そよ風 洗剤。 粉末せっけんのそよ風に変えても洗濯機に黒カビが発生する原因

アトピーにも安心でおすすめの洗濯洗剤は?無添加表示には注意!

そよ風 洗剤

妻が石鹸洗濯(ミヨシ液体そよ風)をするので洗濯機がカビだらけになってしまいます。 妻に石鹸洗濯をやめさせ普通のアタックやビーズなどの合成洗剤を使わせるにはどうすればよいでしょうか? 妻はろくに勉強もしないで、肌にやさしいという触れ込みを信じこんで、石鹸洗濯をやめようとしません。 2年ほど前から石鹸洗濯をはじめたみたいですが、以前使っていた洗濯機が、カビだらけになってしまい半年くらい前に洗濯機を買い換えるはめになりました。 この時に、石鹸洗濯に懲りてやめてくれるかと期待したのですが残念ながらいまだに石鹸洗濯を続けてます。 そろそろ新しい洗濯機もカビだらけになってきて洗濯物もなんだか、かび臭くてむせてしまいます。 そもそも、私は、ミヨシの液体そよ風自体の臭いもなんか石油溶剤のような臭いに感じて好きになれません。 ) 洗濯の仕方は冷たい残り湯をつかって普通に液体そよ風を投入して洗濯機を回してるだけです。 ヤフー知恵袋など見て勉強してくれればこんな洗濯のしかたがヤバイのはわかるはずなので、勉強してくれと知恵袋の良さそうな問答をプリントして見せようとしても、見てもくれません。 はっきりいって生半可な知識、気持ちで石鹸洗濯はしないほうがいいと思います、普通の使い方をするのならば、普通の合成洗剤のほうが、はるかに使いやすく、問題がおきるような事は、ほとんど無いと思います。 妻にしてみたら、子供のためにとか肌のためにとか考えて石鹸洗濯をしてるつもりなのでしょうが、洗濯機をカビだらけにしていたら本末転倒だと思います。 妻自身に石鹸洗濯のデメリットに気づかせる方法はないものでしょうか? なんとか妻に、石鹸洗濯をやめさせて、普通の合成洗剤を使わせる方法は無いものでしょうか? 補足yrk19890609さん。 ミヨシの液体そよ風の成分にもエタノールや、EDTA-4ナトリウムなど経皮毒の懸念対象となる物質が含まれてます。 石鹸洗濯に、こだわるのも結構ですが、たとえ毒性が弱いとしても、石鹸洗濯だから毒性はまったく無いと勘違いされない方が良いと思います。 私も、ある程度勉強してから質問させて頂いてますので、石鹸洗濯をしてらっしゃる人の理由もわかってるつもりです。 ちゃんと悪臭が出ないように面倒でも、石鹸を湯で泡立てたりそのほか色々な事をして、ちゃんと正しい石鹸洗濯の方法で、 洗濯してくれるのであれば、石鹸洗濯でも別に問題ないのですが、簡単な合成洗剤の洗濯方法しかしないのであれば、 合成洗剤を使ってほしいんです。 合成洗剤と同じ使い方で炭酸塩などの、助剤も使わず、石鹸洗剤を使ってる状況で、洗濯機がカビない方法なんてないと思います。 そもそも石鹸洗濯の作法を理解させようとしてもプリント一枚も読もうとしないので、困ってるんです。 今のところpremier9752さんがベターな回答だと思ってます。 もうしばらく待って他に回答もないようであればベストアンサーを 決めたいと思います。

次の

粉石鹸を食器洗いに使って半年経った感想と注意点!!(プリン石鹸にはしてません)

そよ風 洗剤

「無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」と「液体せっけんそよ風」どちらにするか どちらのせっけんにも液体せっけんと粉せっけんの2種類がありますがどちらかというと液体派なので迷わず液体を選びました。 粉せっけんは「ちょっと面倒かな」「粉がとけないかも」という心配もありました。 コツを知れば粉せっけんも使いやすいそうなのですが、ミヨシ石けん初心者なので、まずは使い慣れている液体から始めようと思いました。 液体せっけんで決まり、次は「無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」と「液体せっけんそよ風」のどちらにするか考えました。 「無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」は保育園でお仕事をしていた頃、保育園での洗濯ものはすべて「無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」で洗っていたので、その使い心地はよくわかっていました。 石けんなのにふんわり感もあり子供たちにも安心して使えるのは間違いないと思っていましたが、自宅で使う場合は洗濯=香りも楽しみたい!という気持ちがあったので優しいフローラルの香りがする「液体せっけんそよ風」を使ってみることにしました。 この2種類の液体せっけん、もう少し詳しく書いておきたいと思うので選ぶ時の参考にしてください。 2種類を比較 「無添加お肌のための洗濯用液体せっけん」 どんなボトルか気になる方はこちらからご覧いただけます。 くり返し洗ってもせんいを傷めることが少なく、液体なので溶け残りの心配もありません。 やわらかくふんわり洗い上げる無添加ですから、特にソフトに仕上げたい高級コットンや赤ちゃん用の肌着、敏感肌の方の肌着などをていねいに洗うのに適しています。 スズラン、ローズ、ジャスミンを香調とした、フローラルの豊かな香りが特長です。 ミヨシ石鹸の製品をお使いいただいている方みなさまが一番に望まれている、「安心、安全」をキーワードに洗浄成分を改良。 あとはお好みでしょうか・・・。 スポンサーリンク 液体石けんそよ風を使ってみた感想 石けんで洗濯する=ゴワゴワする・・・そういう心配もあるかと思いますがそれは感じませんでした。 素直に「あ~結構柔らかい仕上がりになるんだ」と思いました。 それと、香りですがとても優しい香りがふわっとします。 使い始めの頃は次男はミヨシの洗剤で、主人、私、長男は合成洗剤で洗っていました。 長男はバスケットをやっているためユニホームがいつも汗で大変なことになっているのと、主人の場合はおやじ臭が気になっていたからです。 次男だけにヨシミの洗剤を使っていたのですが、しばらくすると合成洗剤の香りがきつく感じ、雨の日など部屋干しすることができなくなりました。 今では家族全員分ミヨシの液体せっけんで洗うようになりました。 使って1か月、変化は感じませんが・・・ 使い始めてから約1か月。 まだお肌の変化は感じていません。 環境に優しくお肌に負担がなければその方が良いのです。 次男の首回り、股など衣類が密着しやすい箇所の目に見えた変化はないかもしれませんが、このままミヨシ石けんで洗濯していきたいと思います。 せっけんも使いたいけど香りも楽しみたい方に向いています。 せっけん初心者さんで不安な方は、まずこちらがオススメですよ。

次の

粉末せっけんのそよ風に変えても洗濯機に黒カビが発生する原因

そよ風 洗剤

成分名称 機能名称 水 機能維持成分 純石けん分(脂肪酸カリウム) 洗浄成分 純石けん分(脂肪酸ナトリウム) 洗浄成分 EDTA-4ナトリウム 洗浄力補助成分 エタノール 機能維持成分 炭酸水素カリウム pH調整成分 香料 着香成分 引用元: 洗浄成分は「せっけん」なので、とても安心できます。 さらにせっけんが使われているミヨシの「液体洗剤 そよ風」は 「弱アルカリ性」で洗浄力が強く、皮脂汚れやタンパク質汚れなどを落とすことを得意としています。 そんな事を知った私はそよ風の洗浄の力を試してみたく、こんな真っ黒で きちゃない 汚い 靴下を そのまま洗濯機に入れてみちゃいました(笑) 全体的に真っ黒だった汚れが落ちています! このようにミヨシの「そよ風」配合されている 成分は優しい成分&シンプルですが、汚れはしっかり落としてくれる、めちゃくちゃ仕事のできる洗剤なんです。 使用されてる成分と比較したら『液体洗剤 そよ風』の方が入ってる種類もだんぜん少ないですよね。 もちろん、だからと言って「さらさ」が悪!!というわけではありません。 実際に私は「さらさ」を3年くらい使ってましたからね。 コスパも良いし、においも嫌味がなくて大好きでした。 でも、『 液体洗剤 そよ風』を使うことによって、• ここまでで『 液体洗剤 そよ風』の成分の良さがわかりましたよね。 では今からコスパ面を見ていきましょう! ミヨシの「液体せっけん そよ風」のコスパはそんなに悪くない! 『 液体洗剤 そよ風』は安心できる成分で作られてるので、 他の合成洗剤系の洗濯洗剤と比べると価格が若干高めになってしまうのは仕方がないといえば仕方がありません。。 でもやっぱり主婦にとって「コスパ」はとっても大事!! という事で早速コスパを検証していきましょう。 これはわかりやすく洗濯の際の水量が30mlの場合で計算してますが、実際だと家族がいると洗濯量も必然的に増えますので、水量30mlで洗濯する事は少ないかな?と思います。 うちは4人家族ですが、いつもだいたい52mlと洗濯機に表示されてますね 上の表でいくと年間749円の差があるので、 4人家族設定で超ざっくりと計算すると(水の量を倍の60mlで考えます)年間差額は1498円。 ということは!! 年間約1500円多く払うだけで、このような人と環境に優しい洗剤が購入ができるということ!! これは機能性を考えたらすごーーくコスパが良いと思います! でも! ちょっとでもお買い得に買いたい!ってのが主婦の性。 という事で私は、 ネットで「まとめ買い」する!という技を使っています! そしてまとめ買いするなら 断然『amazonプライム会員』になってamazonで購入するのがおすすめです。 ミヨシの「液体せっけん そよ風」は柔軟剤いらず?その真相は? ミヨシの『 液体洗剤 そよ風』は柔軟剤ナシでも「ふわっ」とする、とネットの 口コミ くちこみでは言われています。 それについて、結論からいいましょう。 『液体洗剤 そよ風』単体使いではそんなにフワフワにはなりません。。 口コミ くちこみでは「柔軟剤なしでもふわふわ~」と多々見かけますが、何度洗ってみてもそこまで「フワフワ」にならず・・。 やり方が悪いのかな?と思い、洗剤の量をバッチシ量ってやってみても、そんなにフワフワにはなりませんでした。 という事で、 私の結論は 『 液体洗剤 そよ風』を使いたいけど、 洗濯物に「フワフワ感」を求める方は「柔軟剤」併用は必須 となりました。 ミヨシさんから「柔軟剤」が出てればいいのですが、出ていませんので 私は 「ラコルベイユ」という肌にも環境にもやさしい柔軟剤を使っています。

次の