ポケモン 剣 盾 レイド バトル。 【ポケモン剣盾】マックスレイドバトルの仕様・フレンドとの協力プレイ方法まとめ

#ポケモン剣盾 ソロでやるマックスレイドバトル 〜期間限定(ピックアップ)キョダイマックス 23種|いもづるしきの読書|note

ポケモン 剣 盾 レイド バトル

レイド用におすすめのポケモン 『効率周回向けのおすすめポケモン』と『高難易度の攻略におすすめのポケモン』に分けて紹介していきます。 効率周回向けのおすすめポケモン 効率周回向けのポケモンとして5種類紹介します。 この5種類を育てて使い分けていくのが良いでしょう。 ムゲンダイナ 最初に紹介するのは、ストーリーをクリアした方ならみんな持っているであろうムゲンダイナ! 専用技の『ダイマックスほう』はダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 ドラゴン技の通らないフェアリータイプには『ヘドロばくだん』、半減してくる鋼タイプには『かえんほうしゃ』で打点が持て、伝説のポケモンであることから耐久も申し分ないです。 とりあえず、ムゲンダイナさえ育てておけばほとんどのレイドに参加できるので、まだ何も育てていないという方はこのポケモンを育てておくと間違いないでしょう。 持ち物は『こだわりメガネ』がおすすめです。 ザシアン 『くちたけん』を持たせたザシアンの専用技である『 きょじゅうざん』は、ダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 また、バトル開始時に攻撃が1. 5倍になる『ふとうのけん』の特性を持っており、短期決戦にとても向いているポケモンです。 フェアリータイプ以外にはムゲンダイナ、フェアリータイプにはザシアンといった使い分けをするのも良いでしょう。 ウオノラゴン 完全無欠に見えるムゲンダイナですが、『ダイマックスほう』のモーションが長いのが難点です… ウオノラゴンは、そんなモーションまで効率化したいという方におすすめのポケモンとなります。 ウオノラゴンの『 エラがみ』は先制を取ると威力2倍で撃つことができ、モーションもとても短くなっています。 ソロプレイでは戦闘アニメーションをオフにすることができますが、マルチプレイではオフにできないので、野良のマルチに参加するときにおすすめのポケモンの1匹です。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ニャイキング ニャイキングはフレンドと4人で周回する際の最適解となるポケモンです。 夢特性である『 はがねのせいしん』は、味方の鋼タイプの技の威力を1. 3倍にする効果があり、4人揃うと『アイアンヘッド』の火力がすさまじい火力になることは容易に想像できるかと思います。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ジジーロン ジジーロンは、マックスレイドバトルの画面を一々チェックするのが面倒くさいといった方向けのポケモンです。 1度ボタンを押せば3ターン継続する『 さわぐ』をタイプ一致で撃て、特攻の種族値も135と申し分ない高さです。 ですが、連射コントローラーがあれば他のポケモンでも放置プレイが可能になるので、今後何度もレイドバトルを行うことを考えると、買ってしまうのも悪くないと思います。 2020年4月現在、ルナアーラやネクロズマ過去作から連れてこないといけないためハードルは少々高いですが、キョダイマックスできるカビゴンのレイドが再度開催されたように、ミュウツーレイドも再び行われる可能性があるので、用意しておいて損はないと思います。 ミュウツー ミュウツーは高い素早さを誇り、『リフレクター』『ひかりのかべ』の両壁を貼れ、『ちょうはつ』や『いのちのしずく』でサポートも可能なポケモンです。 オーロンゲのような『いたずらごころ』持ちと異なるのは、種族値の高さもそうですが、「悪タイプのポケモン」や「サイコフィールドの状態」でも変化技を入れられる点が大きな差別化要素となります。 ミュウツーはポケモン剣盾では入手できないものの、「3DSのウルトラサンムーン」や「Switchで遊べるピカブイ」で入手することができます。 ポケモンGOを遊んでいる方なら、ピカブイと連動させることでGOから連れてくることも可能なので、入手はそれほど難しくありませんね。 マーシャドー マーシャドーは専用技の『 シャドースチール』で攻撃しながら相手の能力上昇を奪うことができ、ミュウツーレイドのイベントでも活躍していました。 幻のポケモンのため入手はとても難しいですが、育てておいて損はないポケモンでしょう。 ヌケニン ヌケニンの専用特性である『ふしぎなまもり』は効果抜群ではない攻撃を無効化するという強力な特性です。 ヌケニンで完封できるレイドというのは考えにくいですが、一般ポケモンなので用意も容易であり、育てておくといいと思います。 まとめ レイド用のポケモンとしては、ムゲンダイナが有名ですが、ウオノラゴンやニャイキングも用意しておくと、より効率的に周回することができます。 高難度のレイドバトルでは、ルナアーラやミュウツーの活躍が期待できるので、時間があるときにでも過去作を進めてみるといいかもしれません。

次の

【ポケモン剣盾】ソードシールド 色違い乱数調整(マックスレイドバトル星3~星5)徹底解説

ポケモン 剣 盾 レイド バトル

レイドバトルポケモンの捕獲率 海外のポケモン実況者の方が捕獲率に対するを上げました。 そして、その動画を翻訳した方のブログを読んでまとめます。 hatenablog. なので、100%では無いキャンペーン対象のキョダイマックスはダークボール。 それ以外のダイマックスポケモンは好きなボールで捕まえるのが良いかなと。 ・・・しかし、ソロバトルのやりにくさは修正して欲しいです。 具体的には、NPCのソーナンスとかイーブイとか。 コイキングでも壁破壊の仕事をしてくれるのに・・・。 かといって、オンラインにしても中々マッチングしない問題。 星5のポケモンは大体壁が4枚くらいあるからどうにかして・・・。 2019. 12 ペルソナァッ!(挨拶どうも、サトミです。 先日、12月7日に「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ」の先行体験会がありました。 ・・・[…]• 2019. 01 ペルソナァッ!(挨拶)どうも、サトミです。 2019. 18 導きの地のレベル上げが面倒くさい・・・。 どうも、サトミです。 「モンスターハンターワールド:アイスボーン」が発売されて、もう1週間以上ですね。 皆さんは[…]• 2019. 04 ペルソナァッ!(挨拶)どうも、サトミです。 新情報[…]• 2020. 23 目次レベル上げや金稼ぎ主人公達のレベル上げペルソナのレベル上げ効率的?な金稼ぎまとめ レベル上げや金稼ぎ P5Sでレベル上げなど知りたい人は居るんじゃ[…].

次の

【ポケモン剣盾】ランクバトル使用率上位のレイドが開催!

ポケモン 剣 盾 レイド バトル

レイド用におすすめのポケモン 『効率周回向けのおすすめポケモン』と『高難易度の攻略におすすめのポケモン』に分けて紹介していきます。 効率周回向けのおすすめポケモン 効率周回向けのポケモンとして5種類紹介します。 この5種類を育てて使い分けていくのが良いでしょう。 ムゲンダイナ 最初に紹介するのは、ストーリーをクリアした方ならみんな持っているであろうムゲンダイナ! 専用技の『ダイマックスほう』はダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 ドラゴン技の通らないフェアリータイプには『ヘドロばくだん』、半減してくる鋼タイプには『かえんほうしゃ』で打点が持て、伝説のポケモンであることから耐久も申し分ないです。 とりあえず、ムゲンダイナさえ育てておけばほとんどのレイドに参加できるので、まだ何も育てていないという方はこのポケモンを育てておくと間違いないでしょう。 持ち物は『こだわりメガネ』がおすすめです。 ザシアン 『くちたけん』を持たせたザシアンの専用技である『 きょじゅうざん』は、ダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 また、バトル開始時に攻撃が1. 5倍になる『ふとうのけん』の特性を持っており、短期決戦にとても向いているポケモンです。 フェアリータイプ以外にはムゲンダイナ、フェアリータイプにはザシアンといった使い分けをするのも良いでしょう。 ウオノラゴン 完全無欠に見えるムゲンダイナですが、『ダイマックスほう』のモーションが長いのが難点です… ウオノラゴンは、そんなモーションまで効率化したいという方におすすめのポケモンとなります。 ウオノラゴンの『 エラがみ』は先制を取ると威力2倍で撃つことができ、モーションもとても短くなっています。 ソロプレイでは戦闘アニメーションをオフにすることができますが、マルチプレイではオフにできないので、野良のマルチに参加するときにおすすめのポケモンの1匹です。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ニャイキング ニャイキングはフレンドと4人で周回する際の最適解となるポケモンです。 夢特性である『 はがねのせいしん』は、味方の鋼タイプの技の威力を1. 3倍にする効果があり、4人揃うと『アイアンヘッド』の火力がすさまじい火力になることは容易に想像できるかと思います。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ジジーロン ジジーロンは、マックスレイドバトルの画面を一々チェックするのが面倒くさいといった方向けのポケモンです。 1度ボタンを押せば3ターン継続する『 さわぐ』をタイプ一致で撃て、特攻の種族値も135と申し分ない高さです。 ですが、連射コントローラーがあれば他のポケモンでも放置プレイが可能になるので、今後何度もレイドバトルを行うことを考えると、買ってしまうのも悪くないと思います。 2020年4月現在、ルナアーラやネクロズマ過去作から連れてこないといけないためハードルは少々高いですが、キョダイマックスできるカビゴンのレイドが再度開催されたように、ミュウツーレイドも再び行われる可能性があるので、用意しておいて損はないと思います。 ミュウツー ミュウツーは高い素早さを誇り、『リフレクター』『ひかりのかべ』の両壁を貼れ、『ちょうはつ』や『いのちのしずく』でサポートも可能なポケモンです。 オーロンゲのような『いたずらごころ』持ちと異なるのは、種族値の高さもそうですが、「悪タイプのポケモン」や「サイコフィールドの状態」でも変化技を入れられる点が大きな差別化要素となります。 ミュウツーはポケモン剣盾では入手できないものの、「3DSのウルトラサンムーン」や「Switchで遊べるピカブイ」で入手することができます。 ポケモンGOを遊んでいる方なら、ピカブイと連動させることでGOから連れてくることも可能なので、入手はそれほど難しくありませんね。 マーシャドー マーシャドーは専用技の『 シャドースチール』で攻撃しながら相手の能力上昇を奪うことができ、ミュウツーレイドのイベントでも活躍していました。 幻のポケモンのため入手はとても難しいですが、育てておいて損はないポケモンでしょう。 ヌケニン ヌケニンの専用特性である『ふしぎなまもり』は効果抜群ではない攻撃を無効化するという強力な特性です。 ヌケニンで完封できるレイドというのは考えにくいですが、一般ポケモンなので用意も容易であり、育てておくといいと思います。 まとめ レイド用のポケモンとしては、ムゲンダイナが有名ですが、ウオノラゴンやニャイキングも用意しておくと、より効率的に周回することができます。 高難度のレイドバトルでは、ルナアーラやミュウツーの活躍が期待できるので、時間があるときにでも過去作を進めてみるといいかもしれません。

次の