かぼちゃ プリン 豆乳。 牛乳よりカロリーカットできる!?豆乳で作るかぼちゃプリン

牛乳よりカロリーカットできる!?豆乳で作るかぼちゃプリン

かぼちゃ プリン 豆乳

作り方• 豆腐は水切りをして、<A>豆腐クリームの材料は全て混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。 かぼちゃはまるごとラップをして電子レンジ(600W)で3~4分、1個ずつ加熱する。 蓋(ヘタ側)を切って中身をくり抜き、種とワタは捨てる。 )でくり抜いたかぼちゃは、電子レンジでやわらかくなるまで加熱する。 豆乳に砂糖を入れ沸騰直前まで温めて砂糖を溶かす。 4)、5)、卵を一緒にミキサーにかけ、なめらかにする。 )のかぼちゃの器に 6. )をザルで濾しながら流し入れる。 天板に湯をはり、7. あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、1. )の豆腐クリームを添える。

次の

かぼちゃプリンのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

かぼちゃ プリン 豆乳

基本的な豆乳プリンの作り方 それではまず基本的な豆乳プリンの作り方からご紹介していきましょう。 その前に使う豆乳ですが、無調整豆乳と調製豆乳のどちらを使ったらいいのか?という疑問が時々出ます。 これは断然、無調整豆乳を押します。 調製豆乳は味を調えるため砂糖などが入っているため甘めとなっており、 カロリーも少し高めになっています。 また大豆固形分が少なくなっているため、無調整豆乳より栄養成分が少なくなっているのも気になるところです。 豆乳本来の栄養素をプリンに取り入れつつ、甘くなりすぎない自然な甘みにするためには カロリーも甘さも控えめな無調整豆乳を使った方がいいと言えます。 そのためコツとしても無調整豆乳を使用し、甘さは砂糖や一緒に混ぜるもので調整すると 自分好みの甘さで美味しく作ることができるので、作成時には是非気を付けてみてください。 豆乳プリンの材料• 豆乳:300ml• 砂糖:大さじ4〜5• 卵:2個 基本的な豆乳プリンとなるので材料はシンプルです。 これで 小ぶりな容器5個分の材料になります。 好みに合わせて調整してみてください。 豆乳プリンの手順• 全ての材料をボールに入れ、泡立て器でかき混ぜる。 混ぜたら1〜2回濾して容器に流す。 鍋(フライパンでもOK)に容器の半分以下位の水を入れ煮たたせる。 容器を入れ蓋をして弱火で8分加熱し、その後火を止め放置する。 10分くらい経ったら粗熱をとった後、冷蔵庫で冷やして完成。 手順も非常に簡単です。 加熱や冷却に時間はかかりますが、手間としてはそれほど面倒ではありません。 美味しい豆乳プリンが出来上がるので是非とも作ってみてください。 豆乳プリンのおすすめレシピ10選 それでは基本的な豆乳プリンの作り方が分かったところで、ここから豆乳プリンのアレンジレシピをご紹介していきます。 シンプルな物から味を変えたアレンジまで様々なレシピをご用意しましたので是非参考にしてみてください。 豆乳:300ml• お好きな甘味料:40g• 粉ゼラチン:5g 黒蜜 手作りする場合• 黒糖:50g• 水:50ml まずは基本的な瓶詰のプリンからご紹介してきます。 豆乳と粉ゼラチンだけを使うので簡単に作れるのが特徴です。 カラメルソースの代わりに黒蜜をかけると くどすぎない甘さが美味しいプリンとなります。 豆乳:250ml• 卵:1個• 三温糖:大さじ2• 黒蜜:適量 こちらは卵を使って固めたオーソドックスなプリンになります。 豆乳を使っていることでまろやかながらもヘルシーにできています。 無調整豆乳を使えば 甘さも控えめとなり、調整もしやすくなるのでおすすめです。 豆乳:600ml• 砂糖:大さじ5• 片栗粉:大さじ4• きな粉:お好みで たっぷりと こちらは片栗粉とを使い固めてあるので とろとろなのにモチモチとした新食感のプリンとなっています。 作り方も非常にシンプルなので、個人的には一番おすすめのレシピになります。 レシピ: 黄金比率でなめらか~豆乳きなこプリン~ 出典: 材料• 豆乳:350cc• 砂糖:大さじ4杯• きなこ:大さじ4杯• ゼラチン:1袋 5g きなこを混ぜてしまい全体的にきなこ味としたプリンです。 豆乳もきなこも大豆から出来ているので相性は抜群でやさしい味わいのプリンとなっています。 栄養も豊富でヘルシーなのでおすすめです。 卵:1個• きな粉:20g• 砂糖:35g• 豆乳:200ml こちらもきなこを使ったレシピになりますが、固めるのに卵を使っています。 ゼラチンよりも卵を使った方が濃厚な味に仕上がります。 また 弾力もこちらの方が上となっているので好みでレシピを使い分けてもいいと思います。 レシピ: 砂糖• ゼラチン不要!ココアバナナプリン 出典: 材料• 完熟バナナ大:2本• 純ココアパウダー:大さじ1• 無調整豆乳:150ml こちらは卵もゼラチンも使わず固めるプリンになります。 他のものよりも柔らかいですが、 バナナとココアの濃厚な甘さがとても美味しいプリンとなっています。 レシピ: 濃厚な抹茶豆乳プリン風 卵なし 出典: 材料• 抹茶:大さじ1. 豆乳:200ml• 豆乳 追加分 :50ml• 砂糖大さじ:3杯~• ゼラチン:5g 抹茶の風味が香るプリンとなってます。 甘さとほのかな苦味があって美味しい1品となっています。 豆乳を使っているのでヘルシーなのも嬉しいところです。 黒豆の煮汁:150ml• 豆乳:150ml• 粉ゼラチン:5g• 水:大さじ2 黒豆の煮汁が出た時に余った汁で作れる簡単プリンです。 砂糖などは使わず煮汁のしっかり出た甘味のみで作られるため 自然な甘さを感じられます。 正月などで黒豆を煮た時に一緒に作ってみてはいかがでしょうか? レシピ: 【糖質制限】豆乳カスタードプリン 出典: 材料• 無調整豆乳:300ml• ラカント:40g• 卵:2個• バニラエクストラクトがない場合はバニラエッセンスを数滴でも可能となっています。 糖質は制限していますが 甘さはしっかりとあるプリンとなっているので、ダイエット時にも食べられるプリンです。 卵:2個• 豆乳:200ml• メープルシロップや蜂蜜:大さじ2〜• バニラエッセンス:数滴 こちらもダイエット向けのプリンとなっています。 カロリーが高くなりやすいカラメルソースの代わりにメイプルシロップやはちみつを使っているのもポイントです。 豆乳に含まれる栄養素も摂りいれられ、ヘルシーなプリンとなっているので ダイエット中の方にもおすすめできます。 レシピ:.

次の

かぼちゃ豆乳プリン~豆腐クリーム添え~:豆乳Cooking:マルサンアイ株式会社

かぼちゃ プリン 豆乳

まず、豆乳を使用したかぼちゃプリンの特徴を紹介しよう。 かぼちゃプリンに限らずプリンは、牛乳や砂糖を混ぜた卵液をプリン型に流し入れ、加熱して凝固させたものを冷やして作るのが一般的である。 プリンのなかでも、とくにかぼちゃプリンは濃厚な口当たりで、スイートポテトのような食感を楽しめるのが魅力であり特徴だ。 豆乳を使用してかぼちゃプリンを作る場合は、牛乳を豆乳に代えるだけで構わない。 ちなみに普通牛乳のカロリーは100gあたりで67kcal、豆乳は46kcal、調整豆乳は64kcalである。 あるメーカーのサイトに掲載されているかぼちゃプリンは、材料にかぼちゃ・卵・牛乳・砂糖が使用されており、カロリーは1個で235kcalだ。 そのレシピで使用する牛乳の量は1人分で20mlだった。 20mlは、およそ20gと考えられている。 使用されている牛乳のカロリーを計算すると13. 4kcalだ。 これが豆乳を使用すると9. 2kcalで済む。 おわかりのように豆乳で作るかぼちゃプリンの特徴のひとつが、牛乳で作るよりもわずかではあるが低カロリーに仕上がることである。 少しでもカロリーオフして食べたいなら牛乳より豆乳を使用すべきだろう。 ここでは、かぼちゃプリンに含まれる糖質について紹介しよう。 毎日のように甘いスイーツを食べたいけれど太りたくない...... とは、誰もが思うものだ。 皆さんのなかでも糖質ダイエットに取り組んでいる人もいるだろう。 材料にかぼちゃ100g、砂糖6gを含むレシピで作ったかぼちゃプリンに含まれる糖質は39. 2gだ。 ある製薬会社が提示している情報をもとにほかの間食メニューの糖質を調べてみると、カステラ2切れで63g、メロンパン1個で47g、ショートケーキ1ピースで47g、大福1個で30g、ポテトチップス25枚で25g、プリン1個で18g、しょうゆせんべい2枚で11gだった。 かぼちゃプリンは間食メニューのなかでも糖質が多く含まれているほうだといえるだろう。 ちなみに、おやつを食べる時間が3時というのは適切だといわれている。 人の体温が最も高くなる時間帯は、午後3~6時くらいまでの間だ。 体温が高くなるとエネルギー代謝を助けると考えられており、この時間帯にカロリーを摂っても、ほかの時間より代謝が滞りにくいと考えられている。 最後に、バラエティー豊かな市販のかぼちゃプリンについて紹介しよう。 店やインターネット通販で販売されているかぼちゃプリンは、個性あふれる容器に入っていることが多い。 瓶に入っているものもあれば、透明のガラス容器、プレゼントにしたら喜ばれそうなキュートな容器入りもある。 ほかにも、中身を食べたあとも活用できるよう計量の目盛りが書かれているものがあったり、ギフトにぴったりな陶器に入ったかぼちゃプリンやキャラクターを模した容器入りのかぼちゃプリンもあった。 また、かぼちゃの中身をごっそりとくり抜き、その身をベースにして作ったかぼちゃプリンを詰めて販売しているものもある。 さらに、鍋に溶かして容器に入れるだけで簡単に作れる、かぼちゃプリンの素も販売されている。 自分で作って食べると使用されている材料が把握できるので安心安全だが、たまには市販のかぼちゃプリンを購入して食べ比べるのも楽しいかもしれない。

次の