スーパー ドライ ホール。 アサヒスーパードライ 梅田

アサヒスーパードライ ルネサンス

スーパー ドライ ホール

金色の雲のような形をした奇妙な形のオブジェ。 あのオブジェはなぜあの形になったのか…… アサヒグループ本社の隣にある『スーパードライホール』の屋上には、雲のような形をした奇妙な形のオブジェがあります。 東京に住んでいる皆さん、または浅草観光をした人なら一度は見たことがあるでしょう。 さて、この変わった形のオブジェですが、どういった経緯で作られたのでしょうか? また、何でこのデザインになったのでしょうか? アサヒグループホールディングス広報部門の三橋さんに伺いました。 スーパードライホール屋上のオブジェは、1989年にアサヒビール創業100周年を記念してスーパードライホールと共に建設されました。 少し変わったデザインですが、あれは何かモデルになったものがあるんですか? オブジェのデザインは、フランスのデザイナーのフィリップ・スタルク氏によるものです。 スタルク氏はスーパードライホールの設計も担当しました。 オブジェは燃え盛る炎をデザインしたもので、「フラムドール」 フランス語で金の炎 と呼ばれております。 アサヒビールの燃える心を象徴しています。 オブジェが炎、そして下のスーパードライホールが聖火台をイメージして設計されているんです。 下が聖火台をイメージしたものであることを知っている人は意外と少ないのかもしれないですね。 最終的にスタルク氏のこのデザインを採用させていただいたということ以外は、私どもでは分かりかねます。 いえ、そのようなことはなかったと思われます。 こちらに記録としては残っていないんですよ。 向きに関しても、当方に記録としては残っていないので、実は分からないんです。 真相は当時の担当者しか分からないのかもしれませんね。 う~ん、それはちょっとお答えしにくいですね 笑。 私どもはオブジェの意味を理解しているので、そんなふうに思ったことはないです。 でも、マイナスなイメージのものに例えられていますけど、その影響か実際見たことのない人でも存在を知っていたりしますよね。 そういった意味では、存在感のあるオブジェが、アサヒを知っていただくきっかけの一つになっているのかもしれません。 あの変わった形のオブジェは「炎」をかたどったデザインとのことでした。 筆者は「金色の雲かな? 」と思っていましたが、これもハズレ。 皆さんは炎だと知っていましたか? 予めご了承ください。 関連記事•

次の

フラムドール|東京都|アサヒグルメガイド おすすめの飲食店情報

スーパー ドライ ホール

2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2020. 2020. 2020. 2019. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2017. 2016. 2015. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2018. 2020. 2020. 2020. 2019. 2020. 2020. 2019. 2019. 2018. 日本各地のアサヒビール園ではできたての生ビールとジンギスカンを中心としたお料理を用意して皆様をお待ちしております。 お仲間、ご家族とご一緒に是非ご利用ください。 お客様のご予算・ご要望に応じて、各種パーティをセッティングいたします。 まずはお気軽にご相談ください。

次の

アサヒスーパードライ 梅田

スーパー ドライ ホール

東武浅草・東京メトロ浅草駅を出て隅田川方面を眺めると、ある謎の物体を見つけることができます。 金色に輝くボディ、クジラやオタマジャクシを思わせる造形、そしてその巨大さ、あらゆる点で見る人の好奇心を刺激する物体です。 見晴らしのよい非常に目立つ位置にあるので、いまや浅草観光の定番になっています。 不思議なフォルムに外国人観光者も困惑… 浅草の観光名所である雷門からも見えるので、外国人観光者の方々からも注目の的です。 不思議そうにオブジェを眺め、とりあえず写真を撮っている光景を、浅草ではよく見かけることができます。 謎のオブジェの正体は…ビール会社の「燃える心」? 実はこれアサヒビールの吾妻橋本部ビルに隣接するホールで、正式名称は スーパードライホールと言います。 ちなみに隣に建つ金色のビルがアサヒビールの吾妻橋本部ビル。 こちらはビールの注がれたジョッキをデザインしています。 ビルとオブジェは、フランスのデザイナー、 フィリップ・スタルクによって設計されました。 アサヒビールの 燃える心を象徴する 「炎のオブジェ」とされています。 実際に近くまで行ってみた さて今度は実際に、金のオブジェがある場所まで歩いて行ってみましょう。 アサヒビールの環境問題への取り組みなども紹介されていました。 いつも不思議に思っていた謎のオブジェの足元に、こんな施設があったなんてまったく知りませんでした。 その特徴的なオブジェを有することから浅草のランドマークとなった「アサヒ スーパードライホール」。 浅草にいらっしゃいましたら、眺めるだけでなく、実際に足を運んでみてはいかがですか? Information アサヒ スーパードライホール 住所 :東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール 最寄り駅:東京メトロ銀座線「浅草駅」4、5番出口より徒歩5分 都営地下鉄浅草線「浅草駅」A5番出口より徒歩10分 「本所吾妻橋駅」A3出口より徒歩6分 東武線「浅草駅」より徒歩6分 公式HP : 本記事の情報は取材・執筆当時のものです。 記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。 ご利用の際は改めてご確認ください。

次の