バス釣り ポッパー。 ポッパーってどんなルアー?使い方や特徴を説明

ルアーを理解してバス釣り攻略! 「ポッパー」の使い方と特徴まとめ

バス釣り ポッパー

ポッパーの使い方・ドッグウォーク ロッドをチョンチョン煽ることにより、ペンシルベイトと同様に首振りアクションをする。 だが、ペンシルベイトとは異なり頭部がカップ状になっているため、「 コポコポ」というサウンドと泡が発生しバスにアピールする。 ロッドを煽った直後にラインスラックをとることを意識すると上手くドッグウォークさせることができるだろう。 ポーズも織り交ぜて食わせのタイミングを入れるとよい。 ポッパーの使い方・スプラッシュ ロッドを強めに煽ることにより、カップが受けた水を前方へ飛ばす。 水が前方へ飛んでいる様子が、小魚が追われて逃げている様子に似ているため、 やる気のないバスにスイッチを入れることができる。 ボイルが発生した際にも有効だ。 ドッグウォークとも組み合わせると良い。 虫パターン 虫が落ちてくるのを待機してオーバーハング下などにいるバスを狙う釣り方。 オーバーハングの奥までポッパーをキャストし、移動距離を抑えたドッグウォークやロングポーズをさせて、 もがく虫を演出する。 キャスト精度がキーとなる使い方のため、やや難易度が高い。 虫が主な餌となる 夏の野池などで効果を発揮することが多い。 フェザーフックは水中で水を含んでゆらゆらとするため、 小魚のヒレや虫に似ているのだ。 また、通常のフックよりも水の抵抗を受けるため、移動距離を抑えたドッグウォークがしやすくなる。 フィールドのベイトフィッシュのヒレの色や虫の色に似たフェザーのカラーをチョイスすることで、さらなる釣果が期待できるだろう。 ポッパーを投げるべきポイントは? もちろんオープンウォーターエリアでバスを寄せて食わすことも可能だが、障害物、たとえばオーバーハングや杭、ウィードや岸際といった バスが身を潜めている周辺を狙うことで釣れる確率はグンと上がる。 また、シャローエリアでバスがベイトフィッシュを狙っている時には、スプラッシュなどのアクションをしてベイトフィッシュが追われている様子を再現することで、バスにスイッチを入れてボイルを発生させることができる場合もある。 フィールドで実践しよう! ポッパーは、 ロッドワークによって多彩なポップ音を出すことが可能だ。 様々なアクションをあらゆるフィールドで試すことで、さらなる釣果が期待できることだろう。 また、ポッパーを購入する際は以前紹介したこちらの記事も参考にして欲しい。 投稿ナビゲーション.

次の

ポッパーが扱いやすいベイトリールとそのタックルセレクト、使い方とは?

バス釣り ポッパー

小さなボディとアピール力のバランスが絶妙な元祖タイニーポッパー! 昔、良く使っていたルアーを久しぶりに使うと当時の思い出がよみがえるちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして勝手にインプレションするコーナー。 そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説しています。 今回はちかみやも若かりし頃にお世話になったラッキークラフトの名作タイニーポッパーであるベビーポッパーをインプレッションしていきます。 ベビーポッパーは小さなボディサイズに高いアピール力を持たせたタイニーポッパーで、しっかりしたポッピングをメインアクションにしたチャガー系ポッパーになります。 通常サイズのポッパー顔負けのポッピングでバスに気付かせ、その小さなボディで違和感を感じさせずにバイトに持ち込める非常に合理的なセッティングは後に多くのタイニーポッパーを誕生させるほど強力なメゾットとなりました。 そんな経歴を持ち、タイニーポッパーというジャンルを切り開いたベビーポッパーとはいったいどのようなルアーなのでしょうか?改めて掘り下げてみたいと思います。 50㎜程度のタイニーポッパー、今はそれほど珍しいモノではありませんが、昔はベビーポッパーくらいしかありませんでした。 現在のように虫パターンが確立されていなかった時代、一部のコアなアングラーの間では、ベビーポッパーを虫に見立てて使うシークレットが存在していました。 ベビーポッパーの構造と外見の特徴 ここではベビーポッパーの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。 じっくり注意深く見てみると細部に渡って細かい作り込みと工夫を発見する事が出来ます。 カップの形状 ベビーポッパーのカップはそれほど深くはないものの、しっかりとしたカーブが作られていて水を逃がさずに掴みやすい構造をしています。 一般的に強烈なポップ音が武器のチャガー系ポッパーは効率良く水を押すためにカップを深くしますが、カップが深くなると操作が重くなり、バランスも崩しやすくなります。 そこでベビーポッパーはカップを浅くする代わりに絶妙なカーブを付け、相反する性能を両立させています。 ラインアイの位置と角度 ラインアイの位置はセンターアイが採用されています。 ベビーポッパーのカップはボディサイズに対してやや大きな面積となっていて、浮き姿勢とのバランスを考えればカップ全体で効率良く水を押しやすくするのに非常に適したラインアイの位置と言えます。 浮き姿勢 浮き姿勢はほぼ水平に近い浮き姿勢を保ちます。 この浮き姿勢はドックウォークアクションなどの小技が効きやすく、オープンウォーターを幅広くサーチしやすい浮き姿勢でベビーポッパーに器用さを持たせるための工夫ではないかと思います。 ベビーポッパーはドックウォークも出来ますが、ドックウォークを優先すると水噛みが甘くなり、最大の魅力であるアピール力が大幅に減少してしまうので、状況によって使い分けましょう。 バレーヒルの邪道ブランドからリリースされているベビーポッパーのカスタムモデルは喫水の深くして、浮き姿勢を垂直に近い状態にチューニングしてあります。 これによってこのルアー最大の魅力である高いアピール力を引き出す事に成功しており、良い意味でさらに特化したポッパーとなっています。 ベビーポッパーの特徴と長所 ここではベビーポッパーが持つ特筆すべき特徴を3つに絞ってご紹介します。 それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。 小さなボディに秘められた高いアピール力 ベビーポッパーの特徴として挙げられるのが、ボディサイズに似つかわしくないアピール力の高さです。 小型のポッパーというのはどうしてもアピール力不足になる事が多いのですが、ベビーポッパーは通常サイズのポッパーに負けない位のアピール力を持っています。 小型のボディがもたらす高いバイト率 スモールボディのベビーポッパーはトップウォータープラグの中でもトップクラスのバイト率を誇ります。 特にプレッシャーが高く、通常サイズのポッパーでは水面付近までルアーを見に来るけれどもバイトには至らない。 という状況も決して少なくありません。 しかし、ベビーポッパーの場合、そのような現象は稀で、その小さなシルエットでスムーズにバイトまで持ち込める事がほとんどです。 ボディサイズを無視したキャスタビリティー性能 「ボディサイズを考えれば、それほど遠投には期待出来ないでしょ?」と思うかも知れませんが、ベビーポッパーは予想以上に飛びます。 ちかみやが若かりし日に行脚していた数々の小規模野池では何度対岸に打ち込んでしまってロストしたことか・・・そのくらい飛びます。 皆さんが想像そしている3~5割増しの飛距離が出ますので手加減するようにしてくださいね。 ベビーポッパーの大きな特徴 ・小さなボディに秘められた高いアピール力 ・小型のボディがもたらす高いバイト率 ・ボディサイズを無視したキャスタビリティー性能 この3点がベビーポッパーの大きな特徴になります。 以上で小さなボディとアピール力のバランスが絶妙な元祖タイニーポッパー!ベビーポッパーのインプレッションはおしまいとなります。 ベビーポッパーは先にご説明した通り、見た目は小さくて頼りなさそうなポッパーですが、実際にはとても扱いやすく、他のポッパーと比べて圧倒的にバイトが多いポッパーです。 通常のタックルでも不便なく扱えてサイズを問わずにたくさんのバスを釣れて来てくれるベビーポッパーはこれからトップウォーターゲームやポッパーそのものに挑戦しようと考えている初心者の方に結果を約束し、トップウォーターゲームの面白さを教えてくれる良き先生になってくれるでしょう。 バスが水面を意識している状態なら時期やシチュエーションを問わずにオススメ出来るポッパーで、プレッシャーやコンデションによってバスがルアーにシビアな状況ではとても効果的なルアーです。 サーフェイスゲームで結果を残して自信をつけたいアングラーさんにはうってつけのルアーと言えるのでは無いでしょうか? 今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

ポッパーおすすめランキング!海でも使える!?よく釣れる使い方紹介!

バス釣り ポッパー

この記事の目次• ポッパーというルアーについて ポッパーは、大きな口に水を受けてバスにアピールするトップウォータールアーの1種です。 「ポコッ」と空気を含みながら出すポップ音(pop)から、ポッパー(popper)の名前が付けられています。 ポッパーは水面をゆっくりと釣っていけるトップウォータールアーで、アピール度が高く、動かし方も多彩なので、どこでも使っていくことができます。 おすすめのポッパー5選 ここではバス釣り用のおすすめポッパーをご紹介します。 さまざまな製品の中から使いやすく、釣れるポッパーをピックアップしていますので、ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。 メガバス ポップX ポッパーで一番人気と言えるメガバスのポップX。 水を後方に流すウォータースルーのカップによって、甘い「チュピッ」といった音でバスを誘います。 スピニングでもベイトでも使える絶妙な大きさも魅力です。 ポッパーの動かし方 ポッパーは、さまざまな動かし方でバスを誘うことを得意としています。 以下にご紹介する4つの動かし方が基本となりますので、参考にしてみてください。 ポッピング ポッパーで最も多用される動かし方が「ポッピング」です。 ポッピングは空気をカップに含ませながら、水中にポッパーをほんの少しだけ突っ込ませるのが動かし方のコツとなります。 できるだけ真っ直ぐポッパーを引くようにすると、上手くポッピングアクションを引き出すことができます。 スプラッシュ 「スプラッシュ」は、水しぶきを飛ばしてバスにアピールする動かし方です。 水面を少し滑らせるように、ルアーを引っ張るのがコツとなります。 スプラッシュは、カップが浅いポッパーを使ったほうが出しやすいです。 ドッグウォーク ポッパーを左右にアクションさせる動かし方は「ドッグウォーク」と呼ばれています。 バスが小魚を追っているときにおすすめの動かし方で、ラインを少し弛ませておき連続して張ったり緩めたりを繰り返すのがコツです。 シェイク 「シェイク」はロッドを細かく震わせて、水面に波紋を立てて誘う動かし方です。 特に虫が多い状況で活躍してくれます。 またほかの動かし方でバスが寄ってきて一気に食わなかったときにも、シェイクは効果的です。 ポッパーは活性を上げる効果もあるルアー? ポッパーが出す音や水しぶきは、バスの活性を上げる効果もあるようで、全く釣れない状況でポッパーを投げ続けたあとに、ワームを投げて釣るといった方法もあります。 この方法はトーナメントで用いられることもある方法なので、覚えておくと便利です。 今回ご紹介したおすすめ品や動かし方を参考に、ポッパーでバスを釣ってみてください。

次の