ボヘミアンラプソディー歌詞。 Queen

Queen

ボヘミアンラプソディー歌詞

プラチナム チャート最高順位• 1位(イギリス)• 概要 [ ] クイーンの4枚目のアルバム『』に収録。 製作初期段階では16分の長さであった。 演奏時間は約6分 と長すぎるために、内部で議論となったが、同年にそのままカットされ 、世界中で大ヒットした。 本国イギリスのでは9週連続1位を獲得、の誌では、4月24日に週間最高9位を獲得。 ビルボード誌1976年年間ランキングは18位。 では163位。 現在この曲はイギリスでは、の『』、の『ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス? 』に次ぐ歴代3位のセールスを記録している。 クイーンの楽曲としては珍しく、歌詞中にタイトル(Bohemian Rhapsody)が一切登場しない。 同時にも製作された。 明確な意味でのプロモーションビデオとしては世界初と言われる。 また、TV出演のスケジュールが合わなかったため急遽制作され、出演できないかわりにこのビデオを流した。 撮影は約2時間で終了した。 その視覚的重要性を、当時の業界関係者や、他のらに認識させることとなった。 さらに、合併症が元でフレディが死去した直後のには映画『』の挿入歌として再びヒットし、同じく多くの国々で1位となる。 この時の印税は、エイズ基金などの研究機関や関係慈善団体などに寄付された。 曲構成 [ ] 曲の構成は冒頭から順に• バラードである2. の延長 となっている。 ヒットしたためにステージでのライヴ演奏が要求されたが、バンドのメンバー4人だけでの通奏や完全再現は不可能であった。 初期のステージでは分割した形で、2. と 4. とをそれぞれ、別々の曲と組み合わせた、形式として演奏された。 その後、中期以降においては、ほぼ1曲通して演奏されることとなったが、1. は省略して、2. のイントロ相当部分のの繰り返し、ないしは独自のピアノ部分を、冒頭に付加して行われた。 はテープのみを流し、その間に、衣装を変えて再登場して4. 以降をライヴ演奏するなどの視覚的効果も加えられた。 に行われたでは、1曲目として2. のみが演奏され、ブライアンによるギターソロからそのまま流れるように次の曲である「」に移った。 のステージでは、1. は省略、2. は存命時のライヴのヴォーカル・トラックに合わせた演奏(スクリーンにもフレディの姿が映し出された)、3. はテープ、4. 以降も加わるという構成だった。 のステージでは、1. は省略、2. は1番は、2番はアーカイブ映像によるフレディ、3. はテープ、4. は再びアダム、5. はフレディとアダムのデュエットという構成になっている。 関係スタッフの証言によると、この曲の録音は、24トラックレコーダーを使用して行われた。 放送のドキュメンタリー「ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」 ではマスターテープの実物が画面に映し出され、24トラックとの解説が行われている。 (当時は16トラック録音が主体であった )。 キーポイントでもあり、ライヴ再現での最大の障害ともなっている 3. のの録音は、、、、等のバッキング・トラック、フレディのリードと、ミックスされないのトラックを除く残りのトラックに、フレディ・マーキュリー、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの3人が何度もすることによって、約200人位の「声の効果」を出そうとしたものであり、実際にそれくらいの声が重ねられている。 またダビングのし過ぎでテープが劣化し、テープを明かりに翳すと光が漏れて見えていたというエピソードが残されている。 このエピソードは、に公開されたでも触れられている。 歌詞はかなり謎めいているが、フレディはこれらに対して歌詞の意味を答えたことがない。 人を撃ち殺した男が逃亡を図るという点で言えばに似ている。 担当 [ ]• - 、、、(中音域)• - 、オペラティック・ボーカル(低音域)• - 、、、オペラティック・ボーカル(高音域)• - プロモーション・ビデオ [ ] 世界初と言われる プロモーション・ビデオは、序盤と終盤は演奏シーンで、冒頭と中盤のオペラ部分ではメンバーが『』のジャケットを彷彿とする暗闇の中で歌うというミステリアスな世界観が描き出されている。 このプロモーション・ビデオは音楽界に衝撃を与え、多くのパロディ作品が作成された。 メンバーが暗闇の中で並んでいるシーンはもはやクイーンの代名詞的な存在となり、「」や「」などのクイーンの楽曲のの一部にも登場している。 後述のとおり、にYouTubeでのビデオの再生回数が10億回を突破し、それを記念して従来のものと同じURLでプロモーション・ビデオのリマスター・バージョンが公開された。 記録 [ ] にはを発行している社が3万1000人以上から取った「英国史上最高のシングル曲は? 」というアンケートの結果、「」()や「」「」()を抑えて1位になり 、授賞式にはロジャーとブライアンが出席した。 その後、にはを受賞 し、にはやなどのストリーミングサービスでの再生回数が16億回に到達し、20世紀に発表された楽曲の中で全世界で最もストリーミング再生された楽曲となった。 には YouTubeで、ビデオの再生回数が10億回を突破。 1990年より前のビデオとしては初の快挙。 シングル収録曲 [ ] 1975年盤 [ ]• ボヘミアン・ラプソディ - Bohemian Rhapsody• - 1991年盤 イギリス・日本のみ [ ]• ボヘミアン・ラプソディ - Bohemian Rhapsody Mercury• - 2000年盤 日本のみ [ ]• ボヘミアン・ラプソディ - Bohemian Rhapsody Mercury• バラード部分はエルトン・ジョン、ロック部分はアクセル・ローズが歌い、最後にエルトンとアクセルが一緒に歌うという構成。 日本ではのヴォーカリストのが、『』『』などのTV出演時に独唱でこの曲を歌っている。 また、は『』のコーナー「」で『』とさせている(バラード以降のダイジェストをで構成)。 このコーナーではPVの映像を演出に至るまで丁寧に再現している。 1980年代• が1987年にブライアン・メイのプロデュースでパロディ・バージョンとしてカバーしている。 が1988年のアルバム『』でカバーしている。 1990年代• が1993年のアルバム『』でバージョンの「Bohemian Polka」を歌っている。 トルヴェール・クヮルテット(サクソフォン四重奏団)が1994年のアルバム「イノセント・ドールズ」でカバーしている。 が1995年のアルバム『』のメドレー曲「The Big Medley」でカバーしている。 とが1997年のアルバム『』でカバーしている。 が1998年のコンサートツアーでカバーしている。 2000年代• が2000年のアルバム『』でカバーしている。 が2000年に3本による演奏でカバーしている。 が2002年のアルバム『リプライズ 〜ザ・ヴォイス3』でカバーしている。 が2005年のアルバム『』でカバーしている。 が2005年のアルバム『』でカバーしている。 ミュージカル「」のキャストのコンスタンチン・マルーラが2005年のアルバム『』でカバーしている。 が2005年の武道館におけるライブででカバーし、その後、のバラエティー番組などでも披露している。 が2006年のアルバム『Ukulele Kurikocer』に収録 。• が2007年に動画でカバーしている。 が2007年からアコースティックでのカバーを披露している。 が2008年のアルバム『』でカバーしている。 が2008年のアルバム『Rajaton sings Queen with Lahti Symphony Orchestra』でのでカバーしている。 が2009年にアルバム『ファンハウス』のツアーでカバーし、のちにDVD『』に収録。 2010年代• が2010年のアルバム『』でカバーしている。 が2010年のアルバム『』でのでカバーしている。 が2011年のアルバム『』でカバーしている。 が2013年の『』でカバーしている。 が2014年の「The Gospel Tour」でカバーし、2016年の映画『』のサウンドトラックに収録。 が2015年の企画でカバーし、映像を公開している。 が発売『』でカバー。 Nightwalkがに発表した『Early Covers』でカバーしている。 Spotifyのみ• に放送された『』で本作がカバー演奏された。 2019年、には、で開催された「氷川きよしスペシャルコンサート2019〜きよしこの夜Vol. 19〜」で日本語詞でカバー。 訳詞はクイーンとも交流があるが手がけており、メンバーが日本語でのカバーに対して正式に許可している。 2020年代• が、2020年4月19日に発売したシングル「Moonbase」のカップリングでカバー。 楽曲が使用された作品 [ ] TV作品• 劇場予告編• 2014年• 2016年 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• NHK BS 世紀を刻んだ歌・ボヘミアン・ラプソディ殺人事件(2002年4月10日)元クイーン担当プロモーター談• Horton, Matthew 2015年6月24日. 2019年4月7日閲覧。 Corn, John 2005. Britain Since 1948. Folens Publishers. NHK BS 世紀を刻んだ歌・ボヘミアン・ラプソディ殺人事件(2002年4月10日)出演:• Directed by Matthew Longfellow 2006年3月21日. DVD. Classic Albums. 2018年12月22日閲覧。 Queen Songs. info. Retrieved 22 December 2018• Queen Songs. info. Retrieved 22 December 2018• グレッグ・ブルックス 『フレディ・マーキュリーア・ライフ、イン・ヒズ・オウン・ワーズ』、シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年、• New Music Limited. 2019年8月13日. 2019年8月14日閲覧。 、CNN. jp、2002年5月9日。 (のキャッシュ)• Grammy. com 2004年. 2013年3月14日時点のよりアーカイブ。 2018年12月22日閲覧。 uDiscoverMusicJP. 2018年12月11日. 2018年12月22日閲覧。 Thompson, Simon. Forbes. 2018年12月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月23日. 2019年8月10日閲覧。 25 5. 1 May 1976. 2010年6月23日閲覧。. " in Dutch. 2018年11月11日閲覧。 2011年5月11日閲覧。 Everyhit. 2011年5月28日閲覧。 2010年8月13日時点のよりアーカイブ。 2010年7月30日閲覧。 Everyhit. 2011年5月28日閲覧。 Italian. 2012年12月20日閲覧。 Select Online in the field Sezione. Enter Queen in the field Filtra. The certification will load automatically• Enter Bohemian Rhapsody in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select ' in the field By Award. Click Search• 6 September 2010. 2012年6月6日閲覧。. 2012年3月22日閲覧。 If necessary, click Advanced , then click Format , then select Single , then click SEARCH• Grein, Paul 2011年10月5日. Yahoo! Music. 2012年5月10日閲覧。 『Ukulele Kurikocer』• 2019年12月9日. 2020年1月5日閲覧。 劇場上映版予告編のみ。 関連項目 [ ]• - ラプソディの定義・解説• - 「異邦人」の著者• - による、ボヘミアン・ラプソディの作品「DNA狂詩曲」を収録• - 歌詞の中に登場する悪魔 外部リンク [ ]• Official videos:• with and•

次の

Bohemian Rhapsody 歌詞「Queen」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ボヘミアンラプソディー歌詞

「ボヘミアン・ラプソディー」は "Bohemian Rhapsody" 「ボヘミアン・ラプソディー」は "Bohemian rhapsody" という英語をカタカナで表記した言葉です。 "Bohemian rhapsody" の意味 "Bohemian" の意味 "Bohemian" には次の意味があります: 名詞• チェコ共和国の住人。 ボヘミア人。 特に、チェコがボヘミア王国(12世紀末~20世紀初め)だった時代の住人。 ボヘミアは現在のチェコ共和国の西部に当たる。 ボヘミア語(チェコ語の方言)• 放浪者• 常識・因習・伝統にとらわれない行動・生活・服装をする人。 特に、芸術や文学を志して、そういう生き方をする人。 形容詞• ボヘミアの~、ボヘミア的な~• 常識・因習・伝統にとらわれない行動・生活・服装をする~ 解説 形容詞2. (名詞4. フランスのジプシーがボヘミア経由でインド北部からやって来たと誤認されたためです。 「放浪者」という名詞3. の意味もジプシーに由来するのでしょう。 19世紀初頭のフランスにおいて、芸術を志す貧乏な人たちが ジプシーの住む下層階級向けの地域(家賃が安い)に集まったことで、「 ボヘミアニズム(Bohenianism)」という言葉が生まれました。 形容詞2. の意味での "Bohemian" が指し示すのもボヘミアニズムのことです。 そして19世紀のうちに、「欧州の主要都市に住み 貧乏で非因習的な生活をおくる芸術家・作家・ジャーナリスト・音楽家・俳優など」を指す言葉としての "Bohemian( ボヘミアン)" が(おそらく最初は形容詞として)英語に輸入されました。 "Bohemian rhapsody" の意味 上記から、"Bohemian rhapsody" は「 ボヘミアンのラプソディー」という意味になります。 「ボヘミアン」と「ラプソディー」それぞれの具体的な意味を断定することはできませんが、音楽学者である Sheila Whiteley 氏によると、「ボヘミアン」がボヘニアニズム的な意味で使われているのは間違いないようです。 そして、「ラプソディー」という語には前衛的なロックンロールのロマンチック的な理想が表れているのだとか。 なんのことやら良くわかりませんが、「ボヘミアン・ラプソディー」という曲名は 歌詞の内容よりも曲のスタイルを反映したものだと言えそうです。 「ボヘミアン・ラプソディー」の歌詞で描かれているのは、 人を殺してしまった若者の心情です。 歌詞の解釈について、学者や評論家のあいだで見解が統一されていません。

次の

ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)歌詞のカタカナ

ボヘミアンラプソディー歌詞

『頭に銃を当てて、引き金を引いたら死んでしまった』。 異性愛者としての自分は死んだ。 フレディは、演じていた古い自分のイメージを壊し、これこそが自分なのだ、と、新しいフレディとして生きようとしたんだ。 『一人の男の小さな影が見える』という部分は、過去のフレディと、今の自分自身に亡霊のようにとりつかれているという意味なんだ」 ライスさんは「この曲を聴くたびに、私はフレディが古い自分を捨てて、新しい自分を迎え入れようとしているように聞こえる。 それは生涯を通じてのことだった。 彼はそれを成し遂げたと思うかい? 私は、フレディはずっとその作業を続けていたと思う」と回想した。 フレディのを書いたことがある伝記作家のレスリー・アン・ジョーンズさんも、2012年にをしたことがある。 「私は気づかなかったけど、『ボヘミアン・ラプソディ』はフレディのカミングアウトの歌でした。 自らの性的指向を明かすことができず、自分で受け入れることもできなかった頃に書かれたのです。 この歌は、自らがゲイであると密かに宣言した歌でした。 自らがリードしていたライフスタイルのために、正々堂々とカミングアウトすることができなかったのです」 1991年に亡くなるまで、フレディは自らがバイセクシュアルであると、公式に明らかにしたことは一度もなかった。 この記事はに掲載されたものを翻訳しました。

次の