ナノイー コロナ。 panasonicのナノイーってほんとに効果あるの?ナノイー暦10年以上の私がすぐ効果を実感できたナノイー製品を紹介

panasonicのナノイーってほんとに効果あるの?ナノイー暦10年以上の私がすぐ効果を実感できたナノイー製品を紹介

ナノイー コロナ

パナソニック株式会社では、水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの帯電微粒子水「ナノイー」について、ウイルスクリアランス試験を実施し、ウイルスに対して抑制効果があることをドイツのGLP(優良試験所基準)に適合した試験機関であるCharles River Biopharmaceutical Services GmbH社と共同で検証しました。 自然界には、人に対して病原性を示すウイルスが多く存在し、現在も新たなウイルスが発見され続けています。 この結果から、耐性の高いウイルスや未知のウイルスに対しても効果が期待できると考えます。 69-73、(株)南江堂• 7 6時間 99. 98 Porcine parvovirus ブタパルボウイルス 3時間 80. 5 6時間 99. 7 Xenotropic murine leukemia virus マウス白血病ウイルス 3時間 77. 6 6時間 99. 9998 Pseudororabies virus 仮性狂犬病ウイルス 3時間 99. 4 6時間 99. 耐性の高いウイルスや未知のウイルスについても同様であると考えられる。 所在地:Gottfried-Hargen Str. 20, 51105 Cologne, Germany• 容積 L 時間 Hr 付着臭 脱臭 タバコ臭 30 分で 消臭性能有り 250 0. 5 パナソニック電工 解析センター(株) E02 - 090313 MH- 01 メチルメルカプタン (生ごみ臭) 15 分で 消臭性能有り 250 0. 25 パナソニック電工 解析センター(株) E02 - 080219 MH- 01 菌抑制 腸管出血性 大腸菌(O157) 99.

次の

ナノイー、ナノイーXとはどうゆうものなの?

ナノイー コロナ

簡単に説明させていただくと、元々、自然界に漂っていた空気中の水や酸素がカタチを変えたもので、 プラスとマイナスのイオン で浮遊ウイルスや菌を破壊しお部屋の空気をキレイにします。 浄化した後は水になって空気中に戻ります。 さらに、イオン濃度を高めても安全性が確認されているので、プラズマクラスターの中で一番濃度が高いプラズマクラスターNEXTでは森林のなかにいるようなリラックス感と集中しやすい心地よい環境を提供してくれます。 その結果、数々のウイルスを破壊し感染力を抑える効果があることが実証されています。 そして、現在も世界中を猛威を振るっているコロナウイルスにも破壊し感染力を抑える効果があることを 世界で初めて実証することができました。 シャープのメーカーサイトより引用しご紹介させていただきます。 今回、シャープではウイルス研究で世界的な権威の社団法人 北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院 鈴木達夫先生、小林憲忠先生と共同で、コロナウイルス科に属するネココロナウイルスに対して、プラズマクラスターイオンによる不活化実証実験を実施しました。 その結果、40分以内に99. 7%を不活化、すなわちウイルスを破壊し感染力を抑える働きがあることを実証しました。 引用元:.

次の

新型コロナウイルスに効果ある? 車内用イオン発生器は有効か(くるまのニュース)

ナノイー コロナ

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。 一部では、シャープ「プラズマクラスター」やパナソニック「ナノイー」といったイオン発生器の使用が「有効な対策方法ではないか」といわれています。 では、イオン発生器は新型コロナウイルスに有効なのでしょうか。 車内の新型コロナ対策で有効なのは…? 巷では新型コロナウイルスの感染拡大が危惧されており、外出を控えることが感染予防の手段のひとつとわれています。 しかし、やむをえずクルマで外出しなければならないという人にとっては、車内でどのような予防対策をすればいいのかというのが悩ましいところです。 有効な対策方法は、あるのでしょうか。 近年、販売されているクルマには、カーエアコンにシャープ「プラズマクラスター」やパナソニック「ナノイー」といったイオン発生器が搭載されているモデルが存在します。 こうしたイオン発生器ですが、メディア広告などでは菌やウイルスの抑制に効果があると謳っています。 果たして、クルマに搭載されるイオン発生器は、新型コロナウイルスの抑制に効果があるのでしょうか。 両メーカーは商品のホームページに、民間の医療系研究所との試験で、あるウイルスの抑制に一定に効果があったと掲載しています。 とくにシャープは、2004年に社団法人北里研究所との共同研究で検証した内容を詳細に公開。 これによれば、一定の実験条件のなかで浮遊性SARSウイルスやネココロナウイルスを不活化、つまりウイルスを破壊し感染力を抑える効果があることを実証したと公表しました。 新型コロナウイルスの実態は未だ掴めていないといわれていますが、エンベロープウイルスというタイプに分別されています。 これは前述のSARSウイルスやネココロナウイルスと同じタイプであり、それゆえにプラズマクラスターはコロナウイルス抑制に効果を発揮するのではないかと、期待を寄せるユーザーが多くいるようです。 代表的な例としては、公共交通機関が挙げられます。 空港リムジンバスや大阪メトロは、今回の新型コロナウイルスへの対策の一環として、プラスマクラスター搭載車の運行を実施しており、その意図について、バスを運行する東京空港交通の広報担当に聞いてみました。 「弊社は数年前からプラスマクラスターを搭載したバスを運行していますが、元々はトイレの臭い対策に導入いたしました。 それが一定の効果があるということが分かりましたので、客室にも導入しています。 シャープの広報担当者は次のように語っています。 「当社で発表している浮遊性ウイルスの不活化の実証についてですが、あくまで試験用の環境でおこなわれた結果であり、同じ効果が市販品によって得られるという発表ではありません。 とくに新型コロナウイルスの不活化については、当社でまだ検証しておらず、何とも申し上げることができません。 また、車載用モデルやカーエアコンについた発生器ですが、元々は消臭や車内の空気清浄を目的に造られており、ウイルスの不活化に効果があるとは謳っておりません」 パナソニック・オートモーティブの広報担当者から返答も同様の内容で、「ナノイー自体は菌やウイルスの不活化を目指していますが、すべてのウイルスや細菌での効果を実証したわけではないので、有効であるとお答えすることはできません。 また車載発生器は、家庭用よりもイオン濃度が低いため、細菌やウイルスの不活化に効果があるといい切ることはできません」といいます。 こうしたメーカーの答えには、ある理由があります。 ホームページやカタログなどでイオン自体のウイルスの不活化効果を匂わせてはいても、薬機法(旧薬事法)の関係で製品に「効果がある」とはいえないのが実情なのです。 ちなみに車内というのは、家よりも気密性が低く、エアコンを車内循環モードにしたところで、完全に外気の流入を防ぐことはできず、車内のイオン濃度を一定に保つのが難しいといいます。 一番の有効策は車内の… 車載用の発生器は一部モデルを除いて、屋内用のモデルよりもイオン濃度が低いということも関係があるようです。 感染症系のある医療従事者は、次のように話します。 「民間の研究機関と電機メーカーとの共同試験で、ウイルスの不活化を実証していますが、多くの医療関係者はこうしたイオンがウイルス抑制に効果があるとは思っていないでしょう。 よく病院などにもイオン発生器が付いた空気清浄機が置かれていますが、『空気がきれいになればいい』程度の期待で、患者さんへのアピールがあるのではないでしょうか。 今回の新型コロナウイルス感染症 COVID-19 に関していえば、湿度の増加で感染力が強くなる傾向もあるといわれています。 ちなみに医療従事者に車内での新型コロナウイルスの予防対策を聞いてみたところ、やはり有効なのはアルコールによる除菌だといいます。 ハンドルやシフトノブ、カーナビやエアコンのボタン、ウインカーレバー、ドアハンドルなど、よく手を触れる部分を約80%の高濃度アルコールで拭くことは感染拡大予防に効果があるようです(アルコールの塗布は車内の部品にダメージを与える場合があります)。 また、大人数乗車では濃厚接触の恐れもあるので、各自がマスクを着用することも大切。 さらに車内の各部に触れる前にもまず手を清潔にし、帰宅したら手洗いとうがいをするのが肝要のようです。

次の