ヘアオイル 人気 ランキング。 ヘアオイル人気おすすめランキング22選【潤いのある髪を手に入れる】

ヘアオイルおすすめ人気ランキング22選【プチプラ・髪質別やメンズ向けも!】

ヘアオイル 人気 ランキング

1.ヘアオイルの特徴 まずは、ヘアオイルの特徴について、次のポイントを見ていきましょう。 アウトバストリートメントとして使える• 保湿オイルとして使える• なりたい髪質やデザインができる アウトバストリートメントとして使える まず、として使えるヘアオイルを選びましょう。 アウトバストリートメントは、主にダメージから髪を守ったり、髪の表面を整えることを目的として作られています。 日常生活でのドライヤーやヘアアイロンから発する熱、またブラッシングによる摩擦、乾燥した環境などの影響から髪を守るための成分が配合されています。 タオルドライした後、ヘアオイルを髪に使うことでしっかり保護してくれます。 保湿オイルとして使える インバストリートメントは、髪の内部から毛髪補修成分を浸透させて、髪のダメージを補修していきます。 一方で、トリートメントで補給した栄養分を保湿効果で髪に留めてくれるのがヘアオイルです。 保湿効果が見込めるヘアオイルの種類は「植物性ヘアオイル」で、代表的なものに椿油、オリーブオイル、ホホバオイルなどがあります。 植物成分配合の度合いは、製品によって様々ありますが、基本的には天然由来のものなので髪や頭皮に優しい点が特徴です。 頭皮や髪全体に植物性ヘアオイルをなじませ、マッサージする「オイルパック」もできます。 これは、髪を潤して、頭皮の血行を良好にする効果が期待できます。 なりたい髪質やデザインができる ヘアオイルは「デザイン性」もポイントの1つとなります。 中村飛鳥さんコメント 自分がなりたい質感に合ったヘアオイルを選ぶことが大切です。 スタイリング剤を使用しなくても、ヘアオイルを活用してトリートメントが出来ますよ。 今では水みたいな天然成分のウォータータイプもありますよ。 参考:、 2.ヘアオイルの種類 ヘアオイルの成分は、大きく次の3つに分類されます。 植物性ヘアオイル• 動物性ヘアオイル• 鉱物性ヘアオイル 植物性ヘアオイル 植物性ヘアオイルに使われる原料は主に、植物の種子や果実から抽出されたオイルです。 植物由来成分は、髪や地肌に低刺激で、自然のやさしい香りか、無香料です。 鉱物等にアレルギーがある方や、天然由来のものにこだわりのある方に向いています。 製品の中には、植物成分の純度100%のものや、数種の植物性オイルが調合されたものなど、いろいろなものがあります。 では、植物性ヘアオイルに使用されている主な成分について、見ていきましょう。 椿オイル 日本で古くから、髪結いの鬢付け油として使われてきた植物性ヘアオイルの代表格が、椿オイルです。 椿オイルは、スタイリングになくてはならないものとして髪を保護し、美しい髪に必要な栄養を与え、長年重宝されてきました。 髪と頭皮どちらのケアもできて、匂いもなくべたつきません。 頭皮のマッサージオイルや洗い流さないトリートメント、毛先のオイルパックとして活用できる、ヘアケアのマルチオイルです。 オリーブオイル オリーブオイルを主成分とするヘアオイルは数多く製品化されていますが、純度100%のオリーブオイルをヘアオイルとして使うことができるのもご存知でしたか? 少量のオリーブオイルを手のひらに広げて、毛先につければ、パサつきが抑えられます。 シャンプー後のタオルドライした髪につけても、翌日はしっとりした髪で過ごせます。 オリーブオイルは、洗い流さないトリートメントの効果を発揮して、食べても、ヘアケアにも活用できる優秀なオイルです。 ホホバオイル アメリカ南部やメキシコなどの砂漠地帯に生息する多年草「ホホバ」。 その実や種子から抽出されるホホバオイルを、ネイティブアメリカンが髪やお肌を紫外線や乾燥から守るのに使っていたと言われています。 肌になじみやすく使い心地がさらっとしていて、べたつく感じがありません。 また、髪全体に馴染ませて、髪にうるおいを与えて保湿してくれます。 さらに、クレンジング効果もあるので、頭皮の汚れを落としてくれる優れものです。 少量のホホバオイルで頭皮をマッサージしてからシャンプーすると、汚れ落ちがよく、スッキリしますよ。 アルガンオイル アルガンオイルは、モロッコ南西部だけに生育するアルガンツリーの種子から抽出されるオイルです。 髪への栄養成分となるビタミンEが豊富なので、髪にツヤやコシを与えてくれます。 べたつきのないテクスチャーですので、ぜひ試していただきたい希少なヘアオイルです。 抜け毛、薄毛、白髪など多くのトラブルに効果が期待されるヘアオイルですから、頭皮マッサージに最適です。 また、髪へのコーティング効果も高いので、ドライヤーをかける前に使うとその良さがよく分かります。 外出時の強い日差しや紫外線などのダメージからも髪を守り、髪のしなやかさを保持してくれます。 動物性ヘアオイル 動物の皮下脂肪や内臓から抽出した油を原料とするのが、動物性ヘアオイルです。 馬油 画像: 馬の皮下脂肪やたてがみから採れる油を原料とします。 洗髪後の髪につけるだけで髪が潤いを保ち、しっとりするだけでなく、毛のくせやうねりも解消してくれる優れものです。 動物性のオイルは人肌になじみがよく、頭皮の乾燥防止や育毛のサポートにも効果があります。 健康な髪と頭皮に貢献してくれるヘアオイルです。 スクワラン スクワランオイルは、深海鮫の肝臓に含まれる不飽和脂肪酸「スクワレン」を原料とした天然の保湿成分です。 自然由来であってもスクワランオイルは酸化しにくく、髪や頭皮になじみやすい成分だと言われています。 髪全体に揉みこんでも、頭皮のマッサージにも、少量使用するだけで髪が生き生きしてきますよ。 鉱物性ヘアオイル 安価な市販のヘアオイルのほとんどが、鉱物性ヘアオイルとなります。 純度の高い鉱物油をベースにしたヘアオイルは、シリコンなどを配合して、よりコーティング効果を高めたものが多くなっています。 外部からの刺激で髪が痛むのを抑えてくれますので、髪の手触りがよくなり、なめらかさを実感できます。 特に痛みの激しい場合、紫外線やドライヤーの熱によるダメージを防ぐには、シリコンなどを配合したコーティング力が高いものを使うとよいでしょう。 主に毛先を中心につけることで、つや感が増し、髪のダメージを補修してくれます。 ただ、頭皮や髪の根元につけると落ちにくい場合もありますので注意が必要です。 ヘアオイルの関連記事• 半世紀以上、美容サロン用ヘア化粧品を専門に作り続けてきた『ミルボン社』。 その人気ヘアブランド『ディーセス エルジューダ』のヘアオイルは、サロンで仕上げたような扱いやすい髪へと導いてくれるヘアオイルです。 朝つけたら、一日中心地よい質感でいられるのも、髪本来のクオリティを高めてくれる品質にこだわったブランドだからです。 いずれも洗い流さないタイプですが、大きくは、ミルクタイプとオイルタイプに分かれます。 ・ミルクタイプのトリートメント(4種類) ・トリートメント成分が配合されているオイルタイプ(6種類) 『ディーセス エルジューダ』のヘアオイルシリーズは、「星の王子様」にも登場するバオバブの木からとれる「バオバブオイル」を採用しています。 キューティクルへ集中的に作用する性質があり、水分となじみながら髪の奥まで浸透し、髪への柔軟効果を発揮します。 堅い髪用、やわらかい髪用など、髪質や髪の状態に合わせて選ぶことができますから、ご自分の髪に合ったものを選んでください。 中村飛鳥さんレビュー 「ロレッタ」は、パッケージデザイン、香り・. 、天然素材の全てにこだわったヘアケアブランドです。 その代表商品である「ロレッタ ベースケアオイル」は、やさしいローズの香りとそれを彷彿とさせる、かわいいボトルが特徴です。 オイルトリートメントとして保湿効果が高く、しなやかな髪に仕上げてくれ、まとまりがよくなります。 「べたつかないのに、傷んでパサパサの髪がサラサラになった」「髪がなめらかな指感触に変わった」という方たちのレビューでも明らかなように、使い心地のよさが使い続ける理由のようです。 ロレッタ ベースケアオイルの詳細 メーカー ロレッタ 内容量 120ml 参考価格 2,860円(税込) 1mlあたりの値段 23. 8円 「モロッカンオイル トリートメント」は、アルガンオイルに最初に注目したパイオニア的ヘアオイルです。 アルガンオイルによる保湿効果が高く、髪のコンディショニングやスタイリング、フィニッシングにも使えます。 使い続けていくと、髪の指通りがよくなったことが実感できるはずです。 傷んだ髪質を改善してくれるので、長年愛用しているという方もレビューのなかにいらっしゃいます。 「ゴワゴワしてまとまりがなかった髪がしっとりスベスベになった」という方たちが、リピーターになっているようです。 モロッカンオイル トリートメントの詳細 メーカー モロッカンオイル 内容量 100ml 参考価格 4,080円(税込) 1mlあたりの値段 40. 8円 「ハホニコ ジュウロクユ」は、16種類の天然由来オイル配合で、髪をつややかに美しくするヘアオイルです。 アウトバストリートメントオイルとして、ドライヤーの熱から髪を守ります。 また、カラーやパーマなどでダメージを受けた髪を補修し、髪が痛むのを予防する効果もあります。 エンドユーザーの口コミで広がった商品だけあって、レビューでも、「他のヘアオイルを使うとこの製品のよさがよく分かる」と、根強いファンが多いようです。 「重厚なテクスチャーのわりに伸びがよく、サラッとした使い心地が気に入っている」というリピーターの声も上がっています。 ハホニコ ジュウロクユの詳細 メーカー ハホニコ 内容量 120ml 参考価格 4,180円(税込) 1mlあたりの値段 34. 8円 『ロレアルパリ エクストラオーディナリー オイル』は、全7種類。 細くて絡まりやすい髪から、ひどくパサつく髪まで、髪の状態に合わせて選ぶことができます。 仕上がり具合にも、サラサラかしっとりか、ツヤのレベルまでが製品ごとに分けられています。 適量を髪に馴染ませるだけで、スタイリングしやすくなりますよ。 レビューでも、「濃厚なのに髪に広がりやすく、サラサラになる」「髪ツヤと質感が蘇る」と、傷んだ髪の修復にも効果抜群なのが、よく分かりますね。 画像: ロレアルパリ エクストラオーディナリー オイル の詳細 メーカー ロレアルパリ 内容量 100ml 参考価格 2,090円(税込) 1mlあたりの値段 20. 9円 「ダイアン ボヌール シグネチャー オイル」は、品質にこだわったオーガニックヘアオイルです。 髪にすっと馴染むので、 素早く浸透して潤いを与えます。 軽い使い心地と仕上がりのツヤ感に、多くのファンがレビューでの高評価を与えています。 グラースローズの香りとオレンジフラワーの香りがありますので、お好みのフレグランスで選んでください。 ダイアン ボヌール シグネチャー オイルの詳細 メーカー ダイアン ボヌール 内容量 100ml 参考価格 2,189円(税込) 1mlあたりの値段 21. 8円 ヘアオイルの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、ヘアオイルのAmazonと楽天での売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の

ヘアオイルおすすめ9選|人気エリアの美容師が効果別にランキングで紹介!選び方や使い方も

ヘアオイル 人気 ランキング

ツヤ髪でストレスなく、楽しいヘアライフを手にいれましょう。 では、参ります。 目の粗いもので優しく梳きましょう。 髪質に合わせて使用量を調整しよう ヘアオイル2~3プッシュを手に馴染ませて髪につけるのですが、髪質によって自分で使用量を調節していきましょう。 例えば、猫っ毛の場合は多くつけすぎるとベタつくので、少量を毛先につけて全体に薄くなじませる。 逆に剛毛さんは多めの量をつけて、髪にしっとり感をだしてボリュームをおさえる。 などの工夫をしながらヘアオイルを使ってみてください。 使用量が多すぎたり、少なかったりすると思い通りの質感やヘアスタイルにできないことがあります。 NGな使い方はコレ!• 頭皮につける• ベッタリつける• 髪をとかずにつける ヘアオイルは頭皮につける必要はありません。 つけても意味がありません また、髪がベタベタにならないように少しずつ付けていくのがポイント。 髪が絡まっていると、ムラ付きになり綺麗に仕上がらないので、クシで髪をとかしてからつけるようにしてください。 【美容師がレクチャー】ヘアオイルでウェットスタイリングをしてみよう ヘアオイルをスタイリング剤として使いたい方のほとんどは、ウェットスタイリング 少し濡れたような髪 をしたいのではないでしょうか? 今回は、かわいくオシャレに決まるヘアオイルを使ったウェットスタイリングのやり方をご紹介します。 ボブであれば毛先を外ハネに、ミディアム~ロングならミックス巻きにしていきましょう。 オイルをつけるとカールが少しゆるくなりますので、強めに巻いていくとちょうど良いカールになります。 巻き終わったらオイルをつけていくのですが、ポイントは少しずつ付けていくこと。 一気につけてしまうとベタベタになってしまうことがありますので、何回かに分け、少しずつヘアオイルを髪につけていきます。 てっぺんのアホ毛が気になる方は、最後に手に残ったオイルで押さえるようにするといい感じにまとまります。 そして、皮脂に最も近いとされるケア成分がホホバ油やアルガンオイルなどですので、覚えておきましょう。 サッパリ系~甘い系まで色々な香りがありますので、自分の好きないい匂いのものを纏いましょう。 基本的に市販品は香りがキツめという特徴もお忘れなく。 いくらリペア成分が配合などと書かれていても、90%くらいはシリコンなんです。 シリコンでガチガチに髪をコーティングするなら市販品、レアオイル成分でケアしたいならある程度品質の高いものを選ぶことです。 ヘアオイルの知識は身につきましたか? それでは、美容師もおすすめするヘアオイルを紹介していきます。 おすすめのヘアオイルランキング 編集部ピックアップ 髪の美容液オイル「ラスティーク」 セラミドやアルガンオイル、ディープヒアルロン酸、プラセンタなどの成分を贅沢に使ったヘアケアでコスメ雑誌「UP」では美容液ヘアケア部門1位を獲得しています。 7と高評価です。 オイルとクリームのお得なセットで洗い流さないトリートメントとして以外にもスタイリングの仕上げに使うことも可能。 美容師も注目のアイテムです。 大容量120mlで約2~3ヵ月使うことが可能でコスパも良好!単品購入もありますし、定期購入ではさらに割引特典を使うことが可能です。 元々あまりくせがある髪質ではないのですが、パーマをかけていて、髪を伸ばしているので毛先のダメージ(広がり、枝毛)が気になるのが悩み。 髪の長さが胸のあたりまであるロングなので、傷みやすい毛先を中心に3~4滴くらいつけています。 このくらいの量だと、髪がべったりしすぎず、しっとりします。 そのあとはいつもどおり、ドライヤーで髪を乾かしてあげるだけで、さらさら、するするの髪になれました。 乾いた髪につけてもしっとりと指どおり、くしどおりのいい髪になってくれます。 髪がくしに引っかからずに、すーっととかせます。 乾いた髪につけるときは、タオルドライのときより少し多めの5~7滴くらいつけると、ちょうどよかったです。 ドライヤーで乾かす前に2プッシュ髪に塗り、いつも通り乾かします。 髪が広がることなく、まとまってデジタルパーマのウエーブが綺麗に出ます。 そして雨の日など髪が広がりやすいのですが 雨の日でも広がることが無くて感激でした。 年齢からくる髪のパサつきに悩んでいましたが 髪の毛が若返った感じ。 手触りもよくなりましたので、しばらくこちらの商品を リピートします。 伸びが良いので、何プッシュもしなくても十分です。 毛先のパサパサがだいぶなくなってきたし、切れ毛が気になっていたのがこのところなくなったのもこれのおかげだと思います。 香水の様なオリエンタルな香りもとっても気に入ってます。 ドライヤーの熱からも守ってくれます。 また全身に使えると教えて頂いたので、手や顔にも使うのですが、こちらもベタつかず、肌に吸い付くように馴染んでモチモチになります。 余計なものが入っていないので、敏感肌の私でも問題なく使えるオイルです。 基本朝シャンはしないので、夜髪を乾かす前につけてドライヤーをかけます。 その時は良さがわからないのですが、翌朝手グシのみでもOKなくらいまとまって寝癖もつきにくいです。 硬い多い太い、三拍子の私の髪もやわらかくしっとりまとまります。 重くならないので巻き髪の時もカールがつきやすくて毎日巻くので重宝しています。 髪を洗ったあと、タオルドライをし、半乾きくらいの状態でこちらを塗って、ドライヤーをしています。 自分の髪は細くて直毛なのですが、全くベタつかず、驚くほどさらさらになります。 また、柔らかいローズの良い香りで気分が上がります。 使った直後は少し香りが強いと感じるかもしれませんが、時間が立つにつれ気にならなくなるはずです。 自分はショートヘアなのでワンプッシュで足り、1本でかなり長持ちしそうです。 見た目の可愛らしさももちろんですが、使えば人気なことがわかる商品です。 つけ心地はベタつかずしっとり。 ドライヤー後もしっとりまとまる感じの仕上がりで、ダメージはもちろん乾燥するこの季節にもピッタリなトリートメントでした。 日差しが強くない日に使うので、減りが遅いです。 値段は高いけど。 他のオイルも使ってみて、また戻ってくるかもしれません。 引用元: 編集部おすすめのヘアオイルランキング ベスト3 1、ラサーナ海藻ヘアオイル 日本一売れている洗い流さないトリートメントとして有名な商品。 水を一切使わない美容オイルのかたまりで、くせ毛をおさめたり、髪のぱさつきを改善するのに特化しています。 アットコスメでも評価も高く、お試しできる点も高ポイント。 総合的にもNo. 1と評価させていただきました。 >> 2、ミルボン エルジューダ 美容院でも販売されているヘアオイル。 ミルボンは有名なサロン専売品ブランドであり、開発される商品すべてがプロ仕様です。 最近では、ドン・キホーテやドラッグストア、東急ハンズなどにも流通していますので、市販で手軽購入できるようになっています。 サラサラタイプのFOオイル• しっとりタイプのMOオイル• さらにしっとりタイプのオイルクリーム など種類がたくさんあり、自分に髪に合ったものを選べます。 >> 3、ラスティーク やっぱり同じ美容師がオススメしているというのがポイントで選出。 7と高評価。 オイルとクリームがセットになっていて、1本あたり約1700円ほどと、サロンブランドの商品よりも500円ほど安くて購入しやすいかと思います。 >> まとめ いかがでしたか? 自分にあったヘアオイルは見つかりましたでしょうか? 一口にヘアオイルと言ってもサラサラタイプ~しっとりタイプまであり、自分の髪質に合わせて選ぶことが大切。 春夏は髪の日焼け止め代わりに、秋冬は髪の乾燥対策に活躍してくれます。 ぜひ、ヘアオイルでサラツヤ髪をキープしていきましょう。 美容師のシャンプー&トリートメントランキング.

次の

<美容師厳選>ヘアオイルおすすめ人気ランキング♡香り・保湿・質感で心身潤い効果

ヘアオイル 人気 ランキング

ツヤ髪でストレスなく、楽しいヘアライフを手にいれましょう。 では、参ります。 目の粗いもので優しく梳きましょう。 髪質に合わせて使用量を調整しよう ヘアオイル2~3プッシュを手に馴染ませて髪につけるのですが、髪質によって自分で使用量を調節していきましょう。 例えば、猫っ毛の場合は多くつけすぎるとベタつくので、少量を毛先につけて全体に薄くなじませる。 逆に剛毛さんは多めの量をつけて、髪にしっとり感をだしてボリュームをおさえる。 などの工夫をしながらヘアオイルを使ってみてください。 使用量が多すぎたり、少なかったりすると思い通りの質感やヘアスタイルにできないことがあります。 NGな使い方はコレ!• 頭皮につける• ベッタリつける• 髪をとかずにつける ヘアオイルは頭皮につける必要はありません。 つけても意味がありません また、髪がベタベタにならないように少しずつ付けていくのがポイント。 髪が絡まっていると、ムラ付きになり綺麗に仕上がらないので、クシで髪をとかしてからつけるようにしてください。 【美容師がレクチャー】ヘアオイルでウェットスタイリングをしてみよう ヘアオイルをスタイリング剤として使いたい方のほとんどは、ウェットスタイリング 少し濡れたような髪 をしたいのではないでしょうか? 今回は、かわいくオシャレに決まるヘアオイルを使ったウェットスタイリングのやり方をご紹介します。 ボブであれば毛先を外ハネに、ミディアム~ロングならミックス巻きにしていきましょう。 オイルをつけるとカールが少しゆるくなりますので、強めに巻いていくとちょうど良いカールになります。 巻き終わったらオイルをつけていくのですが、ポイントは少しずつ付けていくこと。 一気につけてしまうとベタベタになってしまうことがありますので、何回かに分け、少しずつヘアオイルを髪につけていきます。 てっぺんのアホ毛が気になる方は、最後に手に残ったオイルで押さえるようにするといい感じにまとまります。 そして、皮脂に最も近いとされるケア成分がホホバ油やアルガンオイルなどですので、覚えておきましょう。 サッパリ系~甘い系まで色々な香りがありますので、自分の好きないい匂いのものを纏いましょう。 基本的に市販品は香りがキツめという特徴もお忘れなく。 いくらリペア成分が配合などと書かれていても、90%くらいはシリコンなんです。 シリコンでガチガチに髪をコーティングするなら市販品、レアオイル成分でケアしたいならある程度品質の高いものを選ぶことです。 ヘアオイルの知識は身につきましたか? それでは、美容師もおすすめするヘアオイルを紹介していきます。 おすすめのヘアオイルランキング 編集部ピックアップ 髪の美容液オイル「ラスティーク」 セラミドやアルガンオイル、ディープヒアルロン酸、プラセンタなどの成分を贅沢に使ったヘアケアでコスメ雑誌「UP」では美容液ヘアケア部門1位を獲得しています。 7と高評価です。 オイルとクリームのお得なセットで洗い流さないトリートメントとして以外にもスタイリングの仕上げに使うことも可能。 美容師も注目のアイテムです。 大容量120mlで約2~3ヵ月使うことが可能でコスパも良好!単品購入もありますし、定期購入ではさらに割引特典を使うことが可能です。 元々あまりくせがある髪質ではないのですが、パーマをかけていて、髪を伸ばしているので毛先のダメージ(広がり、枝毛)が気になるのが悩み。 髪の長さが胸のあたりまであるロングなので、傷みやすい毛先を中心に3~4滴くらいつけています。 このくらいの量だと、髪がべったりしすぎず、しっとりします。 そのあとはいつもどおり、ドライヤーで髪を乾かしてあげるだけで、さらさら、するするの髪になれました。 乾いた髪につけてもしっとりと指どおり、くしどおりのいい髪になってくれます。 髪がくしに引っかからずに、すーっととかせます。 乾いた髪につけるときは、タオルドライのときより少し多めの5~7滴くらいつけると、ちょうどよかったです。 ドライヤーで乾かす前に2プッシュ髪に塗り、いつも通り乾かします。 髪が広がることなく、まとまってデジタルパーマのウエーブが綺麗に出ます。 そして雨の日など髪が広がりやすいのですが 雨の日でも広がることが無くて感激でした。 年齢からくる髪のパサつきに悩んでいましたが 髪の毛が若返った感じ。 手触りもよくなりましたので、しばらくこちらの商品を リピートします。 伸びが良いので、何プッシュもしなくても十分です。 毛先のパサパサがだいぶなくなってきたし、切れ毛が気になっていたのがこのところなくなったのもこれのおかげだと思います。 香水の様なオリエンタルな香りもとっても気に入ってます。 ドライヤーの熱からも守ってくれます。 また全身に使えると教えて頂いたので、手や顔にも使うのですが、こちらもベタつかず、肌に吸い付くように馴染んでモチモチになります。 余計なものが入っていないので、敏感肌の私でも問題なく使えるオイルです。 基本朝シャンはしないので、夜髪を乾かす前につけてドライヤーをかけます。 その時は良さがわからないのですが、翌朝手グシのみでもOKなくらいまとまって寝癖もつきにくいです。 硬い多い太い、三拍子の私の髪もやわらかくしっとりまとまります。 重くならないので巻き髪の時もカールがつきやすくて毎日巻くので重宝しています。 髪を洗ったあと、タオルドライをし、半乾きくらいの状態でこちらを塗って、ドライヤーをしています。 自分の髪は細くて直毛なのですが、全くベタつかず、驚くほどさらさらになります。 また、柔らかいローズの良い香りで気分が上がります。 使った直後は少し香りが強いと感じるかもしれませんが、時間が立つにつれ気にならなくなるはずです。 自分はショートヘアなのでワンプッシュで足り、1本でかなり長持ちしそうです。 見た目の可愛らしさももちろんですが、使えば人気なことがわかる商品です。 つけ心地はベタつかずしっとり。 ドライヤー後もしっとりまとまる感じの仕上がりで、ダメージはもちろん乾燥するこの季節にもピッタリなトリートメントでした。 日差しが強くない日に使うので、減りが遅いです。 値段は高いけど。 他のオイルも使ってみて、また戻ってくるかもしれません。 引用元: 編集部おすすめのヘアオイルランキング ベスト3 1、ラサーナ海藻ヘアオイル 日本一売れている洗い流さないトリートメントとして有名な商品。 水を一切使わない美容オイルのかたまりで、くせ毛をおさめたり、髪のぱさつきを改善するのに特化しています。 アットコスメでも評価も高く、お試しできる点も高ポイント。 総合的にもNo. 1と評価させていただきました。 >> 2、ミルボン エルジューダ 美容院でも販売されているヘアオイル。 ミルボンは有名なサロン専売品ブランドであり、開発される商品すべてがプロ仕様です。 最近では、ドン・キホーテやドラッグストア、東急ハンズなどにも流通していますので、市販で手軽購入できるようになっています。 サラサラタイプのFOオイル• しっとりタイプのMOオイル• さらにしっとりタイプのオイルクリーム など種類がたくさんあり、自分に髪に合ったものを選べます。 >> 3、ラスティーク やっぱり同じ美容師がオススメしているというのがポイントで選出。 7と高評価。 オイルとクリームがセットになっていて、1本あたり約1700円ほどと、サロンブランドの商品よりも500円ほど安くて購入しやすいかと思います。 >> まとめ いかがでしたか? 自分にあったヘアオイルは見つかりましたでしょうか? 一口にヘアオイルと言ってもサラサラタイプ~しっとりタイプまであり、自分の髪質に合わせて選ぶことが大切。 春夏は髪の日焼け止め代わりに、秋冬は髪の乾燥対策に活躍してくれます。 ぜひ、ヘアオイルでサラツヤ髪をキープしていきましょう。 美容師のシャンプー&トリートメントランキング.

次の