エネルギー 代謝 と は。 ミトコンドリアとエネルギー代謝。人はミトコンドリアに生かされている?

代謝

エネルギー 代謝 と は

代謝 生物は、外界から物質を取り入れていろいろなものにつくりかえている。 この生体内での物質の化学変化を代謝 物質交代 という。 代謝は、多くの酵素が関与 するいくつもの反応からなるが、大きくは合成反応 同化 と分解反応 異化 とに分けられる。 同化 生物が細胞内で、外から取り入れた物質を有用な物質 体物質 につくりかえるはたらきを同化という。 この過程はいくつもの反応からなるが、全体としては簡単な物質から複雑な物質をつくる合成反応であり、エネルギーを必要とする過程である。 同化には、炭酸同化 光合成)や窒素同化などがある。 異化 細胞内で同化物質をより簡単な物質に分解してエネルギーが放出される過程を異化という。 異化には、好気呼吸、嫌気呼吸などがある。 分解とは違う。 分解には試験管内での分解反応も含まれ範囲が広くなる。 確認 消化 細胞内や細胞外 消化管内 で行われるエネルギーの放出を伴わない分解反応を消化という。 消化では、 1 炭水化物、 2 脂肪、 3 タンパク質などの高分子物質が酵素のはたらきで,体内に吸収可能な段階まで分解される。 エネルギー代謝 生体での物質の代謝に伴って、生体と外界との間でエネルギーの出入りが起こり、また、生体内でもエネルギーの変化や物質間での移動が起こる。 このようなエネルギーの変化や移動をエネルギー代謝 エネルギー交代 という。 ATP 細胞内で起こる呼吸では、有機物が分解されてこのとき発生するエネルギーでATPとよばれる物質が合成される。 ATP…生物体内で行われるエネルギーのやりとりに広く用いられているエネルギー物質で、塩基アデニンと糖リボースとが結合 したアデノシンに、リン酸3分子が結合したヌクレオチドの一種である。 高エネルギーリン酸結合 ATPの2つ目と3つ目のリン酸の間の結合を高エネルギーリン酸結合といい、ここに 高いエネルギーが蓄えられている。 この結合が切れてADPとリン酸に分解するとき、多量のエネルギーが放出され、このエネルギーがいろいろな生命活動に利用される。

次の

エネルギー代謝 ~身体を動かすエネルギー発生の仕組み~

エネルギー 代謝 と は

この変化は,さまざま な酵素反応が組み合わさった複雑な化学反応である。 代謝はエネルギーの変化を伴 うので,この面から考えると次の二つのタイプに分けることができる。 1 自由エネルギーの増大する変化 同化 ……光合成など。 体外から摂取した物質に よって,生体の構成成分の合成を行う反応。 2 自由エネルギーの減少する変化 異化 ……呼吸,発酵など。 体物質の分解によっ てエネルギーを発生させる反応。 エネルギー代謝には,次のようなものがある。 同化の反応では多くは,生体が利用できる自由エネルギーが 増加するのでエネルギー吸収反応であり,異化の反応では利用できる自由エネルギ ーが減少するのでエネルギー発生反応である。 アデニンとリボースの 化合物はアデノシンとよばれ,これにリン酸が 1 つ結合したものがアデノシン一リ ン酸 AMP ,またはアデニル酸 である。 アデニル酸は, RNA の 4 種のヌクレオチド のうちの 1 つである。 リン酸が 2 つ結合したものは,アデノシン二リン酸 ADP と よばれている。 ATP は,筋肉 ウサギ 1kg から約 3g とれる白い粉末であるが,動物だけでなく, 植物や微生物の細胞にも見い出され,エネルギー発生過程のあるところには必ず存 在する物質である。 リップマンは ATP の末端および第 2 のリン酸結合の部分に エネルギーがたくわえられるという高エネルギーリン酸結合の概念を導きだした。 すなわち, ATP が ATP アーゼによって分解されると ADP となり,無機リン酸とエ ネルギーを遊離する。 後者 が生物によってなされる仕事であり,これは基本的に 3 つに分けられる。 化学的仕事 成長,増殖 細胞の主要な構成成分であるタンパク質,核酸,脂質, 多糖類のような高分子化合物は,たえまなく,単に生物の成長期だけでなく重量の 変化のない成熟期においても,低分子化合物から合成 生合成 されている。 物質の輸送と濃縮の仕事 浸透圧的仕事 細胞は K イオンやグルコースなど,必要 な物質を外界から取り入れ,その濃度を外界よりも高くすることができる。 また, 細胞内よりも濃度の高いところへ不要物を排出することもできる。 このように濃度 勾配に逆らう分子の移動を「能動輸送」という。 また,神経細胞や筋肉細胞の興奮 や伝達の仕事もここに含まれる。 機械的仕事 骨格筋の収縮,繊毛,鞭毛の運動など この 3 つの仕事で,連続的ないくつかの段階によってエネルギーの大部分は,熱 エネルギーとして失われていく。 本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。 Copyright C 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO. ,LTD. All rights reserved.

次の

1日で消費されるエネルギーの割合は?基礎代謝量を管理し太らない体質を作ろう|CoCoKARAnext(ココカラnext)

エネルギー 代謝 と は

【表1】は食事摂取基準2015年度版に示されている、日本人の年代別基礎代謝基準値です。 性別を問わず加齢とともに基礎代謝量が低くなっています。 例えば体重70kgの男性の場合、基礎代謝量の推定値は、20歳代で1680kcal、50歳代で1505kcalとなり、1日でおよそ175kcalの差になります。 0 11. 5 700 59. 7 11. 0 660 3-5歳 54. 8 16. 5 900 52. 2 16. 1 840 6-7歳 44. 3 22. 2 980 41. 9 21. 9 920 8-9歳 40. 8 28. 0 1140 38. 3 27. 4 1050 10-11歳 37. 4 35. 6 1330 34. 8 36. 3 1260 12-14歳 31. 0 49. 0 1520 29. 6 47. 5 1410 15-17歳 27. 0 59. 7 1610 25. 3 51. 9 1310 18-29歳 24. 0 63. 2 1520 22. 1 50. 0 1110 30-49歳 22. 3 68. 5 1530 21. 7 53. 1 1150 50-69歳 21. 5 65. 3 1400 20. 7 53. 0 1100 70歳以上 21. 5 60. 0 1290 20. 7 49. 5 1020 【表2】に示しているように、安静時の代謝量は組織ごとで大きく異なります。 臓器では代謝量が高く、脂肪組織では低くなっています。 また骨格筋の代謝量は、臓器よりも低いですが脂肪組織よりも高いことがわかります。 は加齢に伴って蓄積していく傾向にありますが、代謝率(単位当たりの代謝量)が低いので大幅な増加にはつながりません。 加齢に伴う基礎代謝量の低下は、骨格筋量の減少が主な理由としてあげられます。 ただし、それだけではすべての説明がつかず、各臓器における代謝率の低下がその他の要因として考えられています。 0 24 1700 100 骨格筋 28. 0 13 370 22 脂肪組織 15. 0 4. 5 70 4 肝臓 1. 8 200 360 21 脳 1. 4 240 340 20 心臓 0. 3 440 145 9 腎臓 0. 3 440 137 8 その他 23. 2 12 277 16 基礎代謝量が体格に大きく依存しているということは、活動時の代謝量も基礎代謝量と同様に考えてよいといえます。 【図1】は年齢別に見た1日のエネルギー消費量(体重当たり)を示したもので、20歳以降も加齢とともに減少しています。 その要因として、基礎代謝量と同様に除脂肪量(骨格筋や臓器など)の減少や代謝率の低下があげられますが、身体活動量の減少もその一つとして考えられます。 一般に同じ活動を行った場合は、体重の重い人ほどエネルギーを消費します。 そのため体重の重い人と軽い人が同じ活動レベルで1日を過ごせば、体重の重い人の総エネルギー消費量(24時間相当)の方が多くなります。 そこで、ある対象の1日のレベルが高いか低いかを体格補正をして評価する場合に、総エネルギー消費量を基礎代謝量で除した値 PAL: physical activity level が用いられています。 すなわちPALの値が高い人ほど、身体活動量が多い人ということになります。 【図2】は一般的な体格を有する欧米人の結果ではありますが、加齢に応じてPALが減少傾向にあることがうかがえます。 身体活動を活発に行うことは、エネルギー消費を高く維持させることに加えて筋肉量の減少を遅らせることにもつながりますので、加齢に伴う総エネルギー消費量の低下を防止することにつながります。 図1: 年齢別に見たエネルギー消費量([1]p. 60より転載).

次の