大人ニキビスキンケア。 【おすすめニキビケア】 全部使ってみた!大人ニキビ化粧品ランキング|大人ニキビケアジャーナル

大人ニキビのスキンケア43選|ライン使い・美容のプロ&読者の口コミ・揺らぎやすい肌におすすめのアイテムも

大人ニキビスキンケア

思春期からずっと私たちを悩ませる、「ニキビ」。 でも社会人になって、これまでのニキビとは少し違う症状のニキビができるようになった…と感じる方も多いと思います。 ・口やあご周りにニキビができることが多い ・生理前になるとニキビができやすくなった ・ポツポツとしたニキビが繰り返しでき、治りも遅い ・ニキビは乾燥してカサついている こんな症状に心当たりある方、それが大人ニキビです!では、思春期ニキビと症状が違うのはなぜ?それはそのメカニズムと原因の違いにあります。 大人ニキビの原因は、私たちの日常生活の中に潜んでいるのです…。 今回は大人ニキビ克服のヒントになるよう、大人ニキビの原因を徹底的に解明していきましょう。 [目次]• 大人ニキビのメカニズム 10代の頃から馴染みがある、主に額から頬にかけてのTゾーンにできやすい、思春期ニキビ。 これは過剰に分泌された余分な皮脂で、毛穴がつまることが原因で起きるギトギトの脂っぽいニキビで、その性質から、洗顔をして清潔にしていれば治るとされています。 これに対して大人ニキビは、思春期ニキビとは違ったメカニズムでできてしまうニキビなのです。 大人ニキビができてしまう主な原因は「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」。 そのメカニズムとは、まず肌の代謝が悪くなることで、ターンオーバーが遅くなり、古い角質で毛穴をふさいでしまいます。 また、ターンオーバーの低下によって起こる「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、堅くし、大人ニキビをさらに頑固にさせる原因ともなります。 こうなることで、ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、そこでできた炎症が「大人ニキビ」となってしまうのです。 日常生活潜む大人ニキビの原因 大人ニキビのメカニズムがわかったところで、その根本の原因となる「日常生活」に潜んでいる原因についてお話します。 まず、現代人とって悩みの種でもある「ストレス」や「睡眠不足」。 これらによって起こってしまうのが「ホルモンの乱れ」。 女性ホルモンである、エストロゲンは、お肌のうるおいを保つ働き、プロゲステロンは皮脂の分泌の促進する作用を持っています。 また、外食や簡単なもので済ませがちの間違った食生活による「栄養バランスの乱れ」も大人ニキビの原因の一つになります。 ニキビ予防に必要な栄養素である、「ビタミン」や「ミネラル」を上手にとることで、ターンオーバーの働きを高め、毛穴の詰まりを防止したり、ニキビ菌の殺菌をしてくれる効果を望むことができるのです。 さらには、食物繊維不足や動物性脂肪分の取り過ぎも「便秘」に繋がり老廃物が蓄積する原因になることもあります。 注意!「メーク落とし」と「洗顔法」 毎日のメーククレンジングに問題がある場合も!忙しさのあまり、ささっとメークをとって終わりにしてしまうことありませんか?その残ったメーク汚れが毛穴に詰まり、それが知らず知らずに蓄積すると大人ニキビの原因に。 また、洗顔の際、洗顔料を使って何度もごしごしと洗ってしまうと、本来お肌に必要な皮脂まで奪い、大人ニキビの主な原因である「お肌の乾燥」を引き起こしてしまいます。 その為洗顔は1日2回程度にとどめ、タオルでの拭き取りも軽く肌に当てて水分を吸い取りましょう。 他にも大人ニキビの原因は、「タバコによる血行不良」「過度なダイエット」「冷え性」など、日常で改善したいものばかり。 大人ニキビを治すには、まずこれらの原因を取り除き、正しい生活習慣で予防を心がけることと、健康を保つ為の対策をすることが近道となりそうですね。

次の

敏感肌・乾燥肌のための大人ニキビスキンケアランキングBEST10

大人ニキビスキンケア

こんにちは、nanairo編集部のrinaです。 ストレスや疲れが溜まっているときなどに、プツッと出来てしまうニキビ…。 痛いし、目立つし、何とかして治したい!と思いますよね。 でもニキビを予防するための化粧品は沢山あってどれがいいのかわからない人も多いはず。 そこで今回は、大人ニキビで悩む人におすすめの化粧品をランキング形式で紹介していきます。 20代~30代に増える「大人ニキビ」とは? ニキビといえば、10代の頃にできる「思春期ニキビ」をイメージしがちですが、実は20代になってもニキビが治らない人が多いのです。 20代以降のニキビは「大人ニキビ」といわれ、思春期ニキビよりも様々な原因が複雑に絡み合っているため、治りにくく繰り返しやすいのが特徴です。 大人ニキビができやすい部位は? ニキビができやすい部位にも特徴があり、思春期ニキビはおでこや鼻といったTゾーンにできやすいのに対して、大人ニキビは頬や顎、フェイスラインといったUゾーンにできやすいです。 これは、思春期ニキビは成長ホルモンの変化による皮脂の過剰分泌によって引き起こされるので、もともと皮脂腺の多い、おでこや鼻にニキビができます。 しかし大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや乾燥からできることが多く、皮脂腺が少なく乾燥しがちな頬やフェイスラインにできてしまうのです。 大人ニキビの原因は? くつもの原因が重なってできることが多いです。 その中でも代表的なニキビの原因としては、• ホルモンバランスの乱れ• 肌の乾燥• 間違ったスキンケア が挙げられます。 今回は、この3つの原因について詳しく説明していきます。 ホルモンバランスの乱れ 大人ニキビの原因として一番多くみられるのは、ホルモンバランスの乱れです。 ホルモンバランスが乱れると皮脂分泌が過剰になるので、毛穴詰まりを引き起こしやすくなり、ニキビが発生しやすくなります。 ホルモンバランスは不規則な生活やストレスによって乱れやすいので、仕事のストレスや悩みを抱えていたり、仕事と家庭の両立におわれて十分な睡眠時間が取れなかったりする人は要注意です。 肌の乾燥 年齢と共に肌の水分量は低下していき、乾燥に悩む人が増えてきます。 この乾燥肌もニキビの原因の一つで、乾燥によって毛穴が狭くなってしまうので、皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなってしまいます。 また肌バリア機能も低下した状態となっているので、ニキビや肌荒れを引き起こしやすく、なかなか治らないのが特徴です。 間違ったスキンケア 意外にも間違ったスキンケアをしている人が多いのも大人ニキビの原因です。 長年のスキンケアを信じて続けている人もいると思いますが、肌の調子はその日によっても変わり、もちろん年齢を重ねるにつれて肌質は変化していきます。 それなのに同じスキンケアを繰り返していると、いつの間にか肌に合わないスキンケアを使っていることになってしまい、ニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。 なのでスキンケアはその時の肌質に合わせて、変化していく必要があります。 ニキビ肌向けスキンケアの選び方 みなさんはスキンケアを選ぶとき、どのような基準で選んでいますか? CMでやっていたから、大手で安心できるから、といった理由で選ぶこともありますよね。 ニキビケア用のスキンケアは沢山あり、その中から一つを選ぶのは大変です。 そこで、ニキビ肌におすすめのスキンケアの選び方をみていきましょう。 有効成分が含まれているもの ニキビ用のスキンケアを選ぶ際、ニキビケアの有効成分がしっかりと配合されているか確認しましょう。 有効成分にも種類があり、殺菌効果のあるもの、抗炎症作用があるものなどがあります。 ニキビにおすすめの有効成分には、以下のようなものがあります。 グリチルリチン酸ジカリウム 甘草の根から抽出される成分で、ニキビの炎症を防ぐ抗炎症作用があるといわれています。 肌に優しい成分といわれていますので、敏感肌用のスキンケアにもよく用いられます。 表記の仕方は商品によって異なり、「グリチルリチン酸2K」「甘草エキス」などと説明されることもあります。 サリチル酸 サリチル酸にはニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌し、ニキビの炎症を鎮める効果があります。 またピーリング作用も併せもつので、角質や皮脂などの毛穴詰まりを解消して、ニキビのできにくい肌へ導きます。 ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐ美白成分として有名な美容成分です。 皮脂の分泌やニキビの炎症を抑えたり、肌の新陳代謝を整えてくれるので、ニキビのできにくい肌へ整えます。 ニキビだけでなく、赤みや色素沈着といったニキビ跡にもおすすめの成分です。 保湿成分の種類 大人ニキビは乾燥からできることも多いので、ニキビケア成分だけでなく、肌を乾燥から守る保湿成分がしっかり含まれているものがおすすめです。 ニキビにおすすめの保湿成分としては、以下のような成分があります。 セラミド• ヒアルロン酸• コラーゲン• アミノ酸• リピジュア これらの保湿成分がたっぷりと含まれている化粧品を選ぶといいでしょう。 特にセラミドは細胞間の水分保持の働きをする、保湿成分です。 もともと肌に含まれている成分なので、刺激なく肌にうるおいを与え、外部刺激から肌を守る役割を持っています。 肌のバリア機能を高め、健やかな肌にするためには、セラミドをはじめとした保湿成分の選び方にもこだわりましょう。 ニキビのできにくい処方 ニキビケアブランドの中には、ニキビのもとができにくい処方を化粧品会社が独自にチェックをして、ノンコメドジェニックテスト済みとされているスキンケアもあります。 すべての人にニキビのもとができないわけではありませんが、一つの基準としてノンコメドジェニックの化粧品を選ぶのもおすすめです。 肌へのやさしさ ニキビ肌向けのスキンケアを選ぶ上で、肌への優しさも重要です。 肌に負担のかかる成分や添加物は、ニキビへの刺激となり、ニキビを悪化させてしまいます。 スキンケアブランドを選ぶときは、無添加や低刺激となっているものを選び、以下のような成分には気をつけましょう。 界面活性剤• 防腐剤(パラベンなど)• 着色料• 鉱物油• 紫外線吸収剤 このような成分がすべて悪いというわけではありませんが、ニキビができていて敏感になっている肌には刺激が強い場合もあります。 肌が弱い人は、これらの成分が入っているかどうかも、選ぶときの一つの基準にするといいでしょう。 大人ニキビにおすすめの基礎化粧品ランキング それでは、繰り返しできる大人ニキビにおすすめの基礎化粧品をランキング形式で紹介していきたいと思います。 1位:ファンケルアクネケア ファンケルアクネケアは、化粧品や健康食品のメーカーで有名な「FANCL」のニキビケアシリーズです。 皮膚科専門医とファンケルによって共同開発され、無添加処方にこだわっています。 無添加処方だからこそ、化粧品の容器までこだわりを持って作られているので、信頼できるスキンケアブランドの一つです。 漢植物エキスや有効成分「グリチルリチン酸2K」の働きで、肌バリア機能にアプローチしてニキビのできにくい肌へ導きます。 ラインナップ• 洗顔クリーム 90g• 化粧液 30ml• エッセンス 8g• ジェル乳液 18g 有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム 添加物やテスト情報 殺菌剤・防腐剤・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤すべて不使用。 ノンコメドジェニックテスト済。 皮膚科専門医監修による使用テスト済。 ニキビケアシリーズは、天然クレイ「モンモリロナイト」によって優しくしっかりと毛穴汚れを吸着し、有効成分がニキビのできにくい肌へ。 ビタミンC配合の美容液や保湿成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などを含んだクリームで、ニキビだけでなくニキビ跡もケアできます。 ラインナップ• クレイウォッシュ 150g• クレイローション 120ml• Cセラム 15ml• 写真フィルムで培ったナノ化技術を化粧品に応用し、有効成分と保湿成分がニキビのもとに届けて集中ケアします。 そのほかビタミンEとビタミンAもナノ化しているので、皮脂コントロールをしながら、肌にうるおいを与えてくれます。 ラインナップ• クレンジングオイル 120ml• ファイバーフォーム 120g• スキンコンディショナー 120ml• ジェルクリーム 60g 有効成分 グリチルレチン酸ジカリウム トコフェロール酢酸エステル 添加物やテスト情報 無香料・合成着色料不使用。 ノンコメドジェニックテスト済。 100%オイルカット処方となっているので、べたつかずにケアすることができます。 紫根エキスと甘草エキスによって、肌バリア機能を高めて、ニキビの悪化や肌荒れを防ぎます。 浸透型コラーゲンとヨクイニンエキスによって、乾燥にも負けない健やかな肌へ導きます。 ラインナップ• クリアウォッシュ 120g• クリアローション 180ml• クリアモイスチャー 50g 有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム 添加物やテスト情報 オイルフリー・無香料・無着色。 ノンコメドジェニックテスト済。 アレルギーテスト済。 敏感肌や乾燥肌でも使いやすく、積極的にニキビの原因にアプローチしてくれます。 肌に優しいマイルドピーリング効果で、毛穴の皮脂や古い角質を洗い流します。 数種類のビタミンを配合し、保湿成分「セラミド」「リピジュア」「ヒアルロン酸」配合で、ニキビに悩まない肌へ整えてくれます。 ラインナップ• クレンジングリキッド 120ml• ウォッシングフォーム 100g• フェイスローション 135ml• モイスチュアミルク 50ml• スポッツクリーム 10g 有効成分 サリチル酸 グリチルリチン酸ジカリウム アラントイン など 添加物やテスト情報 無香料・無着色。 ノンコメドジェニックテスト済。 アレルギーテスト済。 パッチテスト済。 ニキビケアにおすすめの保湿成分「セラミド」を軸にして作られ、そのほかにも「リピジュア」や「アミノ酸」「ヒアルロン酸」といった保湿成分を贅沢に配合。 甘草エキスとビタミンC誘導体も配合しているので、肌荒れしやすい肌を整え、美白ケアにも期待できます。 ラインナップ• クリアソープバー 80g• バランシングVCクリアジェル 20g• 薬用アクネVCローション 150ml• 繰り返すニキビの原因となるバリア機能の低下に着目し、肌の状態から見直して、ニキビのできにくい肌へ導きます。 トラネキサム酸とグリチルリチン酸塩とトラネキサムさんの2種類の有効成分で毛穴詰まりにアプローチ。 大豆由来の成分や植物由来の保湿成分配合なので、オイリー肌だけど肌のうるおいもしっかりキープしたい人におすすめです。 ラインナップ• 整肌洗顔石けん 100g• 整肌化粧水 180ml• 整肌保湿液 45ml 有効成分 グリチルリチン酸塩 トラネキサム酸 添加物やテスト情報 鉱物油・タール系色素・パラベン・香料すべて不使用。 今回は大人ニキビにおすすめのスキンケアをランキングで紹介しましたが、順位に惑わされずに自分の肌に合ったものを選ぶのが大切です。 また同じスキンケアをずっと使っている、いまのスキンケアが肌に合ってない気がする、という人はスキンケアブランドの見直しも必要です。 そのためには、まずはトライアルセットやお試しセットから試してみて、自分の肌に合った化粧品を見つけましょう。

次の

大人ニキビのスキンケア|原因と効果的なドラッグストア・デパコスの化粧水、市販スキンケア、化粧品など

大人ニキビスキンケア

肌が乾燥していると、古くなった角質がうまくはがれずに蓄積して毛穴をふさぎ、そこに皮脂、細菌などがラードのような塊に。 角質層のすきまを埋めるように浸透し、細胞間脂質の働きをサポートしながら、不足しがちなうるおいをたっぷり補給。 毎日の生活は、肌に現れてしまうもの。 そんな肌トラブルから健康的な肌に導くいてくれる。 それが… \植植物とフルーツ由来成分を配合した「my CLARINS」/ 汚れをしっかり落とし、透明感のあるクリーンな肌に。 (左)マイクラランス ミセラー クレンジング ミルク ¥2,300 (右)マイクラランス ピュア クレンジング ジェル ¥2,500 一日中、肌のコンディションを整える魔法のミスト。 マイクラランス ハイドレイティング ビューティ ミスト ¥2,600 仕上がりの好みで選べる保湿クリーム。 24時間保湿し、輝く健康的な肌へ導く。 (左)マイクラランス リフレッシュ ハイドレイティング クリーム(普通肌向け) (中)マイクラランス マット ハイドレイティング クリーム(混合・脂性肌向け) (右)マイクラランス コンフォート ハイドレイティング クリーム(乾燥・敏感肌向け) 3種 各¥3,200 肌に潤いを与え、休ませるためのリラックスマスク。 マイクラランス リラックス スリープマスク ¥3,400 「DUAL ORGANIC」の不定期ニキビを解消するスキンケアライン 多くの女性が悩む不定期ニキビ(大人ニキビ)に特化したスキンケアライン。 薬用成分イソプロピルメチルフェノールの抗菌作用でアクネ菌を予防し、グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用でトラブル肌をケア。 \統合医療の理論を応用した「DUAL ORGANIC(デュアルオーガニック)」/ 【上段】 (左)不安定ニキビ対策専用の毛穴すっきり洗顔。 アクネハーブウォッシュ(洗顔) 100g ¥1,500 (右)不安定ニキビ対策専用、不安定肌にしみこむ薬用ハーブ水。 アクネハーブウォーター(化粧水) 120ml ¥1,900 【下段】 (左)皮脂&不安定肌に向けたオイルフリーハーブ美容液。 アクネハーブMDエッセンス(美容液) 50g ¥2,300 (右)乾燥&不安定肌に向けた保湿予防乳液。 アクネハーブMDミルク(乳液) 50g ¥2,300 「ACPOLESS」皮脂抑制効果も! 大人ニキビ専用のスキンケアライン \脂腺に直接働きかけ、分泌そのものをコントロールする「ACPOLESS(アクポレス)」/ アラサー世代でニキビに悩まされているという方におすすめ! 毛穴ケア・ニキビケア専用の薬用スキンケアシリーズ。 老舗酒造メーカーの勇心酒造が米の発酵から開発した新規成分のライスパワー No. 6を配合し、皮脂腺に直接働きかけ、分泌そのものをコントロールする力が確認されているので、大人のニキビに効いてくれる。 「芯のようなものができニキビの予兆を感じたら、角質ケアオイルの出番。 クレンジングの大切さを実感」(建築・29歳)、「しっかりメイクを落とせて、素肌がイキイキとする感じがうれしい」(通信・30歳)など、落とした後の肌のなめらかさ、潤い感にハマる人続出。 読者がおすすめ! 大人ニキビにおすすめの洗顔料 \アルビオン|薬用スキンコンディショナーエッセンシャル[医薬部外品]/ 165ml ¥5,000 「友人からすすめられて使い始めて早3年。 悩まされていたニキビができにくくなった」(秘書・29歳)、「肌荒れしたときはこれでコットンパックすればすぐ落ち着く」(事務・30歳)など、肌荒れに悩む女性たちの救世主的な存在に。 大人ニキビのケアにおすすめのスキンケア18選 大人ニキビを優しく洗い上げるクレンジング オイリーなイメージがあるニキビは、ついゴシゴシと念入りに洗ってしまいがち。 けれど洗いすぎは肌のバリア機能を低下させ、ますますニキビを悪化させる原因に。 潤いをなるべくキープするクレンジング料を選び、気になる毛穴詰まりは週末のスペシャルケアですっきりとオフして。 1/有効成分を肌に残す拭き取り式。 マンダム|ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション コントロールケア[医薬部外品] 300ml ¥1,000 2/肌あれ、ニキビ予防成分配合。 オルラーヌ|オリゴ ヴァイタライジング クレンザー 250ml ¥4,800 4/しっとりした洗い上がり。 乾燥してゴワつく肌に特におすすめ。 エスティ ローダー|アドバンス ナイト クレンジング バーム 61g ¥6,500 5/乳液に使われる乳化剤で汚れを落とす低刺激処方。 化粧水や美容液など水分系のコスメは、しみたりピリピリしたりという刺激の原因にもなりやすく、それが大人ニキビなどの新たなトラブルを生みことも。 低刺激なものに切り替え、肌を落ち着かせて。 1/高い効果と優しさにこだわり、南房総産のローズマリーを使用した化粧水。 ローズマリーの抗炎症効果で免疫力をサポート。 イグニス|モイストテンダー ウォーター EX 200ml ¥6,000 2/ニキビにも肌荒れにも効く、インナードライ肌の救世主的存在の化粧水。 肌荒れを防ぐ有効成分を配合し、敏感肌でも毎日使えるほど優しい設計。 しっとりするのにベタつかず、心地いい。 資生堂薬品|イハダ 薬用ローション(とてもしっとり)[医薬部外品] 180ml ¥1,500 3/植物の力で肌本来の免疫力をバックアップする化粧水。 外的環境によるストレスをケアし、肌の自己防衛力を引き出す。 THREE|トリートメントローション 125ml ¥6,000 4/小ジワが気になる超乾燥肌も内側からふくふくへと導く化粧水。 みっちりとした潤い感で、乾燥肌もキメふっくら! 小ジワも目立たなく。 花王|キュレル エイジングケア シリーズ 化粧水[医薬部外品] 140ml ¥2,300(編集部調べ) 5/ストレスで弱った肌の回復力を高める美容液。 刺激に弱くなった肌に優しく潤いを与えながら、再生力を高める。 アユーラ|リズムコンセントレート 40ml ¥8,000 6/1か月でゆらいだ肌を立て直す、集中美容液。 発酵由来の美容成分と抗酸化作用の高いフェルラ酸を、使う直前にブレンド。 コクのある感触で、乾燥した肌も満足。 ランコム|ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート 20ml ¥10,000 7/みずみずしさを12時間持続させる化粧水。 肌の土台を潤いで満たし、ゆらぎにくい肌へ。 アクセーヌ|モイストバランス ローション 360ml ¥5,500 大人ニキビの毛穴を詰まらせることなく保湿できるサラッと乳液 1/保湿&消炎、美白までが1本で! 美白成分配合でニキビ跡もケア。 資生堂インターナショナル|d プログラム アクネケア ローション W[医薬部外品] 125ml ¥3,500 2/ニキビができるのにカサつく肌の救世主。 複合的な肌トラブルをケア。 全薬工業|アルージェ トラブルリペア リキッド 35ml ¥2,800 3/ニキビを繰り返すゆらぎ不調肌向け。 洗顔後1本で頼もしい保湿力。 アユーラ|fサインディフェンスバランシングプライマー アクネ[医薬部外品] 100ml ¥4,200 4/肌の必須成分・セラミドを効果的に補う! 潤うのに肌表面さらり。 花王|キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル[医薬部外品] 120ml ¥1,750 5/みずみずしく潤うオイルフリー乳液。 不安定な肌も心地よく潤すこだわり派。 アクセーヌ|シーバム コンディショナー EX 55ml ¥2,800 6/たっぷり潤って肌質感もなめらかに。 肌の深部にまで働きかけイキイキと。 ビーグレン|QuSome モイスチャーゲルクリーム 30g ¥6,000 「ニキビができたとき、スキンケアで油分は控えるべきだと思われがちですが、適度な油分は必要なので保湿は徹底して。 乾燥していると肌が皮脂不足だと勘違いし、過剰な皮脂分泌が促されてさらにニキビを招いてしまう悪循環に…スキンケアの仕上げには必ず、毛穴を詰まらせないシンプルな乳液などでフタをすること。 ニキビ部分には炎症を抑えるスポッツを活用しても。 ただし、炎症がひどい場合は皮膚科へ行って」(美容家 山本未奈子さん).

次の