アボカド 食べ 過ぎ。 アボカドの栄養素から期待できる効果効能を調査!食べ過ぎ注意!?

アボカドを毎日食べ過ぎるデメリットは?実はニキビ対策に効果的!

アボカド 食べ 過ぎ

スポンサーリンク 下痢や腹痛になる アボカドには水溶性の食物繊維が多く含まれています。 そのためあまり多くとりすぎると 腸の動きが過剰になってしまい、腹痛や下痢になることがあります。 吐き気や嘔吐の症状が出る 食物繊維を多く含む食物は 胃や腸に溜まりやすいのですが、その食物繊維を多く含むアボカドを過剰に摂取した場合、嘔吐や吐き気を引き起こすことがあります。 胃痛や胃もたれが起こる アボカドには 多くの脂質が含まれているため、過剰に摂取すると胃痛や胃もたれを起こすことがあります。 アボカドは過剰に摂取することによって上記のような症状が起こることがあるので注意が必要です。 他にも、アボカドはカロリーが高いため食べ過ぎると 太ってしまったり、脂質の多さから ニキビが増えてしまう、なんてこともあるようです。 不妊治療に有効な効果があるアボカド 女性に嬉しい効果がたくさん得られるアボカドですが、アボカドには不妊治療にも効果があることが分かってきたのです。 それではアボカドはなぜ妊娠率を上げることが出来るのでしょうか? ビタミンEが豊富 アボカドに多く含まれるビタミンEは 活性酸素を除去してくれるので内膜の質を良くして 着床率を上げることが出来ます。 太りにくい痩せやすい体を作る アボカドに含まれる脂質は 飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)といい、太りにくく脂肪を分解してくれる効果があります。 また、ミネラルやビタミン、食物繊維が多く含まれているため代謝を良くして痩せやすい体にしてくれるのです。 妊娠には太りすぎも悪影響を及ぼしますので、アボカドのように良質な脂質が含まれていたり、 代謝を良くする食べ物を食べると良いのです。 一価不飽和脂肪酸(いっかふほうわしぼうさん)で妊娠率を上げる アボカドに含まれる一価不飽和脂肪酸には妊娠率を上げる効果があることが分かりました。 2012年に行われた実験では、 一価不飽和脂肪酸を多く摂取することにより、 体外受精の成功率が3. 4倍に上がったという報告もされているのです。 一価不飽和脂肪酸はアボカドの他にオリーブ脂やなたね油にも含まれていますので、アボカドのサラダを食べるときに オリーブオイルでドレッシングを作るなどの工夫をしても良いですね。 アボカドの種について見てきましたが、アボカド自体の効果についてはこちらに詳しく書いています。 妊娠率を上げることが分かったアボカド アボカドには体の調子を整えたり、肌や髪をきれいにする以外にも、妊娠率を上げる効果があることが分かりました。 余り食べ過ぎると、お腹の調子が悪くなったり、カロリーオーバーによって太ってしまうアボカドですが、適量を保って食べる分には良い効果をたくさん得ることが出来ます。 最近肌が気になっている人や、妊活をしている女性の方は毎日アボカドを定期的に摂取してみてはいかがでしょうか。

次の

アボカドの食べ過ぎ注意!食べ過ぎは太ったり下痢や吐き気が!?

アボカド 食べ 過ぎ

「森のバター」とも呼ばれるアボカドは、とても健康に良い食材です。 老化の防止、体内のデトックス、血液をサラサラにするなど様々な効果があります。 脂肪の燃焼にもよく、ダイエットにもおすすめの食べ物。 ただ、果物の中ではカロリーが高い部類に入るので、食べ過ぎには注意が必要です。 今回は、アボガドの持つパワーと、食べるときの注意点についてご説明します。 皮膚の新陳代謝を高めてシミやそばかすを防止してくれるビタミンEや、皮膚や粘膜の正常保持効果があるビタミンA、免疫力アップや、コラーゲンの生成を促進してくれるビタミンCなどが豊富に含まれています。 これらの成分を取るとアンチエイジング効果も期待できます。 ビタミン以外の栄養素にも着目。 アボカドのコエンザイムQ10には生活習慣病予防や美肌効果があり、カルシウムやリンには骨を強くする働きがあります。 さらにグルタチオンという成分には解毒を促進させて肝臓を助ける働きがあるので、飲酒・喫煙で疲れた肝臓を癒す力も。 また、アボカドに含まれるビタミンEの抗酸化作用はがんの予防、プロトカテク酸にはがん細胞の増殖を抑制する効果があるといわれています。 アボカドには脂肪分が多いですが、体に良いタイプの脂肪なので摂っても問題ありません。 アボカドにはリノール酸やオレイン酸、リノレン酸といった不飽和脂肪酸が含まれています。 これには悪玉コレステロールを抑える働きがあるので、むしろ体にとっていい働きが期待できるでしょう。 コレステロールの吸収を抑えられると血液がサラサラになり、動脈硬化の予防につながります。 アボカドを一つ食べるだけで、これだけ多くの栄養素を摂取することができるのです。 アボカドにはゴボウ1本分もの豊富な食物繊維が含まれていますが、食物繊維には腸内の環境を良くしてくれる効果があるので、便秘に悩む人には心強い味方です。 またアボカドに含まれるカリウムには、摂り過ぎたナトリウムを尿として排出してくれる働きも。 余分なナトリウムが体内から出ていくことで、高血圧の予防にもつながります。 現代は塩分過多の食事が問題視されますので、カリウムは積極的に摂っておきたい成分の1つです。 また、脂肪を燃焼してくれるうえに満腹感も高いのでダイエットにも適している食材です。 アボカドに含まれる消化酵素やオレイン酸には脂肪を分解、燃焼させる効果があります。 運動の前にアボカドを口にすれば、効率よく脂肪を吸収・消化できるでしょう。 食べ方として、バターの代わりに使うのがおすすめ。 パンを食べるときなどにバターを塗る代わりアボカドを塗って、カロリーを抑えてみてください。 食べ過ぎに注意! 満腹感を得られ、栄養価も高い夢のような食材のアボカドですが、高カロリーという難点もあります。 アボカドは1つ220カロリーと、ご飯1杯分くらいのカロリーがあるので、ご飯も同じように食べていては、カロリーの過剰摂取につながります。 適度なカロリー摂取を心がけるのであれば、普段からごはん1杯分減らす食事を意識してみてはいかがでしょうか。 もしくは切って半分だけ食べる、という食べ方もいいかもしれません。 カットしてある場合でもきちんとラップで包めば、冷蔵保存で2日程持つので、小分けに食べることも可能です。 果物を食べ過ぎて太るということは滅多にありませんが、アボカドの場合は果物の中でもカロリーが高い種類なので要注意です。 しかし、健康効果はとても高いので食べ過ぎない範囲でぜひ取り入れてみてください。

次の

アボカドの食べ方

アボカド 食べ 過ぎ

妊婦はアボカドを食べてもいいの? 結論から言うと、妊娠中にアボカドを食べても問題ないです。 むしろ、 栄養価が高いのでバランスよく摂取していきたい食材でもあります。 ただし、妊娠糖尿病などで医師から食事制限するように 言われている場合や、太り気味の妊婦さんはアボカドはカロリーが 高いため控えた方が良いかもしれません。 また、食べ過ぎには注意すべきですし、 アボカドにアレルギーもお持ちの方も控えるようにしましょう。 特に、妊娠してから初めてアボカドを食べるという場合は、 妊娠中は、妊娠前と比べて体質が変化している可能性があるため、 少量食べて様子を見るようにしてください。 アボカドの効果はすごかった!? 森のバターと呼ばれるほど、栄養価の高いアボカドですが、 栄養成分を見てみると、 アボカド1個(可食部)140gあたり エネルギー 262kcal たんぱく質 3. 5g 脂質 26. 18g 炭水化物 8. 68g ビタミンA 8. 62mg ビタミンB1 0. 14mg ビタミンB2 0. 29mg ビタミンB6 0. 45mg ビタミンC 21mg 葉酸 117. 6mg 鉄 0. 98mg 食物繊維 7. 42g このようになっております。 参照: 葉酸摂取に優れている? 妊娠中に特に必要になってくる 葉酸は1個あたり117. アボカドは果物の中でも葉酸が多く含まれているので 妊娠中にはありがたい食材と言えます。 カリウムにはナトリウム(簡単に言うと塩分のこと)の排出を促す働きがあるため、 血圧を下げたり、むくみ対策にも良いと言われています。 食物繊維で便秘対策 アボカドの 食物繊維は果物の中でもトップクラス。 1個でおよそ7. 42gも含まれているため、 便秘対策や腸内環境を整えるのに活躍してくれます。 血液サラサラ効果 アボカドの脂肪分はほとんどが不飽和脂肪酸です。 アボカド100g中、不飽和脂肪酸13g程度含有。 この不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らし 血液をサラサラにする効果がありますので、 動脈硬化予防にも期待できます。 というように、 妊娠中に欲しい栄養素である カリウム、鉄分、食物繊維、葉酸などを 多く含んでいます。 食べ過ぎるとどうなるの? 栄養分の多いアボカドですが、注意しなければいけないことがあります。 それは、 カロリーが高いということ。 アボカド1個食べるだけで、 262kcalも摂取してしまうことになります。 (100g中187kcal) この量は、ちょっと多めによそったご飯1膳分(150g)くらいあります。 通常の食事にプラスアルファしてアボカドを食べると、 カロリーの摂り過ぎになる可能性があります。 適切な量は、上記のように人によって異なるため あくまでも目安としてですが、 1日にアボカド半分~1個でとどめておく方が良いかと思います。 気を付ける部分は、 アボカドを食べることによって何か体に症状が現れていないかどうか? 総カロリーと栄養バランスが整っているかどうか?という部分を見てください。 アボカドを食べるときの注意点とは? アボカドを食べる際、サラダにしたりスムージーに入れたり、 パスタなど料理に入れたりすると思いますが、 アボカドにマグロという組み合わせを聞いたことがあるかと思います。 妊娠中は、免疫力が非妊娠時と比べて下がる傾向にありますので、 できるだけ生ものを摂取しない方が良いでしょう。 ですので、アボカドとマグロやサーモンなど生ものを和えるということは 極力避けた方が良いでしょう。 また、マグロには水銀が含まれていると言われており、 妊婦は1週間にクロマグロだと80gまで。 メバチマグロだと1週間で80gまで。 ミナミマグロだと1週間で160gまで。 と、厚生労働省から出されています。 参照: ですので、アボカドは食べ過ぎに注意する他、 料理法でもちょっとした注意が必要かと思います。

次の