ウッウ ピカチュウ 条件。 ヤフオク!

ウッウ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウッウ ピカチュウ 条件

ウッウ タイプ みず・ひこう 特 性 うのミサイル 重量威力(けたぐり等) 40 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 75 85 55 85 95 85 475 個別考察 ピカチュウを丸のみにする恐怖の鳥ポケモン。 種族値は平均的ですが、固有特性《うのミサイル》を持っています。 《なみのり》か《ダイビング》を使用すると効果が発動し、HPが半分以上あればサシカマス、半分以下ならピカチュウを咥えてきます。 なお、特徴的な特性以外に特筆すべきことはありません。 技考察 なみのり 特性を発動する条件となる技なので必須です。 吐き出すたびに使用してピカチュウを咥えてくる必要があります ダイビング 物理かつ1ターン身を隠す技。 いちおう波乗りとは選択ということになっています。 相手に隙を与えてしまうのはデメリットですが、相手のダイマックスターンを浪費させる手段として使うこともできるので、一考の余地あり れいとうビーム 草やドラゴンに刺さるサブウェポン。 命中・威力ともに安定しており優秀です こごえるかぜ 氷技というよりは相手の素早さを下げる効果を買って取り入れる技です。 起点の回避手段となるので割と有用です ぼうふう 雨が降っていれば必中となるタイプ一致の高威力技です。 水が通りにくい相手に対して概ね等倍以上は狙えるため相性補完にはピッタリです エアスラッシュ 暴風と比べると威力は落ちますが、ピカミサイルの麻痺とエアスラの怯ませる効果により、運勝ちが狙えます。 飛行技ダイジェットにより素早さを上げる効果が強力です はねやすめ 特防こそそれなりに高いものの、耐久戦術を取るには向かないポケモンです こうそくいどう 素早さを上げる積み技です。 地面に繰り出すぐらいのことはできますが、役割を持ちづらいので一発屋芸人として終わりです。

次の

ウッウ 育成論

ウッウ ピカチュウ 条件

特徴 真っ青な体色と一際目立つ黄色い嘴が特徴の鳥ポケモン。 首元から胸を覆う体毛は水色。 潜水が得意で、水に潜ると獲物を呑み込んで狩りをする。 非常に食欲が旺盛で、目についたものは何でも丸呑みにしようとしてしまう。 食べれない物をうっかり口に入れると慌てて吐き出す。 この習性は護身にも用いられ、獲物を口に含んだ時に襲われると獲物を勢いよく吐き出すことで反撃する。 主な獲物はだが、時折などの他のポケモンを呑み込んでしまうときがある。 ポケモンずかんの説明文 あいてを いちげきで うちまかすほど パワフルだが わすれっぽいので たたかっている あいてを わすれる。 漢字 相手を 一撃で 打ち負かすほど パワフルだが 忘れっぽいので 戦っている 相手を 忘れる。 うのみのすがた おおぐらいなので まるまる ふとった サシカマスを のみこもうとして のどに つまらせてしまった。 漢字 大食らいなので まるまる 太った サシカマスを 飲み込もうとして 喉に 詰まらせてしまった。 まるのみのすがた うっかり ピカチュウに くらいついて しまった。 のどに つまらせてしまい くるしいが あまり きにしていない。 漢字 うっかり ピカチュウに 食らいついて しまった。 喉に 詰まらせてしまい 苦しいが あまり 気にしていない。 くいしんぼうで エサの サシカマスを まるのみするが たまに まちがえて ほかの ポケモンに くらいつく。 漢字 食いしん坊で エサの サシカマスを 丸飲みするが たまに 間違えて ほかの ポケモンに 食らいつく。 うのみのすがた のどに つまらせた サシカマスを すこしの しょうげきで いきおいよく はきだして しまうことも あるのだ。 漢字 喉に 詰まらせた サシカマスを すこしの 衝撃で 勢いよく 吐き出して しまうことも あるのだ。 まるのみのすがた のみこまれかけている ピカチュウは びっくりして おとなしく しているが はんげきする すきを ねらっている。 漢字 飲み込まれかけている ピカチュウは びっくりして おとなしく しているが 反撃する 隙を 狙っている。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 ・を使用するとを咥えた「うのみのすがた」、またはを咥えた「まるのみのすがた」というに変わる。 この姿のときに攻撃を受けることで相手にそれぞれ異なる効果を与える。 詳細はを参照。 のでは、というこのポケモンを模した機械が登場する。 アニメにおけるウッウ マンガにおけるウッウ ポケモンカードにおけるウッウ• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目.

次の

ウッウロボの使い方・レシピ一覧

ウッウ ピカチュウ 条件

図鑑説明 通常 あいてを いちげきで うちほど パワだが わすれっぽいので たたかっている あいてを わすれる。 うのみのすがた おいなので まるまる ふとった を もうとして のどに つまらせてしまった。 まるのみのすがた に くらいついて しまった。 のどに つまらせてしまい くるしいが あまり きにしていない。 通常 くいしんぼうで エサの を まるのみするが たまに まちがえて ほかの に くらいつく。 うのみのすがた のどに つまらせた を すこしの しょうげきで いきおいよく はきだして しまうことも あるのだ。 まるのみのすがた まれかけている は びっくりして く しているが はんげきする すきを ねらっている。 19年ので発表されたの内の一体。 5系統の飛行・で、 をとした。 非常に旺盛で、手ごろな大きさの物は何でも飲み込んでしまう癖がある。 食物以外を飲み込んでしまい慌てて吐き出してしまう事も。 物忘れのしい性質だが、とのまで忘れることはない。 しかしいかに信頼した相手であろうと食べ物の事となれば話は別で、横取りされようものなら容赦なく攻撃する。 は初登場の「うの」。 基本的に獲物はなのだが、ウッウのが半分を切るとなんと を咥えてくる。 はそれぞれ異なり、だと防御1段階、だととなっている。 にが、のであるテンでは飼いがのとして流行していた事が由来と思われる。 また、でもでは野生のが生息している。 関連動画 まだありません 関連商品 まだありません 関連項目•

次の