ザファブル エロい。 岡田准一主演、映画『ザ・ファブル』Blu

高評価多数! 原作に劣らず面白い映画『ザ・ファブル』(2019)の魅力と映画愛を解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】

ザファブル エロい

昨日の記事では散々 週刊ヤングマガジンをこき下ろしてしまいましたが、本日はうって変わってのアゲアゲ記事です(笑)。 本文中でも唯一確実に読んでいると書いていましたが、そのマンガこそが今回取り上げる「 ザ・ファブル」です。 個人的には現在のヤンマガで連載されている作品の中では一番面白いんじゃないかと思います。 (画像引用:週刊ヤングマガジン公式サイト(上記画像)、(サムネイル画像)より) ザ・ファブルとは この「ザ・ファブル」という作品は2014年末から同じ週刊ヤングマガジンで「ナニワトモアレ」を連載していた南勝久さんのマンガなんですが、前作ではヤンキー&走り屋系をミックスさせた作品だったんですが、今回はまったくジャンルの違う殺し屋が主人公の作品です。 あらすじ 未読の方向けにネタバレしない程度にご説明しますと、主人公の佐藤明(さとう・あきら:偽名)はヤクザなど裏の業界では知る人ぞ知る「ファブル(寓話)」という殺し屋なのですが、ある時からボスの指令により1年間ほど一般社会に潜って身を隠せという指令を受けます。 そこでボスと懇意にしている真黒組の協力を受けて、仕事のパートナーである洋子(潜伏する上では妹という設定にしてある)とともに指令通り一般社会に溶け込んでいくわけですが、その佐藤の醸し出す独特の雰囲気からそうは簡単にいくはずもなく・・・というお話です。 スポンサーリンク 登場人物の行動に違和感がない この「ザ・ファブル」という作品なんですが、前作の「ナニワトモアレ」では大阪の比較的何も取り柄のないヤンキー?が主人公のどちらかといえば作者が経験してきたようなことを描いたリアル路線でしたが、今回は主人公が全く逆のスーパーマン(のような殺しの技術をもっている)であり、完全にフィクションを描いています。 この二点については作品のテンポもよくハードボイルドでありながら、適度な笑いあり、バイオレンスあり、そしてエロとこの点は同じだと思いますが、今回の作品の主人公は凄腕でありながら天然(実は育ちの関係上世間知らずなだけ)というギャップがいい意味で効いています。 「ナニワトモアレ」ではどちらかと言えば群像劇に近かったので、登場人物の行動理由というのが読み手に取って説得力を持たせにくかったのが若干弱点だったとはおもうのですが、この点について設定がうまく効いているのだと思います。 マンガに限らず小説やドラマでも同じことだと思うのですが、見ている読者がいかに登場人物の行動に違和感を持たせないというのが一番のポイントだと思います。 最近のドラマやマンガでつまらないと感じることが多いのは、この登場人物たちの行動に対する説得力のなさが原因でしょう。 サスペンスにしてもいかにもワザとらしい小物の使い方や煽り、知能バトルなはずなのに主人公が小さいところを見落としまくったり、無能な警察。 ホントにここは何とかしてもらいたいと思います。 もう一人の主人公 妹設定の洋子 話が若干ズレてきましたがこの「ザ・ファブル」のもう一つ面白いところは主人公の天然・スーパーマンぶりの他にもう一つがあって、それが妹設定の洋子の存在。 たまにお笑いパートとして彼女が主人公?の回が登場するのですが、これがまた非常に面白い。 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、殺し屋マンガとは思えない某所での駆け引きとバトルはバカバカしくもありますが、暗くなりがちなテーマの陰と陽という感じで抜群のエッセンスになります。 先週はその洋子がまた別の面を見せて驚きの展開だったのですが、このあたりは「ナニモトモワレ」で培われた作者のセンスと言えるでしょう。 以上、あまりに詳しく書きすぎるとせっかく読んでいない方が読んだときに面白さが半減してしまうのでこのあたりにしておきますが、当初週刊ヤングマガジンの中では当初このマンガは、個人的にはメチャメチャ面白い!とまでは感じてはなかったのですが、物語のテンポ、読みやすさ、駆け引きがありながら、水戸黄門的に最後は主人公が何とかするというのも、ある種のお約束のような感じであり、知らず知らずのうちにドップリはまってしまうというタイプのマンガでしょうか。 決して万人受けするというマンガではないとは思うのですが、これぞ週刊ヤングマガジンというのを体現しておりその系譜につながるマンガだと思いますので、興味のある方は一度読んでみることをオススメします。 できれば妹の洋子が活躍する回まで読んでみてください。 笑います。

次の

福士蒼汰、貴重な練習動画公開 キレッキレアクションに「筋肉がエロい」

ザファブル エロい

ファイトコレオグラファーのアラン・フィグラルツは「ボーン・アイデンティティー」や「96時間」シリーズなど、リアリティー重視のスピーディーでタフな格闘アクションの振付で活躍してきた人。 「図書館戦争」などでアクションのセンスを見せてきた岡田准一も、フィグラルツの振付でさらに才能を伸ばした、そんな印象を受けるシーンの連続だ。 原作は未読だが、凄腕の殺し屋なのに日常生活に不慣れで世間知らず、というコミカルな設定が楽しい。 チンピラに敢えて殴らせる場面など、アキラの心の声(思考)を添えつつスローモーションで殴られゆがむ顔(当然CGで加工している)をとらえる映像が爆笑を誘う。 福士蒼汰も大きな体躯を駆使して、好敵手ぶりを発揮していた。 共演陣も豪華だが、顔見世程度で終わってしまう人が多く、ちょっともったいない気も。 安田顕のやくざ者の熱演には胸を打たれた。 私は原作を読んでいないので、岡田准一と木村文乃がどういう関係なのか、とうとう最後までわからずじまいでしたけど、そんなことはどうだっていいと思えるほどの、派手でスリリングで見事な人殺し映画でした。 まずなにより、人殺しとしての岡田准一の造形が良かったです。 幼い頃から人殺しになるためだけの訓練を受け、人としての常識を何も知らずに育った青年で、一瞬の躊躇もなく、殺す殺す殺す。 親代わりのボスの言葉が唯一で至上。 ある意味でストイックな殺し屋で、興奮した後ろの客が私のイスの背中をガンガン蹴飛ばすほどの、そんな活躍を見せてくれます。 殺人の能力という点では、観客よりも圧倒的に秀でているけれど、それ以外の、たとえば社会常識なんて点で言うと、観客の足元にも及ばない。 しかも今、必死に勉強しようと頑張っているのだから、観客は、よしよしいい子だねって気になって、なお一層この主人公を支持してしまうのでしょう。 人殺しの造形としては、敵役の「殺人フェチたち」のような異常者としての描き方もあるかも知れませんし、柳楽優弥をはじめ、良く演技していましたが、しょせんは主役向けではないキャラなので、その意味でも岡田准一の造形は優れていました。 相棒の木村文乃も最高。 凄く上手な女優さんだなとは思っていたけど、ここまで演技の幅が広いと、この先が末恐ろしいと思えます。 兄妹の「関係を演じる」ストイックな関係という、アメリカだったらすぐに恋愛感情に発展するだろうシーンでも状況を維持させるって、これまたストーリーの妙ですね。 そして山本美月。 超美人だけど、これまでは演技がイマイチな人だと思っていたのですが、この映画では見事な演技を見せてくれました。 全体として、ハリウッドのアクション映画にも遜色ない、小気味の良い映画だと感じました。 ただ、もう少し希望を言うなら、エピソードの盛り上がりをもう一山欲しかったと思いますが、そこまで求めるのは、ないものねだりかも知れません。 ファブルの壮絶な成長期の様子や、殺し屋として容赦なく殺したりと、決して楽しい内容ではないはずなのに面白い。 漫画が原作だからありえない話もありなわけで、あまりにも簡単に人が殺されてしまうところはちょっと我慢して😞笑い処がいっぱいで面白い。 程々にアクションもあり、楽しめる映画🎬だった。 岡田准一の一拍おいたバカ笑いや、チョー猫舌なところ、スッポンポンで筋トレしてたのも笑えた🤣木村文乃も今までにないイメージだったし、福士蒼汰の悪役も新鮮だった。 アレを噛み砕けるとはなんと強靭な歯、というか顎なんだ😳内臓に刺さらねばいいが💦 ずーっと気になっていたけど、邦画に対するネガティブなイメージから 劇場では観ず、今になって鑑賞したところ、、、面白いやん!です。 原作は少しだけしか読んでいないので、変に思い入れを持たずに鑑賞できました。 岡田氏が計算ずくで殴られて鼻血出して泣いたり、裸で筋トレしたり、元(?)アイドルとは思えない役者っぷりで心底見直しました。 ファンの方はどう思うのか分からないけど、あれだけ変態役をやってもカッコいいんだからホントイケメンやなって感じです。 他の役者さん達もいい味出してて良かったなぁ。 若手イケメン達も自分にとってはいい塩梅でした。 普段綺麗な役で見かけることが多いので、たまにはこんな役もいいのでは? ヤクザ世界の描写があれでよいのか分からないけど、あんまり色濃いのも苦手なので、ちょうど良い匙加減だったのではないかと。。 もう少しファブルの日常を観てみたい。 続編があったら劇場でみます。 WOWOWにて、原作未読で視聴。 テーマは「『普通』は人によって異なる」。 アクションの動きは良い意味で日本映画ぽくなく、かといってハリウッド映画のように過剰過ぎない演出。 また、ストーリーは複雑ではなくシンプルなので、単純に観ていて面白い。 柳楽優弥さんの演技は好きだなぁ。 憎めない馬鹿…を通り越してしまっているが、ファブルに助けられている状況でも「自分」を持っている面白い人間で、雰囲気が出ていた。 木村文乃さんも非常に可愛らしい。 ハイテンションな演技は珍しいが、派手な役柄も合っている。 単純とは言っても原作がある作品なので、一つ一つの演出の意味を考えてみると奥深くもある。 感覚研ぎ澄ますための猫舌なら、毒とかすぐ分かるんだろうなぁ、匂いにも敏感なのかな?とか、マンガだと大自然グルメ トカゲや虫など の紹介ももっとあるのかな?とか。 でも山で暮していたなら寝るときは防御しそうだが、裸なのはどうなんだろう…。 ただ後半のアクションシーンでは、あまりにも密集し過ぎて動きが分かりづらく、皆銃を撃たないのでファブルの強さも微妙に感じてしまう。 逆に福士蒼汰さんとの戦闘では、あれだけ撃って跳弾しないのか気になる。 内容もほぼ互角の勝負で、福士蒼汰さんが強いのか?ファブルが思ったより強くないのか? 後半以外は十分楽しめた。 2年に一回ぐらいは観たい。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作のファンで映画化した作品を観ました。 オープニングの戦闘での映像でオッ!これは!と思いましたが、それがピーク。 で、ダラダラとラストまでクソ長い下り坂。 無駄に俳優を並べた結果、ファブル以外にもいちいち見せ場を作るハメになり、どのキャラクターも中途半端な結果に。 そしてヨウコもミサキも全然魅力的で無い。 ダラダラとした設定説明がひたすら長く、肝心の戦闘シーンがわずかしかない。 メインのゴミ処理場での戦闘は三流ドタバタコメディのようで緊張感なく本当にしょうもなかった。 ヤクザ多過ぎるわ。 ほんとにジャッキーチェンかよ。 盾にしてた扉、穴空いとるがな。 小島のキャラ設定メチャクチャか。 まぁ原作映画化の典型的な失敗例でした。 オープニングの戦闘のカッコ良さは何だったのか、今でも疑問です。 あとエンドロールの選曲センスなさ過ぎるわ。 私が原作者なら怒ります。 とても面白かった。 全体的に『ジョン・ウィック』のコメディ作品みたいな印象。 色々とツッコミどころはあるけれど、カッコイイ銃アクションと岡田くんのコメディのバランスがよく、最初から最後まで楽しめる内容だった。 日本映画でここまで面白いアクション映画が撮れるのか!という感動をしたぐらい。 特に、ゴミ処理場で押し寄せてくる敵を銃を巧みに扱いながら、一人一人倒していく岡田くんの手さばきがとてもかっこよかった。 岡田くんのたたずまいからして只者では無い感じがして、この役作りはスゴイ! 柳楽優弥くんの怪演もなかなか良かった。 最近こういった悪役が多い気がするけど、ハマってきたね。 木村文乃の妖艶なキャラは格別に良かった。 ぶっちゃけ、好きです。 ネタバレ! クリックして本文を読む おもしろかった!アクションあり、シュールな笑いあり、任侠あり! 隣の席におじさんが座っていたんだが、岡田准一が壁を登った瞬間「おお…」と唸っていたのがいちばんおもしろかった。 笑 血の演出が苦手なので序盤は個人的にウッとなったが、そこを乗り越えればあとはどうってことなかった。 後半では「ゴミ処理場を所持しているヤクザは最強だな」と思った。 笑 役者もよかった! 向井理、意外や意外。 すごく似合ってた。 柳楽優弥はハマり役すぎた。 ラストもよかった。 福士蒼汰、演技が若干浮いてた感否めないが、ファンが見たら咽び泣きそうな仕上がり。 正統派イケメンのような役が多そうなので、これは貴重なのではと感じた。 岡田准一は文句なし。 本当にすごいね。 演技もできてスタントもできて。 すごい。 すごいんだけど。。。 あまりに役者しすぎてて、君は本当にアイドルかい?と聞きたくなるよ。 笑 ネタバレ! クリックして本文を読む Amazonプライム・ビデオでレンタルして鑑賞。 原作は未読です。 顔芸も炸裂し、新たな一面も見せてくれました。 これだけでもなかなか困難なミッションですが、それ以上に過酷な事態が彼に襲い掛かって来ました…。 ひょんなことから関わることになった女性を救出するため、多勢に無勢にもほどがある状況から誰も殺さず事を成し遂げねばならない。 ひとりでも殺したら、ボスに殺されてしまう…。 ちょっとエロい木村文乃。 安定のイカれ具合な柳楽優弥。 存在してるだけでもはや面白い佐藤二朗。 この3人がベスト演技でオススメ! ネタバレ! クリックして本文を読む おもしろいコメディアクション映画。 ほんとーに特に何も考えずに2時間観れました。 柳楽さんのクレイジーな男なのに、ヤスケンさんの前でだけは弟感がしっかり滲み出ていて。 最後に殺されてしまうシーンは悲しかったな、、、 ヤスケンさんはとにかく存在が。 怖いヤクザの兄貴で、真面目で、強面なのに、どこかにユーモアが出てしまってて。 すばらしいですね。 もっともっと、他の作品が見たくなりました。 イケメンってのはどんな役をやってもイケメンなんですよね、、、それが惜しい。 もっともっとイケメンを崩せるような役に積極的に挑んでほしい。 タッパがあるだけにスーツきててもセクシーでカッコ良すぎるんだもん、、、 とにかくエンターテイメントでした。

次の

福士蒼汰、貴重な練習動画公開 キレッキレアクションに「筋肉がエロい」

ザファブル エロい

388 ID:g1xRH4Qc0. 029 ID:6HtSdumx0. 487 ID:lObAZBlL0. net ザ ファブルは面白いと思うよ。 若い女がストーカーされてる回がけっこう人間心理も描かれていて面白かったよ。 651 ID:g1xRH4Qc0. 705 ID:C5BSSxf60. 684 ID:g1xRH4Qc0. 607 ID:6HtSdumx0. 522 ID:lObAZBlL0. 108 ID:PysQLmj9r. 764 ID:ohkY92Zs0. 406 ID:ohkY92Zs0. 625 ID:lObAZBlL0. 593 ID:LcMc2tjc0. 502 ID:lObAZBlL0. net 今日から俺は 面白いね。 ヒットマンは気になっています。 571 ID:g1xRH4Qc0. 005 ID:lObAZBlL0. net 1巻我慢すると面白くなると思うぞ。 671 ID:G9KyXC0pa. 790 ID:6w8ynYdKa. 530 ID:npAQOIIjp. net 漫画の絵がパッと見 気持ち悪いけど、実写映画の予告がおもしろそうだったから、漫画読もうか&映画観ようか悩んでる。 212 ID:G9KyXC0pa. 089 ID:GO6y36dy0. 591 ID:2cX0Khp50. net 今連載してるところすげーおもしろい。 870 ID:GO6y36dy0. net もうちょっと我慢しとけ 総レス数 37 7 KB.

次の