パブリック オーガニック。 めちゃ精油!なパブリックオーガニックシャンプーの口コミと成分解析|使用感もレポ

【パブリックオーガニック】コスパ最高!リップにもチークにも使える700円のナチュラルコスメ♡

パブリック オーガニック

化学成分に身体がアレルギー反応を示す方や敏感肌の方も使用できるコスメとして重宝されています。 ちなみに、 海外では「オーガニックコスメ」を名乗るためには、 定められた認証基準をクリアしなければなりません。 各国・団体により認証基準は異なりますが、かなり専門的な話になってしまうので、他のサイトにお任せします。 一方、なんと 日本ではオーガニックコスメの明確なルールがありません! つまり、メーカーは オーガニック成分がわずかに入っているだけでも「オーガニックコスメ」を謳うことができちゃいます。 (なんてこったい!) 「オーガニック」というワードにとびつかず、 認証有無や主要成分などにも着目してコスメ選びを行うことが大切! 海外のオーガニック認証を取得しているブランドや、認証取得していなくとも独自のこだわりをもったブランドも沢山ありますので、どんどん紹介していきます! インフルエンサー紹介 — そばかすちゃん 今回のタイアップインフルエンサーは、 美容とアイドルが大好きな そばかすちゃんです。 念願のDior アディクトリップグロウオイルゲットした😭💕 015のチェリーオイル🍒 思ったより色づく!!何も塗ってない血色ゼロの唇がぱっと明るくなった😇 塗ってすぐはマキシマイザーみたいにスーっとするけど保湿力抜群でずっと潤う!縦じわもなくなる!😚 — そばかすちゃん Yumekaho5680 コスメレビューがとにかく分かりやすい! ( アイドル愛用コスメのまとめ能力も半端ない!人手不足のうちで働いてほしい!) 今回は、無色のリップレビューということで、写真だけでは使用感が伝わりにくい難しい企画でしたが、そばかすちゃんの丁寧なレビューコメントのお陰で成立しました…! 比較したオーガニックリップはこちら! 左から…• キールズ リップバームNo. 赤ちゃんから家族みんなで使える、シアバター配合のスキンケアブランドです。 この商品、ガッサガサの唇を救済しにかかる場合は、 全然潤いがもの足りません。 軽めの付け心地のため、口紅下地としてはおすすめです。 香りつき(オレンジ)は、内容量は変わりませんが100円高いです。 「COSKICHI (コスキチ)」は、ナチュラル&オーガニックコスメのセレクトショップCosme Kitchen(コスメキッチン)から生まれたオリジナルブランド。 商品名の「薬用」という表記ですが、これは医薬部外品で認められているもので、化粧品と比べ効果・効能が期待できるとされています。 医薬部外品でありながら、 オーガニック認証(ECOCERT)を取得するというのは史上初!開発期間2年という熱の入り方です。 原材料の100%が天然由来、内73%がオーガニック原料。 無香料タイプはありません。 今回のレビューでは短期的な使用感やコスパの面でパッとする特徴がなくこのような順位に落ち着きましたが、長く使えば良さが出てくるかも。 国際有機認定機関としては世界最大規模の ECOCERTでオーガニックコスメの認証取得をしています。 原材料の100%が天然由来、内73%がオーガニック原料です。 100%精油調合の香りづけで、身心を解きほぐすことを商品コンセプトとしているため、全て香り付きです。 サラッとした塗り心地で、コッテリしすぎたテクスチャーが苦手な方にもおススメ。 次に紹介するアルジェランと似たようなスペックなのですが、 「潤いの持続性」と 「無香料タイプの展開がない」ことからアルジェランが一つ上にランクインしました。 マツモトキヨシのプライベートブランドとして一躍有名になったオーガニックコスメブランド。 スルスルと使い心地も良く、潤いもそこそこです。 5位のザ パブリックオーガニック同様、 ECOCERTの認定あり。 この価格でありながら、 原材料の100%が天然由来、内83%がオーガニック原料。 しかも、 100%フードグレードのみを使用し「食べられる成分100%」との謳い文句まで。 ( こんなに大胆な謳い文句はアルジェランか詐欺師くらい) ちなみに、100円ほど高い価格帯でカラーリップの展開もあります。 そばかすちゃんのコメントにある通り、独特のにおいがあるため、苦手な人もいるかも。 あと、キャップが空けにくいです。 ( キャップ空けてくれる男さえいれば…いれば…) こちらも555円とコスパが良いリップ。 上位のジョンマスターオーガニックと似た感触で、溶け出すように伸びます。 ブランド名にオーガニックを冠していることもあり、 食品基準のオーガニック認証USDAを取得しています。 無香料タイプはありませんが、こちらのオリジナルシトラスが一番人気の香りです。 香りは定番物に加え、その時々で限定フレーバーもでているため要チェック! 唇の上でとろける滑らかな塗り心地や保湿力の高さは、ドラックストアの500円以下のリップとは一線を画すものがあります! 品質は文句なしですが、他商品と比較して手を伸ばしにくいお値段からこの順位です、、、 オーガニックリップ 第2位 キールズ リップバームNo. オーガニックとして認識されていることも多いこちらのリップ、実は オーガニックではありません。 このリップも例外ではなく、 唇荒れや皮むけに悩む方にも一度試してほしい!とおすすめしたくなりました。 保湿力も素晴らしいです。 絶対オーガニック!というこだわりがない方であれば、推せるリップです。 1 栄えある第1位は、 マジックソープで有名なドクターブロナーのリップバーム。 合成保存料、合成着色料、合成添加物は完全不使用。 The 王道 of 王道! このブランドはオーガニックに相当なこだわりを持っていて、 このリップバームも食品基準の厳しいオーガニック認証(USDA)の他、複数の認証を取得しています。 そばかすちゃんのコメントにもある通り、潤いの持続力も高く、 お休み前のリップケアとしてもおススメです! 1. 使用期限が短い 一般的にコスメの使用期限は開封後1年といわれていますが、防腐剤などが使われていないオーガニックコスメの使用期限はかなり短いです。 例えば、今回比較のアルジェランの使用期間は3ヵ月。 他のリップも3ヵ月~半年程度でした。 2.緩くなりやすい 天然由来原料が多く含まれるため仕方ないことですが、温度が上がるとかなり緩いテクスチャーになります。 (だからこそスルスル塗れる使用感が実現するのですが…) 夏場は特に注意です!また、ポケットに入れたままの状態も避けてください。 唇の温度でもスルスル溶けるものが多いので、スティック状のものは長く出しすぎると折れてしまったり、戻らなくなってしまいます。 塗る時は1~2mm程度、少しずつ出して使ってください! いかがでしたでしょうか? 近年、オーガニック思考の波が様々な製品に広がり、コスメもまた例外ではありません。

次の

【1000円以下!】オーガニック認証 精油カラーリップスティック / THE PUBLIC ORGANICのリアルな口コミ・レビュー

パブリック オーガニック

最終製品の95%以上は自然由来原料 水を含む であること。 最終製品の10%以上はオーガニック原料であること。 製品の香りづけは100%精油であること。 各製品においてオーガニック原料を具体的に開示すること。 洗浄成分の中でも、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸Naは使用しないこと。 石油由来成分の中でも、鉱物油、タルク、フェノール、パラフィン、カルボマー、PEG、PGは使用しないこと。 シリコンは使用しないこと。 合成着色料は使用しないこと。 微生物由来原料及び、ハチミツ、ミツロウを除く、動物原料は使用しないこと。 ナノ粒子原料は使用しないこと。 可能な限り防腐効果のある植物原料を使用し、石油由来の防腐原料は最低限の配合に留めること。 原材料は出来るだけ自然に還る生分解性のあるものを選ぶこと。 容器や関節包材はリサイクル可能なものを使用すること。 動物実験を実施しないこと。 全ての製品で第三者機関によるヒトパッチテストを実施すること。 原料から制作過程に至るまで、厳格な品質検査、管理をすること。 ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。 適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。 ということで、実際にアイテムを見ていきます。 シンプルかつ高級感のあるボトル まずはシャンプーボトルからです。 シンプルな容器とパッケージですが、それが逆に高級感をだしています。 リサイクル可能な容器とのことですが安物感はなく、ワインボトルのような大人のデザインです。 ノズルはいたって普通で、押しこみやすく機能性は高そう。 飾っていても飽きのこないデザインで好印象です。 トリートメントも同じデザインで色は違うものの、使い慣れるまでシャンプーと見分けはつきづらそうです。 とはいえ丸みもあり、倒れたりストレスになりそうな要因は見当たりません。 シャンプーやトリートメントのデザインはザ パブリック オーガニック共通となっていて、お買い間違いに注意が必要かも… しかし並べてもお洒落なので、質感は違いますが他の香りのシャンプーやトリートメントを、その日の気分で使い分けるのもありだな~と思います。 このシャンプーの成分的な大きな特徴は、 アロエベラ液汁が洗浄成分よりも多く配合されていることで、美肌効果や紫外線から皮膚を守る効果があります。 その他にもオレンジ油、ユーカリ油、ラバンデュラハイブリダ油、アトラスシーダー樹皮油、ティーツリー油、レモン果皮油、スペアミント油、ニオイテンジクアオイ油…と、オーガニック由来の着香剤、保湿成分、頭皮保護成分がたっぷり配合されています。 洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタインとヤシ油由来のマイルドな洗浄成分なので、頭皮や髪には非常に良さそう。 とはいえ、髪の補修成分やエモリエント成分は少なく、シリコンも入っていないため、ダメージヘアやロングヘアの人への使用感には少し不安を感じます。 トリートメントも頭皮保護成分のアロエベラ液汁から始まり、ベヘニルアルコール、べヘニルPGトリモニウムクロリドと、ナタネ油由来の髪のコンディショニング成分が入っています。 オレンジ油とティーツリー油は肌を整える効果があり、ユーカリ油、ラバンデュラハイブリダ油、アトラスシーダー樹皮油、レモン果皮油、スペアミント油、ニオイデンジクアオイ油と天然の精油の着香成分が続きます。 トリートメントのエモリエント成分はホホバ種子油、ポリクオタニウム-10、ラウリン酸メチルヘプチルだけと、少し物足りないなというのが正直なところ。 保湿剤はシア油、オリーブ果実油、カカオ脂、アルガニアスピノサ核油など入っていますが、やはりオーガニックのアロマがコンセプトの商品なので、ダメージを補修するとは言えない内容成分だな~という印象です。 オーガニックは香りがいいものの、質感が悪い商品が多いのですが、ザ パブリック オーガニックはなかなかな保湿力のため市販品の中では品質は高めです。 実際に使ってみた印象としては、香りは満点ですが質感はそこそこです。 シャンプーやトリートメントの質感を良くするのに、石油由来の成分や化学製品が安価だったり手軽なのですが、このザ パブリック オーガニックは徹底した自然由来のコンセプトで、それをせずに製造しています。 そのため、 シャンプーの質感は良いとは言えないので、頭皮が敏感な方にはおすすめできるものの、髪への質感は微妙です。 一方で、トリートメントもオーガニックのわりには、という注釈は外せませんが、使っていて好印象なアイテムではあります。

次の

ザパブリックオーガニックの種類と違い。どれがいいか比較してみた

パブリック オーガニック

化学成分に身体がアレルギー反応を示す方や敏感肌の方も使用できるコスメとして重宝されています。 ちなみに、 海外では「オーガニックコスメ」を名乗るためには、 定められた認証基準をクリアしなければなりません。 各国・団体により認証基準は異なりますが、かなり専門的な話になってしまうので、他のサイトにお任せします。 一方、なんと 日本ではオーガニックコスメの明確なルールがありません! つまり、メーカーは オーガニック成分がわずかに入っているだけでも「オーガニックコスメ」を謳うことができちゃいます。 (なんてこったい!) 「オーガニック」というワードにとびつかず、 認証有無や主要成分などにも着目してコスメ選びを行うことが大切! 海外のオーガニック認証を取得しているブランドや、認証取得していなくとも独自のこだわりをもったブランドも沢山ありますので、どんどん紹介していきます! インフルエンサー紹介 — そばかすちゃん 今回のタイアップインフルエンサーは、 美容とアイドルが大好きな そばかすちゃんです。 念願のDior アディクトリップグロウオイルゲットした😭💕 015のチェリーオイル🍒 思ったより色づく!!何も塗ってない血色ゼロの唇がぱっと明るくなった😇 塗ってすぐはマキシマイザーみたいにスーっとするけど保湿力抜群でずっと潤う!縦じわもなくなる!😚 — そばかすちゃん Yumekaho5680 コスメレビューがとにかく分かりやすい! ( アイドル愛用コスメのまとめ能力も半端ない!人手不足のうちで働いてほしい!) 今回は、無色のリップレビューということで、写真だけでは使用感が伝わりにくい難しい企画でしたが、そばかすちゃんの丁寧なレビューコメントのお陰で成立しました…! 比較したオーガニックリップはこちら! 左から…• キールズ リップバームNo. 赤ちゃんから家族みんなで使える、シアバター配合のスキンケアブランドです。 この商品、ガッサガサの唇を救済しにかかる場合は、 全然潤いがもの足りません。 軽めの付け心地のため、口紅下地としてはおすすめです。 香りつき(オレンジ)は、内容量は変わりませんが100円高いです。 「COSKICHI (コスキチ)」は、ナチュラル&オーガニックコスメのセレクトショップCosme Kitchen(コスメキッチン)から生まれたオリジナルブランド。 商品名の「薬用」という表記ですが、これは医薬部外品で認められているもので、化粧品と比べ効果・効能が期待できるとされています。 医薬部外品でありながら、 オーガニック認証(ECOCERT)を取得するというのは史上初!開発期間2年という熱の入り方です。 原材料の100%が天然由来、内73%がオーガニック原料。 無香料タイプはありません。 今回のレビューでは短期的な使用感やコスパの面でパッとする特徴がなくこのような順位に落ち着きましたが、長く使えば良さが出てくるかも。 国際有機認定機関としては世界最大規模の ECOCERTでオーガニックコスメの認証取得をしています。 原材料の100%が天然由来、内73%がオーガニック原料です。 100%精油調合の香りづけで、身心を解きほぐすことを商品コンセプトとしているため、全て香り付きです。 サラッとした塗り心地で、コッテリしすぎたテクスチャーが苦手な方にもおススメ。 次に紹介するアルジェランと似たようなスペックなのですが、 「潤いの持続性」と 「無香料タイプの展開がない」ことからアルジェランが一つ上にランクインしました。 マツモトキヨシのプライベートブランドとして一躍有名になったオーガニックコスメブランド。 スルスルと使い心地も良く、潤いもそこそこです。 5位のザ パブリックオーガニック同様、 ECOCERTの認定あり。 この価格でありながら、 原材料の100%が天然由来、内83%がオーガニック原料。 しかも、 100%フードグレードのみを使用し「食べられる成分100%」との謳い文句まで。 ( こんなに大胆な謳い文句はアルジェランか詐欺師くらい) ちなみに、100円ほど高い価格帯でカラーリップの展開もあります。 そばかすちゃんのコメントにある通り、独特のにおいがあるため、苦手な人もいるかも。 あと、キャップが空けにくいです。 ( キャップ空けてくれる男さえいれば…いれば…) こちらも555円とコスパが良いリップ。 上位のジョンマスターオーガニックと似た感触で、溶け出すように伸びます。 ブランド名にオーガニックを冠していることもあり、 食品基準のオーガニック認証USDAを取得しています。 無香料タイプはありませんが、こちらのオリジナルシトラスが一番人気の香りです。 香りは定番物に加え、その時々で限定フレーバーもでているため要チェック! 唇の上でとろける滑らかな塗り心地や保湿力の高さは、ドラックストアの500円以下のリップとは一線を画すものがあります! 品質は文句なしですが、他商品と比較して手を伸ばしにくいお値段からこの順位です、、、 オーガニックリップ 第2位 キールズ リップバームNo. オーガニックとして認識されていることも多いこちらのリップ、実は オーガニックではありません。 このリップも例外ではなく、 唇荒れや皮むけに悩む方にも一度試してほしい!とおすすめしたくなりました。 保湿力も素晴らしいです。 絶対オーガニック!というこだわりがない方であれば、推せるリップです。 1 栄えある第1位は、 マジックソープで有名なドクターブロナーのリップバーム。 合成保存料、合成着色料、合成添加物は完全不使用。 The 王道 of 王道! このブランドはオーガニックに相当なこだわりを持っていて、 このリップバームも食品基準の厳しいオーガニック認証(USDA)の他、複数の認証を取得しています。 そばかすちゃんのコメントにもある通り、潤いの持続力も高く、 お休み前のリップケアとしてもおススメです! 1. 使用期限が短い 一般的にコスメの使用期限は開封後1年といわれていますが、防腐剤などが使われていないオーガニックコスメの使用期限はかなり短いです。 例えば、今回比較のアルジェランの使用期間は3ヵ月。 他のリップも3ヵ月~半年程度でした。 2.緩くなりやすい 天然由来原料が多く含まれるため仕方ないことですが、温度が上がるとかなり緩いテクスチャーになります。 (だからこそスルスル塗れる使用感が実現するのですが…) 夏場は特に注意です!また、ポケットに入れたままの状態も避けてください。 唇の温度でもスルスル溶けるものが多いので、スティック状のものは長く出しすぎると折れてしまったり、戻らなくなってしまいます。 塗る時は1~2mm程度、少しずつ出して使ってください! いかがでしたでしょうか? 近年、オーガニック思考の波が様々な製品に広がり、コスメもまた例外ではありません。

次の