ムゲンダイナ 実数値。 【ポケモンソードシールド】伝説ポケモンの厳選方法と一覧

ムゲンダイナ (むげんだいな)とは【ピクシブ百科事典】

ムゲンダイナ 実数値

/レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 2回使うと『もうどく』状態になる。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンは効果を受けない。 『どく』タイプのポケモンが出ると効果がなくなる。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。

次の

【ポケモン剣盾】素早さ実数値早見表【ポケモンソードシールド】

ムゲンダイナ 実数値

デッキのコンセプト こんにちは!ついに6月5日に新発売される拡張パック「ムゲンゾーン」の情報が出ましたね。 今回、ポケットラインでは、ムゲンゾーンに収録されているムゲンダイナVmaxに注目したデッキを紹介したいと思います。 ムゲンダイナVmaxは特性ムゲンゾーンでベンチを拡張し、技「ドレッドエンド」で大ダメージを出すという、XYの白レックやSMのゾロアークデッキなどをの強いデッキを彷彿させるカードですが、その力を最大限に活かすには、場のポケモンが悪タイプ限定というユニークな縛りを持っているため、デッキにデデンネGXやジラーチなど協力なサポートポケモンを入れることができないデッキとなっています。 そこで、悪タイプで展開することで強いドクロッグダストダスと組ませることによって、相手を毒にすることで、やや不足気味な打点を補うと同時にムゲンダイナの能力を最大限に活かすデッキです。 個別解説 ムゲンダイナ このデッキのメインアタッカーで、技ドレッドエンドはエネルギー2つで最大で270ダメージを叩き出すことができ、かつ耐久面もHP340と最上位クラスの硬さを誇ります。 ただし、技の都合上ベンチを並べないと打点が伸びにくい為、アカギやジュジュぺ&ハチクマンに対し弱さをみせるところもあったり、相手のエリカのおもてなしのバリューを上げてしまうことがあるので、相手のデッキの回転よりも大きくデッキを展開することが重要です。 クロバット このデッキのエンジンで、デデンネGXやジラーチを採用できず、ドローしにくいデッキの頼れるカードとなっています。 ただしHP180とVにしては低めに設定されている為、ボスの指令の対象になりやすく、特性ナイトアセットは最大6枚ドローができますが、ターン1回制限があるので、このポケモンをいかに上手く使うかが鍵となっています。 ドクロッグ 打点調整の為のカードで、毒のダメージを増やすという良い特性を持っています。 ドクロッグ3体とダストダス1体を並べ、ベンチを8体並べる事により、ムゲンダイナのドレッドエンドを使う事で1ターンに340ダメージを出すことができ、相手のムゲンダイナVmaxやヒート炎エネルギー1枚貼ったマルヤクデVmaxを倒すことができます。 またムゲンダイナVmaxの攻撃が効かないザマゼンタVに対しても、クロバットVのどくのキバ2回とドクロッグ2体で倒す事ができます。 ダストダス 毒要員で、ドクロッグの特性ポイズンアップの影響を受けることができます。 今回、指令ケアとサイド落ちケアを兼ねて3枚にしましたが、ハンドで腐りやすかったり、事故が多い場合は減らしてもいいでしょう。 スーパーボール デッキのポケモンの枚数と相性が良く、1枚でポケモン1枚になる可能性が高いカードです。 運要素が絡みますが、並べたいポケモンの種類が多い為、先に打つことで自然と盤面展開のハードルを下げることができます。 ツールスクラッパー 重要なメタカードです。 特性に頼るデッキの為、主に相手の隠密フードで毒のダメージを無力化されてしまうのを防ぐ為に打ちます。 また、終盤にリセットスタンプと合わせることによって相手の要求値を上げたり、大きなお守りを剥がしてダメージを調整したりと、ゲームの中終盤で活躍します。 デッキの基本の回し方 ムゲンダイナVmaxで主に戦うため、先行を選びます。 先行での目指す盤面は、前1体+エネがついたムゲンダイナ+ヤブクロン+クロバットを目標にしましょう。 また、相手がジラーチなど小物を前においてくれそうな場合ドレッドエンド90で倒せるので、無理せず展開しましょう。 後攻の場合も同じで展開しますが、パワーアクセルを打つかは相手によって変えましょう。 中盤、終盤はサイドレースを気にしながら、ムゲンダイナのドレッドエンドをうち、ムゲンダイナの体力340で受けるか、他のポケモンを前に出しながら毒ダメージを稼ぐか選択していきます。 毒にする特性を受けない隠密フードや打点調整の大きなお守りなどを優先的にツールスクラッパーで破壊したり、特殊異常無効化を持つコバルオンGXなどに対してボスの指令を打てるように立ち回ることを心がけましょう。

次の

【ネタ記事】三峰結華とムゲンダイナ、結局どっちが強いの?徹底比較!

ムゲンダイナ 実数値

デッキのコンセプト こんにちは!ついに6月5日に新発売される拡張パック「ムゲンゾーン」の情報が出ましたね。 今回、ポケットラインでは、ムゲンゾーンに収録されているムゲンダイナVmaxに注目したデッキを紹介したいと思います。 ムゲンダイナVmaxは特性ムゲンゾーンでベンチを拡張し、技「ドレッドエンド」で大ダメージを出すという、XYの白レックやSMのゾロアークデッキなどをの強いデッキを彷彿させるカードですが、その力を最大限に活かすには、場のポケモンが悪タイプ限定というユニークな縛りを持っているため、デッキにデデンネGXやジラーチなど協力なサポートポケモンを入れることができないデッキとなっています。 そこで、悪タイプで展開することで強いドクロッグダストダスと組ませることによって、相手を毒にすることで、やや不足気味な打点を補うと同時にムゲンダイナの能力を最大限に活かすデッキです。 個別解説 ムゲンダイナ このデッキのメインアタッカーで、技ドレッドエンドはエネルギー2つで最大で270ダメージを叩き出すことができ、かつ耐久面もHP340と最上位クラスの硬さを誇ります。 ただし、技の都合上ベンチを並べないと打点が伸びにくい為、アカギやジュジュぺ&ハチクマンに対し弱さをみせるところもあったり、相手のエリカのおもてなしのバリューを上げてしまうことがあるので、相手のデッキの回転よりも大きくデッキを展開することが重要です。 クロバット このデッキのエンジンで、デデンネGXやジラーチを採用できず、ドローしにくいデッキの頼れるカードとなっています。 ただしHP180とVにしては低めに設定されている為、ボスの指令の対象になりやすく、特性ナイトアセットは最大6枚ドローができますが、ターン1回制限があるので、このポケモンをいかに上手く使うかが鍵となっています。 ドクロッグ 打点調整の為のカードで、毒のダメージを増やすという良い特性を持っています。 ドクロッグ3体とダストダス1体を並べ、ベンチを8体並べる事により、ムゲンダイナのドレッドエンドを使う事で1ターンに340ダメージを出すことができ、相手のムゲンダイナVmaxやヒート炎エネルギー1枚貼ったマルヤクデVmaxを倒すことができます。 またムゲンダイナVmaxの攻撃が効かないザマゼンタVに対しても、クロバットVのどくのキバ2回とドクロッグ2体で倒す事ができます。 ダストダス 毒要員で、ドクロッグの特性ポイズンアップの影響を受けることができます。 今回、指令ケアとサイド落ちケアを兼ねて3枚にしましたが、ハンドで腐りやすかったり、事故が多い場合は減らしてもいいでしょう。 スーパーボール デッキのポケモンの枚数と相性が良く、1枚でポケモン1枚になる可能性が高いカードです。 運要素が絡みますが、並べたいポケモンの種類が多い為、先に打つことで自然と盤面展開のハードルを下げることができます。 ツールスクラッパー 重要なメタカードです。 特性に頼るデッキの為、主に相手の隠密フードで毒のダメージを無力化されてしまうのを防ぐ為に打ちます。 また、終盤にリセットスタンプと合わせることによって相手の要求値を上げたり、大きなお守りを剥がしてダメージを調整したりと、ゲームの中終盤で活躍します。 デッキの基本の回し方 ムゲンダイナVmaxで主に戦うため、先行を選びます。 先行での目指す盤面は、前1体+エネがついたムゲンダイナ+ヤブクロン+クロバットを目標にしましょう。 また、相手がジラーチなど小物を前においてくれそうな場合ドレッドエンド90で倒せるので、無理せず展開しましょう。 後攻の場合も同じで展開しますが、パワーアクセルを打つかは相手によって変えましょう。 中盤、終盤はサイドレースを気にしながら、ムゲンダイナのドレッドエンドをうち、ムゲンダイナの体力340で受けるか、他のポケモンを前に出しながら毒ダメージを稼ぐか選択していきます。 毒にする特性を受けない隠密フードや打点調整の大きなお守りなどを優先的にツールスクラッパーで破壊したり、特殊異常無効化を持つコバルオンGXなどに対してボスの指令を打てるように立ち回ることを心がけましょう。

次の