トヨタ 自動車 コロナ ウイルス。 (速報)トヨタ自動車新型コロナウイルス感染!風評被害対策を考える【追記アリ】

当社拠点におけるコロナウイルス感染者の発生について

トヨタ 自動車 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスの影響で、生産ラインを一部停止したトヨタ自動車の高岡工場(3日午前、愛知県豊田市) 新型コロナウイルスの感染拡大を受けは3日、海外での新車需要の減少に伴い輸出向け車種を製造する国内5工場7ラインを一時休止した。 トヨタが新型コロナで国内で生産調整に踏み切るのは初めて。 最長で15日まで2~9日間稼働を止め、当初計画より約3万6千台の減産になる。 世界的に感染が広がっており、社員からは不安の声も聞かれた。 カローラなどを生産する高岡工場 愛知県豊田市 では2つある生産ラインのうち1つが7日まで止まる。 3日朝気温約5度と冷え込む中、従業員は午前6時ごろから会社に支給されたという白いマスクをつけ、急ぎ足で出勤した。 社員からは不安の声が漏れる。 20代男性社員は、普段働くラインが止まるため他部署へ応援に行く。 「感染者が出て以来、工場内はピリピリした雰囲気。 全面休止しないか心配だ」。 別の20代男性社員は「早く再開してほしい」と話し、足早に工場に向かった。 一方、別の男性社員は「ラインが止まってもカイゼン提案など仕事はある。 手洗いなどの感染対策を徹底して、普段通りに業務をしたい」と述べた。 【関連記事】• 今回、一時休止する5工場の19年のトヨタ車・レクサス車の生産実績は175万台とトヨタの国内生産の半分を占める。 特に北米向けのレクサス車を多く生産するトヨタ自動車九州宮田工場(福岡県宮若市)は稼働停止が最長の9日間と影響が大きい。 5工場では3万人近い従業員が勤めているとみられるが、トヨタは休止期間中、希望する従業員には有給休暇の取得を推奨する。 出勤して研修やカイゼン提案をすることもでき、「雇用は維持する」としている。 ただ、新型コロナの感染拡大により世界各地で外出禁止などの移動規制や販売店の営業停止により、新車販売は急減速している。 トヨタは4月3日時点で19カ国で工場を稼働停止しており、トヨタ幹部は「状況が変わればまた違う手を打たないといけない」と述べ、先行きの不透明感は増している。 国内での完成車工場の停止は、部品メーカーなどサプライヤーの経営にも直結する。 トヨタ自動車は半期に1度実施している部品の仕入れ価格の見直しについて、20年4~9月分の引き下げ要請を7月まで延期する方針を固めている。

次の

(速報)トヨタ自動車新型コロナウイルス感染!風評被害対策を考える【追記アリ】

トヨタ 自動車 コロナ ウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大については、まだまだ先が見通せない。 世界的大感染(パンデミック)が起きようとしている。 日本では、既に拡大が始まっていると見るべきなのだが、政府はPCR検査を制限し、実数の把握がされていないのではないかとも言われている。 この背景には「国立感染症研究所」の「利権?」とも言える動きもあり、国民の「救命」を阻止するものであれば、決して許されることではない。 【こちらも】 経済界でも「全国小・中・高、一斉休校要請」で危機感に目覚めたようだが、株式市場の動きは「かなり鈍い」。 「情報通」を自認する投資関連集団が、どうしてこれほど情報に「鈍感」なのか?「情報認識」に根本的誤りがあるのであろう。 すでに先月末ごろには、こうした経済的危機は訪れる可能性が高いことは容易に予測できていた。 しかしその頃は、まだ株式市場は通常の動きであった。 VIX(恐怖指数)が2月28日に一時高くなったが、「1カ月遅れ」と言ったところだ。 新型肺炎による影響によって産業界で問題視されるのは、すそ野の広い「自動車産業」だろう。 ソフト産業と比べると「設備産業」であり、動きがとりにくい。 その中で、中国の武漢市や湖北省内に生産設備がある日産自動車とホンダは、打撃が大きいことは仕方のないところだ。 しかし、日産は日本国内の九州や栃木の生産拠点でもラインが停止するなど、社会変化に対する「体質」の弱さを見せ始めてしまった。 「代替え生産を進める力がどの程度であるのか?」見ていると、本当の力の差が見えてくるのだろう。 今回、未知のウイルスは感染力の強さが特徴のようで、無症状、またはカゼ程度の軽症感染者から多数広がっているとみられるため、これから日本国内での新型コロナウイルス感染の広がりが進むとみられる。 続いて、世界規模でのパンデミックが起きることは、避けられないとの見方もある。 もしこれを否定するのであれば、既に日本でも可能であると言われる、韓国と同様な「1日に万単位」のPCR検査体制を直ちに稼働させ、実態把握をするべきだろう。 日本国内のデータが信用できなければ、疫学的に中国のデータ活用もできない状態だ。 データを取れないことは、自動車業界にとっても大きな足かせとなるだろう。 オリンピックの開催も危ぶまれる状況だが、日本政府は「国立感染症研究所」の利権の動きを制御できないのであろうか?「論文のためのデータ独占が動機」とも言われているが、簡易型検査機を開発するための民間の動きに対して、「実験用検体」提供を遅らせるなどの動きも伝えられている。 その中でトヨタは、「トヨタ生産方式」により「混流生産」「スイング生産」「順序生産」などを実現しようと動いてきことが、柔軟な企業体質を作り上げている。 日産、ホンダは「グローバル発注」でコストダウンに成功しているが、その反動で危機に弱い体制となっている。 これからの世界的な新型コロナウイルスの感染拡大は、どの様なところまで進むか分からないし、どの様な結果に終わるのかは分からないが、その動きは自動車業界に内在する本質的問題であると言える。 検証していこう。 (記事:kenzoogata・).

次の

新型コロナ・ウイルスによる自動車産業への影響は? リーマン・ショックのときはどうだったのだろう? 回復に何年かかる? 過去のデータから考える|MotorFan[モーターファン]

トヨタ 自動車 コロナ ウイルス

トヨタ本社地区に勤務する協力会社社員が新型コロナに感染…10人を自宅待機に トヨタ自動車は4月11日、愛知県豊田市本社地区の事務系職場内で常駐勤務している30代の協力会社社員1人が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のPCR検査で陽性が確認されたと発表した。 感染者が勤務していた職場は、PCR検査受診の報告を受けた4月8日時点で消毒作業を実施しており、4月12日に再度の消毒作業を実施。 感染者は、3月27日を最後に職場には出社しておらず、すでに2週間以上が経過しているため職場における濃厚接触者はいないが、特に感染者との接触が多かった10人について4月9日から4月13日までの間、自宅待機する。 いすゞ藤沢工場で新型コロナウイルス感染者の発生…4月17日まで稼働停止 いすゞ自動車は、藤沢工場に勤務する従業員2名が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染していることを確認、4月13日から4月17日までの同工場の稼働を停止すると発表した。 今回新たに感染が判明したのは、藤沢工場の製造系職場に勤務する30代男性社員と40代男性社員の2名。 いずれも4月3日夜に発熱し、医療機関にて風邪との診断を受け自宅療養していたが、その後も症状が回復しないためPCR検査を実施。 陽性であることが判明したため、医療機関に入院中だ。 なお、2名とも4月3日を最後に出社していない。 それぞれ異なる職場で勤務しており、いすゞ自動車では、相互の接触はないことを確認。 両名の行動履歴から濃厚接触者と疑われる従業員を特定のうえ、自宅待機を命じ、また職場や共用施設の消毒作業を実施した。 同社は、複数の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、緊急事態宣言が発出されている状況下、慎重を期し、4月13日から4月17日までの5日間、藤沢工場の稼働を停止。 範囲を拡大して消毒作業を実施するとともに、感染拡大防止施策の追加ならびに再徹底を行う。 《レスポンス編集部》.

次の