薬剤師 国家 試験 予備校。 薬剤師の国家試験予備校おすすめランキング!評判や合格実績を調査

薬剤師国試浪人生の今後の1年間(進路)について考える【薬学部】

薬剤師 国家 試験 予備校

こんにちは! 寿五郎です! 先日お会いした学生さんが大手さんに就職予定と話されていました。 理由は「国家試験対策のセミナーがあるから」とのことでした。 今回は薬剤師国家試験対策の一つともいえます。 予備校に通った時の費用をゼロにする方法をお伝えします。 予備校の補助を内定先に頼みましょう 国家試験対策の予備校代をゼロにする方法は 内定先にお願いすることです。 基本的に中小の薬局や人が集まらない病院でしか難しいです。 「御社に入社するので予備校代を負担して頂けませんか?」 という形です。 もしくは入社するので奨学金の返済のお手伝いをお願いするということも出来ます。 本当にゼロになるの? 「そんなの通るの?」 と思われる方が多いと思いますが、 新卒採用をしている会社であれば 支払っていただける可能性も高いです。 採用する側としても薬剤師の国家試験に合格してほしい気持ちは変わりないからです。 大手薬局さんは一括でセミナーをされるので難しいかもしれませんが、 1~3人程度しか採用されない会社は支払っていただける可能性は比較的高いです。 国家試験に落ちたら自分で返済することに 要注意事項としては不合格になった場合、予備校の費用は自分で返済することになります。 安易に予備校代の貸与をお願いする方はいらっしゃいますが気を付けましょう。 落ちたからと言って返済は逃れられません。 こういった記事を書いていて何ですが、私であれば自腹で払うか家族に協力をお願いします。 大手薬局はなぜセミナーが出来る? 大手さんが「国家試験対策セミナー」というのを良くされていますが、 内定者の方が数十名いるので予備校などの先生に費用をお支払いし 来ていただいている形になります。 流石に数十名の方の予備校代を全て負担するのはかなり厳しいです。 その為、こういった形をとっているのだと思われます。 「大手さんのセミナーに出たいから就職」は注意 大手調剤薬局さんですと、低い所は年収360万円くらいになります。 年間の差は約100万円です。 年収の差はなかなか埋まらない またこの差がすぐに埋まるかといいますと、 昇給率は極端に変わることがないので 100万円の差がずっとついている状態となります。 つまり、360万円の方が460万円になるころには、 460万円の方は560万円になっているということです。 セミナーを受ける際の注意点 大手、中小に問わずセミナーに参加したり、 予備校の費用を捻出してもらった場合はその会社にしかいけません。 違う会社へ就職された場合、かなりの確率で予備校代は請求されます。 「落ちてしまったらヤバい」 というプレッシャーを感じる学生さんもいます。 仮に私であればですが、予備校代を肩代わりしてもらってまで予備校にはいきません。 年間100万円であれば自分でアルバイトをして分割払いをします。 安易に考えずに、在学中に大学の補講などを有効活用して全力で合格を勝ち取るべきです。 まとめ 薬剤師の国家試験対策は薬学部の学生さんにとって 非常に重要なことです。 代わりに支払ってもらうことのリスクも考えながら検討しましょう。 では!.

次の

薬剤師国試浪人生の今後の1年間(進路)について考える【薬学部】

薬剤師 国家 試験 予備校

「薬剤師になるために最高の教育を!」 全薬学生(既卒生)のためのマンツーマンスタイルの塾・予備校です。 コンセプトはシンプル ファーマックスのコンセプト(特徴)を語れば実に簡単です。 ひと言で言えば、ファーマックスは「全薬学生及び既卒生の通う塾・予備校です。 」目的は「現役生は留年しないで卒業し、国試に合格すること」「既卒生は1年で薬剤師国家試験に合格することです。 」講師は薬学、大学、国試を知り抜いた薬剤師国家資格保持者です。 授業は塾生ひとりひとりに向き合い寄り添ってカスタマイズした内容を、個室的ブースでマンツーマンで行います。 成果は、圧倒的好成績を残しています。 たったこれだけです。 スクールは名古屋・岐阜・東京・大阪にあります。 本部・名古屋校は名古屋駅徒歩5分の地にあり、名古屋市内はもとより、愛知県下、岐阜県下、三重県下からも通学できます。 既卒生はどこの大学出身者も歓迎ですが、在学生に関しては名古屋校は特に名城大学・愛知学院大学・金城学院大学・鈴鹿医療科学大学・の学生を歓迎します。 東京校は、高崎健康福祉大学、城西大学、日本薬科大学、城西国際大学、千葉薬科大学、北里大学、慶応義塾大学、昭和薬科大学、昭和大学、帝京大学、帝京平成大学、東京薬科大学、東京理科大学、東邦大学、日本大学、武蔵野大学、星薬科大学、明治薬科大学、横浜薬科大学。 大阪校は、京都薬科大学、同志社女子大学、立命館大学、京都薬科大学、大阪大谷大学、大阪薬科大学、近畿大学、摂南大学、神戸学院大学、神戸薬科大学、兵庫医療大学、姫路獨協大学、武庫川女子大学を歓迎します。 進級が困難な時代に 薬剤師に要求される能力は年々高くなっております。 それに伴い薬剤師国家試験も難しくなって来ました。 大学は薬剤師国家試験の合格率を上げようとしています。 文科省からの補助金に影響するから必死です。 なんとかして学生を国試に合格させようとして努力されていますが、一部の大学では国試に合格出来そうにない学生は受験させてくれません。 つまり卒業させてくれないのです。 その結果、各学年の進級も難しくなってきました。 また、薬学部設置の大学が増え入学が容易になり、高校時代に基礎的な学習を怠った学生が多いのも大学での進級を困難にしている一因です。 また高校時代に、物理や生物を学習していない学生が多いのもその問題のひとつです。 留年しないで確実に進級し、卒業するにはプロと共に戦略を練りアドバイスを受ける必要があります。 そんなニーズに応えて誕生したのがファーマックスです。 熱い想いを大切に 私たちが何よりも大切にしているのは、関わる全ての人々の共通の熱い想いです。 それは、「絶対、薬剤師になる。 」という学生の強い意志と、「絶対、薬剤師にさせたい。 」という保護者の切なる願いと「絶対、薬剤師にさせる。 」という予備校と講師陣の決意です。 それぞれの熱い想いが化学反応のように、影響し合いエネルギーとなり願いを夢を実現させるのです。 ファーマックという名前は、私たちの目指す姿から名付けられました。 即ち「薬剤師になるために最高の教育を!」という思いを込めて、PHARMAXとネーミングしました。 講師は日本一のプロ集団 ファーマックスの講師はプロばかりです。 薬学や国試に詳しいのみならず、それぞれの大学の事情を知り抜いたプロばかりです。 あなたを(あなたのご子息、ご息女を)進級・卒業させて国試に合格させて薬剤師にするプロです。 どこで躓くのか、なぜ躓くのか、どうしたら立ち直るのか、ヤル気になるのか多くのノウハウを持った日本一のプロ集団です。 主として物理、科学、生物等の教養科目ですのでグループ校の講師が担当します。 東京大学、京都大学、名古屋大学等出身のプロ講たちです。 この場合でも、独自のルートで該当大学の情報を入手して定期試験に合格するよう指導します。 他に類のないシステム 薬剤師国家試験対策予備校は大手を筆頭に優れた実績を持つ予備校がいくつかあります。 その予備校が卒試対策やCBT対策をされていることは存じておりますが、薬学生の受験から全学年・既卒生を対象としたマンツーマン授業のこのような予備校はおそらく全国でも珍しいものだと思います。

次の

薬剤師国試浪人生の今後の1年間(進路)について考える【薬学部】

薬剤師 国家 試験 予備校

こんにちは! 寿五郎です! 先日お会いした学生さんが大手さんに就職予定と話されていました。 理由は「国家試験対策のセミナーがあるから」とのことでした。 今回は薬剤師国家試験対策の一つともいえます。 予備校に通った時の費用をゼロにする方法をお伝えします。 予備校の補助を内定先に頼みましょう 国家試験対策の予備校代をゼロにする方法は 内定先にお願いすることです。 基本的に中小の薬局や人が集まらない病院でしか難しいです。 「御社に入社するので予備校代を負担して頂けませんか?」 という形です。 もしくは入社するので奨学金の返済のお手伝いをお願いするということも出来ます。 本当にゼロになるの? 「そんなの通るの?」 と思われる方が多いと思いますが、 新卒採用をしている会社であれば 支払っていただける可能性も高いです。 採用する側としても薬剤師の国家試験に合格してほしい気持ちは変わりないからです。 大手薬局さんは一括でセミナーをされるので難しいかもしれませんが、 1~3人程度しか採用されない会社は支払っていただける可能性は比較的高いです。 国家試験に落ちたら自分で返済することに 要注意事項としては不合格になった場合、予備校の費用は自分で返済することになります。 安易に予備校代の貸与をお願いする方はいらっしゃいますが気を付けましょう。 落ちたからと言って返済は逃れられません。 こういった記事を書いていて何ですが、私であれば自腹で払うか家族に協力をお願いします。 大手薬局はなぜセミナーが出来る? 大手さんが「国家試験対策セミナー」というのを良くされていますが、 内定者の方が数十名いるので予備校などの先生に費用をお支払いし 来ていただいている形になります。 流石に数十名の方の予備校代を全て負担するのはかなり厳しいです。 その為、こういった形をとっているのだと思われます。 「大手さんのセミナーに出たいから就職」は注意 大手調剤薬局さんですと、低い所は年収360万円くらいになります。 年間の差は約100万円です。 年収の差はなかなか埋まらない またこの差がすぐに埋まるかといいますと、 昇給率は極端に変わることがないので 100万円の差がずっとついている状態となります。 つまり、360万円の方が460万円になるころには、 460万円の方は560万円になっているということです。 セミナーを受ける際の注意点 大手、中小に問わずセミナーに参加したり、 予備校の費用を捻出してもらった場合はその会社にしかいけません。 違う会社へ就職された場合、かなりの確率で予備校代は請求されます。 「落ちてしまったらヤバい」 というプレッシャーを感じる学生さんもいます。 仮に私であればですが、予備校代を肩代わりしてもらってまで予備校にはいきません。 年間100万円であれば自分でアルバイトをして分割払いをします。 安易に考えずに、在学中に大学の補講などを有効活用して全力で合格を勝ち取るべきです。 まとめ 薬剤師の国家試験対策は薬学部の学生さんにとって 非常に重要なことです。 代わりに支払ってもらうことのリスクも考えながら検討しましょう。 では!.

次の