなり の空気に近いと思います。 「 サウス・ケンジントンの周辺が、 でしょうか。 ビクトリア駅から10分ほど。 公園的存在のハイド・パークがある。 散歩やピクニックを楽しむロンドナー。 「あとは、 ナイツ・ブリッジが。 オックスフォード・ストリート周辺は。 リヴァプール・ストリートやブリック・レーン周辺は危ない って感じでしょうか。 ロンドン、もはや東京なのでは? と思うレベルで表現してもらえたので、俄然行ってみたくなった。 また、同じくイギリスに住むKatyさんは、中心から南に降りた ブライトンは、湘南海岸的な場所だと言う。 「ウミネコが飛び交う、住みやすい街です。 街の中心部に飲食店やなどが集結していて、他にも駅前にジムがあったり、カジノや、もある。 「海は日本のどこにも負けないくらい綺麗だと思うんですよ。 でも、海沿いだからといってみたいなメジャーさはなくて。 サーファーも多く集まり、ちょっとした外出時は裸足で歩く。 決して住みにくくないけど、都会ほど華やかさはなく。 「ウーロンゴン大学が近くにあり、留学生を海外から受け入れているので、様々な人種の方がいる。 アデレードやウーロンゴンが「都市オブ都市」かと言われると、決してそんなことはない。 ただ、この方たちの紹介の仕方は、変にだとかだと言われるよりも、妙に説得力があったので紹介させていただいた。 「やフルーツを売る屋台、偽ブランド品を売るお店などが立ち並んでいます。 「あと、クアラルンプールは東京と比べるとぎゅっとしているイメージ。 「ヴァレッタから車やバスで20分ほど行った北側の対岸には スリーマと呼ばれる場所があります。 ここが近代的で、島一番のショッピング街になります。 「 セントジュリアンは美味しいレストランや高級、カジノが集中している街で、 とか でしょうか。 イムディーナは、 京都。 かつてはここが首都だったこともあり、伝統的なが残っています。 」 マルタ共和国のこと何にも知らなかったけれど、急に全てわかったような気になってしまった。 なにより漂うセレブ感が最高である。 行ったこともないのに、こういう場所で余生を過ごしたいと思う。 「隣国デンマークの首都である コペンハーゲンは、カフェ、レストラン、ファッション、近代図書館、チボリという遊園地、宮殿、古城、有名な人魚姫の像などがあります。 古いものと新しいものが混ざった観光地ですね。 「 ヘルシンボリは現代、古城などが多く、 っぽいアートなイメージ。 スウェーデンの首都である ストックホルムは、か皇居周辺ですね。 フォロワーの皆さんから集めた情報はこのほかにも無数にあったのだが、延々と続けていくとどうしても読み切れない内容になってしまうため、より内容が充実していた地域を中心に紹介させていただいた。 結果、 マルタ共和国はあるのにフランスはないというかなりアバンギャルドな記事となってしまったが、それもまた一興と考えていただきたい。 素晴らしい情報提供に感謝するとともに、俄然イメージしやすくなった海外に対して、「行きたい」という極めて個人的な感想しか抱かなくなったことを報告して、筆を止めたいと思う。 ありがとうございました。 カツセマサヒコ ライター/編集者。 ツイッターのフォロワーは7万人を超える。 趣味はスマホの充電。

次の