国交 省 洪水 浸水 想定 区域。 洪水・土砂災害ハザードマップ|能美市

国交省、利根川水系19河川で、想定最大規模の洪水浸水区域図を発表

国交 省 洪水 浸水 想定 区域

『能美市洪水・土砂災害ハザードマップ』は、避難するために必要な浸水情報、土砂災害(特別)警戒区域、避難場所などの各種情報をまとめたものです。 市民のみなさまには災害に備えていただくため、ご家庭や学校、職場などの周辺がどのような状況になるのか把握し、日頃から避難場所や避難経路を確認しておきましょう。 浸水想定区域について 国や石川県が公表した想定しうる最大規模の降雨により、手取川、梯川、八丁川、鍋谷川が氾濫した場合の、 それぞれの浸水範囲および浸水深さを重ね合わせた最大の状況を表示しています。 浸水の予想される区域およびその程度は、雨の降り方や土地の変化、河川の整備状況などにより変化することがあり、地図に示した区域以外も浸水することがあります。 土砂災害(特別)警戒区域について 石川県が指定した土砂災害(特別)警戒区域をもとに表示しています。 雨の降り方や土地の形状によっては、地図に示した区域以外も土砂災害が発生する可能性があります。 能美市洪水・土砂災害ハザードマップ ダウンロード 能美市全域 根上地区 寺井地区 辰口地区 宮竹地区 和気地区 能美市わがまちガイドマップ 能美市が公開している能美市わがまちガイドマップでも、浸水想定区域及び土砂災害(特別)警戒区域を閲覧できます。 住所や郵便番号から情報を検索できますので、PDF版と合わせて活用して下さい。 にアクセス• ページ上部の「防災情報」をクリック• 閲覧したい箇所を住所や郵便番号で検索 防災ガイドブックについて 防災ガイドブックとは、洪水・土砂災害ハザードマップのほか、日頃からの備えや災害発生時に役立つ情報を掲載している冊子です。 能美市では防災ガイドブックを市内全てのご家庭に配布しているほか、でも公開しています.

次の

新潟県内の洪水浸水想定区域図

国交 省 洪水 浸水 想定 区域

近年、集中豪雨等による水害が頻発しており、短時間で河川が増水したり、堤防が決壊して甚大な被害が発生する事例も増えてきています。 洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 また、これと合わせ、当該河川の洪水防御に関する計画の基本となる降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及び浸水した場合に想定される水深についても公表することとしています。 さらに、平成27年9月関東・東北豪雨においては、堤防決壊に伴う氾濫流により家屋が倒壊・流出したことや多数の孤立者が発生したことを踏まえ、住民等に対し、家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)を公表することとしています。 一方、市町村では、浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項等を記載したを作成し、印刷物の配布やインターネット等により、住民の方々に周知しています。 また、浸水想定区域内にあり、洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保又は洪水時の浸水の防止を図る必要がある施設として市町村地域防災計画に名称及び所在地を記載された地下街等、要配慮者利用施設(社会福祉施設、学校、医療施設その他の主として防災上の配慮を要する者が利用する施設)、大規模工場等については、避難確保・浸水防止計画等の作成、訓練の実施、自衛水防組織の設置等を行うこととされており、市町村からは当該施設の所有者又は管理者及び自衛水防組織の構成員に洪水予報等が直接伝達されます。 ここでは、国土交通省及び都道府県が公表している洪水浸水想定区域図に関する情報と、市町村が作成した洪水ハザードマップ等に関する情報を掲載しております。 洪水氾濫等によりどのような浸水被害が想定されるのかについて事前に認識を深めていただき、出水時の水防活動や避難行動等に活用していただきたいと考えております。 詳しくは、市町村から配布またはホームページ等で公表されているや、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図にてご確認をお願いします。 PDF 125KB• PDF 107KB• PDF 119KB• (PDF:78KB)• PDF 4. 07MB• PDF 5. 19MB• PDF 6. 4MB• PDF 2. 6MB• PDF 5. 6MB• PDF 2. 3MB.

次の

洪水浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

国交 省 洪水 浸水 想定 区域

2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日 本サイトのバナーはです。 ご自由にご活用ください。

次の