トイプードル退色。 トイプードルのレッドが退色してしまう原因と対策

トイプードルの毛色全14種類と各色の特徴と退色に関する情報まとめ

トイプードル退色

com ブラック 最も賢くて運動能力に長けています。 従順で落ち着きがあるので、飼いやすい条件が揃っています。 ホワイト 飼い主の趣向で毛を結んだり、トリミングの時のカットにこだわったり、おしゃれが似合います。 落ち着いていて服従する個体が多く、甘えん坊です。 ブラウン 独立心が高いため、少し協調性を欠くところがあります。 根っからの服従しやすい性質がある犬よりは、しっかりと従うことを教えてゆく必要があります。 プードルであることに変わりないので、従順な一面はもち合せています。 教えればできる子なんです。 シルバー ブラウンの個体とよく似た特徴があります。 レッドやアプリコット プードルの中で一番人気の毛色です。 一番の特徴は活発である点です。 やんちゃな赤系のプードルは、やや協調性を欠くところがあります。 同時に飼い主への服従も自然にできるとは言えません。 自己主張が強いので、散歩や遊びが自分のしたいときにできないとわがままな行動をとることもあります。 吠えたり、突撃したりする子もいるようです。 プードルは毛色のちがいで性格が異なることはよく話題にされますが、一概に言えない部分もあります。 本質的な性格の違いは毛色よりもそれぞれの個体によってちがいが生じます。 そこは人と同じですね。 com 退色とは毛色が薄くなることを指します。 プードルの毛が退色するケースでは、ブラックとホワイトの間にあるシルバー、グレーやブラウンのような中間色の毛色で起こりやすいようです。 レッドの場合は、ブラウンに近いレッドよりも薄い色の毛色の方が変化しやすいと言われています。 体全体の毛色が変化するというよりも、一部分が薄くなるということが多いです。 毛色の変化の理由は、はっきりしたことが分かっているわけではありませんが、いくつか考えられる点があります。 com 毛色の種類が多いプードルは様々な色の犬で交配されるので、色の濃い薄いも多様です。 逆に、親や数代先の家系をたどり、同じ色同士の親犬であるなら、退色の可能性も低くなります。 血統書を調べることによって、3代前までの家系が記録されるので、調べることができます。 また遺伝的な要因で退色が始まる場合は色が元に戻ることはありませんが、栄養不良が原因で退色することも報告されています。 良質なたんぱく質を偏りなくきちんと摂ることによって退色したのに元の色に戻ってきたということもあるので、バランスの食餌で健康的に過ごせるようにしましょう。 また散歩して日光浴することも大事ですが、紫外線が強い夏などは、プロテクトできるようにUV仕様の洋服を着せたり、昼間でなく夕方涼しくなってから外出するなど注意を払えます。 プードルの居住環境で何らかのストレスの原因となるものがあれば改善されると、メンタル的に安定できますね。 退色の原因を知り、それらを一つずつ取り除くことが予防につながります。 毛色の変化の原因を知り、プードルの体調の変化に注意してあげましょう。 退色に過度に目くじらを立てる必要はなく、加齢に伴ってプードルの毛色の退色は自然に始まります。 ですから心配し過ぎるのもよくないですね。

次の

トイプードルの白髪、退色の原因、予防法とは?

トイプードル退色

退色とは被毛の色が自然に薄くなってしまうことをいいます。 トイプードルが退色することについては、よく知られていることです。 人と同じように犬も歳をとると白髪が生えてきます。 ところがトイプードルの場合は、シニアになる前から退色がはじまります。 その時期は個体差があるので一概には言えませんが、退色の早いトイプードルだと生後数ヶ月からはじまります。 遅いトイプードルでも生後1年~2年ではじまるようです。 しかも、ホワイト以外のトイプードルは全て退色すると言え、避けることができないのです。 退色の原因 トイプードルが退色する原因については、ハッキリ分かってはいません。 恐らくは、遺伝的なことが原因となっているものと考えられています。 明確な原因がわからない現状ですが、次のようなことが影響しているのではないかと言われたりしているようです。 日光の浴びすぎ• 栄養不足• シャンプーのし過ぎ• バリカンによるトリミング• ストレス 退色の原因とされるこれらのことについては、生物学的に解明されたわけではありません。 あくまでも影響しているかもしれない、という程度に覚えておけばよいことでしょう。 しかし、退色の原因はさておき、注意しておきたいことはあります。 栄養 食餌の栄養が不足すると被毛がパサついて艶がなくなります。 中でもビタミン、ミネラル、カルシウムはフードだけでは取りにくい栄養です。 だから、栄養バランスの良い食事を与えることが大切になります。 栄養バランスのとれた高品質の総合栄養食(ドライフード)を選ぶことや、不足がちになる栄養を補うサプリメントなどを与えるなどの方法を検討すると良いでしょう。 健康的で艶やかな被毛を保つためには、栄養バランスのとれた食餌からはじめることが大切なのです。 もしかすれば、トイプードルの退色を遅らせることができるかもしれません。 栄養を考えた良いフードを与えたいものです。 シャンプー 犬の皮膚は弱アルカリ性で、人の弱酸性の皮膚よりも実はデリケートなのでうs。 ですから、シャンプーをするときには犬専用のシャンプーを使うことはもちろんですが、弱アルカリ性のシャンプーを使うのが望ましいのです。 しかし、人間用のシャンプーを製造する合間に犬用シャンプーを製造することが多く、その結果として犬専用のシャンプーであっても弱酸性であることが多いのです。 そのため、シャンプーは数倍に薄めて使うように指導していることが多いようです。 そもそも犬の肌はデリケートなので、月に何度もシャンプーするのは控えたいものです。 月に1~2回程度のシャンプーが望ましいと言われています。 ストレス 犬もストレスは病気などにかかりやすくなり、健康維持の阻害要因になります。 日ごろから過重なストレスを与えないように注意したいものです。 退色しやすい色は ところで、退色するのが早くて激しいといわれているカラーは次の3種です。 レッド• アプリコット• ブラン これらは、レッドであればアプリコットに、アプリコットはクリームに、ブラウンはカフェオレに近いカラーに退色していきます。 退色しにくいトイプードルを選ぶには トイプードルの色は掛けあわせでつくられています。 ですから、たとえばレッドならば両親を3代前までさかのぼって調べ、全てレッドならば比較的安定していると考えられます。 (3代前というのは血統証明書に記載されますので比較的調べやすいといえます) とはいえ退色は避けられません。 そのかわり、退色する時期や退色するスピードが遅くなることを期待することができます。 そこまで調べることが難しいならば、少なくとも信用のできるブリーダーやペットショップから求めるようにしたいものです。 退色との付き合い方 トイプードルの退色は避けられません。 避けられないのであれば、「退色するのがトイプードル」ということを受け入れることです。 そして、徐々に変化していく被毛の色を楽しむぐらいの気持ちで付き合っていくことが、トイプードルとの幸せな関係なのではないでしょうか。 公開日 2012年08年13日 更新日 2014年04月21日.

次の

トイプードル(レッド)の選び方、色の抜け方を教えて下さいブリー...

トイプードル退色

パピー時代の頼りないモサモサ直毛の毛並み トイプードルは巻き毛!と信じていると、子犬時代のへにょっとした、ほぼ直毛状態の毛並みを心配されることは多いものです。 母ちゃんも、白トイプードル「ミルク」を引き取った時に、スカスカでまっすぐな毛並みに不安を感じ、動物病院の獣医さんとトリマーさんに質問をしたことがあります。 スカスカの毛並みは栄養状態の問題• 直毛は成犬になれば変わってくる このように回答をいただきました。 トイプードルは何か月くらいから巻き毛になっていくの? 成犬になってくれば巻き毛になってくると聞くけど、目安はどのくらいかが気になるものです。 トイプードルの毛は、8ヶ月頃~1歳位で成犬の毛に変わっていきます。 この頃になってくると、雑誌で見つけた憧れのカットを目指していけるようになります。 トイプードルの巻き毛のタイプについて 風花の胸毛はクルクルのカーリーです 人間に個体差があるように、トイプードルにだって個体差があります。 トイプードルの毛並みにだって個体差はかなりあります。 とくに、日本で多い「レッド」や「アプリコット」には、巻きの強くない、ふわふわっとした毛並みの多いトイプードルは多く 黒のトイプードルには巻きの強いワンちゃんが多いものです。 トイプードルの巻き毛、毛色・個体の差による違い• 軽くウェーブしているトイプードル• クルクルとはっきりした巻き毛のトイプードル• ほとんど直毛に近いトイプードル• 体の部位によって巻きが強い、弱いがあるトイプードル 本当にいろいろなタイプのワンちゃんがいます。 だから一歳過ぎても巻き毛にならないワンちゃんもいますし、 年齢と共に巻きがハッキリしてくるワンちゃんもいます。 反対に、年齢と共に巻きが弱くなってしまうワンちゃんもいます。 毛色の変化と毛質のまとめ トイプードルは毛色が退色が多くでてくる犬種です。 毛色の変化によって、毛質自体が変わり、巻き毛にも変化が出る場合もあります。 どうしてもトイプードルには巻き毛のイメージが強すぎて、直毛に近い毛並みに不安になってしまう飼い主さんもいます。 でも、それも個性の一つなのですから、気にせず可愛がってあげてくださいね。

次の