もったいないお言葉ありがとうございます。 『もったいない』に対して思うこと

褒められた時の返し方の敬語・間違えやすい言葉・おすすめ返し方

もったいないお言葉ありがとうございます

「お心遣いありがとうございます」の意味と使い方 「お心遣い」の読み方は「おこころづかい」 「お心遣い」の読み方は、 「おこころづかい」です。 「お心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろと気を使うこと」 「お心遣い」の意味は ・人のためを思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」のことを表しています。 「お心遣いありがとうございます」は相手の思いやりに対するお礼・感謝に使う 「お心遣いありがとうございます」は相手から思いやった行動をしてもらったときに、感謝を伝える言葉として使います。 そのため相手から何もしてもらっていないときに使うと不自然になります。 「お心遣いありがとうございます」がビジネスに不向きな2つの理由 「お心遣い」は意味的に"真心"や"おもてなし"を指す 「お心遣い」は意味的に「真心」や「おもてなし」「気持ちのこもった行為」を指します。 ビジネスにおいては、真心というよりも利害関係を意識して行動取るのが普通ですので、「相手の真心に対して感謝する」ということはあまりないでしょう。 「気遣い」や「配慮」の方が使われることが多くなります。 よって、ビジネスシーンで「お心遣いありがとうございます」の使用頻度はあまり高くないでしょう。 「お心遣い」は和語 訓読み なので、口語や手紙、挨拶文に適している また、「お心遣い」は和語です。 和語は柔らかい響きがあり、口語や手紙などで使うのに適しています。 また、ビジネス文章に訓読みの言葉はふさわしくないとされています。 そのため音読みの「ご配慮」などを使いましょう。 「ご配慮ありがとうございます」については後述しています。 「お気遣いありがとうございます」との違い 「お気遣い」の意味は「気を使うこと」「心配や気がかり」 「お気遣い」の読み方は、 「おきづかい」です。 まず「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて「お気遣い」となるため、目上の相手に使います。 「お気遣い」を使う場面は ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき の2つがああります。 「お気遣いありがとうございます」は1つ目の感謝を伝えたいときに使います。 気遣う必要がない、といった場合は「お気遣いはなさらないでください」などと使います。 「お心遣いありがとうございます」の類語・言い換え 「ご配慮ありがとうございます」が定番 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 例文 ・ご配慮いただき誠にありがとうございます。 ・この度は私の体調をご配慮くださり、誠にありがとうございました。 ・日頃より格別のご配慮を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配慮ありがとうございます」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」に対する感謝を表した言葉です。 敬語表現のため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 「配慮」は「はいりょ」と読み、「他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「配意」は「はいい」と読み、「心を配ること、心配、配慮」といった意味があります。 「ご配慮ありがとうございます」などと同じように使うことができますが、あまり一般的ではなく少し堅い言葉となります。 そのため敬意をしっかり払うべき相手や、普段関わりの少ない相手に対して使うと良いでしょう。 例文 ・ご配意をいただき、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配意ありがとうございます」だと少し堅い語に 「ご高配」は 「相手の配慮」に対して敬意を払った言葉になります。 「ご高配」は主にビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 特に取引先や顧客などに対して用いられています。 「ご高配賜りありがとうございます」「ご高配に心より感謝申し上げます」などといった形でもよく使われます。 例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配ありがとうございます」だとより丁寧なニュアンスに 「ご厚情ありがとうございます」はかしこまった挨拶文でも使われる 「ご厚情」は 「厚いなさけ」「心からの不快思いやり」の敬語表現となります。 「ご厚情を賜り」「ご厚情の賜物」など、かしこまった挨拶文でもよく用いられている表現です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。 「ありがとうございます」の代わりに「痛み入ります」を使うのもOK 「痛み入る」は「いたみいる」と読み、 相手の親切や好意に恐縮し、感謝することという意味があります。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 しかし「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなくあくまでも「感謝」の気持ちを表します。 例文 ・ご面倒をおかけすることになり、痛み入る思いです。 ・小暮様のお心遣い、誠に痛み入ります。 ・この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。 皆様のお気遣い痛み入ります。 「お心遣いありがとうございます」への返事・返信 「どういたしまして」は不自然 「心遣い」は相手に対して思いやりの行動です。 それに対して感謝を述べられたときは「どういたしまして」ではなく、ここでも謙遜していることを表現しましょう。 「とんでもないことでございます」「滅相もないことでございます」が定番 「とんでもない」を丁寧にした言葉が「とんでもないことでございます」、「滅相もない」を丁寧にした言葉が「滅相もないことです」です。 「とんでもない」も「滅相もない」も「そんなことはない」といった意味になります。 相手から褒められたりした時や感謝された時に、謙遜や遠慮の意味も含めて「褒められるほどではありません」「感謝されるほどではありません」といった意味合いで使います。 ただ否定の意味合いがある言葉ですので、「感謝したのに否定されてしまった」と思われてしまうことがあるため注意しましょう。 「您」は「あなた」の丁寧な言い方です。 「的」は日本語の「の」にあたります。 」 「お気遣いありがとうございます」の韓国語は「신경써주셔서 감사합니다. 」です。

次の

どんな時に「もったいない」と感じますか?

もったいないお言葉ありがとうございます

用言(活用する語)のあとに「ダ」や「デス」の連用形・終止形・連体形は 接続しない(『日本語の作文技術』p. 223) 「死んじまっただ」なんて日常会話で使わないよ、という人も「おいしかったです」「良かったです」なら一度や二度使ったことがあるかもしれません。 「おいしかったです」「良かったです」から敬語を除いて常体にすれば「おいしかっただ」「良かっただ」となり「死んじまっただ」と同じ形です。 「とんでもないです」もよく耳にする言葉ですがこれは「あぶないです」と同じ形です。 本多氏が「軽薄・下品」と評したこの「サボリ敬語」ですが、平成19年の『敬語の指針』では、「とんでもないです」どころか、「とんでもございません」が認められました。 本多氏がこれをどのように受け止めたかわかりませんが、私は「サボリ敬語」だと考えます。 それも、「 何でもかんでもデスをつけてごまか」すこと以上のサボリです。 何にでも使える言葉とは何も意味していないのと同じです。 単に相手から同意を得るための言葉に過ぎません。 同意を求められる相手にしてみても、特に何も意味していなければ反論する必要もありません。 どのように「ヤバイ」のかを深堀りして、「うーん、そういう見方もあるかもしれないけど、私は少し違う感じ方をしていて」なんて言わなければならないような状況になりたくない人たちにはとても便利な言葉でしょう。 そして「ヤバいよね」「ヤバいヤバい」という言葉のキャッチボールは連帯感や仲間意識を作ってくれます。 では「とんでもございません」はどうでしょうか。 例えば「赤い」という形容詞だけでは何を言いたいのかわからないので、「赤い花が咲いているよ」「目が赤いね」などと言わなければいけません。 同様に、「とんでもない」を使って文章を作るならぱっと思いつくのは下記のような例です。 「そのようにもったいないお言葉をかけていただくなど、とんでもないことです」 「とんでもない。 そのようなことはお気になさらないでください」 「そのようなとんでもない。 私の立場で許されることではございません」 しかし、 「とんでもございません」が認められることで、それは独立語として使えるようになりました。 「素晴らしいわね」「とんでもございません」 「ごめんなさいね」「とんでもございません」 「ありがとう」「とんでもございません」 「俺をバカにしているのか」「とんでもございません」 敬語ですから、主に使われるのはビジネスの場だと思われますが、お客様に接する際や上司との会話で、 業務に直接関係のない感情を表すような言葉には、ほぼこの「とんでもございません」一言で対応できるのです。 特に「ありがとう」のように「とんでもない」という否定が不自然な言葉にも「とんでもございません」なら使えるということで、便利度は一気に上がります。 例えば、ホテルで客が荷物を運んでくれたポーターに「ありがとう」と言ったとしましょう。 そのとき、ポーターが「とんでもない」と言ったのでは返答になりません。 文章になっていない単語を一つ言うだけでは、敬語も使われていませんし、きちんとした一文ではなく省略した文章で話すことが敬意と反しています。 また、この場合の感謝は客が感じたことであり、それを言下に否定することは偉そうにも聞こえます。 しかし「とんでもございません」なら可能です。 「とんでもございません」の一言があれば「そのようにおっしゃっていただくと励みになります」「このようなことでお役に立てるならいつでもお申し付けください」「お礼には及びません」等々の その場その場で感じた敬意を言葉として紡ぎだす必要がなくなります。 そして、私が 「サボリ」というのはまさにこの点です。 業務に直接関係のない感情を表す言葉を言われたら「とんでもございません」と答える。 この機械的な作業に敬意はあるでしょうか。 相手が気持ちを込めて伝えてくれた言葉を機械的に打ち返すだけの言葉なら、相手は気持ちを込めれば込めるほど虚しく感じることでしょう。 実際に、文化庁の『平成25年度「国語に関する世論調査」の結果の概要』を見ると、平成15年度の調査時より「とんでもございません」という言い方が気になると回答した人の割合が増加しているのです。 「とんでもございません」という言葉を使っていても機械的とは限らない、ちゃんと気持ちを込めているという人も勿論いるでしょう。 そのような人なら、その 込めている気持ちをちゃんと言葉にしてほしいと思います。 言葉数を減らし 手間を省こうとすること自体が敬意と反していますし、常々言葉にしていないと段々言葉を忘れ、気持ちも忘れてしまうようになります。 ジョージ・オーウェルの小説『 1984年 』もよかったら読んでみてください。 言葉が言葉を使う人そのものに与える影響の大きさが描かれています。 ) 言葉を大切にすることは、自分の気持ちを大切にすることです。 相手を大切に思う気持ちを表す言葉なら、なおさら大切にしてほしいと思います。 それでは、また。

次の

もったいない: ありがとうございますしあわせ純子の日記

もったいないお言葉ありがとうございます

1:お褒めの言葉をいただいたけど…なんて答えればいいか悩みます お褒めの言葉をいただく……おそらく褒めてくれた相手は、取引先などお客さまか、社内では上司ですよね。 しかし、接客業に限らず、関わったお客さまからお褒めの言葉をいただいた場合、その返答というのは非常に重要。 返答が悪かったら、かえってマイナスになってしまうことも。 「ありがとうございます」でいいんでしょうかな、なんだか生意気な感じがしちゃうかな、謙遜すべきなのかな……。 そう迷ってしまう人が多いのではないでしょうか? 2:お褒めの言葉の返答は難しい!間違えやすいマナー お褒めの言葉をいただいて、何も返事をしないのは失礼ですし、返事の仕方が悪いと、相手の気を害さないとも限りません。 お褒めの言葉に対する返答のマナーを考えてみましょう。 (1)「そんなことはないです」はNG! 謙遜は日本人の美徳とも言われますが、人に褒められて反射的に「そんなことはないです」と否定してしまうのは、却って失礼にあたり逆効果。 過度な謙遜や卑下は、せっかく美点を見つけてくれた相手を否定することと同じ。 また、「たまたまです」などと言うのは、「えっ、まぐれなの? 褒めて損した」と思われかねず、これもいい返答とはいえません。 (2)当然という態度もNG! 謙遜もダメで当然もダメならどうすりゃいいんだ……そう思われるかもしれません。 本当に、お褒めの言葉の返答は難しいのです。 接客業の場合は、言葉で直接言われることが多いでしょうけど、そんなとき、「努力しているのだから、褒められて当然」みたいな態度を取ってしまっては、印象がよくありません。 笑顔でさりげなく返事をしましょう。 (3)「ありがとう」のひと言で終わらせない 「ありがとうございます」……お褒めの言葉をいただいたときの定石とも言えるひと言ですが、それだけで終わらせてしまえば、素っ気ない感じがして、せっかく褒めてくれた相手もガッカリするかもしれません。 「もったいないお言葉です」と添えたり、あるいは「とても光栄です」「嬉しく思います」などと気持ちを表わす言葉を加えたりしてもいいでしょう。 「身に余る光栄です」というのは、よく聞く返答の言葉ですね。 いずれにしても、お褒めの言葉は素直に受け止めるべきものなのです。 3:「お褒めの言葉ありがとうございます」以外にも!褒められたときの好感度の高い返し方文例 (1)謙虚さも同時に伝わる 「ありがとうございます。 上司の指導もあって、ここまでできました」 仕事はチームプレーで行うことが多いもの。 自分の実力で行ったものであっても、上司や会社を立てることによって、謙遜している様子が伝わり、好感度が増すでしょう。 上司や先輩から褒められた場合には、この返答がおすすめです。 (3)お褒めの言葉が今後に繋がる 「とても励みになります。 今後も精進致します」 褒めたことによって、さらに高みを目指すことを伝えることで、相手も褒めて良かったと感じられます。 その他にも、「これからも頑張ります」「モチベーションが高まりました」などがあります。 4:お褒めの言葉に対する返事…英語ではどう返すべき? 日本語だろうと英語だろうと、「ありがとう」つまり「Thank you」だけでは、素っ気なく感じられてしまう可能性も。 えっ、英語が苦手? では、それに続くフレーズをしっかり覚えておきましょう。 (1)素直に表現する Thank you for your compliment. (褒めて下さり、ありがとうございます) 「compliment」は「称賛」という意味。 代わりに「褒める」という意味の「praise」を使って「Thank you for praising me. 」という言い方もあります。 (2)自分ひとりの力ではないという謙遜表現 That is kind of you to say so, but it was really a joint effort by everybody. 「優しい言葉をありがとうございます。 でも、チームが一体となって努力した結果です」という意味。 チームという言葉に惹かれるのは、日本人ばかりではありません。 「ありがとうございます。 でも、まだ勉強中です」という意味で、これもさらっとしていて好ましいでしょう。 米国人はストレートな表現を好み、英国人は謙遜を好むと言われるなど、英語表現は国民性によって違いがあります。 謙遜する表現も覚えておきましょう。 5:まとめ 謙遜もダメ、当然と思うのもダメと、さじ加減が難しいと思って、「いっそ褒められないほうがラク」などと思ってしまいそうですが、せっかく褒められたのですから、まずは素直に喜びましょう。 お褒めの言葉をいただいて、返答に迷ってしまう……なんて、なかなか褒められることない仕事をしている人にとってみれば、贅沢な話ですよ。 この記事を書いたライター 水野 文也 F. Mizuno ロイター通信記者から千葉県議会議員に転じ、現在は経済ジャーナリスト、アナリスト、行政書士。 株式評論でも知られる。 実はその昔、クイズ番組荒らしとして、数多くの番組で優勝した雑学オヤジ。 テレビ東京「TVチャンピオン」クイズ作家王選手権への出場経験があり、クイズ作家としての顔もある。

次の