ヘア カラー 9 トーン。 【美容師が教える】ヘアカラーのトーンやレベルって?

俺逹のメンズヘアカラー

ヘア カラー 9 トーン

あなたの一票「あなたはヘアカラーをしていますか?」の結果は、「染めていない」方が53%を占めました。 日本人らしい黒髪の魅力が見直されているようです 2006年3月、あなたの一票「あなたはヘアカラーをしていますか?」を実施しました。 アンケート結果は「染めていない」方が53%と最も多く、「あまり明るくなりすぎない程度に染めている」方が35%、「明るさだけでなく、色みにこだわって染めている」方が10%を占めています。 ヘアカラーが身近になる一方で、日本人らしい黒髪の魅力が見直されているようです。 持って生まれた髪の色は、その方の個性を表現するものです。 しかし、白髪が出てくると隠したくなるものですし、ヘアカラーでイメージをコントロールすることによって、気持ちが明るく前向きになることもあります。 職場で愛される、社会人のヘアカラー・髪色とは? 職種・企業によっては、企業イメージを向上させる観点から、社員のヘアカラー・髪色について基準を設けることもあります 企業イメージを高めるために、さまざまな企業が、社員のヘアカラー・髪色のあり方を模索しています。 ヘアカラーの色は、各メーカーで色名が異なり、同じような色名であっても微妙に差があるため、明快な判断基準を設けることは容易ではありません。 2004年、によって、ヘアカラーの明るさの基準となる「」が開発されました。 当初は美容師の勉強用のツールとして開発されたものですが、現在では多くの企業が「JHCAレベルスケール」を採用しています。 具体的な測色値が公表されていないので、この記事の中で色見本を提示することはできませんが、焦げ茶(レベル5)から金色(レベル15)までの11段階が設定されています。 職種別! ヘアカラーの明るさの基準 職種や企業によって、好ましいとされる髪の毛の明るさには違いがあるようです JHCAでは企業の一般的な推奨レベルを6、7、8レベルと提案しています。 具体的に職種別推奨レベル(明るさの上限としての提案)をご紹介します。 接客サービス業 女性:7~8レベル/男性:5~6レベル• 事務系 女性:7~9レベル/男性:5~6レベル• 営業職 女性:7~8レベル/男性:4~5レベル• 外回り(ノーネクタイ) 女性:7~10レベル/男性:6~8レベル• クリニック(白衣着用) 女性:6~8レベル/男性:5~6レベル• ブティック 女性:6~13レベル/男性:4~13レベル 職種によってヘアカラーのトーンを選び、明るさを調整することも、職場で愛される秘訣の1つといえるでしょう。 引き続き、JHCAのレベルスケールを採用している企業をご紹介します(2006年情報)。 日本航空:6レベルまで認可• ホテルオークラ(女性のみ):7レベルまで認可• 三越日本橋本店:7レベルまで許可• UFJ銀行:7レベルまで認可• コジマ(女性のみ):8レベルまで認可• プランタン銀座:10レベルまで認可 このように、企業によってふさわしいヘアカラーの考え方には違いがあるようです。 ご自分の勤務先と比較するなどして、ご自分に合ったヘアカラー選びのご参考になさってみてはいかがでしょうか。 パーソナルカラーのタイプ別! 似合うヘアカラー・髪色 似合わないヘアカラーの色は、肌や瞳の色と不調和をきたします。 パーソナルカラーは、似合うヘアカラーの色選びの指針となるでしょう。 パーソナルカラーの4つの基本タイプのヘアカラーの特徴をまとめましたので、ご参考になさってくださいね。 …ソフトなオレンジイエロー系の明るいブラウン• …ピンク系ブラウン、ローズ系ブラウン• …ゴールド系の落ち着いたブラウン• プラウザやディスプレイなどによって、見え方が異なります。 【ガイドからお知らせ】 ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。 匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。 アンケートの結果は、今後の記事に活用させていただきます。 ガイドの最新情報は、、をご覧ください。 【関連記事】.

次の

カラートーン別のヘアカラー画像10選|似合う髪色や色見本一覧も

ヘア カラー 9 トーン

日本人の髪にとってのヘアカラーとは? 美容室ではこのようなチャートに基づいてヘアカラーの色を決めるのですが、アジア人の黒髪にカラーをしてもこのような色が出ることはありません。 黒髪の色を構成しているメラニン色素が髪にもともと入っていることが理由です。 日本においては、黒髪を脱色しつつ薬剤の色素を入れるのが一般的なカラーリングです。 「 どれだけメラニン色素を脱色するか?」によって入れた色の見え方が変わります。 また染めた後、時間とともに色が抜けていき(褪色)、黄色くなっていくのは、この入れた薬剤の色素が少しずつ流れ出し、脱色しただけの状態に近づいていきます。 時間と共に印象が変わってきます。 ファッションコーディネートの一貫としてヘアカラーを決める3つのポイント ファッションや着こなしとの相性を考えた場合に気にすべきポイントは以下の3つになります。 肌、眉毛、瞳の色との相性により、あまりそこから離れた明るさは似合わせるのにテクニックが必要です。 ちなみに女性の場合は、着る服のバリエーション、メイクなどを調整することが可能なので明るめにも対応しやすく似合う幅が豊富です。 これらをふまえてヘアカラーの印象と着こなしとの相性で見ていきましょう! マット系 7トーン 好感の持てるカラーです。 prego1. jp ブラウンとオレンジのコーディネート。

次の

会社の髪色といえば7トーンだが、これは一体どんな色なのか

ヘア カラー 9 トーン

Contents• 美容師が教える『そもそもヘアカラーのトーンやレベルってなに?』 そもそも、ヘアカラーのトーンやレベルとは、【JHCA】日本ヘアカラー協会が提唱している髪の毛の明るさの大体の基準になります。 レベルスケールって見たことありますよね? 美容室で美容師に見せられたり、髪にあてられたりするアレです。 もともとは20年ほど前に美容師の勉強のために出来たものですが、今では職場でも偉い人に髪の色をチェックされる時に使われた事がある方もいるのではないでしょうか? このJHCAが作った基準のレベルスケールをもとに… こんな感じで各カラー剤の会社がそれぞれレベルスケールを作っています。 (写真上部のナプラのスケールは15レベルの主張が激しめですが…各社大体こんな感じになります。 このレベルスケールが、私達美容師とお客様の間で仕上がりの色のイメージを共有できたり、職場や学校でそれぞれの場に適した基準を示す事ができたり、今では重要なツールとなっています。 すなわち レベル=ヘアカラーの明るさ=トーンです。 数字が小さいほど暗く大きいほど明るくなります。 美容師が教えるトーン別解説 それでは段階ごとにトーンをご説明。 一応1〜20まであるのですが、今回は日本人向けにと言うことで3〜15でお話します。 3〜5トーン いわゆる日本人の黒髪って大体この辺と言われています。 地毛が明るいとよく言われる方だと6トーンっぽい場合もあり。 JHCAの基準では4トーンからしか有りませんが、各カラー剤の会社は3トーンもつくっています。 黒染めをお願いされた時などはこの辺のレベルのカラー剤を使用します。 いわゆる黒髪• 太陽の光が当たってもあまり茶色く見えない• ブリーチ状態 後述 からこの辺りまで染めると色の抜けもほとんどないが、 太陽の光が当たると独特の透明感が若干出て暗いけどカッコいい!良い色!とかよく言われる• 3トーンは漆黒。 カラスみたいな色でと言われたり死ぬほど真っ黒にしてと言われた時に使用 6〜9トーン この辺りから若干茶色味を感じますね。 お客様から普通の茶髪くらいと言われると大体この7や8トーンあたりでイメージ共有できることが多いです。 6トーンは日系航空会社の基準にもなるくらい、染めてはいるがあくまで上品な女性的なイメージに仕上がる。 規定が厳しめな会社だと6トーンまでが多い。 また、ブリーチ状態の毛に6トーンでカラーを入れると独特の透明感が5トーン以下の時よりも出て、個人的にはクールなイメージのダブルカラーで一番オススメな明るさ。 7トーンはホテル業界や、接客業などで許容されていることが多い。 個人的に7トーンくらいから染めた感を感じる。 8トーンくらいは学生さんが初めてカラーする時などによく染めているイメージ。 バイト先の偉い大人から見てもまあ許せる。 また、ブリーチ状態の毛に8トーンでカラーを入れると個人的には色味を一番感じることが出来る。 特にピンク・バイオレット系• 9トーンくらいだと人によってはちょっと明るいんじゃない?とか言われる確率がアップするイメージ? 10〜12トーン この辺りだと周りの方からも 「わー染めたねー!」 「明るくしたねー!イメチェンだね!」 とよく言われると思います。 でもまだ日本人特有の髪の毛の赤味が残っているイメージ。 10トーンは規定緩めの職場なら許されることが多いイメージ。 また、大抵美容室に来られる方は10トーンくらいの明るさに抜けてしまっていることが多いです。 11〜12トーンは黒髪からのブリーチ無しカラー一発で極力ダメージを少なくいける一番明るいぐらいなイメージ。 特に学生さんが我先にと夏休みにこれくらいまで染めると一気に話題の中心に…• 正直この10〜12トーンくらいまでくると偉い大人の考えによっては悪い評価に繋がるリスクもあり。 明るめ仕上がりなダブルカラー希望の方はこの10〜12トーンあたりにしておくと満足度が高いことが多い。 が、色持ちはあまりしないかも… 13〜15トーン この辺りになると街の中でも目立ちますよね。 だいぶ赤味が感じられません。 黄色と言われた方がしっくりくる明るさです。 特に15トーンからはブリーチは必須でしょう。 13〜14トーンは12トーンあたりで仕上げたお客様が次に美容室に来る時に退色した毛先の色のイメージ• 13〜14トーンくらいであれば、軟毛・細毛の方であれば一回のカラーでいける場合もあり。 15トーンはブリーチ必須。 赤味を感じませんね。 あらゆるダブルカラーやハイライトの土台となるのがこの15トーンより上の明るさになります。 さすがに髪の毛に強度なダメージを感じてしまう明るさがこの辺から。 職場や学校でこの辺りまで染めると直ぐに要注意人物扱いになったりならなかったり… ブリーチについてはこちらの記事も参考にしてみて下さい。 担当美容師の感じる7トーンとお客様の感じる9トーンが一緒だったりなんていうのはよくある話です。 美容室でなりたい明るさのカラーになるためのコツって?• 自分がこうなりたいなと思う写真を出来るだけたくさん用意しましょう。 無論そこまで最初から汲み取れる美容師が良いのですが。。 もし互いの認識にズレがあればそんな会話から少しずつイメージの共有が出来ると思います。 また、太陽の光の有無によってもイメージはぐっと変わります。 お気に入りの写真が太陽の光が当たっているっぽいのか、当たってないっぽいのかも確認してみましょう。 今回は明るさについてをメインにお話させていただきましたが、色味についても同じようなことが言えると思います。 担当美容師の感じるアッシュとお客様の感じるアッシュが全く違ったり… いずれにせよ、 担当美容師とのしっかりとしたイメージの共有が大事です。 私自身もお客様のヘアカラー時にはイメージ共有が出来たとお互いが感じられるであろうまでしっかりとカウンセリングさせていただいてます。 これからヘアカラーチェンジを考えている方の少しでも参考になりましたら嬉しいです。 また、ヘアカラーのシュミレーションがご自身でも簡単に出来る美容師オススメのスマホアプリにアプリについて紹介しています。 1987年4月6日生まれ 千葉出身 美容師|ブライダルヘアアーティスト HP: 恵比寿・六本木等都内数サロンを経験後、千葉市美浜区にある現所属サロンの立ち上げに参加し、2015年より店長を務める サロン外でも特技のアップスタイル・ヘアセット・ヘアアレンジを活かして主に銀座・青山にてブライダルヘアアーティストとしても活動 Webマーケティングに関する資格を複数所持し、当サイト含めECサイト等様々なジャンルの5サイトを運営中。 沖縄・カメラ・サウナ・ランニング・プロ野球・登山・美味しいお店が大好き 2018年より立ち上げた自身のメディアでは最新の美容・ヘア情報はもちろん、大好きな沖縄の情報や30代男目線でのサウナや旅行等に関する記事も執筆中.

次の