エタノール で 作る 消毒 液。 エタノールの消毒液について質問(人体に使える製品と使えない製品?)

無水エタノールで手指の消毒液(?)を作ろうと思ってるんですけど、水で...

エタノール で 作る 消毒 液

無水エタノールとは?本当に「アルコール消毒液」が作れるの? 消毒用エタノールなど、アルコール消毒液が品薄になってしまいました。 感染が広がる中、消毒液がないと不安になってしまいますよね。 でも大丈夫!無水エタノールで手作りすることができます。 無水エタノールは希釈すれば「アルコール消毒液」になる 無水エタノールは、エチルアルコールと呼ばれる アルコールの一種。 5vol%と濃度が高く、「水拭きできない電子機器」や「電化製品」の洗浄などに使われています。 刺激が強いため、皮膚につけてはいけない。 すぐ蒸発するので、殺菌効果もない。 しかし「 70〜80%に薄める」と、なんと消毒用エタノールに大変身! 「 アルコール消毒液」として使うことができます。 <参考:「> 手指用・アルコール消毒液の作り方-「材料」 消毒液を作る材料は、この2つです。 消毒液の材料• 無水エタノール: 約1500円• 精製水: 約100円 (各500ml) 無水エタノールと精製水を合わせても、1600円ほどで買うことができます。 (エタノールの値段は店舗やメーカーによって変わります) 無水エタノールや精製水はどこに売っている? 両方とも、ドラッグストアや薬局で購入できます。 ネットショップにもあります。 ただし、「ミネラルなど不純物」が混ざっているため、精製水より長持ちしにくい。 早めに使いきるようにしましょう。 そのため無水エタノール80mlに精製水20mlを加えても、100mlに満たない。 「精製水を少しだけ多めに入れ全体量を100mlに調整する」と丁度いい濃度になるようです。 (参考:) 消毒液を入れる「スプレーボトルやプッシュ式容器」について 手作り消毒液を入れる容器は「 高濃度のエタノール(アルコール)対応」の商品を使用します。 パッケージを確認しよう 表に「アルコール可」となっていても、裏に「高濃度は不可」と小さく書かれている物もあるので気を付けて。 よく確認して使いましょう。 専用ボトルが無いときの入れ物 【主な注意事項】• 火のそばで使わない。 目や口などの 粘膜につけない。 フタをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する• 誤飲しないようラベルを貼ったりなど配慮する。 もし目や粘膜に触れたら 「 大量の水で洗い流す」こと。 もし飲み込んでしまったら 「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 もし皮膚に異常を感じたら 「 使用を中止」。 医師や薬剤師などに相談すること。 <消毒用エタノールの使い方> また、無水エタノールの容器には「消毒液」として使う場合の注意事項が書いてありません。 下方にパッケージの写真を載せますので、手作りする際にはお目通しくださいね。 買ってはいけないメタノール!買い間違えに注意 あと、買い間違えにもご注意ください。 無水エタノールと同じ陳列棚には、「 メタノール」というよく似た名前の商品もあります。 この 「メタノール(燃料用アルコール)」は有毒。 人体につけると危険なので、間違えて買わないようにしましょう。

次の

エタノールを使った!手のアルコール消毒液の作り方

エタノール で 作る 消毒 液

消毒用アルコールが品薄で手に入りにくくなって困っていませんか? 「消毒液を作る」と言ってしまうと専門知識がないとできないように思ってしまいますが、 実は消毒液は自分で作ることができるんです。 一般的に「消毒用アルコール」として販売されている消毒液の成分は 「エタノール」です。 つまり、 エタノールを消毒に適した濃度にうまく調整することで消毒液として使うことができるということになります。 ドラッグストアで手に入る濃度の高いエタノールに「無水エタノール」がありますが、 これはエタノール99. エタノール成分がほぼ100%のものが「無水エタノール」というわけです。 一方、消毒用アルコールのエタノール濃度は8割程度。 簡単に言うと、 エタノール濃度を8割程度に薄めることができれば手作り消毒液になるわけです。 もちろん手指にも使えます。 当ページでは、無水エタノールを使った手作り消毒液の作り方と注意点を紹介します。 非常に簡単ですね。 無水エタノールのエタノール濃度はほぼ100%なので、 消毒用エタノールの濃度80%に薄めるためには、 無水エタノール8:水道水2の割合がベストです。 「消毒用エタノール」として販売されているものはすでに濃度が調整されているため、薄めずに使えます。 間違って薄めてしまうと除菌効果が落ちるため、よく確認するようにしましょう。 精製水は不純物が含まれていないため希釈には確かに最適ですが、デメリットもあります。 最大のデメリットは使用期限の短さ。 不純物が含まれていないということは当然保存料も含まれていないため、使用できる期間が短くなってしまいます。 通常、精製水は未開封で適切に保存した場合、数年使えます。 が、これはあくまで未開封の場合。 精製水は不純物が含まれていないため、開封時に雑菌が入り込むことですぐに繁殖してしまうのです。 精製水の開封後の使用目安としては1週間といわれています。 それも1週間後にいきなり使えなくなるわけでもなく、徐々に劣化が進んでいくため、 気づかないうちに雑菌が繁殖した精製水で消毒液を作っていた・・・なんてことにもなりかねません。 想像するとぞっとしてしまいますね。 精製水は医療用でも必要とされており、ないと命に関わる人もいるため、買い占めは避けましょう。 精製水の代わりに蒸留水を使うという選択肢 水道水の塩素が不安という方は、一度煮沸して冷ましてから使うと良いでしょう。 それでもわずかな不純物が心配という場合、 蒸留水というものもあります。 蒸留水は、精製水と同じく不純物を含まない純粋な水のこと。 製法が少し違うだけなので、この使い方であれば十分代用できます。 さらに蒸留水の多くは飲用でき、未開封での保存期間も長いため、災害時の備蓄水としても最適です。 精製水同様、こちらも使用期間は短いので、すぐに使うようにする必要があります。 水道水から蒸留水を作ることのできる蒸留水器であれば、必要な分だけ作ることができるので無駄がありません。 日常の飲用水から断水時にも使えるため便利です。 消毒用アルコールの容器に最適な材質は?100均で買える? 消毒用アルコールを自作する場合、気になるのが容器です。 100均で手に入る容器を使うことができたら嬉しいですよね。 ですが、 100均の容器は基本的にはアルコール消毒液を入れて使うには不向きです。 100均で売られている容器は、PETのものがほとんどです。 PET(ポリエチレンテレフタレート)はプラスチックの一種ですが、 薬品耐性があまりないため、アルコールを入れると溶けてしまう可能性があります。 気づかないうちに容器に穴が開いて中身がこぼれてしまったり、 見た目には変化がなくてもエタノールの成分が変化を起こしてしまう危険もあるので使わないほうが良いでしょう。

次の

無水エタノールで消毒液を作る~精製水よりも水道水がオススメな理由

エタノール で 作る 消毒 液

無水エタノール 濃度99. 計量カップ• 料理用量り(計量カップの目盛りでも代用可)• ただ、精製水は貴重なため、水道水やミネラルウォーターでも大丈夫です。 水道水やミネラルウォーターでは、不純物によって精製水より長持ちしなくなってしまうのですが、微生物汚染はアルコール度数10%以上の液体では起こりにくいので問題ありません。 PETはアルコールに溶けてしまいます…。 さて、分量を求めるためには、無水エタノールの量を100g、薄めるために加える水の量をx gとすると、次の式を解けばいいことになります。 中学生のときに習った濃度計算のアレです。 懐かしいですね。 [99. 2 となるので、 無水エタノール100gと水29. 2gを混ぜるだけで濃度77%の消毒用エタノールができちゃいます! ちなみに正確ではなくなりますが、家に量りがない人は、目盛りのついた容器に水23 mlを入れ、混合液が100 mLの目盛りになるまで無水エタノールを加えてくださいね。 水約29gを料理用量りにおいた計量カップに注ぐ 図中のペットボトル容器には水道水が入っています。 エタノール100gを計量カップに注ぐ 図中の白い容器に入っている液体を無水エタノールと仮定してください。 今回は実物が手に入りませんでした…。 量りの重さが合計129gになるはずです。 容器に移し替える 慎重に…慎重に…。 無水エタノール:水 =100g : 30g の比率さえ守れば濃度77%の消毒用エタノールができます! ちなみに消毒液を使用する際には手に刷り込むように擦ると、効果的なようですよ。 消毒液エタノールの欠品が続いてるので、工夫して現状を乗り切りましょう!.

次の