知らなくていいこと 全話。 知らなくていいコト10話・最終回、ネタバレ感想、考察、2回も俺のこと振るなよ

【ドラマ】知らなくていいコトを無料視聴する方法!吉高由里子/柄本佑/佐々木蔵之介/秋吉久美子

知らなくていいこと 全話

どうも、ぽりけんです。 Hulu、Netflix、U-NEXTなど色んな動画配信サービスを使い続けて5年ほど。 ブログ書いてる今も楽しんでます。 VODのためにテレビ置いてます😌 ドラマ「知らなくていいコト」は2020年1月8日から、日本テレビ系の水曜ドラマで放送されたテレビドラマです。 主演は吉高由里子で、柄本佑のもん絶キスシーンも話題になりました。 仕事や人としての成長を1話完結で描いている仕事系ヒューマンドラマで、 悩める女性必見の作品。 主題歌はflumpoolの「素晴らしき嘘」、ドラマを見て歌詞を聞くとずどーんと腑に落ちます。 本記事ではドラマ「知らなくていいコト」全話を見逃し無料でみる方法を紹介してるので、最後までご覧くださいね。 タップできる目次• 壮絶な職場で日々スクープを狙う女記者・真壁ケイトは、自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。 そんなある日…シングルマザーとしてケイトを育て上げた母が急死。 母が最期の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前だった。 それは誰もが知るあのハリウッドスターの名前! 出生の謎と父の秘密に迫る時、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たる! 1月8日 第2話 まさか私があの殺人犯の娘だったなんて…!? 1月15日 第3話 「殺人犯の父と対面! 」ケイトは自分の真実に立ち向かう! 1月22日 第4話 尾高が衝撃告白! 1月29日 第5話 父の犯した殺人事件の動機が知りたい…! 抑えられないケイトは父の元へ… 2月5日 第6話 仕事で不倫を暴いている私がまさかの不倫…!? 2月12日 第7話 週刊イースト襲撃事件発生! ケイト絶体絶命大ピンチ! 2月19日 第8話 さらなる逆境! 2月26日 第9話 謎に包まれた30年前の事件の真相が明らかに! 3月11日 上記の全話、見逃し配信無料で見る方法を紹介します。 最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。 ドラマ「知らなくていいコト」を全話、見逃し配信無料で見れる動画配信サービス• 脚本:大石静• 音楽:平野義久• 主題歌:flumpool• チーフプロデューサー:西憲彦• 【第1話】ケイトがぶち当たる人生最大の「知らなくていいコト」とは!? ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。 しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。 そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。 尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。 翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。 その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!! 【第2話】まさか私があの殺人犯の娘だったなんて…!? 母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。 見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!? 【第3話】「殺人犯の父と対面! 」ケイトは自分の真実に立ち向かう! 殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。 春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。 【第4話】尾高が衝撃告白! 正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。 しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。 予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。 早速黒川くろかわ(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。 一方、編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。 岩谷は翌日春樹はるき(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。 そんな中、尾高おだか(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。 さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……!• 【第5話】父の犯した殺人事件の動機が知りたい…! 抑えられないケイトは父の元へ… 30年前に乃十阿のとあ(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高おだか(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。 未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのり(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。 ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわ(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。 近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。 そんな中、編集部では連載班の小泉こいずみ(関水渚)が春樹はるき(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。 そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。 岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。 【第6話】仕事で不倫を暴いている私がまさかの不倫…!? 自分が杏南あんな(秋吉久美子)の娘だと乃十阿のとあ(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介さくらばようすけ(田村健太郎)の妻・和美かずみ(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香よしざわふみか(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。 翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?• 【第7話】週刊イースト襲撃事件発生! ケイト絶体絶命大ピンチ! おだか(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。 翌日、高熱を出した黒川くろかわ(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。 そんな中で編集部には次々とトラブルが発生! マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷いわたに(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。 一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。 さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……! 週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹はるき(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。 【第8話】さらなる逆境! ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることを他誌にリークした春樹はるき(重岡大毅)。 襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。 そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。 それは、与党議員・梅沢うめざわの金庫番だった男・相田あいだの自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。 全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。 トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子よりこ(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。 一方、入院中の尾高おだか(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。 そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!?• 【第9話】謎に包まれた30年前の事件の真相が明らかに! いわたに(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。 一方尾高おだか(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿のとあ(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。 そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。 タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝こたき(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷しんたにマリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。 早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。 なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田かがたと新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西ふくにし(渕野右登)に、番組AD・荒牧あらまき(三船海斗)に張り付くよう指示する……。 そしてその夜、ケイトの自宅に春樹はるき(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……! 翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。 乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。 ついに乃十阿がケイトと対峙!30年前の事件の真相が明らかになろうとしていた……!?• 30年前、乃十阿のとあ(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。 ケイトの暴走を知った尾高おだか(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南あんな(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……! その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。

次の

ドラマ「知らなくていいコト」尾高とケイトの不倫が今後どうなるか展開を予想│Kisei

知らなくていいこと 全話

この作品の脚本を務めるのは大石静さん! 大石静さんは過去にヒットドラマ「家売るオンナ」「家売るオンナの逆襲」を手掛けています。 また「功名が辻」という大河ドラマも努めたこともある結構すごい脚本家なんです。 そんな大石静さんのオリジナルストーリーの今作品、吉高由里子さん演じる真壁ケイトが「家売るオンナ」のように一話完結でテンポ良く問題を解決していく爽快感が楽しそうですね! また、相関図には真壁ケイトの元彼と今彼が載っていますね。 主人公の成長もテーマであるこの作品はラブストーリーも楽しめそうです。 吉高由里子さんが主演を務めた、昨年の春ドラマ「わたし、定時で帰ります。 」もお仕事系ラブストーリーでしたね。 ちょうど「家売るオンナ」と「わたし、定時で帰ります。 」のいいとこ取りのドラマのようになるのではないでしょうか。 ntv. 現在は妻子持ち。 柄本佑プロフィール 生年月日 1986年12月16 出身地 東京都 代表作 『ゲゲゲの女房』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『なつぞら』など 野中春樹 — 重岡大毅(ジャニーズWEST) お疲れ様です! 昨夜のしげちゃんの番組見てて少し寝不足気味です これでもかってぐらいにやる事いっぱいあって 可愛いしげちゃんの番宣を見て1人ニヤニヤして周りから新年最初の《キモいわ!頭わるっ!》と笑われても私は平気だ さあ休憩ももう終わる 仕事します! — さなぴー sanapi0114toraa ケイトの今彼 ケイトと同じ東源出版・「週刊イースト」連載班。 わがままな作家の懐に飛び込むのが得意。 重岡大毅プロフィール 生年月日 1992年8月26日 出身地 兵庫県 代表作 『ごめんね青春! 』『ストロベリーナイト・サーガ』『これは経費で落ちません! 』など 真壁杏南 — 秋吉久美子 脚本家コメント 政治家のスキャンダルや不倫を次々と暴く週刊イーストの編集部で働く辣腕記者のヒロイン。 時にトリッキーにさえ見えるヒロインではありますが、その猪突猛進力、絶望からの回復力、想い全開力が、視聴者の皆様の日頃の憂うさを、爽快に吹き飛ばしてくれることを願って書いています。 また、ヒロインと共に、週刊誌の使命、マスコミの使命とは何かを考えてみたいとも思っています。 より引用 「知らなくていいコト」主題歌 flumpool「素晴らしき嘘」 より引用 「知らなくていいコト」の配信は?見逃し動画を無料で見る方法 「知らなくていいコト」1話~最新話は放送後で配信中です。 配信される可能性が高い今期テレビドラマは以下のとおりです。 やめるときも、すこやかなるときも• 知らなくていいコト• ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~• シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 上に挙げたドラマ以外も基本的には日テレ作品であれば配信されている可能性が高いです。 そしてHuluのすごいところは配信作品、全て見放題なんです。 は登録後2週間無料なので 2週間以内に解約すれば無料 です。 テレビだけでなくスマホ、PCから見ることができます。 また、ケータイ支払いに対応しているので登録もすぐにできてしまいます。 最新の情報は配信サイトにてご確認ください。

次の

知らなくていいコト|8話動画の見逃し配信や再放送を無料で見る方法!【吉高由里子主演ドラマ】

知らなくていいこと 全話

『知らなくていいコト』 9話あらすじ 岩谷(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。 一方尾高(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。 そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。 タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷マリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。 早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。 なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田と新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西(渕野右登)に、番組AD・荒牧(三船海斗)に張り付くよう指示する……。 そしてその夜、ケイトの自宅に春樹(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……! 翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。 乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。 ntv. 今回ヤラセ疑惑が浮上します。 怖い女性の上司がお互いにいるということで、気が合うかもと福西が張り付きます。 大食い番組内で美人大食いタレント・新谷マリアに提供されるご飯の量が少ないとタレ込んできました。 新谷マリアの事務所社長にかなり腰が低いです。 『知らなくていいコト』 9話ネタバレ 編集部内で完全に浮いている春樹は、小泉愛花に 「君 僕と付き合ってるんだよね?君から 付き合ってくれって言ったんだよね?」と話しかけるのです。 すると小泉は 「そういうのウザい…。 」と言い「 言いましたけど、人の気持ちは日々変化しますから。 」と告げます。 そして 「真壁さんの彼だと思って見ていた野中さんは、すご~くステキだったけど、自分の彼になってみたら、そうでもなくなったっていうか…。 」と答え 「最低!」とつぶやき去って行ったのでした。 そんな中、デスクの倉橋明美そっくりな素人大食いチャレンジャー小滝かおるが、美人大食いタレント・新谷マリアに提供されるご飯の量が少ないとタレ込んできたため、ケイトは、顔見知りのテレビ局ディレクター生田を頼り、番組の模様を見学するのです。 その時、プロデューサーの加賀田と、マリアの事務所社長の関係があやしいと感じたケイトは、福西を番組AD・荒牧に張り付かせて自宅へ戻ったのです。 そんな夜、ケイトが家で尾高のことに想いを馳せていると、突然グデングデンに酔っぱらった春樹が訪ねてきたのでした。 「話なら、明日会社でお願いします。 」とケイトは告げるものの、春樹がドアの前で吐きそうになったため、やむを得ず家の中へ入れ、トイレを貸したのでした。 「僕ってそんなに最低ですか?」と尋ねる春樹にケイトは「最低です。 」と答え、春樹があまりにもワケが分からないことを言っていたことから、ウザくなったケイトは「早く帰って!」と追い返そうとします。 すると春樹は「結局真壁さんがホントに好きだったのは尾高さんだけなんですよね。 」と言い「深層スクープにリークしたの僕じゃないです。 」とワケの分からないことを言い出したのです。 そして「何で尾高さんを疑わないんですか?何で僕を疑って、尾高さんを信じてるんですか?そりゃあ尾高さんはカッコいいですよ。 でも尾高さんと真壁さん、不倫ですから。 」と告げ、その後もずっとグダグダ言い続けるのです。 面倒になったケイトが「分かったから、早く帰って。 」と告げると春樹は「分かったんですか?ホントに。 よかった~。 」と言い、その後も散々駄々をこねた後に、ようやく帰り支度を始めたのです。 そんな春樹にケイトは 「ホントに最低で、言葉もないけど、あんたが苦しんでんのは分かったわ。 」と告げます。 続けて 「どっかで私に謝りたい気持ちと、おとしめたい気持ちがごっちゃになってる。 そして、自分も地球の裏側ぐらい遠くまで逃げて行きたい。 もうイーストにいたくない。 」と伝えます。 さらに 「そのいじましい心を小説にでもしたら?そうやって荒れたり、ひとの足引っ張ったって意味ないじゃん。 …まあ、…余計なお世話かもしんないけど。 」と告げ、春樹を帰らせたのでした。 その翌日編集部でケイトたちが新谷マリアの大食い映像を見ていると、そこに尾高がやってきて、ケイトを呼び出したのです。 尾高はケイトに 「今、俺のスタジオに乃十阿徹がいる。 深層スクープが出てからきっと乃十阿徹の所もやられてるだろうと思って行ってみたんだ。 案の定籠城して、何日も食べてなかった。 」と告げるのです。 「いや信じられない…、何もかも拒絶してた人なのに」と話すケイトに、尾高は 「あの人も切羽詰まってんだよきっと。 こんな予想外の展開になったら誰だってどうしていいか分からなくなると思う。 」と話します。 そして 「居場所も特定されて、娘がいることもバレて、その娘が刺されたってなったらさ。 」と告げ 「俺とケイトのつながりが浅くないってことも分かったはずだ。 」と話します。 さらに 「それなのに、俺のスタジオに身を寄せた。 」と告げるとケイトは 「私と会うことも想定内で、尾高さんのスタジオに身を寄せた?」と話すのです。 尾高はケイトに「まず乃十阿と会って、それから俺たちのこと、ちゃんと話そう。 」と告げ去って行くのでした。 一方、ADの荒牧と近付くことに成功した福西は 2人で一緒に食事へと行くことになったのです。 そこでケイトの陰の応援もあり、福西は荒牧から「加賀田プロデューサーは次に立ち上げる番組のMCに事務所の大物が欲しいから、無理やり新谷マリアに優勝させてって…」という話を引き出したのです。 続けて荒巻は「俺に新谷マリアの食べ物の量を減らせとか言うんだぜ。 」と言い、福西が「どうやってやるの」と尋ねると「出す直前にハンバーグの中、減らしたり、その前はジャンボカツ丼のご飯抜いて、カツふんわり浮かして。 」とヤラセがあったことを話してくれたのでした。 その後、ほとんどケイトの手が入った福西のデビュー記事が出来上がり、そのことによりADの荒牧は仕事を辞め、加賀田プロデューサーは左遷となったのでした。 その後ケイトは、尾高のスタジオにいる乃十阿に会いに行ったものの、小さい頃母親にプールに投げ飛ばされたこと、30年前にコンビニがあったのか?やティッシュはあったのか?など、肝心なことは話すことも聞くこともしませんでした。 その後ケイトは尾高と会社へ向かいながら、先日福西が荒牧の後を追いまわしていただけなのに、急に荒牧が心を開いた話をし 「私はせっかちだから、ガンガン行くけどそういうアプローチの仕方もアリだよねーと思ったんだ。 」と伝えるのです。 「余裕だね」と話す尾高にケイトは 「余裕はない。 尾高さんのことも乃十阿徹のことも、アップアップよ。 」と告げます。 そして 「でも命助けてくれて、退院したばかりなのに、あの人を浜辺の自転車屋まで迎えに行って、この寒い中何日も張り込んで、連れ出してくれて、匿ってくれて、私と会えるようにしてくれて。 」と話します。 続けて 「その尾高さんの気持ち、ホントにありがたく感じてる。 その気持ちに応えるためには、やっぱりもう一度乃十阿と会って、私の聞きたいことを聞かないとって思ったの。 そこを乗り越えないと前に進めないから。 」と伝えるのでした。 一方会社をずっと休んでいる春樹は小泉を呼び出し 「会社どうなってる?東山さん怒ってない?」などと尋ねるものの、小泉は興味なさそうに 「寒いからもういいですか?」と告げ会社へ戻っていきます。 そんな小泉の後ろ姿に、春樹は 「ねえ、今晩行ってもいい?」と声を掛けると、小泉は 「二度と来ないでください。 」と答え去って行くのでした。 そんな中尾高に高村弁護士から電話があり、 「真壁ケイトさんと尾高さんに、お話したいことがあって電話しました。 」と伝えるのでした。 ケイトと尾高が高村弁護士の事務所を訪ねると、高村弁護士はケイトに 「もしかしたら、あなたは殺人犯の娘ではない可能性もあると言うことをお伝えしなければならないと思いました。 」と告げるのです。 そして高村弁護士は 「最初の接見の時、奥さんとは離婚したいのでそのことも頼むと言われ、私はすぐ奥さんに会いに行きました。 」と話し始めます。 続けて 「離婚はすぐ承諾されました。 その時3歳になるお坊ちゃんがお宅にいらして、奥さんが私のためにハーブティーを入れるのを手伝っていました。 」と告げます。 さらに 「もし、お母さんの手伝いをいつもしていて、水に草を入れることは良いことだと思っていた3歳の子供が、キャンプ場の飲料タンクに、ハリヒメソウを入れたとしたら…。 私はそのように想像しました。 」と伝えるのでした。 そして 乃十阿は、犯行に使われた毒物がハリヒメソウであると言ったとたん犯行を認めたといい、高村弁護士は息子をかばったのではないかと考えたと言います。 高村弁護士は、乃十阿に一番最初にそのことを問いただした時に、一度だけ動揺したように見えたが、それ以降はそのようなことはなく、警察にも告げたが捜査はされず、あいまいなことを言う弁護士は裁判官にも信用されないことから、裁判でも話していないと告げるのです。 そしてあくまで想像なので、奥さんにも誰にも言ってないと告げた高村弁護士に、尾高は 「子供を…、かばったんですか?」と告げるのでした。 『知らなくていいコト』 9話まとめ・感想 この『知らなくていいコト』も残すところ1話のみとなってしまいました。 まずは野中春樹ですが、ますます情けないクズ度が増してきていましたが、今回女性陣にとことん嫌われていて、なんだか逆に面白かったですね。 ただ、ケイトの家でのエピソードですが、ここまで長い尺はいらなかったですよね。 延々とグダグダが続いて、見ている方も益々ウザく見えてきました。 春樹がウザキャラになってきたその分、福西のキャラが立ってきて、今回大食いエピソードの記憶はあまり残っていない中、福西だけは面白かったですね。 次回、野中春樹絡みも最終回となりますが、予告で赤いジャケットを着て登場してたのはなにか吹っ切れて、新野中春樹に変るのでしょうか? ラストで一つぐらい良い面があっても良さそうな気もします。 そして本題ですが、乃十阿徹が誰かを庇って罪を受け入れていたのはあらかじめ予想はできていましたが、もしかしたら幼いケイトがタンクにハリヒメソウを入れたのではないか?と思っていた時期もありました。 そしてそれこそが、ケイトの「知らなくていいコト」なのではと…。 しかし、今回の高村弁護士によると、タンクにハリヒメソウを入れたのは、乃十阿の本妻の息子であるという可能性が高まってきました。 また予告映像には、乃十阿の3歳の息子がタンクにハリヒメソウを入れている写真まで映し出されていましたので、タンクにハリヒメソウを入れたのは乃十阿の息子でほぼ確定ということでしょうね。 さらに、予告ではケイトが 「殺人事件には、私が関係していた。 」と言っていますが、 ひょっとしたらこれは当時乃十阿に愛人と子供までいることを知った本妻が、精神を病んで当時何らかの理由で庭で育てていたハリヒメソウを息子を利用し、タンクに入れさせたのではないのでしょうか? そしてケイトの母親・杏南とケイト自身が、幸せに暮らしていた乃十阿一家を狂わせてしまった張本人であったことが、ケイトが 「知らなくていいコト」だったということなのではないでしょうか。 そうなると、現状の尾高に対して、母親と同じ轍は踏めないとケイトは考えるのではないかと思われます。 そこから、ケイトと尾高が一緒になる未来はなくなるのではないでしょうか。 一方、乃十阿が犯人ではないという記事が週刊イーストに掲載されたとして、一体誰が幸せになるのでしょうか? 乃十阿が息子の罪を自らかぶったとすれば、おそらく贖罪の気持ちからだったでしょうから、本人としては二度とこの件には触れて欲しくないでしょうし、ケイト側でも再び騒ぎが再燃するでしょうし、尾高とのことも面白おかしく書かれる可能性があるのではないかとも思われます。 理想としては、乃十阿の無差別殺人事件は結局は単なる事故で、乃十阿の本妻も杏南やケイトのことを知らず、今は幸せに暮らしていて、尾高サイドも形式的な結婚でシングルマザーを支えていただけで、「本当に好きな人が出来たらいつでも別れるよ。 」と言われているとかだったら、ハッピーエンドになるんでしょうけどね。 まあ実際はそんな風にはまとまらないとは思いますが、どこまで視聴者の多くが納得できるようにまとめてくれるのか、最終回に期待したいと思います。 『知らなくていいコト』 10話あらすじ 30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……! その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。 ntv. 配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

次の